« 賞味期限 | トップページ | ETCが9,800円・・・・。 »

2007年12月24日 (月)

東扇島

クリスマスイブの日、うちではそれぞれめいめいにイブを楽しむことにしています。娘はスイミングスクールへ。その後は友達とクリスマス会。妻と坊主は新百合の実家へ。夜に家族集合ということです。今日は天気もよく、私はバイクでお出かけです。

まず、クルマを点検に出します。もう14年乗っていますが、バイクを買ったのでまだまだ使わないといけません。点検だけは定期的に出していたのと、まだ36,000キロしか乗っていないので、14年経っても、特に故障はありません。ワイパーが交換の必要があるのとバッテリーが弱っているとのことです。これは仙台に居た時一度バッテリー上がりをやったのでそのせいですね。

点検が終わるのが17時なので、それまでには戻って来ないといけません。

天気がいいといっても風が強かったですね。風が強いと体感温度が下がります。陽射しのあるところは少し暖かいですが、まずまずのプチツーリング日和。まず、箱根新道で芦ノ湖まで行き、今まで素通りしていた箱根神社にお参りです。帰りに家族みんなのお守りを買います。私はコレクターではないのですが、神社のいくとだいたいお守りを買います。結構高いので、安いものがメインです。お守りはそこでしか買えないのでいい記念。私は交通安全のお守り。マイバイクくんのシート下につけます。娘には通学交通安全というもの。妻と坊主には肌守り。ちょうど、外国人の方がお守りを売るところに来ていろいろと訪ねていますが、なかなか通じません。干支の話とかを聞きたいみたいでした。暦を見て・・・。つまり「何年生まれだから、これ」ということを英語で説明すればすぐに済むことなのですが、売り子さんも私も英語がダメです。「何年に生まれたの・・・」と聞ければ、その年の干支の守り札を選んであげたのですが、なかなか出てきません。だめですね。

神社を出てそのまま箱根新道から西湘バイパスへ。まだそんなに遅くない時間でしたが、終点では渋滞が始まっています。新西湘バイパス、国道1号を経由して新保土ヶ谷インターまでの道のり。その間に通過する「唐ケ原・高浜台・原宿」の交差点。FM横浜のトラフィックレポートを聞くと、必ず出てくる渋滞の名所。確かに凄いもの。これは、すり抜けをしないといつになるかわからないということで・・・。だいぶ上手くなりましたが、国道1号は少しというかかなり恐かったです。いつもヒヤヒヤしながら・・・。やめればいいのに。でも一度味を覚えるとやりたくなるのがすり抜け。いつかきっと事故に・・・と思っていますが・・・。

さて、タイトルの「東扇島」。ここってどこにあるかご存知ですか?川崎市川崎区にある人工の島です。首都高速の湾岸線のベイブリッジを越え、鶴見つばさ橋を渡って川崎市に入り、最初が扇島。そしてその隣が東扇島です。次は浮島で羽田空港となります。浮島や扇島はわりと古くからある埋立地ですが、東扇島はわりと新しいのです。浮島は石油コンビナートや化学工場。扇島は日本鋼管の工場で占められています。なので、工場の関係者以外は立ち入れません。扇島は日本鋼管がつくった海底トンネルで川崎市内と結ばれています。一方東扇島は、湾岸線のインターがあり、南側は日本鋼管の工場ですがが北側は食肉センターや様々の企業の流通センターがあります。公道の海底トンネルもあり、市営バスが島内を走っています。いつも、湾岸線で通過するこの人工の島に一度いってみたいと思っていました。横浜ベイブリッジや鶴見つばさ橋での風速は9メートル。もう飛ばされそうになりますが、頑張って東扇島に到着です。大きな倉庫がたくさんありますが、町は整然としてきれいな感じです。ところどころに公園もあって、間近には海。ただし、それぞれのセンターの入口には守衛所があって、一般の人は入れません。従業員のためのものがコンビニもあり、面白いところです。

そんななかで目についたのが、「川崎マリエン」という建物です。正式には「川崎市河面振興会館」といいます。地上10階には展望室があって東京湾を見渡せます。そういえば、いつかこういうものができた・・・というニュースがあったような。その他、会議室や体育施設があります。しかし、今日は休日。駐車場はガラガラ。クリスマスイブなのに、展望室も展望レストランも営業していません。川崎市がやる気がないのか、わさわざこんなところに来る人がいないのか・・・。あまりに寒かったので、開いているホールに入り暖まっていました。1階のホールにはホロジロザメの剥製があり、そのスケールには圧倒されました。この施設のために市営バスが運行されているようです。

そこから、海底トンネルを通り対岸に渡り、産業道路経由で家路に。

Dscf0002 Dscf0005                

真ん中が空間になっているのは「門」を意味いるようですが、せっかくの観光スポットもあまり利用されていないようです。広い駐車場には、「ここで車の運転の練習をしないでください」という掲示が。確かにここで練習できそうな感じの広さ。陸地から隔離された「島」は、この東扇島のような人工の島もあるのです。こういうところを休日にふらっと・・・訪れるのも楽しいものです。人やクルマも少なくて、海が見える絶好の場所。ここも私のお気に入りのスポットに加わりました。

|

« 賞味期限 | トップページ | ETCが9,800円・・・・。 »

バイク」カテゴリの記事

コメント

こんにちは、
マリエンも良いですが、
西端の西公園(そのままの名)も良い感じですよ。
(ちょっと前のオイラのブログの表紙の画像)

余談ですが、東扇島に、宅配業者の集配施設がありまして、仕事において急ぎで送付するものがあったんです。
で、原付でソコまで持っていったことがあります(それも、夜の9時過ぎ)
海底トンネルを原付で走行したら、後ろから無茶なスピードのトラックが・・・死ぬかと思いました(笑)

投稿: スクラフィー | 2007年12月27日 (木) 14時37分

スクラフィーさま

山や海のように自然の中も面白いのですが、東扇島のように人工の島というのも隠れたツーリングスポット発見・・・という感じです。西公園もあのあたりをグルグル回って見ました。いつも利用するスーパーの流通センターなんかもあって・・・。
休日だったのでクルマも少なくてよかったのですが、平日は結構危ないのでしょうね。
スクラフィーさんのHPの夜景の写真、とてもきれいですね。夜景の写真を上手く撮るのは難しくて・・・。

投稿: AA | 2007年12月28日 (金) 00時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26675/17470932

この記事へのトラックバック一覧です: 東扇島:

« 賞味期限 | トップページ | ETCが9,800円・・・・。 »