« 点滴 | トップページ | おめでとう「盛岡商業イレブン」 »

2007年1月 8日 (月)

雪がない・・・・。

北日本には発達した低気圧があり、強風警報も出ています。そんな天候なのですが、仙台市内の中心部にはまったく雪はありません。

もともと、仙台は降雪の少ないところですが、昨年は大雪でした。特に私の住む泉地区は市の中心部とは気候が異なり、積雪も多かったのです。私が仙台に赴任するために訪れた初日も雪がありましたが、昨年はもっと。

昨年は、その前の年になりますが12月から降雪があり、気温も低く、積雪が消えない状態。東北地方はみなそうでした。私の故郷の岩手県盛岡市も雪が多かったのです。盛岡も降雪は少ないのですが、仙台の比べれば結構降ります。その上、気温が低いので一度降った雪は根雪となり、日陰はいつまでも残るのです。

盛岡の場合、いつもは12月に一度大雪があっても、すぐに融け、中心部は消えます。そして除夜の鐘と同時に降雪になり、元旦の朝には一面雪というのが常。それからは雪がふったりやんだりの「雪の季節」になります。それが、昨年は12月に50センチも積もり、それがずっと残ったまま。そして低温。また積もるということで、実家の両親は老齢なので、人を雇って除雪をしたとのことでした。また、私も岩手県が仕事の担当区域なので、出張の時は大変でした。昨年のプログにも書きましたが、高速道路で一回転したり。本当に「白い悪魔」と思っていたのです。

それがどうでしょう。正月は盛岡に帰りませんでしたが、先日出張で盛岡の実家へ寄りました。市内にはまったく雪がありません。日陰にも。市内から見える岩手山も上半分ぐらいが白くなっているだけ。昨年はふもとまだ真っ白でした。正月の降雪も朝に少し舞う程度で昼には晴れた様子。

今回の低気圧でも、気温が4度ぐらいあるので、雨。少し異常な気がします。岩手県内でも、高い山には雪がありますが、低いところや、平野ではまったく雪がないようです。当然仙台でもないのです。

スキーをする人は、雪が少ないのは残念なことでしょうが、昨年の悪魔のような降雪を体験している人にとっては、雪が少ないのはありがたいことです。しかし、まだ1月。寒波のメインは2月です。これから大雪が降るのかもしれません。

しかし、心配なことも。それは水不足です。東北地方は冬期の降雪が春になり暖かくなって徐々に融け出して、田植えの頃の大切な水となります。山の多い東北では、雨が降ってもすぐに流れるだけで、あまり蓄えられません。雪は自然の貯水施設なのです。少しずつ水となっていくのです。雪の少ない年は水不足になることも多かったです。自然の力は上手く働いているのです。

このまま降雪が少ない状態であれば、これも「地球温暖化」による異常気象なんでしょうか。昨年の大雪も温暖化の影響で、寒波の流れが乱れたことが原因とのことです。

温暖化の影響はまだまだと思っていたのですが、少しずつ忍び寄っているのですね。

仙台でも、昨年の教訓からか車はスタッドレスタイヤに換えている人が多いのです。それか、雪がふったら車は乗らないということで変えていない人も。私はタイヤを換えても置く場所もないので、乗らないことにしました。会社の車があればよかったので。でも今年は普通タイヤで十分市内は走れます。バイクの教習の時に、「雪が降ったらどうするんですか?」と先生に聞いたところ「乗らないのです」とのこと。教習も検定も降雪なら中止ということで、昨年はそういう日がたくさんあったようですが、今年はそういうこと今のところありませんでした。「普通にバイク乗れるな~」と思いながらも、免許だけの私になっていますが、こちらの方も少しだけ・・・・進展あるかも。

9日は、降雪の天気予報が出ています。「雪よ降るな・・・・」と思っている私です。

|

« 点滴 | トップページ | おめでとう「盛岡商業イレブン」 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26675/13378755

この記事へのトラックバック一覧です: 雪がない・・・・。:

« 点滴 | トップページ | おめでとう「盛岡商業イレブン」 »