« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月10日 (水)

修学旅行

最近、仙台の街に小学生や中学生の修学旅行生が見られます。各グループでの自由行動なのでしょうか、数名での行動。そんな季節なのでしょうね。

修学旅行にはいろいろな思い出もありますが、各地区によって訪問地も異なります。東京の方は、小学校では日光方面・中学で京都方面・高校で九州か北海道、または東北や中国地方なのでしょうか?私立の高校では研修旅行と称して韓国やグァムにいく学校もあるようです。実際、国内よりも安かったりもしますから。

私は高校まで岩手県の盛岡市の学校に行っていました。そのため、小学生の時は1泊で仙台・松島でした。仙台市郊外の秋保温泉に宿泊して、最後は仙台駅前のデパートで買い物をして帰りました。当時は新幹線もなかったので、仙台~盛岡は2時間。当時の盛岡は田舎町でした(今も)ので、仙台駅前の大きな通りやデパートの大きさに驚きました。

中学では、盛岡市周辺の学校はほとんど東京ですが、盛岡市内の学校は東京と北海道に分かれました。東京は親戚がいる家庭も多く、いずれ行く機会もあるだろうとのことで、私の中学は北海道でした。青函トンネルもなかったので、盛岡駅から青森まで電車で行き、後は青函連絡船です。私の学年は400名もいたので、団体貸切列車。私の前のクラスまでは連絡船では座席に座れましたが、私のクラスからは船底のオープンスペース。地べたに座り、結構揺れて。それでも楽しい旅でした。函館から洞爺湖・札幌方面の道南コース。北海道へ行く機会もなかったので、いい経験でした。

高校は、通常は京都方面なのですが、うちの高校はちょうど進学向上に力をいれた時期で、「修学旅行なんて行ってる暇はない」ということで、1泊で会津若松へ。他の高校がみんなで京都へ行っているのに・・・と思っていましたが、私は高校が嫌いでしたので、それでも不満はありませんでした。

今は、私の高校でも修学旅行が復活して京都・広島方面へ行くようです。日本の伝統文化を知ることと戦争の被害を知るという平和教育の実践ですね。

中学では、東北地区全体としてほぼ東京方面になっているようです。何といってもディズニーランドは必須みたいで、あとは鎌倉・箱根方面まで足を伸ばすことも。また、宿泊もヒルトンホテルなどの一流ホテルに宿泊。うらやましいですね。何といっても新幹線があるので時間的には余裕があるようです。

高校では、学校によっては京都にプラスして長崎。または京都へは行かずに沖縄へ行く公立高校も。長崎は、文化的にも平和教育にもいい場所。沖縄も。いろいろと様変わりをしています。

小学校では、近県の観光地がメイン。うちの娘は来月日光に日帰りの遠足。6年生になると京都だそうです。ちなみに中学では東北らしいのですが。修学旅行の積み立て金も結構高くで親としては大変。

みなさんのどんな修学旅行を過ごされたのでょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年5月 1日 (月)

プロバイダーが変わる。

5月の下旬に、私の使っているプロバイダーが変更になります。というのは、今までは東急電鉄の子会社にのプロバイダーでしたが、ここADSL接続をやめるということで、この会社が東京電力の子会社のプロバイダーへ紹介ということで変更を余儀なくされたのです。

もともと、私は最初のパソコンを購入した時は、会社の斡旋だったので、会社のパソコンを一手に行っている富士通の製品を購入しました。そのため、プロバイダーは富士通の「インフォウェブ」というところと契約しました。その当時はパソコン通信専用の「ニフティ」もあり、そこにも契約していました。ニフティとインフォウェブが統合して新ニフテイとなったのですが、当時東急沿線に住んでいた私は、駅で東急電鉄が新規事業としてはじめたプロバイダーのチラシをみつけ、そこをメインとしてニフテイはサブ的に使うことにしました。ニフテイは様々な決済もでき残しておきたかったので、最小料金に。このブログもニフティ会員のため、優遇されています。

さて、当初の東急電鉄直営事業でのフロバイダーは、まだADSLではなくダイヤルアップ回線の時、年額1万円と安い料金でした。タイアルアップだと、通話電話か利用できなくなるため、今度はISDN回線に切り替えました。電話料金は高めでしたが。フロバイダー料金は同額。しかし、この頃からADSL回線が普及し、ダイアルアップは下火に。そして、東急電鉄も直営事業から撤退して、子会社のケーブルテレビ会社へ事業を譲渡。そして、私もADSLへ切り替えました。

何度もこの会社からケーブルテレビへの切り替えの案内は来ましたが、それほどテレビを見ないので断り続けました。当時のマンションが、東京電力の「テプコ光」に入ったので、うちもどうかといわれましたが、メールアドレスを変更したくないので、それも見送りました。私が仙台に転勤し、このケーブルテレビ会社に変更を申し出たところ、「エリア外」と一旦は断られましたが、回線自体を「イー・アクセス」社に接続するため、OKでした。

妻と娘は、小田急のケーブルテレビが入っている家に住んでいるので、ケーブルテレビ接続です。ただ、東急の追加プランでメールアドレスは以前のまま接続しています。

東急のケーブルテレビ会社は、今回ADSL接続を競争が激しく対応できないということで事業撤退とのことでした。私自身東急というプランドが好きでしたので、このまま接続していたかったのですが、そんなわけで東急との接続も今月で終了です。メールアドレスは私も変更したくないので、追加プランで残します。

ただし、今回の変更で、電話関係の局内工事でかなりの金額が取られます。東急側では、商品券などをつけて対応していますが、痛い出費です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »