« 山下毅雄さん | トップページ | 田園都市線の遅延3 »

2008年1月20日 (日)

留守番

このところ寒い毎日。今週末は、妻が高校の同窓会が泊りがけであるので、行きたいとのことで私が留守番に。週末になるといつも私はバイクで出かけているので、こういう時は私が代わらないといけません。

妻も、坊主が小さいのでなかなか出かけることができなかったのですが、今回は久々の温泉ということで喜んでいました。

さて、留守番といっても私だけでのんびりしていればいいのですが、子どもの世話をしないといけません。土曜日の午前中はスポーツクラブのレッスンがありましたので、それを早々に切り上げ帰宅。食事は月1度の食事当番の夕食分と翌日の昼まで私がつくらないといけません。娘は、手がかからなくなったので楽なのですが、問題は坊主。今月3歳になったばかりなので、だいたい普通のものは食べますので、特別なものは作らなくてもいいのですが、目を離すと家の中で何をやるかわからないのです。いつも一緒にいる時は気がつかなかったのですが、その辺のおもちゃで遊んでもそのままにしたり、だんだん男の子の本性がでてきたみたいです。娘の時はそんなことはなかったような。

夕食はハヤシライス。娘はスイミングスクールの日ではないので、坊主の相手を任せたので、夕食の手伝いはできません。ハヤシライスなんて簡単なのですが、結構時間がかかってしまいました。

その後、坊主を風呂に入れたり、寝かせたり大変。母親がいないのに気がつき出してだんだん不機嫌に。やはりわかるのでしょうね。日曜日はゆっくり寝ていたいのですが、坊主は起き出すし、寒いし。朝食はいつものパン。目玉焼きとかサラダとか作るのも面倒。仙台で1人で居た時は、気楽だったけど。やはり、食べた後の後片付けがいや~。食後で満腹になって少し休みたいのですが、さっさと片付けないといけないし。そして、洗濯と掃除。あっという間に昼。昼は何を食べようか・・・。外に食べに行こうか・・・と思いましたが、妻が帰ってくるので、昨日の残りのごはんでチャーハン。これは得意なんだけど、子ども達には少し不評でした。

やっと妻が帰宅し、留守番からも解放されました。同窓会は箱根だったようです・・・「行きたかったな~箱根」と思いながら・・・・。

しかし、主婦の仕事って大変ですね。休む暇がないもの。家族の食事の支度だけでもひと苦労。それに掃除や洗濯。私は毎日会社に行くのいやだな~と思って、一日家にいるのはいいな~と思ったこともありましたが、こんな生活なら・・・。坊主が生まれる前は、妻もパートに出ていたので、仕事もして家事もして子育てして・・・・。女性は強いな~と感じました。私も妻に逃げられたらとても生活できないので、頑張ろう(何に?)と心に誓いました。

夕方、バイクショップから預けていたバイクが直ったとの連絡が。「バキュームセンサー」というものが故障していたらしいです。保証期間なので、料金はなし。いそいで取りに行きました。そのまま少し走りたかったのですが、早く家に帰らないと・・・・と思い、帰宅しました。

●この週末は、土曜日にスポーツクラブでバタフライのレッスンに出ました。それ以外は、運動はしていませんが、家事仕事・・・これってかなりいい運動だったと思います。ただ、残り物捨てるのもったいないと思い食べてしまったので、結局体重は減りませんでした。

|

« 山下毅雄さん | トップページ | 田園都市線の遅延3 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。

ダイアグノーシスの表示は、圧力センサーの異常でしたか、、、

XJRのインジェクションシステムは、Dジェトロに近いシステムってことですね。

アクセル開度:エンジン回転数でおおよその吸入空気量を予測し、負圧センサーと吸気温センサーで補正・・・かな?

負圧センサーが死んでもECUがそれに対応して仮の燃料&点火マップを使って、とりあえず走れる状況になっていたと思われます。

その間、燃費とか、パワー感に変わりは無かったですか?

投稿: スクラフィー | 2008年1月21日 (月) 09時09分

こんにちは~
私、結婚したら食事の支度は無論のこと、掃除も洗濯もみんなやることにしていますが、それにしても大変ですよね~。覚悟しないと!

投稿: チェス | 2008年1月21日 (月) 14時20分

スクラフィーさま

そうそう、圧力センサーとか負圧とかいっていました。ショップの方の話だと、バキユームセンサーは2つあってそのひとつが機能していなかったとのことです。もう1つが生きていたので走行には問題なかったとか。確かに最近燃費が悪くなって、15キロぐらいです。最初は16キロはあったのに。まあ、私の乗り方が悪いのかな~と思っていました。また、市街地では5速で走ることはなくなったし、回転数結構上げているしなんて。XJRは、「飛ばすと大喰い」なそうで、高速で走るとガソリン喰うみたいです。でも私はそんなに飛ばさないし~。そういうことだったのかも・・・。これでやっと直った・・・と思ったところ、昨夜スポーツクラブに行くためにバイクのエンジンを掛けたら、また出ましたはっきり「20」が。いつも少し走り出して、信号待ちなどで一旦エンジンを切って再び始動させると消えたのですが、この日の246は全部信号が青。結局スポーツクラブまでノンストップ。停車させて、エンジンを再スタートさせたら一瞬「20」が出て消えました。帰りは出ません。
何が原因なのでしょうね。やはりETCをつけたことが何か原因なのでしょうか?また、点検に出すと今度は、ショップの集中工場かヤマハの方に持っていかれるみたいで、しばらくかかるみたいです。


チェスさま

最近は、「家事は女性がするもの」ということは通用しなくなっていますね。何が大変かというと、食器の後片付けと掃除。もともと掃除が苦手な私には苦痛。食事の献立をつくるのも面倒。ただ、好きなものだけを考えるだけならいいのですが、栄養を考え、費用を抑えて・・・なんて考えるともうパニック。「安い材料で、いかにおいしく、見栄え良く栄養のあるものを作る・・」というのが、食事を作る上での鉄則なのだそうです。なんか、女性って凄いですね。

投稿: AA | 2008年1月22日 (火) 01時25分

まず、センサー交換をしてそれでもセンサー異常が発生するってことは、元々のセンサーが本当に不具合があったのか、非常に怪しいことになってしまいます、対応したショップの技術力も含め、とても心配ですね。

トラブル対処のセオリーから言えば、「その症状が表れる前に戻して様子を見る」デス!
今回、ETCを装着した後からの症状ですから、“ETCを一旦取り外す”ことになります。

もう一つのアプローチは、発生する時の状況の詳細から要因を追求する。
この季節、気温が低いのでバッテリー内部の化学変化が少ないことによるバッテリーの
容量低下に陥り易いです。それに伴い、電圧の低下が考えられますが、始動困難になるほどではないので、そこは、あまり考えにくいかもしれません。
ただ、ETCの電源がECUの電源配線から
分岐しているとしたら、接続方法に問題があって(よくある分岐タップはそれが発生しやすいです)元々のECUへの配線に傷が入っしまい、配線の芯線が細く(素線が断線)なって、電圧降下している可能性も考えられます。
ECUへの電源電圧の低下が元で、センサーがトラブルを起していないのに、ECUのフ
ェイルセーフ機能が誤作動しているかもしれません。
電源の分岐をどうやったのか、“それらの配線状態を調べる”のも必要なことかもしれません

素人の適当な考察ですので”話半分”くらいで(笑)

投稿: スクラフィー | 2008年1月22日 (火) 23時31分

スクラフィーさま

いつもていねいにありがとうごさいます。
このトラブルは、「症状が出る時と出ない時」があることのようです。警告ランプがついても、一旦エンジンを停止させ、再度始動させるとほとんど警告ランプは点灯しません。試しに、昨晩エンジンを始動させた時は、点灯しませんでした。
点灯したままで、ショップにそのまま行ったこともありますが、エンジンを切ると次ぎは異常なし。なので、点検も難しいのかもしれません。今週末にまたショップに行ってみようと思いますが、今度は警告ランプが点灯するかどうか・・・。ずっと点灯しなければそれでよいのですが、先々のことを考えると、点灯して欲しい・・・という妙な気持ちにもなります。

投稿: AA | 2008年1月23日 (水) 02時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26675/17770082

この記事へのトラックバック一覧です: 留守番:

« 山下毅雄さん | トップページ | 田園都市線の遅延3 »