« バランス感覚・・・まったく無し | トップページ | 「アベレージ・ライフ」ではなかったような1年 »

2006年9月27日 (水)

どうしても渡れない「一本橋」

今夜から大荒れになるという天気予報ですが、まだ雨は小降りの東北地方です。

どんよりとした昼間の天気でしたが、昼の時間帯の教習に出かけました。平日の昼でしたが、みんな若い方の第2段階の方とまだまだ第1段階の私の4名(普通2名・大型2名)。学生さん達が、夏休みから始めてそろそろ卒検の準備みたいです。普通自動車の方は、それほど混んでいないみたいですが、二輪車は予約がなかなか取れない状況は続いています。この学生さん達が卒業すれば、少し楽なのかな?そう思うと、教習所も少子化で大変なのかもしれません、特に二輪車なんて、学生さんがいなくなるとどうなるのかな~・・・なとどいらぬ心配をしているうちに教習開始です。

今日の先生は、以前あたったことがあるのですが、少し苦手です。最初のアップがおわり、第2段階の人だけを集め、私はいつものように課題走行の練習。S字とクランクは、少し速度をあげたら何とか通れました。クランクがまだバランスが悪く、もう少し練習しないと安定しないようです。

問題は一本橋。若い頃に、一度だけバイクの免許取りたい・・・と思って車の免許を取った教習所を見に行ったことがあります。そこでやっていたのが、やはりこの一本橋。これをみて自分にはとうていできないこと・・・・と思いその時諦めました。それから、20年近くたった今、それに挑戦しているのです。普通に頑張ったくらいではとても無理ですねこれ。

最初、何とか橋に乗れて、後一歩というところで落ちました。その時のタイムは6秒だったので、先生もその時は「あともう少しダネ」といって、しばらくみていてくれました。ただ、そこから始まったパニック症。橋に登った瞬間に何もかもが真っ白。落ちまくりです。先生もほとほと飽きれた様子で、一旦橋から離れ、下のコースの白線の上を走る練習。私はもうダメになったらすべてダメになります。白線上なんてまともに走れません。ずれても戻せません。何日か前は真っ直ぐ走れたのに。

その後、コース内の橋は他の方も使うので、使われなくなった古い橋で練習。「何も考えないで、渡りきってください」といわれても、2回に1回ぐらいしかダメです。今度は、コース上の橋に戻り、「両足を開いたまま、通り抜けてください」と先生。これは少し楽ですが、それでもやはり2回に1回は落ちます。

原因と対策を教わります。橋に乗るときは、少し速度を出してもいいので、半分までいったら、クラッチとリアブレーキを使ってゆっくり走る。目線は上、下を見ない。両膝でタンクをしっかり締める。ハンドルを小刻みに動かしてバランスを取る。そして最後に「橋を絶対に渡る・・・」と心に念じる。だそうですが、もうパニック状態の私には・・・。

何が悪いのか・・・というと全部ダメなのです。というが、すべてのことが繋がりません。目線を上にしても、それ以降が繋がらない。橋に上手く乗っても、そこから・・・・次のことが繋がらない。

あまりにすぐ落ちるので、先生も私にばかり付き合っていられない・・・ということで「少しその場で練習してください」ということになりました。橋から落ちて、またUターンの連続。おかげて、今までできなかった低速でのUターン、かなり上手くなりました。でも橋に乗っても、半分以上はできません。

やっと、1回完走できて・・・・。その後、先生が戻って来ましたが、先生の前ではやはり半分で落ちました。

この練習で今日は終了。私の場合はいつも書いていますが、普通の人の倍はかかると思います。たぶん、跳び箱の「台上前転」ができなかったように。ただ、ふと思い出して。跳び箱の時は、最初から「自分にはできないもの・・・・」と思っていたのです。一本橋も「できないもの・・・」と思ってしまっているのではないのかな?

一本橋が渡れなければ、バイクの免許は取れません。

だからそういった心の面も少し変えていかないと、橋は渡れないような気もします。車の時は、縦列駐車とクランクができなくて苦労しました。そしてできるようになったら気分が楽に。今の私にとって、この「一本橋」を渡れれば、きっと気持ちが変わってくると思います。だからここが山場ですね。

今回は1時間の教習でおわりでしたが、何と次の時間空いていたのです。予約を取る時に、私の場合夜を優先的に入れているので、配車係が気が付かなかったのでしょう。というより、自分で言わないとね。次は少しまた時間が開くので、それもまた大変。

そろそろ、既定オーバーの教習料金のことも少し気になってきましたが、ここまでやったので、何とか頑張るしかないよね。

|

« バランス感覚・・・まったく無し | トップページ | 「アベレージ・ライフ」ではなかったような1年 »

教習日記」カテゴリの記事

コメント

はじめまして 私も 一本橋が わたれず そのうえ卒検4回おちている おばさんです 合宿を 一時中断して きたくしました どうしても わたれないのです あと一メートル お気持ち よくわかりますその後 無事 合格されたのでしょうか まだ 読ませていただいて 少しですが。ありがとう 同じつらいおもいしていたの 自分だけでは ないのだと 元気いただきました また がんばってみようかな・・・ありがとう 

投稿: | 2011年9月28日 (水) 21時43分

コメントありがとうございます。このブログはしばらくお休みさせていただそいておりますが、訪れていただき感謝しています。私にも懐かしい記事です。その後卒検は如何でしたか?
「のど元過ぎれば、熱さ忘れる」といいますが・・・。あの時は、「もう一生、一本橋は渡れないのでは・・・」と本気で思った私です。いろいろとやり方をアドバイスされても、その場になればどうしてもできなくなり、悪循環でした。
今、教習を受けている方で、一本橋で苦労している方・・・、いつかは絶対に渡れるようになります。あきらめないで、何回もチャレンジすること・・・。それができるようになる唯一の方法かもしれません。

投稿: AA | 2011年10月 1日 (土) 23時51分

私も十年ほど前には原チャギア車に乗っていましたが、自動二輪とはパワーやら重さやら勝手が違い、やはりバイク勘が鈍っていて何となくどーにか走れているって感じだったのですが、とうとう一本橋。プレッシャーに弱く、しかもタイムウオッチを持った教官が待ち構えて見ていられると余計に力が入り更ダメな感じで、乗っても落ちる乗っても落ちるの繰り返しで、呆れられていたのは分かりました。が、奇跡的に十何本に何回か9秒〜10秒で渡りきり、判子だけは貰えたのですが、それが更にプレッシャーに…。出来てる感覚が全然ないのに次に進んで良いものなのかと。何がダメなのかが掴めないとどうにもならなそうな感じです。

投稿: スゥパーホァ | 2012年8月 4日 (土) 21時25分

私も5時限乗って、何とかダブりは
ありませんが一本橋、落ちまくりです。
Google2ページ目でここにたどり着きましたが
来る前に見た、
http://home.m04.itscom.net/archives/ds/ds1_12.html
の『5メートルダッシュ法』
がよさそうな気がして年明けの教習で
試そうとしています。
お互い、がんばりましょう!

投稿: bt | 2012年12月28日 (金) 22時00分

初めまして自分は50歳のおっさんです。娘が大学を卒業したのでそろそろ自分の時間がほしくなりバイクの免許とってどこか出かけてみようと教習所に入校しました。年のせいもあり大脳五感運動神経すべての衰えを感じています。自分も一本橋落ちまくってすでに4時間オーバー橋に乗ってすぐ落ちるの繰り返しです、ハンクラッチ、ニーグリップ、視線を遠くにとか、いろいろ指導してもらっているのですが体がゆうことをきかない、衰え覚悟で入校したので後から入校してきた教習生においこされても、教官に呆れ顔されようが練習あるのみ、おっさんも頑張るぞー^^ノ

投稿: | 2013年2月22日 (金) 00時00分

特に教官がワザワザ橋の真ん中でバランス停止したりして見本をこれ見よがしに見せてくれるのですが、感覚の掴めてない自分には逆効果のプレッシャーでしかありませんでした。
練習を重ねるにつれ、段々落ちなくはなってきたもののやはりどうしても安定しなかったので、数メートルダッシュで車体に惰力をつけて中盤〜後半に粘る感じで乗りきりました。
卒検のスラロームを3速で侵入してしまった時には泣きそうでした。

投稿: スゥパーホァ | 2013年2月24日 (日) 23時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26675/12055001

この記事へのトラックバック一覧です: どうしても渡れない「一本橋」:

« バランス感覚・・・まったく無し | トップページ | 「アベレージ・ライフ」ではなかったような1年 »