« 南栗橋へ。 | トップページ | 帯状疱疹その2 »

2007年9月27日 (木)

帯状疱疹

ここ数日間体調が悪く、熱っぽくて疲労感もありました。ただ会社を休むわけにもいかないので、出勤。家に帰っても、スポーツクラブにも行かず、バイクで出かけることせずおとなしく家族団欒。

しかし、だんだんに左側の頭痛や身体の痛みがあり風邪かと思っていたに、背中から胸にかけて発疹。そして水ぶくれになって余計痛みます。土曜日まで病院にはいけないので、我慢していたましたが、あまりにつらいので横浜市の夜間診療所へ。以前は桜木町までいかないといけなかったのですが、今は港北ニュータウンにも出来たので、家からすぐ。久々にバイクででかけて(少し無謀でした・・・)。

診断は帯状疱疹。水疱瘡の菌が残っていて、それが免疫低下などのきっかけで再発するようです。私は子どもの頃に水疱瘡はやりました。なので、それにかかることはないのですが、帯状疱疹にはかかるらしいです。そしてそれも一度かかるとほとんどはもうかからないとのことです。命の関わるものではないようですが、神経痛が残る場合もあるのと、早めにきちんと治療しないと長くかかるらしいのです。

夜間診療所でも、抗生剤が常備されていて、それを2日分もらいあとは土曜日に皮膚科へ行ってくださいとのことでした。

空気感染はしないとのことでしたが、水泡が潰れているので、子どもに移ることもあるとのことで、診察後は半分隔離状態。帰りも、ロビーに子どもがいるので裏口から出るようにと言われました。抗生剤が高いらしく、夜間の加算料金もあり6,000円も取られました。

私はこれでいいのですが、困ったことが。下の坊主はまだ水疱瘡はやっていません。そして予防注射もまだです。3歳になったら・・・ということにしていました。水疱瘡はみんなかかる病気なので、逆にかかってもいいかも・・・と思いましたが、わざわざ私が移すわけにもいけません。なので、今日から私だけリビングで寝て、坊主とは近づけません。明日の朝からは隔離です。娘は水疱瘡はやりました。顔にもかなり水泡ができて、後が残らないか心配していましたが、幸い大丈夫。最近は少しニキビが出来てきたみたいです。

風呂も、坊主と一緒に入ることはできません。また、私はできるだけ浴槽には入らずにシワーだけにして、その後消毒をして・・・。大変。

今のうちに軽くかかった方がいいのかもしれませんが、坊主のかかりつけの先生には明日妻が相談するとのことです。

私は、こんなではプールにも行けず・・・・。バイクで出かけるのも少し疲労感と痛みがあるので・・・。家に居ても、坊主に移るから。この週末はどうしようか・・・・と思っています。

|

« 南栗橋へ。 | トップページ | 帯状疱疹その2 »

「心と体」カテゴリの記事

コメント

いろいろな疲れが吹き出してしまったんですね。くれぐれも無理せず大事にしてくださいね。
ところで新京成なんかが、なんででてきたんでしょう??? 流山電鉄の方がまだわかるけど。
あの線路は曲がりくねっていて、昔はカーブの度に吊り革が網棚にぶつかり、ガチャガチャと賑やかでした。軍事物資を運んでいたから爆撃を避けるためカーブが多いときいています。併走するような道はあるのかなぁ。まわりの道は狭いし、乗って面白い(?)鉄道では? 線路の横はすぐ民家か畑です。でも、途中・滝不動駅近くに牧場併設の美味しいと評判のソフトクリームがあるそうなので是非寄ってみてください。
私はしばらく京成沿線(印旛沼や宗吾霊堂)や利根川付近(佐原)で練習です。のどかな田園地帯が広がっていてとても気に入っているんです。
なかなか下総から抜けられません。もっと寒くなったら上総や安房にも行きたいと思ってますが、なんせスピード出すのが苦手なもので‥。

投稿: いもどら | 2007年9月29日 (土) 01時05分

いもどらさま

コメントありがとうごさいます。
新京成線は、確かに曲がりくねってあまり道路と併走区間はないようにみえますが、二和向台から鎌ケ谷大仏のあたりは少し併走区間があります。昔兄夫婦が三咲に住んでいて、あそこらをよく通りました。その時はまだ原っぱの中に電車が通っている感じでしたが、今はもうそんな風景はないのかもしれませんね。松戸側も少し併走区間があっておもしろいな~と思っていました。北習志野から高根公団のあたりは民家の間という感じですね。
北総の印旛日本医大にかけては千葉ニュータウンの道路とこれも併走。ここはぜひ行ってみたいと思っています。
今度は、下総から神奈川県の方まで出かけてみてください。横浜市でも意外と田舎のところがたくさんありますよ。

投稿: AA | 2007年9月30日 (日) 02時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26675/16595463

この記事へのトラックバック一覧です: 帯状疱疹:

« 南栗橋へ。 | トップページ | 帯状疱疹その2 »