« 第一段階終了。そして沼津へ。 | トップページ | 「さん」「様」どちらがお好き? »

2007年6月17日 (日)

父の日

今日は父の日。私も父ですが、私も妻も父は健在。なので、親としてそして子供としての立場がそれぞれ。父の日には感謝の気持ちをこめてプレゼント・・・、ということになりますね。私へは、大型二輪の教習に行かせてもらっているので、何もなしです。以前は、何か買ってくれていました。水泳に興味を持ち出した時は水着とか、そう出ない時はシャツとかネクタイとか。今はクールビズになっているので、ネクタイよりもシャツがよくデパートでは出ているようです。

私の父へは、かつてはネクタイ。たまにネクタイをしていく時があったので、毎年。それが父のネクタイコレクションでした。しかし、現役を引退してからはポロシャツにしています。もともと、父の服は母が選んでいました。そして、私と母の趣味はまったく異なります。仙台に居たとき、出張で盛岡へ行った時、たまに父の服の買出しをして、趣味の違いに私ももうあきらめて。当人の父も何もいいません。ならば、私が買う時ぐらいは・・・と思いましたが、私がいいな~と思ったものは、きっと母は好みじゃないのだろうな~ということが頭に。

今日は、バイクの教習の前に、二子玉川へ妻と出かけ私の父と妻の父へのプレゼント探し。妻の父の方は、クールビズ用のシャツ。妻の父の好みは、妻がだいぶ理解しているようなので、任せました。

盛岡へは、2日遅くなりますが宅配便で送りました。新百合ヶ丘(妻の実家)では、妻の兄弟が揃って食事ということで、私も今まで妻と子供が世話になったのでそのお礼も兼ねて。新百合の家は、妻の兄弟達の部屋をうちで使っていたのですが、今は空き部屋。久々に家族みんなが集まるので楽しそうでした。

義兄夫婦は、1年前に赴任先の札幌から東京へ戻ってきました。今は社宅住まいですが、今の家を2世帯住宅にしてという話があります。妻達が住んでいたので、少し延び延びになっていたのですが、話が進み出しました。兄嫁は少し複雑でしょうけど。

もともと、あまりお酒は飲まない家系なので、私はそのままバイクで出かけました。普通二輪の教習の時にいろいろと応援してくれた義弟も来ていましたので。「なかなかいいバイク~」といってくれましたけど、ここらあたりでは、仙台のように楽しめる場所は少ないとのこと。大型二輪の教習の話をしたところ、またヒマができたら練習付き合ってくれるとのこと。少し厳しい先生なんだけど。

私も少し飲んだので、マイバイクくんは新百合にお泊りです。明日の夜、会社の帰りに引き取りに行きます。

さて、今日の教習。2段階になったのはいいのですが、いきなり「波状路」というのをやらされて。最初にセンタースタンドを立てさせられました。もう1人の方がなかなかできないようでしたが、私は簡単でした。というのも、仙台の教習所てせは毎回点検をさせられ、センタースタンドのかけ外しは何度も。特に私は倍以上時間がかかったので、かなりの回数やりました。大型になってもコツがわかれば何でもないのです。しかし、実際に波状路をやったらもうめためた。あんなの恐くて。

2時間の教習でしたが、最初の1時間はコース案内。もうわけがわからず。先生から「私のとおりの走行位置、合図をしてください」と言われても、ついていくのが精一杯。しまいには「後の人がわからなくなるので、うその指示はしないでください」と言われる始末。転倒も1回やり、エンストもたくさん。クランクやスラロームも失敗。かろうじて出来たのは一本橋という皮肉。タイムは8秒8まで伸びました。そんな感じでも、初回は項目OKになるのですね。

「次の時間で仕上げてください・・・」と言われた次の時間。やはりコースを間違えます。波状路・・・。難しいのですが、前回の少し恐い先生が、立ち上がる場所のアドバイスをしてくれたので、脱輪や転倒はせずに何とか通過。でも曲がるし、姿勢は悪くなるし。それでもだんだんやってるうちに少しわかるようになりました。今日はそこまで行かなかったのですが、これって意外と面白いかも・・・。

コースのミスは何ども繰り返します。「これは1段階のコースですよ・・・」と各地点にいる先生からも注意されます。それだけならまだいいのですが、停止位置がずれたり確認ミスも続発。そして停止すべきところもそのまま通過。2速で行くところも3速で行くし。私がコースをかなり逸脱するので、先生同士でも私への指示が異なって、余計パニックに。ということで、今回は「復習」ということで、次に進めませんでした。というより、私は人の倍以上やらないとわからないので、もう少し時間が欲しいのです。だから復習でも何でもいいのです(安心パックで追加料金がかからないので、本当にラッキーです)。先生からの講評では、「コースばかり気になり、法規走行がすっかり飛んでいますね。車と同じなんですよ」と言われました。まさしく。

今日言われたのは、波状路はかなり手前から立ち姿勢になり、足でタンクをしっかり締める。立ち姿勢は、早くつくっておくこと。右手レバーを握る時、人差し指を中に入れない。前のバイクとの間隔は2メートルぐらい開ける。進路変更は、緩やかに。クランクに入る時の速度が速い。他いろいろ。そして、コースは課題ほ順番に覚えるといいようです。

本当に今日はまったく余裕がなく、久々に普通二輪の時のようにウインカーを操作する時にホーンスイッチを何度もさわり音を出してしまいました。待ち時間に検定があり、様子をみていました。仙台の時は、検定員が車で追尾していましたが、ここはバイクを後に着かれるもの。緊張しますね。いずれこれを受けないと免許は取れません。まあ、そんなことを言っても、普通二輪の時も普通自動車の時もやったのだから、特別のことではないのですね。

何度か通ううちに、顔見知りの方もでき、待合室で歓談。それぞれ、いろいろな目的がある人達なので離していると楽しく、励みになります。そんな感じの父の日でした。

|

« 第一段階終了。そして沼津へ。 | トップページ | 「さん」「様」どちらがお好き? »

教習日記」カテゴリの記事

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、RIKOと申します。
私も1ヶ月前、普通二輪の教習に通い始めました。
AAさんが仙台で通った教習所と同じところかもしれないと思いながらブログを読んでいました。
今は1段階の中ごろ(狭路クランクで引っかかっています)なのですが、もう既に10時間以上乗っていて、AAさん以上に教習所の記録を作りそうな勢いです。

AAさんのブログを読んで、男の人でも大変なんだ~と励まされています。(すみません)

いろいろ、教えてくださいね!

投稿: RIKO | 2007年6月18日 (月) 12時43分

RIKOさま

コメントありがとうごさいます。
もしかして、八乙女駅のそばのところですか?
もう、そうなら・・・。
今の教習所は、予約が取りやすいところはいいのですが、大勢での集合教習ということと、四輪は都内最大のコースなのですが、二輪は専用コースなので狭いのです。八乙女のところは、四輪車と同じコースなので、広くて、車と一緒の分、いい体験でした。教習も2対1なので、先生とのコミュニケーションもよかったです(今のところも先生はいい方達なのですが)。特に私は、長~くいたので、みんな先生は顔見知りでしたので。もし、あそこならスラロームから一本橋へ入るところが斜めに入るのできつい感じですね。また、クランクとS字がすぐなので、そこもつらいです。ただ、それを過ぎると割合楽にはなりました。
先生に、私のこと(倍以上かかって教習をしたオジサンといえばわかるかも)をまだ覚えているかもしれません。私の記録を越すなんて無理ですよ(笑)・・・。大丈夫ですから。それに、男性でも私は特別なので・・・。
夏休みが近づくと予約がなかなか取れなくなるので、そのあたりも気をつけて頑張ってください。
私も・・・、頑張ります。これからもよろしくお願いいたします。

投稿: AA | 2007年6月19日 (火) 00時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26675/15473270

この記事へのトラックバック一覧です: 父の日:

« 第一段階終了。そして沼津へ。 | トップページ | 「さん」「様」どちらがお好き? »