« 名古屋出張初日 | トップページ | 暑い・・・。 »

2007年8月15日 (水)

終戦記念日に・・・。

8月15日は、終戦記念日。私は戦争は知りません。また、私の親族では幸いなことに戦死者はいません。

父や母は、戦争中に青春時代を過ごしました。父は、あと数年で徴兵にかかる年齢。母は、軍需工場に動員されていたようです。

私の子供の頃は、まだ東西冷戦があり、ベトナム戦争もまだ終結していたなかったので、反戦運動がありました。また、世界的にも緊張状態がまだあり、戦争が身近ではないにせよ、世界が平和とはいい難い時代でした。それでも当時は、戦争を経験した方達が活躍していた時代だったので、日本は戦争に対して非常に危機感を持ち、私達は平和にな時代を過ごして来ました。

今はどうなのでしょう。冷戦が終結しましたが、未だに国際紛争はなくなっていません。ただ、日本人の戦争に対しての価値観は変わっているような感じです。

私の子ども達は戦争についてどう思っているのでしょう。学校の授業での扱い方は大きく変わっています。私達の頃は、先生方の組合も強く反戦教育をしっかりと受けていた感じもあります。今はそういうこともなく、歴史事実としての項目にしかなっていないようです。そして、今後日本が戦争に巻き込まれるなんて子ども達は思ってはいません。ある意味それはいいことなのかも知れませんが、日本も60数年前に、戦争があったということは、伝えていかないといけないと思っています。

私が思うことは、「私の子供たちを戦場に送ってはいけない・・・」ということです。今は、「美しい国、日本」とか「愛国心」などが学校教育で重要視されつつあります。私はこれは間違いだとは思いません。自分の国を愛することは大切なことです。しかし、そのために、「命をかけて戦う」ことが日常化されてはいけないと思います。過去の戦争では「お国のために命を捧げる・・・」ということが大義名分でした。ただ、最近明かされる手記により、死の直前の無念な気持ちが明らかになってきています。そういうことを口にすれば「非国民」といわれた時代。そういう時代になってはいけないのでは?と考えます。

現在の状況においてある方から言われたことがあります。「あなたは、愛する家族が、あなたの目の前で強盗に襲われた時、家族を守るために戦わないのか・・・」と。そして、「そういう目にあわないために、自衛手段をとったり防犯の対策をしないのか」と。確かに、今の日本は脅威にさらされていることも現実。そのために日本としても軍備を強化したり、国際社会の一員としての役割も必要なことかもしれません。しかし、何としても子ども達を戦場に送らなくてもいい方法を考え出し、そのための努力を惜しまない・・・ということをしないとと思っています。私に何ができるかはわかりません。ただ、終戦記念日には戦争を体験していない私達だからこそ、いろいろと考えてみる日でもあるかもしれません。

それと、この日に話題となる問題。靖国問題については、昨年も書きましたので今年は「日の丸」「君が代」の問題。都立高校の卒業式で起立しなかった、斉唱しなかったで、処分者が出ました。信条の自由の問題です。私は、国旗・国歌については国民として敬意を払うことも必要と私は思います。

以前、日の丸・君が代が国旗・国歌に制定される際に論議がされました。その中で、過去の戦争中に日の丸・君が代の名の下に多くの戦死者を出したこと、そして過去の忌まわしい時代の遺物としての日の丸・君が代を今また・・・と言うことが、そのまま信条の問題に繋がっている感じもあります。

しかし、私はそうは思いません。過去に日の丸・君が代の名の下に多くの戦死者を出したのなら、その経験を後世までも語り継ぎ、反戦の誓いを持ち続けるためのシンボルとして日本人が大切に守っていくべきでは・・・と私は感じています。広島の原爆ドームは今世界遺産となっています。こちらも過去の忌まわしい負の遺産を残すことに反対もあったようです。この建物を見るたびにあの日を思い出してつらい思いをする人もたくさん。それでも、あの遺産があるために、あの悲惨な原爆を平和のシンボルとして子ども達や世界の人々に伝えることができると私は思っています。

最後にもうひとつ。「日本基督教団」という宗教団体があります。私はキリスト教の信者ではありませんが、この団体は戦争中の戦争協力についての責任問題を公開しています。教団維持のために、心ならずも戦争に協力したことを悔いています。戦争に協力することで、教団を存続させる道を選んだのです。苦渋の選択だったのでしょうね。これは、宗教団体の問題ですが、見方を変えると一般人にもあてはまること。戦争に反対でも生き延びるためには賛同していかないといけない・・・。そういう時代にはなってはいけないということも感じています。

終戦記念日に・・・、私が思ったことです。

|

« 名古屋出張初日 | トップページ | 暑い・・・。 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26675/16129333

この記事へのトラックバック一覧です: 終戦記念日に・・・。:

« 名古屋出張初日 | トップページ | 暑い・・・。 »