« またまたバイクスクールに参加 | トップページ | 田園都市線・半蔵門線渋谷駅 »

2007年7月22日 (日)

マイバイクくんとお別れ

バイクに乗るのをやめたわけではありません。バイクを買い換えることにしたのです。

とはいっても、それなりの金額を上乗せしないといけないので、そう簡単にはいきません。妻とはいろいろとあった1週間。そのいきさつは、内輪のことなので書きませんが、これで一生妻には頭が上がらないかな?

今年の1月末に新車で購入したXJR400R。この車種は、今だと希少価値なので予想以上に高く下取りしてくれるとのこと。これに心が動きました。まだまだこれで十分(というより私の技量ではまだ余るくらい)の性能。しかし、私にはバイクで遊ぶという期間が、もうあまり残されていません。不治の病ということではありませんが、年齢的なこと。これからかかる子どもの教育費のことなど。「バイクなんていつでも乗れる・・・」ということにはならないような気がしています。だから、今回の買い替えでもう終わりの予定です。私には気に入ったバイクがあって、それ以外はあまり興味がありません。大型車の代表各ハーレーも別に欲しいとは思わないし、ツアラーという大型車もSS車もアメリカンもそれほど。なので、今回が生涯最後のバイクになるかな?と思います。だから、乗りたいものをという気持ちです。もし仮に今度バイクに乗る機会があれば、原付かそれより少し大きいもの中古で満足すると思います。

まあ、そんな気持ちをいろいろと妻と話して。バイクショップには何度か見に行きましたが、店長からは「奥さん、大丈夫ですか?」と心配してもらいました。買い換えるものは、「興味のない方なら、一見して今のものとは見分けがつかないかもしれませんね」とのことでしたが。

前回は、紹介があって特別にリースみたいな感じでの購入でしたが、今回はそういう優遇はつきません。ただ、買取には少し色をつけてもらった感じです。

今日は、今までのマイバイクくんをそのままショップに渡してきました。もうこれ以上乗ると、積算距離が増え、もし転倒させると買取価格が下がるのです。

マイバイクくんは、私にとってはいいバイクでした。納車の日、ショップから恐る恐る公道に出たあの感動と恐怖。ガソリンを入れてコンテナにしまった時の安堵感。強風で支えきれなくなり、ボックスの側面に倒し、タンクが凹んだ時の悲しい気持ち。立ちゴケしそうになった時、必死に踏ん張って支えたこと。はじめは、ぎこちない感じがだんだん慣れていった感覚。山を越え、日本海まで行ったこと。高速走行中に途中で雪になり途方に暮れながら、インターを下りたこと。洗車をして汗だくになってバイクを磨いたこと。

などなど。それは、ほとんど仙台の単身赴任の時のこと。少しつらい時に心の支えになってくれた思い出にはいつもマイバイクくんがいました。水泳の練習会にも出かけたし。

今日、バイクショップへ行くまで、最後の走り。軽くてちょうどなじんだところ。本当は、大型二輪の免許を取る予定はなかったので、ずっと一緒に・・・と思っていたのに。バイクショップにだんだん近づくにつれ、「もう、お別れ・・・・」と思い、少し買い換えることをためらったりも。買い換えないことが、このバイクとももっと長くいられるし、経済的にも・・・。そう思っているうちにバイクショップに着いてしまいました。普段は信号待ちや渋滞が凄くイヤだったのに、とても短く感じられて。

手続きが済み、マイバイクくんは私から離れました。今度のものは早ければ月末にも・・・ということでした。

いろいろとたくさんの思い出をありがとう・・・・という気持ちでいっぱい。今度は新しい持ち主に末永く可愛がってもらうんだよ~。

|

« またまたバイクスクールに参加 | トップページ | 田園都市線・半蔵門線渋谷駅 »

バイク」カテゴリの記事

コメント

買い換えるんですね。

折角免許をとったのだから、当然といえば当然なのですが。
税金は一緒ですが、維持費がかかりますね。
大型はパワーもあるので、消耗品が多く値段も高いです。

私ももう一度乗りたいとは思っているのですが、
腰痛に加えて坐骨神経痛まで出てきたので
無理そうです。短距離なら・・・とも思いましたが
短距離なら大型は必要ないです。

今はピンクナンバーの原付に乗ってます。

投稿: ういっしゅ | 2007年7月23日 (月) 21時26分

ういっしゅさま

こんばんは。
私も実は、迷いに迷い続けたのです。本当に、買い替えないといけないのか・・・。別に買い換えなくても、楽しみ方はたくさんあるし(一番のネックは、私にそれだけの技量がないこと)。
そして、「欲しい」と思っても「我慢すること」「諦めること」も子どもの教育にとっては必要なことじゃないのか・・・なんて(少し親らしく)。

ただ、人生一度しかないので、「一度は経験してみたい」という気持ちが勝ってしまって。買い換えた後は、興味がなくなるかもしれません。そして、小型の方が楽でいい・・・と思うかも。

決めてしまったことなので、買い換えたことが、大きな後悔(事故など)にならないように・・・とは思っています。坐骨神経痛は大変なようですね。私も少しその気配があるかも。なので、バイク生活もそう長くはないようです。

原付二種は、結構いいと聞きますね。私も今度の次にバイクを買い換えるとすれば、そのあたりに・・・と決めています。その時にはまた相談に乗ってください。

投稿: AA | 2007年7月23日 (月) 23時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26675/15850540

この記事へのトラックバック一覧です: マイバイクくんとお別れ:

« またまたバイクスクールに参加 | トップページ | 田園都市線・半蔵門線渋谷駅 »