« もうすぐ箱根駅伝 | トップページ | 東急ジルベスターコンサート »

2007年12月31日 (月)

故郷での年越し

今年は、故郷の盛岡で年越し。帰る故郷があることが、幸福なのかどうなのか・・・・。いろいろと考えるところです。「たまには、家族だけで年越しを・・・」と思ったこともありましたが、ここ数年そういうことはありません。

「帰る故郷があることはうらやましい・・・」といわれることもありますが、そういうことも意識せずに過ごして。

私のように地方から、都会に出て暮らしている人は故郷というものがそれぞれの思いが。ただ、私の故郷があるのは、ここを生活ま基盤として頑張っている方達がいるからこそ。ずっと代々同じ土地で暮らす方にとっては、帰省などという物理的な移動がなくともそこが故郷。そういう人と人のつながりで人々の生活は成り立っているだと思います。

日本の県庁所在地の中で、一番寒い都市といわれるのが、私の故郷盛岡市です。今日も大雪です。しかし、この大雪が自然の地下水となり、自然の湧き水となって農作物を支えています。あと何回この故郷に帰省することができるのでしょうか?

そう考えると、この寒い土地でも私の故郷として大切にしていきたいと感じます。

娘はあまりの寒さの雪でもそう喜ばなくなりました。坊主はまだ小さいので、雪が珍しくはしゃいでいます。この子達も、いずれ私たちのもとを去っていくのでしょう。その時、故郷と思えるところがあるのかな?と思いながら、2007年も明けようとしています。

今年1年、この「アベレージ・ライフ」を訪れて頂いた方、そしてご多忙の中コメントを頂いた方には、心よりお礼申し上げます。

来年もどうぞよろしくお願いいたします。そして、皆様にとって2008年がよい年であるように、お祈りいします。

|

« もうすぐ箱根駅伝 | トップページ | 東急ジルベスターコンサート »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26675/17540060

この記事へのトラックバック一覧です: 故郷での年越し:

« もうすぐ箱根駅伝 | トップページ | 東急ジルベスターコンサート »