« バイク用品店にて。 | トップページ | SAT隊員の殉職。 »

2007年5月19日 (土)

どしゃ降りの雨の中・・・・

  • こんなタイトルの歌があったような感じでしたが・・・。

今日は、引越しの見積のため、業者がやってきました。2年前にここに来た時と同じところです。梱包材のダンポールを引き取ってくれるのですが、仙台に来て、またすぐに引越しするかもしれないといって1年間そのまま。昨年の夏にやって引き取ってもらいましたが、今度もまた。それほど荷物はないはずなのですが、結構ガラクタが多くなります。

今は、業者がすべてをやってくれるパックもありますが、うちの会社ではそれはダメなのですす。まあ、費用を全額出してくれるのだからぜいたくは言えません。横浜からの引越しでは、仙台分と妻たちの川崎分への引越しは全部会社が負担してくれました。しかし、今回は仙台からの分しか出ません。他にもいろいろと制約はあるのですが、2年間いろいろと便宜も図ってもらったのでこちらも文句はいえないのです。

あとは、車とバイク。今までは会社で負担してくれたのですが、バイクはダメかもしれません。ところで、バイクの車種を業者に伝えたところ・・・「このバイクは盗難に遭いやすいですよね。暴走族の欲しがるものですよ~」とのこと。以前ジークさんにもそのようなことを言われました。昨日あった若者達も言っていたし。結局私がミーハーな証拠なんですね。

さて、今日は午前中は雨。引越しの時雨だとイヤですね~なんていっていましたが、午後から晴れてきました。そして太陽も出てきて。こんな時はやはり出かけないと。明日は出勤、それから引継ぎで出張。土日にバイクで出かけられるのもあとわすが。17時までにスポーツクラブに行きたいので、そのまで近場を・・・。

晴れ間が見えても、少し小雨もぱらついて。でも陽が照っているのでそのうち晴れるだろうと思っていました。今回の目的地は、大和町の「七ツ森ダム」。社宅から30分ぐらいです。そこから少し奥まで行き、林道の手前まで。2時間くらいで往復できるのです。一通りコースを回って、仙台市内へ。何となく東の空が暗い雲。西の空は明るいのに。「雨ふるかな?」と思っていたら、市内に近づくにつれ、本降り。雨の中を走ったことはありますが、ここまで強い雨ははじめてです。そして、雷も鳴り出し大雨です。水はけの悪い道路を通ったので、水溜りがすごく、自分で走った時や対向車が通るたびに全身に水を浴びます。特に対向車がトラックだと、頭から。

ジャケットは、内部が防水なので、基本的には濡れませんが隙間から水が入ります。手袋とシューズも水浸し。大変なんですね、バイクは。濡れた服に当る風は冷たいです。レザージーンズは何とか持ちこたえていますが。リュックも少し中が濡れ出しました。ヘルメットのシールドも視界不良。できるだけ速度を落として走行します。

雨の日のマンホールや白線は確かに滑りました。そして、制動距離も長くなります。少し恐かったです。ライディングのマニュアル本に「雨の日も風の日も、いつもバイクと接している。それが乗りこなすことの基本です」とありました。確かに、今日のような大雨の日と晴れた日ではバイクの動き方も異なります。そういう様々な条件の下で経験を積んでいくのかな・・・と思いました。でも、やはり雨の日は、止めた方がいい感じもしますね。

せっかく洗車したバイクも一瞬にして・・・。いつもいくセルフのスタンドで雑巾を借りて拭き掃除。早くチェーンの注油方法をマスターして、自分で洗車ができるように・・・、したいです。

Dscf0001_1大和町にある、「七ツ森ダム」小雨が降っていましたが、七ツ森大橋の姿が美しいです(写真が下手)。                    

                                               

                                                                       

Dscf0005_1ダムから10分くらい走ったところです。この先は林道になります。少しきつい勾配なので、Uターンが大変でした。絶対転倒させないように必死で。400CCバイクがこれほど重いとは・・・。

|

« バイク用品店にて。 | トップページ | SAT隊員の殉職。 »

バイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26675/15131490

この記事へのトラックバック一覧です: どしゃ降りの雨の中・・・・:

« バイク用品店にて。 | トップページ | SAT隊員の殉職。 »