« ロードサービス | トップページ | 2月は28日間なんですね。 »

2007年2月25日 (日)

白鳥を見て来ました。

日曜日は、バイクでどこかに出かけよう・・・とひたすら楽しみに待っていましたが、どうもこの頃、週末は天気が良いけれど、気温が低いとか風が強いというような感じです。平日は、とても暖かく4月上旬の気温になったりするのですが、どうしても週末は。

今日も、気温は低く、風も冷たいのですが、日差しがありお出かけにはまあまあ。いつもは昼頃までゴロゴロしていますが、少し早起きして出かける支度をします。

車だと、すぐに飛び乗ってささっと出かけられるのですが、バイクはいろいろと準備が大変。そんなに遠くにいくわけではないのですが、不意の時のために持っていると便利なものを詰めて。といってもたいしたものはなく、いつものグッズに健康保険証をプラスしただけみたいです。

バイクは車のようにエンジンをかけてすぐに発車できないのが難点(性能のいいものは、すくに発車できるものもある)。今朝は寒かったので、暖機の時間もかなりかかります。

バイクを買う前に、「ライディングギア」といわれるグッズをいろいろと購入しました。その中で、冬用の「オーバーパンツ」というスボンの上からはくカッパみたいなものを買いました。それほど必要ないかな?と思いましたが、なかなか重宝。バイクに乗る時はいつも着用しています。それがないととても寒いのです。

今日の目的地は・・・?まず、高速道路を北か南か?北は北で寒く、南は南で山間部を通るので、こちらも寒いのです。目的地もあまりなくただ出かけてしまった私。まず、ガソリンスタンドで給油。セルフなので日曜日は特売日。店員さんのいる店で、立ちゴケしたりギアをニュートラルに入れられなかったりすると恥ずかしいので、まだ給油したことはありません。ずっとセルフのところです。

Dscf0022_3 給油が終わり、泉インターへ。南方面は「横風強風注意」と出ていましたので、北方面へ。北方面なら、長者原SAまではいきたいので、その先となると築館インター。築館だと「伊豆沼」という、日本一の渡り鳥の来る場所といいわれるところがあって、そこまでいくことに決定です。北方面は、仕事で何度も通っている道なので安心。

少しずつ、マイバイクくんの癖がわかってきたというか、私がバイクに慣れてきたのか、自分としては調子はいい感じです。でも、周りからみると?泉インターから次の鶴巣PAで少し早い昼食。ここまでは6キロだからすぐ。今まではその先3キロの大和インターまでしかバイクでは行ったことがないので、それから先は初体験です。加速ラインから本線に入ると、もの凄い風圧。特に大和インターから先は、両側に遮るものが何も無いので、風が凄いんです。雪の日は吹雪になり「地吹雪注意」の看板があるほど。少し上り坂になるので、加速するとかなり速度が出てしまいます。100キロを超えると、身体に凄い風があたります。上体を屈めて、腹に力を入れていないと飛ばされそうな恐怖感を覚えます。120キロぐらい出すと、一気にヘルメットが脱げそうになるくらい頭に衝撃。少しスピード出し過ぎましたので、100キロぐらいにするとだいぶ落ち着きました。

それほど強風ではないので、車の人は何も感じなくて、いい天気なので快適でしょうが、バイクでの高速は大変なんですね。夏でもこの風圧は同じでしょうが、暑いので気持ちいいのでしょうか?もう本当に泣きべそをかきそうになりながら、PA・SAを1つずつ止まりながら(はじめて車で高速を走った時もそんな感じだったけど)。そして、目的地の築館インターへ。料金所も無事通過して一般道へ。

ここからは、伊豆沼を目指して・・・。国道を離れると、車の量は極端に少なくなります。だから、ゆったりと走れます。道路に前輪が回転する陰が写ります。速く走っているつもりでも、前輪の動きはゆっくりに見えます。これも不思議。

伊豆沼は、宮城県北部の栗原市と登米市のまたがる干潟のような沼。日本の湖沼の中で汚染の割合のワースト5に入るほど汚い沼なんだそうです。それでも、東北特有の寒冷な気候のため、白鳥をはじめ渡り鳥が多く、日本一と言われています。汚染の原因は、生活排水の他に、鳥の糞によるものもあり、皮肉なもの。しかし、伊豆沼一帯は「ラムサール条約」の指定地域になって、保護観察区域になっているとのこと。恥ずかしいのですが、私はこのラムサール条約がどんなものかはよくわかりません。

Dscf0015 渡り鳥が来るのは冬。夏はだたの沼なので、冬に観光客が多いようですが、今日は疎ら。展示館のような施設で休憩をしましたが、そこもあまり人は入っていません。研究者の方の大会があるようで、そちらはたくさんの人がいましたけど。

沼を一周。風は冷たいのですが、車もほとんどいなくて、日差しもありいい感じです。バイクに乗っていると、車とは違った感覚というものよくわかります。途中で、農道のような細い道。軽自動車がやっと通れるような幅で、待避所ですれ違いができるようなところ。そんなところでもバイクならスイスイ。もし私が車だったら絶対に通らない道です。湖畔ぎりぎりまで目の前に見えて。それもまたいいのです。

Dscf0020 そこから少し大きな道に出て、反対側に内沼という別の沼が。ここも汚染度が高いようですが、たくさんの白鳥と水鳥。思わずバイクを止めてみました。近くまで降りていくと、たくさんの人(といってもそれほどでもないのですが)がいて、白鳥にえさをやっています。えさは売店で販売しているらしいです。私の目の前に白鳥や鳥たちがえさを求めてやってきます。子供たちが、鳥にさわっていてますが逃げません。これもまた不思議。今年は暖冬だったので、そろそろ白鳥達も旅立ちですね。来年もここに来るのかな?

鳥たちと別れを告げ、再び築館の街へ。次の目的地は、大崎市にある健康ランドの温泉。しばらくこういう施設に行ったこともなかったので。築館からだと距離があるので再び高速に乗り、風圧に耐えて古川インターまで。

ささっと入浴してだけなので、入館料の1,680円は高かったかも。今は、スポーツクラブにも温浴施設のあるところがあるので、そこと変わらないかな?泊まりもできるのですが、結局は高くつきます。泊まりがけのツーリングの時、こういうところを利用してもよく眠れないので、ビジネスホテルの方がもっと安いところもあり、また大浴場のある施設もあるので、そちらの方が快適ですね・・・・と思った次第。

その後、国道と高速を乗り継ぎ帰路へ。今日は、もう一つスポーツクラブに行って泳ぎたかったので、スイミンググッズも持参。そのまま泉インターで降りずに仙台宮城インターまで。泉インターから仙台宮城インターまでは、かなりカーブが多く少し恐いところです。私も走る勇気がなくて避けていました。普段車で通る時も、少し減速気味に走ります。制限速度も80キロになっている区間。前に80キロで走っている車がいるので、だまってその後についていくことに。おかげて無事通過。仙台市内を通り、スポーツクラブまで。ここまでで約150キロ。納車から920キロです。

ちょうど、新車1か月点検の時期になりました。距離も目安は1,000キロなのでまあまあ。バイクショップの方に、「結構走りましたね・・・」と言われ、今日から点検のためバイクはお預けです。先日のタンクの凹みもあるので修理と合わせ、約1週間ぐらいかかるとのことです。来週は出張なのでちょうどいいのです。乱暴に扱ったつもりではないのですが、なにせ私の運転が下手なので、かなり無理を掛けてしまっているマイバイクくん。結構しんどかったのでは?しばらく休んで、元気になって帰っておいで・・・と言う心境です。

こうして、振り返ってみると、せっかく自然の中に出かけたのに、バイクの運転上のことがメインになり、見たものについての記憶が少ないが残念。まだまだそんな余裕ないもの。走行途中で、スピード違反で捕まっている人や事故を数回見ました。自分がそれにあわないのが、幸運としか思えないような現実です。運転に余裕が出来て、もっと自然に見たものの印象が深くなるようになる日は・・・いつになるのでしょうね。

|

« ロードサービス | トップページ | 2月は28日間なんですね。 »

バイク」カテゴリの記事

コメント

どうして日曜日になると、お天気がイマイチなんでしょうね・・・。
私は昨日の日曜日はイマイチのお天気だったので不貞腐れてバイクに乗る気にならず、相方の後ろに乗せてもらってのプチツーとなりました(笑)
AAさんは、白鳥を見に行かれたのですね。
しかも高速を走られてスゴイです!
私なんて、怖くて高速を一度も走ったことがないんです。
私はいつまでもヘタレですね(笑)
AAさんを見習わなければいけません!

投稿: 嫁太 | 2007年2月26日 (月) 22時03分

嫁太さんこんばんは。

最近、本当に天気が・・・。でも、今が練習のチャンス・・・とばかりに出かけています。寒い時は、バイクの人少ないので、恥じが目立たないといった感じですよ。高速は、普段車でイヤになるくらい乗っているので、半分慣れた気分なのかもしれません。でもバイクはやはり恐いものです。400CCだと、120キロでエンジンが7,000回転を超えます。結構回さないとつらいところも。大型ならもっと楽なのでしょうから、嫁太さんもぜひ挑戦してみてください。

走ることに楽しみを感じていた時にふと見た白鳥。何かホッとして心休まる感じでした。車で通りすぎるとただ見過ごす風景でも、バイクだと間近に感じることができる・・・。それがバイクで走る良さなのかもしれませんね。多くのライダー達が出てくる前に、もっと練習してオンシーズンには「ツーリングデビュー」といきたいところです。これからもよろしくお願いします。

投稿: AA | 2007年2月26日 (月) 23時50分

こんにちは!
強風は辛いですよね!250CCでは軽い為すぐ流されます(泣)
カウルを付けるとかなり楽になるそうです!
カウルもいろいろな種類が有り、フルカウルからビキニカウルまで車種によってどのタイプが付くのか、わかりませんが高速を走る事が多い様なら考えてみては、いかがでしょうか♪

投稿: みけ | 2007年2月27日 (火) 17時52分

みけ様

バイクを買う前に、ショップの方に「高速だと、カウルないときついかも・・・」と言われたのです。その時、「高速なんて走らないし・・・」と思い、またあまりカウルが好きでなかったので、止めました。でも実際走ってみて、あの風圧は凄いですね。昨日、試しに車で窓全開で走ってみましたが、やはり凄い風圧。バイクはある意味風圧との戦いなのですね。

マイバイクくんには「メーターカウル」というものが取り付けることができ、多少楽になるとのことです。どうしようかと思っていましたが、タンクの凹み修理が、タンク全体の塗装が必要(これは車も同じで、塗装修理は高い)で、点検・交換部品とあわせ40,000円ぐらいかかるとのことで、カウルは次回にまた・・・ということになりそうです・・・。

投稿: AA | 2007年2月28日 (水) 23時38分

この季節、暖気運転は時間がかかりますねぇ。
特に俺は骨董品に乗っているので、しっかり暖気しないと全く走れませんわ。
今日なんてエンジンすらかかってくれなくて、最後はブースターケーブルのお世話になりました(笑)

強風・・・恐いっすね。
俺はリターンライダーなのですが、復帰直後は特に恐かったですよ。
当時、XJR400Rに乗っていたのですが、高速を走ると風圧でヘルメットの中の眼鏡が顔に押し付けられて痛かった(笑)
今のCB750FBになってから、風の影響はあまり感じなくなりましたよ。でかいカウルがきいてるみたい。それと重たいのも良いのかな♪
まだCBで高速は走った事無いけどね。

投稿: どど | 2007年3月 3日 (土) 21時22分

どど様

今晩は。バイクは、車と違って暖機運転が必要なのですよね。今の車はハイテクになって、運転はすごく楽。バックや車庫入れも、モニター画面があったりして。その点MTのバイクは原始的にさえ感じます。でも、それがいいんだな~と思っていますが、その分運転テクニックも必要で、私にはまだまだ大変な日々です。

高速道路は、本当に風圧が凄いです。ミドルバイクだと、ギアを一つ落としてみるといいと言われますが、みんな凄いスピードなので、自分もつられてしまうところも。東北道は、ガラガラなので、みんなスピード凄いもの。以前、東名のそばに住んでいたので、東名・首都高はゆっくりの車線だとそれほど速度は出ませんでした。車の量が多いとその分事故が多くなるのかもしれませんが、バイクは速度出るとやはり恐いですね。

せっかく天候にも恵まれて、いい休日だったのに、マイバイクは点検中で乗れませんでした。残念~。これからもよろしくお願いいたします。

投稿: AA | 2007年3月 3日 (土) 23時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26675/14048865

この記事へのトラックバック一覧です: 白鳥を見て来ました。:

» 20seiki [20seiki]
ホンダのクロスロードが出ましたね。 コマーシャルもやっているし、ディーラーから「見に来てくれ」という連絡も来ました。 なんといっても魅力的なのは、7人乗りで、荷物がたくさんつめること。 [続きを読む]

受信: 2007年2月26日 (月) 06時07分

« ロードサービス | トップページ | 2月は28日間なんですね。 »