« ルーツを巡る旅その1 | トップページ | 東急百貨店 »

2007年10月 8日 (月)

ルーツを巡る旅その2

私自身のルーツを巡る旅。いよいよ、愛知県豊橋市に入りました。豊橋市の隣の田原市が私のルーツの地です。一度は行ってみたいと思っていたところです。仕事で名古屋へ行くことはありましたが、豊橋に寄ることは難しく素通り。いつかバイクで・・・と思っていても、豊橋は遠い・・・。今回は浜松までと思っていたのですが、意外と近いことにびっくり。

時間もないので、豊橋市内は通過だけにして目的地へ。市内の愛知大学や時習館高校などの文教地区を抜けると、郊外ののどかな地域になります。田原市は三河湾をはさんだ渥美半島の真ん中にあります。愛知県で名古屋から一番陸路では不便なところ。新幹線で対岸に見える半島、それが渥美半島。田原市は、以前の田原町に半島全部の町が合併し、渥美半島はすべて田原市に。私の祖先は旧田原町の出身らしいです。

父は、一度だけ訪れたことがあるらしいのですが、私ははじめての地。祖父が亡くなった時、田原の本家から親戚が来て、分骨をしていきました。

話を戻して、田原市はトヨタの工場があり、最近は潤っているようです。そして伊良湖岬の観光産業と、農業主体の典型的な地方都市。仙台に赴任していた時はこういう風景はよく見ていましたが、最近は。なので懐かしく落ち着きます。市の中心部はのどかで・・・人もあまりいなくて。

Photo_6 バイパス沿いにある道の駅です。渥美半島の特産品は、昔社会の教科書に温室による「電照菊」というのがありました。夜中に電気をビニールハウスの中につけ、昼と夜をだます・・・というもの。しかし、今は温室メロンが有名なようです。静岡のメロンも有名ですが、こちらの方がおいしいとの評判?農家も菊より収入が多いみたいで、周囲にはメロンのハウスがたくさん。道の駅ではかなり安かったのでね、おみやげはこれ。もちろん宅配です。

Photo_8

田原市役所の前です。ここが私のルーツ・・・。私は曽祖父の名前もどこに住んでいたかも知りません。そして先祖代々の墓も。もしかして今、私の直系の方は田原には住んでいないかもしれません。ただ、先祖の戸籍はこの市役所には残っているはずです。当然休日なので、訪ねることはできませんし、今は個人情報が厳しいので、教えてはもらえません。ということで、今回の旅で私のルーツ・・・、それはこの「田原市役所」ということにしました。

Photo_9 Photo_10 市内の唯一の鉄道である豊橋鉄道渥美線の終点、三河田原駅です。陸路では、豊橋からこの電車に。豊橋まで40分ぐらいのローカル線。それでも1時間に4本ぐらい運行しています。なかなか頑張っています。そして、電車・・・。これ見たことがあります。東急の7200系ですね。豊橋鉄道は東急グループではないのですが、電車はここに売却されていたようです。私が知っている限りでは東急では大井町線で走っていました。ローカル線ですが、少し都会的なイメージです。そしてこの7200系は青森県の十和田観光電鉄でも走っています。

Photo_17 Photo_18

ルーツの発見もできたので、そろそろに帰途にと思ったのですが、有名な伊良湖まであと30キロ。思い切って行ってみることに。のどかな道をひたすら岬へ。伊良湖はこの地区では有名な観光地。またツーリングの人も多くバイクもたくさんでした。そして、ここから伊勢・鳥羽方面へのフェリーも出ているのです。フェリー乗り場の道の駅で食べた「大浅利」。私は貝類が好きなのです。これで400円。少し高い?

Photo_19 Photo_20 恋路ケ浜というロマンティックな名前と、「願いのかなう・・・」というモニュメント。そしい伊良湖は渡り鳥の宝庫。大きな望遠レンズを持ったカメラマンがたくさん。ここでも、ツマミ食い。店のおばさんに「お父さん・・・」といわれ、ガックリ。もうお兄さんではないのですよね。当然。そして、渥美半島を太平洋沿いに東へ。片浜十三里で一休み。ついに渥美半島一周です。国道42号線なのですが、とても空いている。なので気持ちよい。バイクで走るにはとてもいい道でした。ただ、歳をとったせいかトイレが近くて、それが大変。そこから豊橋市街に入らずに国道1号線に出て、再び静岡県湖西市へ。海岸沿いのバイパスから見る遠州灘もまた美しかったです。

楽しい時間はすぐに過ぎます。もう16時。ここから横浜まで帰らないといけないのです。でも最後にもう一つ。マイバイクくんのルーツ磐田に行かないと。1号線から東名浜松から磐田へ。その前にの国道で何とバイクの軍団・・・20台ぐらい。マスツーリングなのですね。ちょっと見凄い感じです。私のそのうしろについていきます。インターでみなさんは名古屋方面、私は磐田へ。

さて、磐田についてもヤマハの本社はどこにあるのかわかりません。磐田市も静かな町。新幹線から見えたところ・・・・。だいたいの位置は見当をつけていたのですが。あたり前ですが、浜松も磐田もバイクが多いかというとそれほどでもありません。また磐田市はヤマハのバイクが多いか・・・というとそうでもなく。楽器のヤマハはパープルのロゴ。発動機は赤のロゴ。やっと探してヤマハ本社へ。

Photo_21 Photo_22

休日でも工場のゲートは開いていて、警備員も。「関係者以外立ち入り禁止」の看板があり、いくら「ヤマハのバイク」をみせても中には入れません。あきらめてUターンしようとしたところが何と本社の正門。休日なので門が閉まっているので逆にラッキーです。平日ならこんなところにバイクを止めたりはできません。ヤマハのバイクといっても、今は海外に生産拠点を移したりもしているので、マイバイクくんもここで作られたものではないのかもしれません。ただ、設計や生産のラインの中で、ここで関わった人もいるのでしょうし、フレーム番号などの管理もここで行っているはず。なので、マイバイクくんのルーツはここということに。

磐田から東名で横浜青葉まで約200キロ。少し疲れましたが、眠くなることはなく帰途に。休憩するごとにパーキングにはバイクがたくさん。今がツーリングにはいい季節なのですね。ガソリンも2日間で3回ぐらい入れたかな?燃費よくないもの。大井松田から厚木までまたまた渋滞。車だと1時間以上かかると表示。仕方ないので、ずっとすり抜けてきました。ゆっくりでしたが、何とか無事に。結局海老名SAが混むのが原因。海老名からは流れはよくなりましたが、家についたのは20時過ぎ。走行距離は685キロでした。

ルーツを巡る旅、今度は子ども達にも案内したいと思います。その時はバイクではなく・・・ですね。

|

« ルーツを巡る旅その1 | トップページ | 東急百貨店 »

バイク」カテゴリの記事

コメント

小生の母親の実家が磐田ですので、磐田市はなじみ深い土地です。かつては人に説明するときにはちょっと困り、「浜松市の東隣で、天竜川を渡ったところ」なんて言っていましたが、今では「ジュビロの本拠地」で通りますので、ラクになりました。そのジュビロもちょっと弱くなってしまい、磐田の皆さんもイライラしているみたいです。ジュビロ磐田の前身は「ヤマハ発動機」ですからね~

投稿: チェス | 2007年10月 9日 (火) 11時39分

チェスさま

そうでしたね、チェスさまのお母様は磐田市のご出身。よく、磐田へはお出かけになっているようですので、よくご存知のこと。
インターを出たところに「サッカーとトンボの街磐田」とありました。トンポも有名なのでしょうか?
ヤマハ発動機の本社付近には、ヤマハのサッカー教室?みたいなものもあって、未来のJリーガーを育てているようでした。ヤマハスタジアムもそばにありました。
磐田市は、ヤマハの他にススギの工場もあって、市として独立してやっていけるのでしょうか、浜松とは合併しなかったようです。天竜川はさんで対岸の町磐田。かつて見附といわれて、栄えた町の面影も少し残っていていいところでした。

投稿: AA | 2007年10月 9日 (火) 13時51分

全部、知ってるトコです(笑)

でも、知っている人と行くより、一人でアチコチ探しながらのほうが良いかもね。

豊橋市内で、路面電車と平行走行しましたでしょうか?


あとは、浜名、磐田、掛川、藤枝、静清の各バイパスを走れば、静岡マニアの出来上がりだらあ!(笑)

投稿: スクラフィー | 2007年10月 9日 (火) 17時07分

とても良い旅でしたね。次回は焼津や吉田町にも行ってみてくださいね。魚も美味しいですよ。
明石は私のオートバイの故郷ですが、私のルーツは両親バラバラ、南東北〜北関東と九州なんです。ライダーは北海道に憧れると言いますが、私の一番の夢は子供の頃夏休みを過ごした九州を走ること。もっと練習して走りもメカニックも勉強しなきゃいけませんが、身体と頭がついていけない‥‥

投稿: いもどら | 2007年10月10日 (水) 00時09分

スクラフィーさま

見知らぬところを1人で行くのも楽しいのですが、後でガイドブックなどを見ると「あそこも行けばよかった・・・」なんて後悔することも。そういう時は知っている人について行くのもいいな~と思うこともあります。
豊橋市内は、手前で田原方面に出たので、路面電車も見ませんでした。
静岡県・・・結構好きになりました。あとは伊豆方面かな・・・。そのうちマニアになろうと思います。

いもどらさま

何かテーマを決めて旅に出る・・・というのも久々。あわただしかったのですが、楽しかったです。東北・九州・明石ではかなりの距離がありますね。私も、自分の育った岩手県を走ってみたいです。とてもいいところたくさん・・・。でもこれは少しつらいです。バイクはとにかく走っていれば何とかなる・・・、わけにも。安全運転を心がけて、少しずつ距離を伸ばすといいかもしれません。これからいい季節なので、近場でもいいところがたくさんあるような感じです。私も今度は奥多摩とか秩父とか霞ヶ浦あたりにも行ってみたいと思っています。

投稿: AA | 2007年10月10日 (水) 02時12分

オイラの実家は、豊橋を抜けて、もうちょっと先になります。「ラグーナ」で検索すればすぐ判ります。

路面電車
普通じゃ見られない黄色の矢印での優先的な右左折が見られます。

浜名バイパス
浜名バイパス(無料)は、約14キロ。
遠州灘沿いでコーナー無しのほぼストレートです。
最高速チャレンジは風の無い日にどうぞ(笑)
(ちなみに西湘バイパスは約20キロです)


ボクも、バイクで実家に立ち寄る日を模索しているんですが、たぶん、ずーっと下道で、行くでしょう。
(夏に大井川鉄道まで行ったときは、一日で下道300+高速160走りましたんで、、)

今週末(13、14)もイロイロありそうで・・その次くらいにどすか?
メールしますね。

投稿: スクラフィー | 2007年10月10日 (水) 22時24分

先日(この旅の途中ではないのですが)、後輪のロック状態をはじめて体験しました。止まれの標識の発見が遅れ思わず急ブレーキをかけてしまって。ただ、後輪が蛇行したくらいで転倒もなし。こんな感じなんだな~と。少しずついろいろな体験をしています。幸い軽度で済んでいる私。それを次回への課題として、事故に繋がらないようにと思っています。
20・21は今のところは特に・・・。メールお待ちしています。

投稿: AA | 2007年10月12日 (金) 00時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26675/16704229

この記事へのトラックバック一覧です: ルーツを巡る旅その2:

« ルーツを巡る旅その1 | トップページ | 東急百貨店 »