« 大型自動二輪教習開始 | トップページ | 大型自動二輪教習3日目 »

2007年6月10日 (日)

大型自動二輪教習2日目

今日は、午前中大雨で、15時からの予約は雨の中・・・と覚悟していたのですが、午後からは陽射しが出てきて、教習の時間にはすっかり晴れ模様。

さて、2日目。昨日はまずまずといった感じでしたが、今日からは、やはり不安。昨日は初回ということで、先生からいろいろと指示もありそれに従っていればよかったのですが、教習前の準備なども自分でやらないといけません。当然のことですが、慣れないところなので。

普通二輪の教習の人はかなりたくさんいますね。大型の人は普通二輪の4分の1ぐらいで4名。最初の慣らし走行は外周かを回るだけ。そしてそれぞれ進度が違うので、私と普通の方が組みになり、担当の先生のところへ。「コース覚えてきましたか?」と聞かれました。私は軽くは見てきましたが、昨日が初回でまだそこまではやらないだろうと思い、うろ覚えです。「今日からコース走っていただきます。特に今日は、直線バランスです。」と先生。「えっ・・・?、もうやるんですか?」と口に出さないげと私。聞けば、坂道停止・クランク・S字・スラロームそして一本橋もやるみたいです。まだ2回目の教習で、そんなことまで・・・と思ったのですが、私は普通二輪免許取得者のコースなのでそういうことみたいです。全然心積もりが出来ていません。課題走行はそれぞれその項目を重点的にやるものだと思っていたのですが、大型の人はある種「出来て当然・・・」ということらしいのです。

普通二輪の方も、最初はグループで課題をメインにやって、後はコースを走りながらその都度先生がやることを指示していくのがここのシステムのようです。う~ん困った私。特に一本橋は普通二輪であれほど苦労したので渡れないな~。教本には、「最初はタイムを気にせず、渡りきりましょう」とありますが、それは普通二輪の方のようで、大型の人は少しでもタイムに近づくように・・・との指示です。ますます困った私。

さて、先生の後についてコース走行。普通の方の次に私。まずコースがよくわからない。止まれを止まらないで注意されたし。それに気をとられると、アクセルの空吹かしが多くなるし、カーブは大回りでまたまた注意されました。

昨日は取り回しとただ走るだけなので、それほど大型二輪が大きく感じなかったのですが、実際コースを走り出すと、400に比べて小回りが効かない・・・、といった感じです。昨日先生が最後に言っていた、「大型はごまかしが効かない・・・」といっていた意味を実感。400だと、ハンドル操作だけでなんとか出来たものが、大型だと無理です。クランクの入りで毎回失敗。入り方が悪いのでしょうが、大型二輪やはり難しいのです。スラロームも最初は、ヒヤヒヤ。バイクを傾けることができません。2度目は思い切って・・・、そうするとこれは何とか。

問題の一本橋。ここは、停止線に入るまでの長さがかりあり、橋に対してバイクを真っ直ぐの位置に修正可能です。仙台の時は斜めに入っていくので、位置をつくるが難しかったのです。そして、橋の正面に時計がありタイムが表示されます。これを見ることでスピード調整が可能になり、目線もいい位置になるようです。凄いですねここ(そういえば、車の免許を取る時、ここで一本橋の練習をしている人を見て、バイクは自分には無理・・・と諦めた場所もここ)。

後からどんどん人が来るので、早くいかないと。スタート位置についたとたん、緊張感がピーク。普通二輪の時の検定の時みたいです。とにかく行きます・・・。橋に乗りました。とにかく渡るだけ・・・、と思い。渡れました。奇跡のようです。もうそれでうれしくて。でもタイムは7秒。大型は10秒なんです。私は前ブレーキを使う癖がついていたので、それを先生からまたまた注意され。私にとっては渡れることが先決なので、タイムは後・・・なんて考えていたのですが。基本をきちんとやっていれば、しっかり渡れるのでそれを習得しないと・・・ということもありますが、私にとってずっと一本橋は鬼門なんです。だからまず渡れることからで許して~。2回目。これはなんと一旦脱輪してその反動で橋に再び乗ってしまい、そのまま通過という特殊技。先生が「凄いですね・・・そんなことできるなんて」と呆れ顔。「危険なので、落ちたらそのまま落ちたまま行ってください」とのこと。

そこからはしばらく一本橋の練習。数回はすぐに落ちましたが、渡れる回数は多くなりました。それでもタイムはやはり7秒。ハンドルを小刻みに動かして、リアブレーキと断続クラッチを利用して時間を稼ぐというアドバイス。でも、まだそのレベルじゃないもの私。

時間が来て、集合。私だけ、先生と別枠になりました。今日指摘されたのは、ニーグリップが甘いということ。つま先がどうしても外に向いている。乗車姿勢が悪くなり、肩がだんだん張ってくるので小刻みな動きができないということ。そして、停車の時、両足をつかないで、右足はステップの上に置くこと。これは普段でも意識していましたが、渋滞になるとどうしても両足を使ってしまう癖がついてしまったのです。一本橋は、最初の勢いを真ん中まで引きずっているので、速度が速くなる。3分の1ぐらいで速度を落とすこと・・・。こん感じでした。教習原簿をそのまま教習生に返してくれるので、直線バランスは次回の復習項目となりました。仙台の時も教習手帳にそういう意味の番号が書かれていましたが、意味もわからなかったのと、毎回毎回、進度を確認するレベルではなかったので、気にしませんでした。これで時限オーバーは確実。追加料金がないので気が楽。そして、今までそこそこ乗れると思っていたのですが、少しショック。もともと、大型二輪の教習を始めたのは、そういうところをきちんと教わりたいと思ったこともあったので、じっくりやってみましょう。

教習の後、マイバイクくんで少し練習。750の後では、何か凄く軽くてまったく別物に感じました。400ではできるのに、750ではできないことがたくさん。たぶん、大型二輪の教習をやっていれば、400もかなり上手くなるような気がします。

さて、マイバイクくんですが、私の家から電車に乗りボックスへ。家のドアからバイクに乗るまで約30分かかります。ただ、ボックスのある街は私が社会人になるまで2年間住んでいたところです。ということは約20年前。当時のアパートもボックスの近く。今日も前を通ってきました。懐かしいです。なので、この30分間も結構満足。暑い日は辛いけど。このたたり、とても起伏の多い地域。坂道の真ん中での信号待ちが多いのです。坂道発進のオンパレード。走るのには少し難しいところです。また、国道246号線で、バイクと車の事故があり、渋滞。反対車線なので覗いたところ、バイクはかなりの損傷。ヘルメットが転がっていましたが、運転していた人は大丈夫だったのでしょうか?246には、「二輪車事故多発」とか「二輪車注意」と表示がたくさん。やはり都会は危険なのですね。

教習の方は、明日から会社の帰りの20時からという夜の教習になります。のんびり考えていましたが、項目はどんどん進んでいくのですね。今のところ幸いにも転倒はありません。ただ、これからどうなるのか・・・。

転勤休暇は今日で終了。明日からは新しい部署へ出勤です。

|

« 大型自動二輪教習開始 | トップページ | 大型自動二輪教習3日目 »

教習日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26675/15389633

この記事へのトラックバック一覧です: 大型自動二輪教習2日目:

« 大型自動二輪教習開始 | トップページ | 大型自動二輪教習3日目 »