« 自民党大敗 | トップページ | ネット社会の功罪 »

2007年8月 1日 (水)

初代と二代目のマイバイクくん

初代と二代目のマイバイクくんは、一見すると同じ感じに見えます。バイクに興味のない人なら、よくわからないんじゃないの〜とバイクショップのスタッフの話。

でも実際乗ってみると、大きさも足つき性も違います。またエンジンの形も。娘に「違うのどれ・・・と聞いたところ、半分ぐらいしか答えられませんでした。

ならし運転をした感想などは、次回にまた。

Dscf0004 こちらが二代目です。

このデザインを400CCにも応用したのだそうです。ただ、こちらの方がフラッグシップモデルなので、細かいところにも高級感があります。

Dscf0031 これは、初代。ヤマハのこのデザインに憧れて・・・といった感じです。この大きさでも、取り回すのは大変でした。400CCというのは、性能的にもそれなりにいいもので、普通に走るならまず不自由はしないもの。特に、ヤマハはハンドリングが良いとされ(あまり意味はわかれませんが)、下手くそな私でも、「乗れてる~」と大いに錯覚したものでした。

モデルチェンジが激しい世界なので、すぐにまた新しいものが出てくるのでしょう。ただ、気に入ったものはずっと使い続ける・・・。そんな感じにしたいと思っています。まずは、安全第一がすべての基本・・・なのですね。

|

« 自民党大敗 | トップページ | ネット社会の功罪 »

バイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26675/15967402

この記事へのトラックバック一覧です: 初代と二代目のマイバイクくん:

« 自民党大敗 | トップページ | ネット社会の功罪 »