« 西武流通グループ | トップページ | 内示 »

2007年4月24日 (火)

昔、住んでいたアパート。

10年ひと昔というので、「昔」という表現にしましたが、19年前に私に新社会人となり仙台に赴任した時に住んでいたアパートを昨日見にいきました。

みなさんは、以前住んでいたところを訪ねてみたことはありますか?遠く離れてしまったり、もう既に取り壊されたりしているなど、様々なことがありますね。

今の社宅からバイクに乗って、思い切って行ってみました。建物は、新幹線の高架のそばなので、実家に帰省する時など車窓から見えたので、あることは知っていました。再び仙台に赴任して2年。今の社宅とまったく別方向なので、まったく訪れる機会はありませんでした。

そのアパートは仙台市内でも下町の風情が残る地域にあります。都会的な中心部からは少し離れますが、古くからの商店街があり、その通りからすぐのところです。後は墓地になっていて、その上を新幹線が通ります。通勤の時は、墓地の中を小走りに。帰りは暗いのでやはり恐い感じ。なので、遠回りして表通りへ出てコンビニで買い物。

今住んでいるところは新しい街なので、大きなショッピングセンターまで行かないとあまり店はありません。でも昔住んでいた街は、小さな専門店が多く、結構用が足りました。都会的な街に住むことに憧れていた私ですが、当時はそれとはまったく違う感じの街。でもそれなりに気に入っていました。

19年ぶりに訪れた街。通りは変わっていません。でも店はかなり・・・・。通っていた開業医も、代替わりしたのか立派なものになっていたり。でも昔からある店もそのまま残っていたり。このあたりは仙台市内でも住居表示は昔からの地名がそのまま残って。なので、どこからどこまでが何町なのかもよくわからなかったところ。

バイクでアパートの前まで。外装は変わらずそのまま。以前大家さんの家だったところは、マンションが立っていました。あの方達はどうしたのでしょう。そして「入居者募集」の張り紙も。空いているのかな?

そのまま引き返し、通勤で通った別の通へ。この通りは当時から拡張工事が始まり、今は別の感じになっていました。よく通った店もみんな立ち退きか建て替え。なので当時の面影はまったくありません。2回ぐらいバイクで回ってきました。その時はバイクに乗りたいなんて思ってもいませんでしたね。

下町の名残があり、そして変化していく仙台市若林区荒町・南鍛冶町・連坊地区。あと1か月で仙台を去る私。たぶん、もう二度とここへは来ることはないと思いながら、社会人になって5年間暮らした街を後にしました。

|

« 西武流通グループ | トップページ | 内示 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26675/14828885

この記事へのトラックバック一覧です: 昔、住んでいたアパート。:

« 西武流通グループ | トップページ | 内示 »