« 終わりました。 | トップページ | 教習所生活を終えて »

2007年7月10日 (火)

二俣川試験場へ

今日は、大型自動二輪の免許を追加してもらうために、運転免許試験場へ行ってきました。所在地は横浜市旭区中尾というところですが、最寄り駅が相鉄線の二俣川駅なので通称「二俣川試験場」と言われているところです。神奈川県には試験場はここしかありません。免許の更新などは各警察署が可能なのですが、新たに免許を取得したり、私のように追加をする場合はここに行かないとならないのです。

人口800万の自治体として1か所というのは・・・・。しかし、距離の関係でいえば交通機関の発達している都会ではいいのかもしれません。

ただし、ここを訪れる人は毎日すごい数。更新の方でも、警察でできるのは優良者だけ。私のように違反があると試験場でないとできません。また、車の免許を取得して学科試験のある人はやはりここ。そういうわけなのか、窓口の受付時間が30分〜1時間しかないという区分もあります。私の場合は8時30分〜9時まで。午後もありますが、そちらも30分間。そういうわけで、会社に行くよりも早く家を出ます。地下鉄で一旦横浜駅へ出て相鉄に乗換です。そこからはバス。歩いてもいいのですが、坂がきついのでバスで。車やバイクでいけないこともないのですが、駐車場が少ないので電車の方が楽なのです。

ここは私がはじめて訪れた20年前とあまり変わっていません。古めかしい建物。案内もよくわからないし。以前も書きましたが、20年前今回大型二輪の教習を受けた教習所で普通自動車の卒業証明書を持って、学科試験を受けに行きました。しかし、私は2回も落ちました。学科試験を落ちる人ってそれほどないのでしょうが、私の免許取得にはいろいろとあったのです。なのでそれで3回通って。そして、引越しの時の免許を紛失して1回。また、更新の講習で1回。そして今回。

それはそれとして、まず手続き。仙台の時は教習所で申請書を作ってくれました。今回は東京都にある教習所なので申請書は作ってくれません。というか、東京在住の人も作ってくれなかったようです。ただし、神奈川県内の教習所を卒業した人は教習所で作成してもらえたようで、そういう何かの関係があるのですね。

でも申請書は書き方も簡単なので問題ありません。交通安全協会の窓口もありますが、仙台の時のようにそこを経由しなくてもいいので、勧誘もされません。

視力検査も簡単に済み、あとは待つだけです。窓口が9時に締め切られ、そこから1時間待って写真撮影。それから免許交付まで30分ほど待つことに。

二俣川の試験場は仙台の免許センターのようにいろいろなチラシが置いてあるわけでもなく、暇。どうしようかな〜と思って外に出てみたら、それぞれの技能試験が始まっていました。いわゆる「一発免許」というものですね。二輪もありましたので、見学することにしました。以前の大型二輪は、自動二輪免許の限定解除といって試験場でしか受験できず、合格率も低かったとのこと。なので、そこで免許を取得した方は、教習所で取得した方とはレベルが違う〜ということを聞いたことがあります。ただ、今は教習所は時間的な制約が多いことや費用がかかるという理由で、一発試験に臨む方が多いとのことです。今日はあいにくの小雨。私の昨日の卒検の時は晴れていましたので、ラッキーでした。

私の義弟もここで限定解除をした・・・とのことでその時の厳しさは聞いていましたが、どんな感じか興味津々。まず、待合所に集合。試験者は係りの人が用意します。今日は、大型・普通のMT、普通AT・小型ATのようです。

集合時間の前に、受験者がコースを歩いて確認をしています。その後説明があって1人ずつ軽く走行練習。ただ、外周を回るだけのようです。教習所のように検定員が追尾するのではなく、高い塔の中からチェックする様子です。そして、1人1人のレシーバーが渡され、交信が可能。コースがわからなくなったら、手を上げて停止すれば教えてくれるようです。

みんなそれぞれにスタート。見ている私は気楽ですが、乗っている方は緊張しているでしょうね。いろいろと見ていると、技量には差かあるようです。もの凄く上手い人もいれば、あまり・・・という方も(私よりは当然上手いと思いますが)。見ているとスラロームはわりとみんなゆっくりめ。私も本番の時はゆっくりだったので、みんなそうなのかも。

みんなそれぞれに上手く課題をこなして行きます。ただ、ここは脱輪とか接触とか中止項目があると無線で「試験中止です。発着点に戻ってください。」といわれてしまうのです。それが当然なのでしょうが。何人か一本橋で脱輪。クランクでの大きな足つきで中止になっていました。

また、一番多かったのは急制動での失敗。小雨ですが路面が乾いているので11メートル。指定速度が遅くてもう一度やり直しの方もいれば、他の課題がみんな上手くできていたのに、ここの急制動でラインオーバーとかブレーキをかけるタイミングがあわずそのまま行ってしまうなどで中止になる人が数人。残念ですね。

急制動は、速度を速く作らないといけないし、ブレーキのタイミングが少しずれただけで失敗するという恐さがあります。ただ、私は急制動とか坂道発進というように、バランスがものをいう課題ではないものは得意に方でした。普通二輪の時に先生から「AAさんは、乗車姿勢が悪いので、それが逆にここでは上手く作用しているんです」という何ともいえない言葉をもらいました。

いずれにしても、試験場での試験は、教習所のように慣れたコース・バイクというわけでもないし、減点が厳しいので、とても私には無理です。教習所へ行ってよかった・・・と実感。そして、違反をすると再試験になる恐れもあり、その時は試験場の受験。これを受けないと取り消し。なので、違反はしない・・・と心に誓いましたが・・・。

さて、免許証が出来あがりました。今は個人情報保護の関係で、「お名前を呼ぶことがありますので・・・」と但し書きが。基本的に窓口で自分の名前を言って免許証を受け取ります。以前の普通免許が中型の限定免許となり、私の記載も変わりました。「中型車は中型車(8t)に限る」と変な記載。そして、種類の欄も増えました。「中型・大自二・普自二」の3つの記載のある免許証を受け取りました。

神奈川県はICチップではないので、交付手数料は割安です。ただ、免許証は記載内容や形式は全国共通なのでしょうが、字体や色合いが微妙に異なります。機種の違いなのでしょうか。普通二輪の時の宮城県のものの方が好きでしたが。新しい住所も記載され身分確認の時に両面を見せる手間もなくなりました。

午前中一杯かかった試験場。免許を手にして、すぐにバイク屋へ〜と思ったのですが、それはもう家庭崩壊となるので、きちんと仕事へ行きました。

200707101024000

二俣川試験場の二輪コースです。

|

« 終わりました。 | トップページ | 教習所生活を終えて »

教習日記」カテゴリの記事

コメント

AAさん、ご無沙汰しております。RIKOでございます。
大型二輪免許取得おめでとうございます!
すご~い!! ほんとうすばらしいのひとことです。

私はこの間、やっと1段階、みきわめが通りました。
(かなりオマケしてもらった気がします・・・)
ちなみに1段階で20時間、でした。
そして、すでに2段階もオーバーしております(^^;)。
何回、検定受ければ、合格するのかなあ、会社そんなに休めないなあなどと思っております。

ところで、二俣川試験場!
懐かしいです。私が十数年前、普通免許の学科試験を受けて、初めての免許証の交付を受けたのは、当時、横浜在住でしたので、二俣川でした(教習所は実家のある石巻でしたがね)。
なので、わたしの免許証番号のアタマは45なのでした。(免許証番号のアタマ2桁はその県の県庁所在地の市外局番に対応している噂は本当なのでしょうかね?ちなみに宮城は22です。)

二俣川といえば、献血所が併設されていて、待ち時間がやたら長い試験場において、なんてうまい戦略だ!と感心した思い出があります。
そしてまんまと献血しました。
今もまだあるのかしら?


ともかく、大型おめでとうございます。
私もAAさんにあやかれるよう、頑張ります!!

投稿: RIKO | 2007年7月11日 (水) 18時20分

RIKOさま

第1段階終了、お疲れ様でした。20時間なんて気にすることはないですよ。私は23時間でしたから(記録破られなくてホッ・・・?)。社会人だとなかなか時間が合わなくて大変ですよね。また夏休みになるととたんに予約取りにくくなるし。
RIKOさんの教習所は、普通2人・大型2人に先生が1人ずつついているので、失敗すると恥ずかしいこともあるけど、先生とのコミュニケーションがしっかり取れていいと思います。東京では、先生が5名ですが、20名ぐらいの集合教習。気楽といえば気楽ですが、つまづくとそこから抜け出せなかったり、みんなの前で恥ずかしい思いをしたり。大型だから良かったのですが(普通二輪取得後なので)、普通二輪だったら(バイクまったくはじめて)私無理だったかもしれません。

私も、普通二輪の時も大型二輪の時も、上手くいかない時は「もうダメかな?」と思ったこともたくさんありました。特に仕事があると。でも、いろいろな方から応援やアドバイスをいただき、何とか終了しました。特に普通二輪の時は大変でした。時間もかなりかかったし。それでも免許が取れたのです。なので、RIKOさんも大丈夫ですよ。

RIKOさんが、免許を取得したら、今度はやはり時間オーバーで悩んでいる人に、励ましたりアドバイスをしたりする・・・。そんないいネットワークができたら素晴らしいことだと思います。だから、そのためにも頑張ってください。

ところで、二俣川の試験場。献血は外に車が来ています。私は先日献血をしたばかりなので、できませんでした。私の免許番号も「45」で始まります。東京は「30」で始まります。ただ岩手は「19」ではないようなので、必ずしも市外局番とは限らないようです。でもそうなっているところもありますね。

2段階になると少し楽になると思います(私は大型の時は2段階の方がオーバーしたのですが、普通二輪は基本的に2段階の方が楽です)。シュミレーターと学科がセットで2時間取られるのでここが予約が取りにくいところです。あともう少しですよ。

また、ご様子を聞かせてください。

投稿: AA | 2007年7月11日 (水) 21時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 終わりました。 | トップページ | 教習所生活を終えて »