« 最終電車接続 | トップページ | 方言 »

2005年10月12日 (水)

「いただきます」

朝日新聞の投書欄にある方が、永六輔氏のコメントに感動したというものがあった。それは「いただきます」の本当の意味・・・というもの。食事をする前に当たり前にようにいう「いただきます」という言葉。これには「私の命につなぐために、あなたの命をいただきます」という意味が込められているというもの。自分が生きるために犠牲となった動物や植物に感謝するということである。

食物連鎖・弱肉強食・生態系などという言葉があるが、生命を維持するためには、別の生命を取り込み栄養素としていかなければならない。特に人間はそうである。我々の命はそうやって維持されているのである。

動物愛護とか、捕鯨禁止などという運動もあるが、人間が食べるために動物や植物を飼育・養殖しているのは、こういう運動と矛盾しているのではと時々思う。養豚場の豚は、人間に食べられるためにつまりいずれ殺されるために生かされているのである。「ベジタリアン」という人達がいて、殺した動物を食べることは嫌うということであるが、植物の命も奪っている。寺では、殺生は禁物ということで、菜食メインだが、これも同じかな?少し屁理屈っぽいけど。

捕鯨禁止運動が起こった時、日本はイギリスの狐狩りのことを持ち出した。「なぜ狐狩りは許されて、栄養価が高い鯨をたべてはいけないのか」という主張である。その際、イギリスは狐狩りは「文化」といった。なんか変な理屈。

私は動物愛護に反対なわけではない。むやみに虐待をしたり、人間の勝手で殺したりすることはいけないと思っている。ただ、この「いただきます」の本当の意味を考えると複雑である。

出された食事は残してはいけない・・・・。この意味も、この「いただきます」の言葉を噛み締めると納得する。

|

« 最終電車接続 | トップページ | 方言 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 こんばんは、チェスです。
 先日は大変お世話になりました。いただいたお土産は、あっという間に無くなりました。家の者はハイエナの如しです。
 あっという間に、で、AAさまのブログ、たくさんの記事とコメントで充実していますねぇ。
 うっかりしておりましたが、タネにリンクを貼らせていただきますね。
 「いただきます」には、「あなたの命を」という意味がこめられているんですか・・・
 日本語、奥が深いですなぁ・・・

投稿: チェス | 2005年10月12日 (水) 22時20分

チェス様コメント、そしてリンクを張っていたたいてありがとうごさいました。くだらない日々の日記ですが、よろしくお願いいたします。
お菓子というのは、好みがあり難しく、こちらがおいしいと思っても、相手はどうかと思ってしまいます。なので、最初はお試しで少ししかお持ちせず失礼しました。

「いただきます」の意味は私もこの記事を読むまでは知りませんでした。「食べ物に感謝する」ということは、「農家の方が汗水たらして」とか、天の恵みに感謝して・・・なんて教わってきましたけど。この「あなたの命を・・・」は、子供に教えるのは難しいですね。少しショッキングなことですし。自分も動物を殺した肉を食べているということを自覚させるのは。うちの場合はそろそろそういうことも考えていい年頃になったかなと思い、取り上げてみました。

投稿: AA | 2005年10月14日 (金) 02時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26675/6359747

この記事へのトラックバック一覧です: 「いただきます」:

« 最終電車接続 | トップページ | 方言 »