« 家族サービス | トップページ | 名古屋出張初日 »

2007年8月12日 (日)

横浜市の水源へ

水の確保は、昔から大変なこと。飲み水、農業用水など、水をめぐっては「水騒動」というトラブルも歴史的にはいろいろとあったようです。

東京は、少雨の時は渇水状態になることがありますが、神奈川県はあまりそういうことがありません。相模湖・津久井湖・丹沢湖に加え、宮ケ瀬湖の4つの大きなダムがあるためです。そして、横浜市は山梨県り道志村から水源を確保しています。これで、人口800万人のほとんどの命が保たれているのです。

仙台や盛岡に比べ、横浜の水はそれほどおいしいとは思いませんが、逆に味のないのが、いいことなのかもしれません。昨日入手した足柄の水・・・。それで炊いたご飯での朝食。こちらは少しおいしいと思いました。

さて、午後からはバイクで出かけるぞ~と思い・・・。でも暑いよ~。ということで、少しでも涼しさを求めて、「水源を巡る旅」ということにして、宮ケ瀬湖へ。ここは行ったことないのです。厚木からいけばいいらしいのですが。途中で、若いグルーブのバイク集団に遭遇。これは、いわゆる「暴走族」ですね。いつもはただうるさいと思っていたのですが、「おの音はどうやって出すのだろう」と。たぶん改造しているのでしょうね。走りながら空ぶかしをしているし、ギアは低速にしているのかな?蛇行運転・・・。スラローム結構上手い?二人乗りでよくやるなあ~なんて思って。でも、ああいう行為が、バイクに対して社会的に容認されない部分があるのですね。

何とか、宮ケ瀬湖に着きました。ここは公園になっているのです。駐車場は休日は有料になります。バイクはゲートがなかなか開かない・・・ということで苦労しました。仙台にいた時もそうですが、私はダムを見るのが好きなのです。仙台では、社宅の近くにダムがあり、わりと近くまで行けましたが、都会だと駐車場からダムまでかなり歩かないと。夏場で少し貯水量が少ない様子。

ここで引き返せば良かったのですが、ここから「道志みち」という山中湖へ抜ける道(国道413号)があり、道志村は横浜市の水源・・・ということで、もう一つの水源を訪ねてみることに。バイクショップの店長に、「このあたりだと、いいスポットはあまりないですね。まあ、道志みちを通って山中湖かな」と言われたことがあり、それがここなのです。それほどきつくなくカーブから始まり、そのうちに私の技量では少しつらいカーブも。ただ、幸いなことに、前に家族連れのワンボックスカーが非常にゆっくりと走っています。この人、少し???と思うような運転で、直線では「大丈夫かな?たぶんサンデードライバー?」と思うくらい。たぶん私が車だったら少しイライラするかもしれませんが、バイクでははじめての道。カーブも30キロぐらいに減速しているので、私でも楽に曲がれます。途中で道幅が狭くなったり、反対車線が見えなくなっても、問題なく通過できました。たぶん、この車が前にいなければ、後から追尾されると私はとても生きた心地がしないのです。

山梨県に入り道志村へ。横浜市は、市内の水道の水源確保のためにここから水を引いています。そして、横浜市の施設もいろいろと。村には、横浜市からの収入も入るようで、二つの自治体は密接な関係のようです。横浜の人はそれほど意識していないようですが、道志村の方は、かつて「横浜市と合併して・・・」と請願したこともある程です。かなりの高地なので、涼しいです。のどかでいいところですね。バイクで走る人もたくさん。私は前の車の後についてゆっくりでしたが、ここをある程度のスピードで走ると楽しいのかもしれませんね若い人は。

私には少しきついルートでしたが、何度か走れば楽に通れるかもしれませんねここ。道志村を過ぎると山中湖です。ここらあたりになると、もう観光地。まず、スポーツ施設がたくさん。合宿をしている大学生の姿が。リゾートホテルも。山中湖は・・・。富士山が見えてきれいですが、正直「あっ・・そう」といった感じです。仙台に居た時に、たくさんの自然の風景を目の当たりにした私には、あまり感動は沸きません。山中湖も宮ケ瀬湖も、もっと自然がたくさん・・・と思っていたのでが、都会から近いと観光地になってしまうのですね。東北の場合は、町と町の間に、普通に手付かずのような自然があります。最初は「どこにいっても同じ風景・・・」という感じで、飽きていましたが、バイクに乗るようになってその自然の美しさを感じました。首都圏でそういうところを探すのは大変なのでしょうね。道志村は少し気に入ったかな?

夕飯までに帰る約束で出かけましたが、山中湖から御殿場に抜ける道が大渋滞。すり抜けをすればいいのでしょうが、カーブで止まっているので、私にはちょっと。なので車の後についたまま。マイバイクくんは空冷なので、エンジンが熱くなり、タンクまでジワジワ熱くなります。直線になったら今度はすり抜けできるような道幅ではなく、バイクはみんな待ちです。というより、あまりバイクの人はいません。みんな渋滞を知っているから、別の道を通るのですね。自衛隊の演習場もこのあたりにあるのですね。制服を着た自衛官や、装甲車が反対車線を通ります。

やっとのことで東名に入ったら、今度は秦野中井から横浜町田まで20キロの渋滞・・・とのこと。お盆の帰省ラッシュとは逆なのにね。ここは、すり抜けをしました。昨日、私が車に乗っている時に見た感じで。でもかなり恐かったですね。40キロぐらいで抜けられましたが、バスやトラックに挟まれると恐いです。だからあまりやりたくはないです。渋滞の原因・・・いろいろとあるのでしょうが、海老名SAの混雑で、進入車線がふさがれています。そのため、本線の車線にも車があふれ、本来3車線が、2車線になっていました。それに自然の車の量が増えたことが加わったようです。海老名SAを通過すると流れは順調。横浜町田インターでも、出る車の列が車線を塞ぎ、そのまま渋滞になることに。やはり料金所での支払いが渋滞を招くのでしょうか。私もバイクなので、いったん止まり、ギアをニュートラルにして、手袋を外し・・・とかなり時間がかかります。それが渋滞の原因に・・・と思うと、複雑でした。

夕飯には当然間に合わず、すっかり片付けられていたので、近所でラーメンを食べて帰りました。家族は少し機嫌が悪かったのですが、次回の家族旅行の「下見」ということで勘弁してください。

Photo_2 宮ケ瀬湖です。水の色が濃い縁ですね。ここから先の方に、もっと大きな水門があるようです。このダムの周辺にも、普通に民家がたくさんあり、都市化している様子ですね。厚木からは、わりと近いのには驚きました。ダムを一周できる道もあるようですが、よくわからなかったので、次回は・・・と思っています。

Photo_3 こんな列車が運行しているのですね。外国のような感じてす。今度は、家族を連れて・・・と思っています。だから、今回はその「下見」だったのですよ本当に。秋になったら紅葉がきれいなのかな?

Photo_5 道志みちの「道の駅」です。ここは夏には、交通量は多いですが、山合いの静かな村ですね。いいところです。道の駅の手前に、「水源」もあり、また、温泉もあるようです。コンビニは1軒しかないのですが、それがまたいい感じ。

Photo_6 山中湖と富士山です。富士山はさすがに「日本一の山」ですね。こちらから見た富士山もまたいいですね。山中湖は、あまりに観光地化されましたね。大学のセミナーハウスもたくさん。私の卒業した大学もあったっけ・・・。高級別荘地の販売コーナーもありました。東京から近いとなれば、それなりの値段なのでしょう。

Photo_7 富士山・山中湖をバックにしてマイバイクくんです。砂地なので、あやうく転倒しそうになりましたが、何とか持ちこたえました。しかし、やはり「重い」よキミ。

|

« 家族サービス | トップページ | 名古屋出張初日 »

バイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26675/16092742

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜市の水源へ:

« 家族サービス | トップページ | 名古屋出張初日 »