« この子らを世の光に | トップページ | 来週は忙しいよ »

2005年9月30日 (金)

ホテルメッツチェーン

出張の多い仕事では、どこのホテルに泊まるかも問題。立地がよく、そこそこきれいで、ザビスもよく。でも一番は値段かな?うちの会社は、一律の宿泊料が決まっていて、あとは自由に宿泊可能です。少しでも浮かせたいと思えば安いところ。多少足が出ても、少しいいところに泊まりたければ、それでもよし。

最近、ビジネスホテルも価格競争が激しく、大変なようです。古い施設は敬遠され、新しい設備で、様々なサービスが受けられるところが人気。また、ボイントカードなどを発行して、ポイントをためると、商品券などをくれたりというのは・・・・以前からあったね。

今のビジネスホテルでは、朝食込みのセットコースというのが主流になっています。やっぱりしっかり朝食は食べておきたいし。朝食込みのセット料金となっているところは、少し割安な感じもします。もともと、ホテルの朝食は高いです。朝早くから仕込みをしないといけないせいか、それともみんな食べるから足元をもているのか。シティホテルでは、最低2,000円もするところもあります。わざわざそれだけ支払って朝食を食べることに少し抵抗も感じます。

そういう状況で、うまい戦略をしているのはJR東日本系列の「ホテルメッツチェーン」。JRの駅のそばにあるので、立地は抜群。鉄道用地を利用しているので、土地代はかからないのでしょう。ビジネス仕様ですが、部屋はきれいで、大きめのバスルーム。基本的にふつうのシティホテルとそれほど変わらない。ポーターサービスがないけれど別に不便はないし。そして、売り物は「朝食サービス」。料金に朝食代が含まれていることです。といっても、朝食付きパックと変わりないのですが、何となく得をしたような感じ。朝食が不要な人には割高なのかもしれませんが、この制度人気のようです。

ホテルによって違いますが、私がよく泊まる岩手県北上市のホテルメッツは、朝食バイキングの品数も豊富。パン・ご飯・焼きそば・焼き魚・卵料理・ベーコンまたはソーセージ・煮物・冷奴・サラダ・味噌汁・フルーツ・牛乳・ジュース・納豆・海苔・コーヒー・紅茶そのほかに、ヤクルト・ヨーグルトまでつく。もうこれだけあれば、ついつい手が出てしまう。もったいないと思って食べすぎなんてことも。

この北上のホテルは、メッツチェーンでも1・2を争うくらいいいサービスだと思います。首都圏中心のメッツチェーンですが、首都圏ではこれだけの朝食は出ませんが、基本的にはサービスとしては上々なホテルです。

JR東日本は、ホテル業界への進出は後発。特にビジネスタイプのホテルはここ数年のことです。立地だけでなく、「朝食込み」「シティホテル並みの部屋」この戦略が、大いに成功したホテルといえましょう。

|

« この子らを世の光に | トップページ | 来週は忙しいよ »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

朝食バイキングおいしそうだけど、ほどほどにしないと。
食べ過ぎると大変だよ。
腹八分目というように、もう少し食べたいと思うくらいにしてね。
朝夕、冷えてきたので、風邪をひかないように。

投稿: eiyan | 2005年10月 1日 (土) 13時16分

少し、食べすぎかもね。
気をつけます。

そちらも急に寒くなったようなので、風邪を引かないように。永はまた熱を出すと大変だし。

投稿: AA | 2005年10月 1日 (土) 21時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26675/6192931

この記事へのトラックバック一覧です: ホテルメッツチェーン:

« この子らを世の光に | トップページ | 来週は忙しいよ »