« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月31日 (月)

安くなるか・・・ガソリン。

今日は3月31日。年度末の日。暫定税率に関しての与野党の攻防も決着がつかづ、いよいよあともう少しで完全に時間切れ。

いろいろな物議があったこの暫定税率。私自身もガソリンが安くなるのは大歓迎。今は高すぎる~。しかし手放しでは喜べないのでは・・・。

確かに、最近道路がよくなっています。それによって物流が活発になり、今はどこでもいろいろなものが手に入ります。荷物もほとんど翌日届くし。車が多くなった現在、道路整備をすることで渋滞や事故も少なくなる。これは、道路を利用する人が負担するべきということは間違ってはいないと思います。

論議となっているのは、その税金の使い方。必要もないような道路を作る必要もあるのか・・・。そして、マッサージチェアは福利厚生として止むを得ないにしても、天下り団体の慰安旅行に特定財源を使っていいのか・・・などです。私の会社では、かなり以前から慰安会も忘年会も補助がゼロになりました。ほとんどの民間企業はそうなのでしょう。本来、道路をつくるために使われる税金が、そんなものに使われたと聞くとやはり承服できないものです。

そういう意味では、暫定税率廃止議論は歓迎です。ただ、地方と都会の格差の問題が残ります。宮崎県の東国原知事が最近よくコメントしていますが、地方財政は苦しいのです。都会は電車のような公共交通機関が発達しています。しかし地方は車に頼るしか。救急車も、道路が整備されていないと時間もかかる。道路整備は必要。しかし、逆に車社会ゆえに、ガソリンを使う量も多く、所得が低い地方の人にとっては、ガソリンの値下げはこれも歓迎されることなのです。

他に問題もあります。地方では雇用状態がよくありません。そういう中で、土木関係の仕事は大きな雇用。それがなくなってしまうことで、ますます収入は減ることに。複雑ですね。

最近の世論調査では、暫定税率廃止の支持が高いようです。民意という面では、参議院の比率をみればそれが反映されているような勢力。しかし、全国知事会はすべて暫定税率肯定。これも民意の反映なのでしょうか。複雑に絡んだ民意。

4月1日になってもガソリンは、出荷時課税のため在庫分のあるうちは値下げはないようです。私もいつものようになくなったらガソリンを入れてきました。明日は、大混乱になるのでしょうね。

また、4月1日からいろいろなものが値上げになります。その中でちょっと気になったこと。「薬剤報酬法」の改正で、調剤薬局で薬をもらう時に夜間と休日の割り増し料金が設定されました。夜間は平日の19時~、休日は土曜日の13時~と日・祝の終日です。3割負担の人で120円の加算です。会社に勤めている人が病院を利用できるのは土曜日が多いと思います。午前中はとても混みます。午後もやっているところは午後に行く人も。しかし、午後になると薬が高くなります。平日も土曜日も待ち時間が延びると薬局の受付時間が遅くなり、割り増し料金が加算されます。朝早くいかないとダメなのですね。また時間が遅くなったら、処方箋が有効期間内で平日に行った方がいいみたいです。大変。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月30日 (日)

カーボン洗浄と東京モーターサイクルショーと大井町線急行とグリーンライン

長ったらしいタイトルですが、この週末の行事はこれ。

まず土曜日は、以前バイク用品店に行った時にキャンペーンでエンジンの内部洗浄というものがあり、10,000キロを越えたのでそろそろと思い、やってもらいました。走っているうとにエンジンの中にカーポンが溜まり圧縮が下がるのだそうです。そうするとトルクが失われる・・・。それほど気にはしていませんでしたが、最近燃費も悪くなったし・・・なんてことで。点検に出しても、ここまではやってくれないのみたいです。約1時間くらい待って、ピットの方とお話。それほどカーボンは出なかったそうですが、乗ってみるとたぶんトルクがよくなったことがわかりますよ・・・。信号待ちからのスタートであまり勢い良くアクセルを開けないでください・・・といわれ。他に消耗部品のチェックをしてもらったのですが、「順調に減っている」らしく、次の点検あたりで交換を検討すればいいらしいです。

実際に走り出して見ると・・・あまりよくわからないのです・・・。ただ、燃費は少しよくなったかな?バイク販売店と用品店にはそれぞれピットがあって点検までやってくれます。私の感じだと用品店の方が良かった感じもあって。これは一般的にどうなのでしょうね。

作業を待っている間、外で座っていましたが、白バイが何度も。1時間の間にバイク2台とクルマ1台が捕まっていました。ここは、多摩川の橋を渡ってちょうどスピードが出るところ。手前で張っているらしいのです。ということは、私が見た白バイは複数の警官ではなく1人だったのかも。まだ大型二輪の初心者運転期間である私は、スピードを控えめにして帰宅しました。

日曜日は、東京モーターサイクルショー。天気も悪かったので、バイクで出かけるのはやめました。モーターショー幕張でしたが、こちらはお台場。わりと近いので電車でいくことに。娘はスイミングスクールがあるので、妻と坊主の3人でお台場見物を兼ねて。

私の家からお台場はクルマでも電車でもわりと楽。28日のダイヤ改正で登場した大井町線の急行で大井町まで行き、そこからりんかい線。二子玉川で乗り換えてもいいのですが、土日は田園都市線からの直通があるのでそれに乗りました。以前は田園都市線内は急行で大井町線内は各停でしたが、今度は大井町線内も急行。駅のアナウンスも急行停車駅の名前を列挙します。新型電車が入って来て、乗車。二子玉川から大井町線に入り、最初の上野毛を通過・・・・。でも、ただ止まらないというだけり感じ。旗の台で各停と接続しても大井町まであと数駅。あまり意味ないかも。

りんかい線に乗って東京ビックサイトの前で下車。りんかい線の駅は少し遠いのですが、散歩にはいい感じ、ビックサイトでは、モーターサイクルショーの他に別のイベントもあるので、人がたくさん。

東京モーターサイクルショーは今日が最終日。なので凄い人。坊主をよくみていないと迷子になるよ、本当に。バイクメーカーや関連部門のメーカー・出版社など様々な企業が出店。モーターショーの方は、技術力のブレゼンみたいな感じですが、こちらは商品の宣伝。バイクがなかなか売れない昨今、何とか販路を開こうとする企業の様子が伝わります。パンフレットも積極的に配布していたし。「見て。触って・・・」ということにも力を入れているようで、モーターショーの時には「展示」が多かったものが、こちらでは跨ってもいいバイクをたくさん置いていました。スズキのハヤブサは少し並ばないとダメでしたが、あとはだいたい少し待てば大丈夫。

モーターショーの時、あまり面白くなかったヤマハブースも今回は、いろいろとバイクを出していました。人気はビックスクーター。こちらはなかなか触れません。マイバイクくんの色違いの新車もありました。シルバーのところが黒になっていて、タンクは赤。ちょっと感じが違いますね。

触ってみたいバイクが2つあって、1つハーレーのVRSC。これはハーレーの中でも異色のものです。足は前方に投げ出すタイプですが、シートが後方にあるので、「くの字」になって運転するもの。いい感じでしたが、250万もするんです・・・。高嶺の花。そして、ホンダのDN-01。オートマチック車なのですがり、スクーターでないものです。跨った感じはアメリカンタイプ。ただ、左手にクラッチレバーがないので、左足にシフトペダルがないのが違和感。「ATがいいけど、スクーターはイヤ・・・・」という人にはいい感じではないのかな?今後こういうバイクが増えてくるかも。

坊主は・・・・。何台か乗せました。ただ、ここはしっかりとバイク固定されているので、シートの低いものだけです。私か妻がしっかり押さえていないと暴れるので、あまり楽しくなかったかも。

モーターサイクルショーで気がついたのは、やたらとアンケートが多いことです。意識調査の意味もあるのでしょうが、ほとんどは名簿集め。アンケートに回答するとステッカーをくれたりして。ヤマハだけは無記名のアンケートでした。あまりやる気ないのかな?ホンダはDN-01の試乗会の受付をしていて、私も申込ました。5月の中旬なのでいけないかもしれませんが一応。保険料で2,000円かかるみたいです。他にもハーレーやBMW・ドゥカティでも試乗会のチラシが・・・。行ってみようかな~。

触ってみたいバイクにも触れたし、今日は試乗会は有料なので行かないことにして・・・。そろそろと疲れてきました。パンフレットもたくさんもらったので満足(またゴミが増えた?)。その後、お台場を散策。昼食をたべて、買い物をして家路に。

帰りはまた大井町に出て、大井町線へ。そこから今日開通した、横浜市営地下鉄グリーンラインに乗ることに。自由が丘で東横線に乗って日吉まで行き、そこから・・・。日吉駅には地下ホームがきれいにできていました。リニア方式なので、車体も他の電車よりも一回り小さい感じ。そして4両編成で、運転間隔も長いのです。

乗り心地はリニアなので、いいですね。揺れも少ないし。北山田駅は横浜国際プールの最寄り駅。ここから徒歩5分ぐらい。今まで陸の孤島だったので便利になりますね。センター北でブルーラインに乗り換えます。ただ、この乗り換え結構大変。JRのように互いの線を上手く跨ぐようにすれはいいのに・・・。予算と構造上の問題なのですね。

行く時にはまだ雨は降ってませんでしたが、家のある駅に降りたときには冷たい雨。明日も雨。さくらが散ってしまい残念です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月29日 (土)

みずほ銀行

私の取引銀行は、社会人になってから・・・というか予備校に入るために東京で寮生活をした時からずっとみずほ銀行です。といってももう20年以上になるので、第一勧業銀行の頃からのつきあいです。

第一勧業銀行は、各県に必ず1店は支店がありましたので、故郷の盛岡にも支店がありました。盛岡支店は旧日本勧業銀行。私の父の給与振込や公共料金支払い、住宅ローンなどは、富士銀行で第一勧銀ではありませんが、やはり今のみずほ銀行。結局うちはみずほ銀行とはずっと取引があるのです。

私がみずほ(第一勧業)銀行と最初に取引をするきっかけは、予備校の校舎の前に支店があり、寮生は必ずそこに支店を作らないといけなかったのです。これは、退寮時の精算口座でしたので、他の人は口座だけ作っていた人も。私は仕送りなどは第一勧銀にしてもらっていたので、そのまま使いました。大学生になり、何度か引越しをしましたが、偶然にも第一勧銀の支店のある街に引越しました。盛岡にも支店があるので、帰省の時にも使えるので便利でした。社会人になり、5年間は仙台にいましたので、第一勧銀は仙台支店だけということもあり、さすがに取引銀行は地元の銀行に。でも以前の口座はそのまま。

再び東京に戻り、引っ越した先にはまた第一勧銀。その後また仙台に赴任しましたが単身赴任のため、給与振込はみずほ銀行。出張費などの個人用は地元銀行と分けていました。しかし、バイクを買ってしまったので、出張費もみずほに入れることになり、へそくり口座はなくなりました。

今度引越したところもまたまた偶然みずほ銀行の支店のある街です。ここまでくると、ずっとみずほ銀行から離れなれないのかな?と思ってしまいます。本当は別の街に住みたかったのですが、いつもふられてばかり。みずほ銀行の支店のない街です。不思議な感じです。

ところで、みずほ銀行は、旧富士銀行と旧第一勧業銀行の支店に分かれます(旧日本興行銀行の支店は少ない)。システムは旧第一勧銀のシステムに統合されました。ただしATMの機械はいまだにそれぞれ旧銀行のものを使っています。資産はできるだけ生かすということなのでしょうが、通帳の印字の文字がそれぞれ違います。通帳は第一勧銀の形式のものに統一されましたが、印字は旧富士銀行の支店のATMで記帳や繰越をすると第一勧銀に慣れた私には違和感があります。私の住む街には、第一勧銀と富士銀行がそれぞれ支店を持っていましたが、旧富士銀行の支店に統合されました。盛岡も池袋の東口も旧富士銀行の店舗です。なので、記帳をする機会はすべて富士銀行の形式。だいぶ慣れましたけれど。

さらに、みずほ銀行との関係は会社でも。うちの会社はメインバンクがみずほ銀行なので、みずほ銀行からの出向者がたくさん。私が知らないうちに・・・。私の部署の直属の上司は違いますが、上部の上司はみずほ銀行からの移籍の方です。

住宅ローンは利用していませんが、これだけ長くつきあっているので、利息とか優遇して欲しいのですが・・・・。でもあまり預金残高がないのでダメですね。

ちなみに、バイクのローンも何とオリコなんですが、立替銀行がみずほ銀行なんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月24日 (月)

さくら

S ついこの間まで寒い・・・と思っていたのに、旧に暖かくなって。

うちの近所のさくら、もう咲き出しました。きれいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月23日 (日)

プレストニューモデル試乗会

今回は、前回のような販売店の試乗ではなく、大きな試乗会に行ってきました。

場所は大磯ロングビーチの大駐車場。せっかくなので家族を連れて車で。展示コーナーでは跨ってもいいので家族みんなで物色。坊主もおもしろそうにしていましたし、娘もそれなりに付き合ってくれ、妻は意外と楽しそうでした。

プレストはヤマハの海外向け車の販売会社。なのて、バイクにはみんなヤマハの文字が。国内自主規制がない分、いろいろなパワーのあるバイクも。ヤマハの国内仕様車はとても好きなデザインなんですが、海外向けはあまり・・・というのが私の感想。とはいえ、やはりヤマハファンの結集といった感じてした。私もワイズギアの製品を身につけて・・・。

こういう体験はあまりできないので、今回はSSタイプとアメリカンに乗ることに。エンジンをかけるだけの体験コーナーがあり、SS車を。1,000CCクラスでもアクセルを少し開けただけでも凄いパワー。アメリカンは音と振動がすごく車体が重い。

コースは、サーキットコースのミニ版みたいな感じで、曲線コーナーから直線。これを2周。先導車がつきます。「ここはサーキッドではないので・・・」とか「直線の手前でタメをつくってアクセルを大きく開けることは事故防止上しないでください」というアナウンス。でもみんなやっていましたね。

みんな何回も来ている方みたい。また主催者からの説明もあまりなくただ「次の方」みたいな感じ。販売店の試乗だといろいろと説明をしてくれたりで至れりつくせりだったのですが。

Ri これは、YZF-R1。SS系のフラッグシップモデル。こういうモデルはカッコいいと思いますが、やはり前傾姿勢が辛いです。慣れればいいのでしょうが。1,000CCクラスにしてはSSはとても軽いのです。そしてコンパクト。初代マイバイクくんのXJR400Rよりも小さい感じ。とにかく姿勢に違和感。腕が伸び切ってしまう。走ってみて、低速ギアでもアクセルを回すとかなりのスピードが軽く出せるので恐いです。6速ギアまであるのですが、ギアをあげていく余裕がなく、直線で120キロぐらいで限界。ギアは何速だったのでしょう。ブレーキの位置が悪かったので最後のコーナーでは大回り。やっと少し慣れた2周目ですが、あっという間に終わりました。こういうものは若い人向けかな?私の腕では無理。

Photo_01 XV1900CUがこれ。1,900CCもあり、重さも300キロ以上あります。とにかく重いです。そして、こういうアメリカンの運転姿勢も始めてなので、こちらも大変。シートが低くハンドルが高いのでこちらの少し前傾になる感じ。そして、ハンドルの幅が広いのと、ニーグリップがしにくいので安定しにくいのです。クラッチやブレーキなどの足の操作位置も異なるので、少しまずい状態の私。走り出して、バランスが上手く取れず、まるで大型教習にはじめて行った時みたい。カーブもあまりバンクさせられないし。そして、音が違うのでこれも違和感。「ゴトゴト」言う音がするのですね。加速が足りないと重い、ギアを上げても消えないので少し焦り。そういうものとは知らなかった私です。1,900CCもあるので、直線でのパワーもまあまあ。2周目のコーナーで少し車体を傾けたら、ステップのあたりを擦ってしまいました。「ヤバイ・・」と思っていたら、前の人も擦って。少し安心。

2台試乗して、結構疲れてしまいました。あとは、クラッチレバーのないFJR1300とかスクータにも乗ってみたかったのですが、かなり行列になり。そろそろ家族も飽きてきたようなので退散しました。FJR1300は、今のマイバイクくんのXJR1300をツアラ仕様にして、パワーアップさせたタイプ。跨った感じではそんな雰囲気。クラッチレバーがないのはまた違和感があり、走ってみたかったのですが、これは次回に。クラッチレバーがなくても、シフトチェンジペダルはあるみたい。半クラッチのを自動化したようですが、あの半クラッチの感触がバイクらしいと思うのですが。

その後小田原へ行き、みんなで食事をして早めに帰宅しました。

帰宅後、ヘルメットのシールドが壊れたのでバイク用品店へ。こちらはマイバイクくんでお出かけです。慣れているとはいえ、私はこの日本的な「ネイキッド」がとてもしっくり来て好きです。このタイプは教習車になるほど、万人に適応するものなのですね。ショップで少し休憩していたら、ここで何と「ドゥカティ」の試乗会をやっていました。ショップの回りをぐるっと回ってくる販売店の試乗と同じ感じ。前の会の時に案内のハガキをもらっていたのですが、その時は試乗というものをしたことがなかったので遠慮しましたが、今日はもう気持ちが大きくなって、早々に申込。販売店が出張してきているので、ここで商談はないので、気持ちが楽。ドゥカティって、さすがイタリアのメーカーだけあって基本は「赤」。そしてデザインも凝っています。

D こちらでは、モンスター S4R テスタストレッタというものに試乗。1,000CCで140万円。高いね・・・。試乗の時に、こちらでは「みなさんアクセルを控えめにしていますが、少し回してください」とのこと。こちらもスタッフが先導して、私が次。緊張します。乗った感じは「軽い」です。こちらも177キロぐらい。大きさのコンパクト。少し前傾気味の姿勢ですが、SSタイプではないので、乗りやすいです。ブレーキをかけた時の音が「シュー・・・・」という感じて上品な感じ。確かに少しアクセルは開け気味にしないと少しパワーが足りないというか、ギクシャクしてくるみたい。いいですねこれ・・・。

何て、マイバイクに申し訳ない・・・。今日、3台試乗しましたが、今の大型バイクは例えばネイキッドでは400の次が1300とかになってしまいます。1,000CCクラスの小柄なタイプがあれば、とても走りやすいと思います。1,000を越えるとやはり重いし。ホンダのCB750。これは走りはとても軽くていい感じですが、車体は重いです。もっと軽量で・・・とイウバイクをメーカーさん開発してください・・・。一応ヤマハでFZ1の国内仕様がでましたが、どうなのでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

「真中」

世田谷区の旧地名というか俗称地名に「真中(まなか)」というものがあります。東急田園都市線の駒沢大学駅付近で、地名でいうと上馬3丁目と駒沢1丁目の境のあたりです。国道246号と自由通りが交差するところ。

田園都市線の前身である、玉電にも「真中」駅はありました。今の電車の駅は「駒沢大学」ですが、駒沢の町は大学の近くで、この駅から徒歩で10分ぐらい。もともと、駒沢の町は大きかったので、田園都市線(新玉川線)が開通する時、当然本来の駒沢に駅ができるものと地元ではみんな思っていたらしいのです。しかし、東急は駅間距離の均等化で、この真中に「駒沢公園」駅を予定。訴訟問題にもなったようですが、結局和解案として駒沢大学の宣伝のように駅名をつけたとのことです。

さて、「真中」の地名の由来は、渋谷と二子玉川の真ん中の位置にあるからということです。三軒茶屋・中里・上馬・真中・駒沢と続き、玉電廃止後はバス停として残っています。

「真中」という地名は、ユニークなものとして、人気もあったようです。以前は交差点も「真中交差点」となっていましたが、今は、交差点もバス停も「駒沢大学駅前」となり、真中の名前は一部の店の名前を除いて消滅しました。

田園都市線は地下区間なので、駅も小さな出入り口の階段があれはよいので、「駒沢大学駅前」といっても、駅前・・・という感じはまったくありません。ただし、電車の駅は公共性の高い施設なので、駅への案内表示は積極的に切り替えている様子です。特に地下駅はどこに駅があるのかわかりにくいので、「~駅前」という交差点があればわかりやすいのです。

しかし、そうやって古い地名はどんどん消滅していくのですね。ちなみに、駒沢大学駅のそばにある三菱東京UFJ銀行の支店は「駒沢大学駅前支店」です。駒沢交差点付近にあるみずほ銀行は「駒沢支店」。

東急バスの「駒沢大学駅前」停留所の手前でのアナウンスは、「駒沢大学へは、次の駒沢でお降りください」となっています。駒沢大学駅から駒澤大学へはこちらも徒歩10分なのです。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年3月22日 (土)

夜中のツーリング

土曜日は休日出勤。今回は夜までいないといけません。こういう日はいつものようにバイクで出かける・・・というような楽しみでもないと。

今朝は、首都高の渋谷付近と東名と首都高の分岐地点で朝に事故がありも用賀料金所の前で、「霞ヶ関まで70分」という表示が。東名ならすり抜けていくこともできますが、首都高はまだ恐いので、すり抜けはできません。霞が関まで70分もかかったら完全に遅刻。なので、首都高にのるのはやめて246へ。でも246も混んでいます。パスレーンをうまく抜けて渋谷まで行くと、首都高の流れもよくなりましたので、高樹町から首都高に入り東池袋まで。何とか会社には間に合いました。

タイムズのバイクパーキングは一日800円なので、少し高いですがそこに駐車。池袋は「縁のおじさん」がたくさんいるので、路駐はできません。

さて20時過ぎに仕事が終わり、やっと帰途に。再び首都高・東名経由で家路です。夕飯は食べて帰ろうと思い、食事を済ませて、ガソリンを入れて・・・と思ったところ、盗難防止用のロックがないのです。そういえば、池袋のタイムズで外した後、脇に置いたままにしてきました。このロックは、バイクショップの盗難保険の条件となっているもの。また同じものを買うと、かなり高くなります。「今から戻るとあるかな~」と。でも池袋のことですから、ないかも・・・という不安も。そんなわけで、ふたたび東池袋に戻ることに。あればもうけものといった感じです。

考えてみると、風も冷たいし、ただパーキングに行くだけなので、クルマで行ってもよかったのです。暖かいし、事故の確率も減るし。ただ、もうバイクで東名に向かっていましたでそのまま。

私の家から東池袋まで約33キロあります。往復で66キロ。これをまたもう1往復です。行きは、急いでいたので、東名・首都高経由です。東名はもう夜間割引の時間帯です。さすがに交通量が少ないので、東名川崎から東池袋を降りてパーキングまで30分で着きました。問題のロックは・・・ありました。良かったです。帰りは、途中でトイレに行きたくなったので、首都高に入り、三軒茶屋まで行きあとは246へ。駒沢までは、田園都市線と同じコース。新町から電車の通っている旧道と246の新道に分かれます。ほっとしたので、電車のコースである旧道へ。電車だと長く感じますが、バイクだとすぐ。地下鉄なので風景が見えないのですが、久々に桜新町・用賀の町並みを見て帰宅しました。

今日は、東池袋までの往復66キロを2往復。そして、夜の時間帯のツーリングみたいになってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月20日 (木)

休養日

今日は、ほとんど外出せず家でゴロゴロ。雨も降っていましたし。

こんなことをいうと、仙台で単身赴任をしていた時を思い出します。こんな一日もたまにはいいものですが、家族がいるといつまでもゴロゴロしているわけにはいかず、家の中の片付けや風呂の掃除など。結構疲れます。

坊主と遊ぶのも疲れるし。腰がつらいので、上に乗ってもらおうとしたのですが、「重い・・・」。もうこんなに大きくなったのですね。

先日小学校の卒業式を終えた娘も、自分の部屋の整理。来週には、体操着や教科書なんかも買わないといけないので、今までのものとの入れ替えです。娘もそれなりに新しい生活への準備はしている様子。中学はまったく新しいところなのですから。卒業式はいけなかったのでごめんね・・・、と思ったのですが、父親が来ている家は少なかったとのこと。あの年頃だと若くてカッコいい父親なら自慢なんでしょうが、私なら別に来なくていい・・・みたい。

このところ忙しくて疲れもたまっていました。つかの間の休養。部署が違うと今日から4連休の人もいますが、私は土曜日は終日出勤です。

仕事があるだけありがたい・・・と思って頑張ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月16日 (日)

田園都市線の混雑緩和になるか・・・。

3~4月にかけて、各鉄道会社のダイヤ改正が行われます。東急電鉄でも3/28によりダイヤ改正があり、大井町線に急行を走らせることになりました。

これは、もう限界である田園都市線の混雑緩和のため、都心へのルートを増やし田園都市線から客を流そうということです。そもそも東急は、一番混雑の原因となる都内の田園都市線や東横線の区間の複々線を断念して、一部区間だけを複々線化して既存のローカル的路線を活性化させる方法をとってきました。旧目蒲線を目黒線と東急多摩川線に分割して、目黒線を南北線と直通運転させ、渋谷から目黒へ流した方式がうまくいったため、田園都市線にもその方法を取り入れようとしています。

しかし、大井町線は、従来から東急各線の連絡線みたいな感じで、目蒲線や池上線のように山手線に繋がっていません。大井町はりんかい線にも乗り換えができますが、そこから都心までは距離があるので、それほど効果があるとは思えないのです。東急のチラシでは品川までは大井町線経由の方が速いとありますが、もともと田園都市線沿線に住む人で品川方面へ通う人よりも渋谷方面の方が多いのです。二子玉川で大井町線に乗り換える人もいますが、ここから渋谷方面に乗ってくる人も多く、ここからが満員状態。

現在、溝の口駅まで大井町線を延伸していますが、これも中途半端。朝の時間帯は、急行・準急ともラッシュ時は長津田始発。次の青葉台までは順調。青葉台からあざみ野までは、藤が丘と江田で追い抜きをするため、鷺沼までは遅れません。問題はそこから。鷺沼から溝の口間は梶が谷まで追い抜きができず、そこで渋滞。そのまま時間がどんどん過ぎていきます。溝の口までではなく、鷺沼まで複々線化して、大井町線だけでなく田園都市線の複々線区間にすれば、混雑はあるでしょうが、今のように「毎日遅れる」ことはなくるのでしょう。

田園都市線の二子玉川から先の都内区間を各駅に停車する準急。今度の改正で時間帯が拡大する。これは急行に客が集中することを防ぎ、混雑と遅延防止が目的で導入されました。しかし、遅延はまったく減りません。溝の口から先がダンゴ状態のまま、二子玉川から各駅停車になるので、その遅れはずっと続きます。

ところで、3/30に横浜市営地下鉄グリーンラインが日吉-中山間で開通します。この開通で、今までの地下鉄の路線は「ブルーライン」となのます。もう試運転が開始され、無人の電車が各駅を走っています。

このグリーンラインは、港北ニュータウンの足として開通します。今まで、港北ニュータウンは、バスで最寄駅に来て、東京方面へはあざみ野で田園都市線に乗り換えるしかなかったのです。このため、あざみ野駅の田園都市線の乗降客が急激に増加して、東急もあざみ野を急行停車駅にやむなく格上げしたのです。それがグリーンラインの登場で東横線の日吉での接続が可能になります。あざみ野と日吉では、渋谷までは東横線の方が速く、電車の本数も全体では多くなります。日比谷線や南北線経由で都心へも乗り換えなしで行けるため、かなりの客がこちらへ流れると思います。

田園都市線の客が減ったら・・・東急は大変?と思いましたが、東横線も東急ということと、田園都市線沿線には、またさらにマンションや住宅の販売が東急電鉄によって進められています。「電車の混雑度が最悪、毎日遅れて、何時につくかわからない」なんていう田園都市線のイメージが定着すれば、そういう路線に住む人が減り、人気度は落ちます。同時に、横浜市が中心になって開発している港北ニュータウンも都心へは、混雑の激しいあざみ野乗り換えの田園都市線だけ・・・ということであれば、こちらも売れ残り。そういう利害関係が一致したのでしょうね。

日吉と中山を結ぶ、あまり採算性のない路線ですが、こちらの方が、田園都市線の混雑解消には期待できます。

東横線は将来渋谷から副都心線経由で新宿や池袋まで直通運転がされます。日吉からは、日比谷線ルート・南北線ルートでも乗り換えなしのダイヤがあり、こちらは快適になると思います。田園都市線は、今後もこの混雑は続くのでは・・・と私は予想しています。

余談ですが、「陸の孤島」といわれたところにあった「横浜国際プール」。グリーンラインの開通で、北山田駅から徒歩3分となりました。私の家からだと、センター北で乗り換えとなりますが、クルマで行けなくても、地下鉄で行けるようになったのはうれしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月15日 (土)

ガレットを買いに行きたくて・・・。

土曜日は、とても暖かい日でした。しかしあいにく休日出勤。

とはいっても、簡単に済めばそれで終わりなので、前回同様バイクで出かけることに。ただ、朝少し寝坊したので、遅くなってしまった感じ。それだけ仕事が終わるのが遅くなるのです。

この間は日曜日だったので、首都高もわりと空いていたのですが、今回は土曜日。仕事の方もいれば行楽の方も。なので、用賀の料金所が渋滞。それでもわりと流れているので、無理をせずゆっくりついていけば逆に安全なのです。10時前に東池袋に着きましたが、サンシャインのバイク置き場もまだ余裕。ただ、用心のため今度は民間のバイク駐車場に。ここも余裕でした。仕事も順調に終わりましたが昼過ぎ。今日は仕事がいつ終わるかわからないので、特に予定なし。そのままどこへでも出かけられます。

池袋にいるので、東北道方面に行くことに決めました。横浜から東北道へはまだ首都高をまわらないといけないので、結構やっかいな感じです。だからここからだと少し楽。

ただ、足立区を回って浦和まで行くのでかなりかかりますね。でもさすが東北道。東名に比べ交通量が少ないのです。浦和から宇都宮までが3車線ですが、まだ日光の観光シーズンではないので、本当に空いていますよ。

東北道を目指したのは、那須の修道院が作っているガレット(ベルギーワッフルを固めたクッキーのようなお菓子)を買いに行きたかったのです。これは、デパートの物産展や諸国銘産コーナーで売っていたのをたまたま買い、家族みんなが好きになったものです。

以前、南栗橋に行った時、蓮田あたりまで東北道に乗りましたが、その先は何十年ぶりかな。陽射しは暖かいのですが、バイクの人はぼとんどいません。暖かくなってみんな南を目指すのでしょうね。北を目指す人はいませんよね。

行き先を示す看板に「仙台まで何キロ」とか「盛岡まで何キロ」なんていうように、「あ~東北・・・」という感じです。今は道路公団が分割民営されましたが、一緒の時から東名と東北道ではSAの雰囲気も違います。敷地はあまり差はないのでしょうが、ショップの様子が違います。東北道の方が全体に小さく、ものの並べ方も悪く言えば「田舎くさい」感じです。そして道路沿いの風景も当然違うのです。東北道は本当に自然がたくさん。

埼玉県を抜けると一旦群馬県に入り、そして栃木県に。宇都宮ってかなりありますね。そこから那須も。那須は高原地帯になるので、陽が出ていてもだんだん寒くなります。それでも、直線の道は気持ちよく、ついついスピードも出ます。気をつけないと・・・。

大きなSAをのぞいたのですが、お目当てのガレットはありません。そこで那須高原で高速を降り、4号線を北上。途中修道院への看板がありましたが通過してしまいました。大きなお土産屋かショッビングセンターを探しているうちに、福島県へ。ここから東北なんですね、ただ、白河から仙台まではまだかなりあります。白河の南側の西郷村にイオンがあり、そこへ。かなり大きなショッピングセンターなので・・・・。ありましたガレット。白河地区と那須は隣合っているいるので、商圏も同じ様子。

白河まで我が家から200キロを越えていました。200キロというと、仙台-盛岡と同じ距離。仕事でいつもこの区間をクルマで行っていましたが、途中で眠くなりよくSAで休憩していました。しかし、バイクで走ると寝るわけにはいかないので、走り続けます。やはり疲れますね。

帰りは200キロを南下。でも東名のように渋滞もないので。さすがに首都高は混むので、外環を通って、美女木から首都高へ。おどろいたのですが、外環を降りて首都高に入るところに信号があるのです。

山手トンネルも渋谷方面には行けないので、竹橋・谷町をとおり東名へ。渋谷と池尻の間が渋滞していましたが、あとは順調に。走行距離460キロ。ガソリンは28リットルも使いました。高速料金は、マイレージがあったのでかかりませんでしたが、往復で6,000円以上。ガレットは通販でも売っているので、こんなことをしなくても買えるのに・・・と妻は渋い顔。まあ、気晴らしだから・・・・。宇都宮のギョーザも食べたし。佐野ラーメンは食べ損ねたけど。休日出勤は手当がつきますが、その分全部なくなってしまった感じです。今月のお小遣いは苦しい・・・。

Dscf0004 これが那須のガレットです。正式には「シトー会那須の聖母修道会(那須トラビスト修道院)」で作っている「トラビストガレット」というものです。2個ずつ小分けの袋に入っていて、それが18個で1,575円です。素朴な箱と包装紙ですが、味はとてもいいです。実は、このお菓子とよく似たというかほとんど同じものを私の実家のある盛岡の「ドミニカン修道院」でもつくられていて販売していました。那須の方は「フランス風」となっていましたが盛岡のものは「ベルギーのお菓子」と表示が。確かにベルギーワッフルを固めたようなものなのでベルギーなのかなと思っています。私の子供の頃は、修道院のお菓子はいろいろとあって、クッキーのように固いものではなく、バンのように柔らかいものもありました。それがこの那須のガレットと同じものになり、その後盛岡の方は「ガレット」という名で、せんべいのように固くて薄いクッキーか売り出されました。しかし、盛岡の修道院では今はもうお菓子の生産をやめてしまい、地元のデパートが権利を買って生産・販売をしているようです。もともと、修道院のお菓子は同じものから派生したのでしょうね。北海道のトラピスト修道院のバタークッキーはこれとはまったく違うもの。それはそれで経緯があるのでしょう。今回買った那須のガレット。卵・ミルク・マーガリン・小麦粉と添加物なしのもののようです。おいしいですから、みなさんもぜひ試してみてください。

Dscf0003 こちらは、SAで買った「エキソンパイ」というものです。福島の「三万石」という店が作っているものです。福島県の3大銘菓は「柏屋の薄皮饅頭」「三万石のままどおる」とこのエキソンパイと言われます。このバイは「洋風饅頭」といわれるもので、バイ生地にくるみや白餡系の中身があるものです。福島県のお菓子は仙台でも買えたので、人気がありましたよこれ。薄皮饅頭は、新幹線の車内販売で有名です。こちらも福島県外の人にも好まれるもの。東北道の栃木・埼玉のSAでも売っていますね。盛岡でも車内販売の残りを売る店があってたまに売っていましたが今はなくなりました。また、那須の銘菓に「那須の月」というものがあり、こりは、仙台で有名な「萩の月」とまったく同じ。まあそういうこともあるのでしょうね。あとは、栃木県は、日光の「甚五郎せんべい」も有名。

東北道のSAに立ち寄ると、昔から慣れ親しんだお土産品がたくさんあるので、とても懐かしく感じます。

今日はやはり花粉がひどく、なみだ目で大変。そして、この暖かさで虫がヘルメットのシールドにたくさんぶつかって、その処理だけでも・・・・。

バイクにはいい季節になりましたが、そううまくは行きませんね。そしてガソリンは白河の方が激戦区の246沿線よりも安かった・・・。最近この246沿線は過当競争防止のため、料金合わせている様子なのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月14日 (金)

3月は嫌い・・・。

私は3月はあまり好きではないのです。本来はだんだん暖かくなって春になるいい季節なのでしょうが。花粉・・・もありますが、私の仕事は3月は戦争のようなもの。部署が変わっても3月にいくら稼ぐかでその年の運命が決まるような感じなので、あっという間に過ぎてしまいます。

もともと、学生時代から受験の失敗したり、期末試験や進級・卒業の試験の関係もありあまりいい思い出はありません。4月から新しい環境になるので不安がいっぱいだったり。その延長で、4月も環境に慣れなかったり・・・で。

娘も春休みは、ずっと家族で休みに・・・ということはあきらめていたみたい。今年は小学校の卒業と中学校の入学があり、式には出られるかも心配な感じです。

私だけではなく、年度末なので他のみなさんも多忙なことだとは思いますが、春休みにみんなで・・・・何てできないのが残念。

この調子だと5月の連休もどうなるか・・・・。今まで期末手当みたいなものがあったのですが、今年からなくなり、経済的にも少し苦しい私。

まあ、何とか乗り切らないと・・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月12日 (水)

富士スピードウェイへ

先週の日曜日に、スクラフィーさんから「サーキットの体験走行に行きませんか?」とのお誘いがあり、静岡県の「富士スピードウェイ」に行ってきました。

「体験走行なので、先導車がいてゆっくり走れますから大丈夫ですよ・・・」とのことでしたが、そういうところを走ったこともなく、やはり不安。

この日は、朝から晴れて気持ちのいい日。まだ早い時間なのに、訪れる人もたくさん。ちょうどクルマのレースの公開テストをやっていたので、入場料だけでいろいろなレースカーの走行風景が見られます。レースは一瞬のことで、終わってしまうのである意味公開テストのように何度も走行する様子がみられ、選手の様子なども観察できる・・・というものファンにとっては面白いことなのかもしれませんね。

まあ、クルマの走る音が凄いこと。速さも新幹線よりも速い速度。クルマ自体も一般走行で走るものとは違う、技術の粋を集めたようなものなので、はじめて見る私には驚きと新鮮さがたくさん。

そして、そのコースを昼の時間に体験走行として公開しています。1回クルマもバイクも2,000円かかります。バイクでもサーキットライセンスを取得すればコースを使って走行もできるようですが、そんなライセンスを取るなんてとてもとても。そして、革つなぎを着ないといけないみたいだし、縁遠いものです。そんなコースを体験でも走行できるのは、とてもラッキーなんでしょうが、コースもカーブあり、直線ありで。

バイク雑誌にサーキットについての記事があり、運転技術を磨くにはサーキットはいいところで、公道ではとてもできない走りができるようになると、公道できちんと加減ができるようになり、無茶な運転はしなくなる・・・とのことでした。そういうレベルにも行っていないので、とにかく走るだけの私。クルマの人が多く、バイクは後。コースに入り約4キロぐらいのところを3週します。確かにみんなゆっくり。なので、わざと間隔をあけて、スピードを出したい時に出せるように調整する方も。

慣れていないとスピードが速いとその動きに目がついていかなくなるので恐怖感を覚えるのが人間。初心者の人はそこで余計な力が入り走行がぎこちなくなるのです。しかし、ゆっくり走ってもバイクは運転が難しいもの。ほど良い速度でカーブなどは通過しないとライン取りが苦しくなります。直線はスピードが出せるのでアクセルを思い切り回して・・・・。160キロ。マイバイクくんは国内仕様なので180キロぐらいまでしか出ません。なのでなかりの全開モード。確かに公道で160キロなんて出したら、即免停。なので、こういうところで体験して恐さを知っておくのが逆に安全かもしれないですね。

コースがよくわからなかったので、ただついていくだけ。やっと感覚をつかみこれから・・・という時に終了・・・。あ~残念。

しかし、転倒することもなく無事でした。こんな私ですが、免許取立ての時に比べればかなり上手くなったと思います。何でもそうですが、経験を積めばここまでは誰でも来ることはできるのです。ここからが大変・・・といった感じてすね。また体験してみたいという気持ちもあれば、やはり恐いかな?という気持ちも。

そして、日曜日は風が強く花粉が凄かった。もともと鼻炎がある私ですが、年々ひどくなっていく感じです。この日はくしゃみもとまらないし、目から涙がボロボロ。こういう時ヘルメットをかぶっているバイクライダーは大変ですね。昨年もこうだったっけ?今年は特に感じてしまい、スクラフィーさんにはご迷惑をかけてしまいました。

Dscf0001 カメラを忘れたので、帰宅してから入場券と体験走行の記念走行件の写真を。入場券はJAF会員とゴールド免許の人は割引なんですね。私はJAFでしたが、ゴールド免許はまだ7年ぐらい無事故・無違反でないと交付されない私です。

Dscf0002_2 坊主におみやけと思って買ったオリジナルクッキーです。クッキーにコースが書かれていて、食べるの惜しくなりました。そして、家には、先日海老名SAで売っていた小田原の干物が美味かったので今回も。でも子ども達には魚は人気がないのです。

ところで、行きも帰りも海老名SAで休憩。ちょうどバイクの人が集合する時間。マイバイクくんは「ネイキッドモデル」といわれる国内仕様車。これは、街乗りからツーリングまで何でも使えるものなので、街中でも良く見るタイプです。しかし、海老名に止まっているバイクでそういう類のバイクはほとんどなく、みんな高級バイクだらけ。外車も多く200万円以上はするものばかり。乗っている人は・・・結構若い人もいて。「みんな金持ち~」と思ってしまいましたが、バイクだけにお金をかければ、若い人でも買えるかもしれないですね。さすが高級車なのでみんなきれいに磨かれています。私も最初はマイバイクくんの汚れが気になっていましたが、外を走る以上は汚れるのは当たり前。あまり汚いのはかっこ悪いですが、少しくらい汚れても・・・あまり気にしなくなりました。負け惜しみみたいですが、高級車の人は、汚れがつくと心配だったり、街中を走ったり駐車することなんて気軽にはできないんじゃないかな~何があるかわからないし・・・と思ってしまいました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年3月 6日 (木)

「生協の白石さん」にはとてもなれない・・・。

「生協の白石さん」がブームになりましたね。いろいろなコメントにひとつひとつていねいに心のこもった返事をした話です。

私は今、仕事であるマーケティング関係のアンケートを担当。インターネットを使ったものですが、質問項目の最後に、自由に記入欄をつくりました。そして私の会社の事業についての質問なども受け付けることにして、「回答をします」とつけてしまいました。一応、必ず返答できるとは限りません・・・とはつけましたが・・・・。それが大きな失敗でした。質問項目の他に、様々な人の我が社に対するイメージを知りたかったのが目的。それぞれの項目の集計は自動で表示されるシステムになっているので特に仕事量は増えません。ただ、最後の自由記入欄。最初は内容に興味があるものも多く、ひとつひとつに返事をしていました。それが、最近この自由記入欄の質問が増え出しました。ネットという気楽さもあるのでしょうが、ほとんどついてきます。

ここまで多いと思いませんでしたので、この担当は私だけです。派遣スタッフに依頼してもいいことなのですが、業務全般に関わることで、会社のイメージ繋がるので、研修をしている時間も、人件費の余裕もなく、結局私一人でやっています。

中には、同じパターンの質問もあるので、パターンをつくり組み合わせます。ただ、受ける相手は1人なので、できるだけ質問の内容に沿った形にするには少しずつバリエーションが必要です。また、自動的に文書が作成されるシステムではないので、集計表からデータは手作業でコピーします。アンケートをくれた人には、自分が質問した内容が残らないので、質問内容もコピーして、それぞれに返答を。

中には、いろいろと真剣な悩みを相談をしてくる人もいて、内容にも気をつかいます。まったく逢ったこともない人にアンケートの内容だけで判断して、読んだ人が不快にならないように返答をしないといけないこと、そして、文字として残るので、秘密事項や核心に触れる部分に触れてはいけないこと。それが大変です。電話だと「ここだけの話」で済むのですが。

最初は電話での質問受付にすることも考えましたが、回線の問題と電話につかまるとずっと手が離せない・・・ということで、それほど問い合わせもないだろうということでメールオンリーに。

今は、前日までのものを翌日に処理しています。それでも待っている方は、翌日でも長いと感じるもの。できるだけ早く・・・と思っても、私はそれだけが仕事ではないので、打ち合わせや会議があると、結局定時以降の作業に。たまに、「ご丁寧にご返事をありがとうごさいます」というお礼のメールも頂きます。最初はとてもうれしかったのですが、最近はメールが来るたびにまた返答の仕事が増えるのか・・・と少しやっかいな強迫観念になったり。いろいろとバラエティーに富んだ内容のメールが来るんです本当に。

ひやかし半分の場合や、ライバル会社の偵察的なものもあるかもしれません。しかし、我が社としてきちんと返答することが企業のイメージアップに繋がるのです。

以前、電話のセンターで別の業務のため、応援に行ったことがあります。その時は一日中問い合わせを受けるもの。これも大変だと思いましたが、それだけに集中すれば、一対一なので、相手の声のトーンで様子もわかります。しかし、コメントだけでコミュニケーションを取るのは難しいのと、神経も使います。

プログにもいろいろとコメントを寄せてくださる方がいて、それに対しては時間があるのでその都度コメントのお礼をするようにしています。しかし、今回は仕事なので量が違い過ぎて。

セキュリティーの関係で、持ち帰り仕事はできません。少しペースが落ちて、今2日分溜めています。だんだん、質問内容だけみて、プロフィールをしっかりみる余裕もなくなりました。機械的になりつつある私。

でも、きちんと心を込めて返答しないと・・・とは思っています。まだ返答していない方、もう少し待ってください。

私はとても「生協の白石さん」にはなれないことがはっきりわかりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 3日 (月)

さびしいひなまつり

3月3日はひなまつりの日。でもこの間の節分のように日曜日でないと、特に何かをするというわけでもありません。平日だと、私も帰りが遅くなるし、主役の娘はスイミングスクールがあったりしますので、うちでは前日の日曜日にちらし寿司を作って食べました。ケーキもあって私も少しご相伴に。

娘も今月いよいよ卒業式があります。学校では卒業式の練習。そして中学への準備。スイミングスクールでも、小学校卒業のお祝いがあるようです。中学からまったく学区の違うところに行くのですが、スイミングスクールの友人がいたり、地域の交流戦で知っている人がいたり、意外と知り合いは多いみたいです。なので、それほど不安に思うことはない様子。というより子ども達のネットワークで、ここの中学は勉強が大変・・・という噂で、そちらの方が恐いみたいです。

そんなわけで、今日のひなまつりは特になにもなく終わりました。ケースに入ったひな人形も明日しまわないといけません。はやくしまわないと「婚期が遅れる・・・」ということらしいのですが。

昨年は、妻たちは妻の実家で暮らしていたので、そこでひなまつりのお祝いをしたようです。今年は昨日も今日も我が家で過ごしたので、義父母も淋しかった様子。私達ももう娘がひなまつり・・・という年頃ではなくなってきているのに、少し淋しさも感じました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

首都高はやはり恐い

日曜日は、休日出勤。といっても半日だけでよいので、池袋までバイクで出かけました。時間に余裕があれば下の道を行っても良かったのですが、朝いろいろとあり遅くなったので東名と首都高経由です。

私の家からは、東名は下りだと横浜青葉、上りだと東名川崎が最寄になります。普段の平日、電車で70分はかかるので、1時間以上はかかると見越します。まず、東名に出るのが時間がかかるのです。

日曜日の朝は行楽客で東名も混みます。東名の入口までやたらと信号が多いし。少し時間がずれると東名の入口で首都高の渋滞情報がでるのです。谷町あたりを先頭に・・・キロ渋滞とか。しかし、今日は何もでていません。東名川崎から用賀までは、順調。そこから首都高。「霞ヶ関まで首都高20分、246号25分」

246でも良かったかな~と思いながらも・・・。用賀から池尻まではわりと直線なので、普通の高速の感じで何とか。渋谷からはきついカーブが結構続きます。そして、合流や分岐など、車線を良く見ていないと、目的のコースから外れてしまいます。これがとても恐いのです。いつも通っている方なら大丈夫でしょうが、私はまだよく車線を覚えていません。何となくこっちだったかな?という程度。

会社があるのは東池袋なので、新しくできた山手トンネルは使えません。というか渋谷方面からはあまりメリットはない感じです。これが池尻まで繋がればいいのですが、いつになるのでしょう。

霞ヶ関からは、竹橋をとおり神田、早稲田・護国寺と。バイクでそのまま走っているので気がつきませんが、かなり大回りをしています。そしてこの区間はまたまたカーブも多い。みんな飛ばしていますね。私はちょっと速度ダウン気味で。

サンシャインシティのビルが見え、やっと東池袋へ。バイク置き場ですが、以前利用したサンシャインの駐輪場は空いていましたが、昼過ぎになるとびっしりになり、バイクが出せなくなるので、公共のバイク専用駐車場へ。ここは、ひとつひとつにガードバーが上がるようになっています。私が着た時は、3台ぐらいでしたが、14時ぐらいに帰る時には満車。私が出るのを待っているバイクが居るくらいでした。

駐車料金ですが、ここは4時間で1,000円。12時間まで1,000円なので、ちょうど損するあたりの値段。場所が、いいせいでしょうね。しかし、近くに民間のバイク駐車場がありこちらは12時間800円。バーだはなくチェーンロックですが、屋内。公共の方が安いと思っていたのに・・・。民間の方がオフィスにも近いので、今度来た時はこっちに止めます。

帰りは、東池袋からすぐ先の南池袋PAで休憩。しかし、ここから出るのが大変。ここもカーブで見通しは悪いのです。また、普通の高速のように合流車線もないし、出口のところ追越し禁止なので、合流車がみつけ隣の車線に移るなんてことが出来ません。ここの合流本当に恐いです。そういえば前来た時ここで事故がありました。

それから、来た道が戻るのでまたまたカーブ。減速のタイミングが遅くなったので、センターラインに近づいてしまったり。この首都高をもの凄い速さで駆け抜けるバイクがいますが、あんなことは私にはとうてい無理。そして、すり抜けで転倒死亡事故・・・なんて横断幕をみるとやはり恐いです。神奈川線も少しカーブがありますが、東京線より車の量が少ないので何とか走れます。

首都高での事故はよくあるので、気をつけないといけませんね。所要時間は、行きは40分・帰りは50分でした。こんなに空いていれば電車より速いですね。

渋谷から用賀までも10分弱。電車だと急行でも11分(二子玉川まで)なので、やはり首都高が速い。でも料金高いし、今はガソリン代も高いので、やはり経済的には電車ですね。

ところで、昨日今日とバイクに乗っていて気がついたのですが、私シートに座る位置が前に来過ぎていたみたいです。私くらいの身長だともう少し後に下がってもいいのですね。

前過ぎたので、背筋が延びてしまい、肘が立って肩が張ってしまうのです。後方に座ることで、少しハンドルとの距離が離れ、前傾姿勢気味になりますが、肘の感じが楽になり、良く見る「基本姿勢」に近づいてきます。また、膝もニーグリップのためにくびれたタンクの位置にちょうど納まり、しっかりと車体をホールドしている感じ。疲れ具合も違って来たし。

もう少し早く知っていればよかった・・・・。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年3月 2日 (日)

やきそばを食べに行きたくて。

土曜日のことですが、急にやきそばが食べたくなりました。今週は家族がそれぞれ別の用事があり、私もフリー。

私は、いわゆる「ソースやきそば」が好きなのです。となれば、富士宮のやきそばを食べに行くしかありません。ちょうどツーリング日和。富士宮までは行かなくても、富士川SAのやきそばをめざして出発です。

海老名SAでも売ってはいますが、やはり富士川まで行かないと・・・。3月になり、やっと陽射しが暖かくなって。それでも足柄SAのあたりは冷えます。東名で沼津方面へ行くのは今年になってはじめて。

箱根までは結構近いと思っていましたが、富士まではそこからかなりありますね。富士を過ぎるともう清水が近いのです。

富士川SAに着き、お目当てのやきそば・・・・。外で売っているパック・・・、480円になっていました。前は450円だったのに、30円の値上げです。トイレに行った時に、中のフードコートでもやきそばがあることを知り、こちらは何と450円。ということで、当然中の店で食べました。中身は一緒。ただ、中の店はお皿にのっていました。30円の違いは・・・・。あのパックだったのですね。確かに石油製品なので。

ところで、この富士川SA。スマートICということで、ETCの搭載車は出入りができます。以前来た時は機会がなかったので、通れませんでしたが、今回は大丈夫みたい。そこで高速を降りて、富士市内へ。富士川の橋を渡ると富士市。この橋のこちらと向こうで電気の周波数が違うのですね。街も、富士市と富士川町で異なり川自体も大きいので、ここがいろいろな境目という感じも地元の人にはあるのでしょうか。そこから国道1号線を経由して沼津まで。本当は、三島から箱根を通って1号線で帰りたかったのですが、少し遅くなったので、沼津から東名へ。

相変わらずの秦野中井からの渋滞。しばらくすり抜けもやっていなかったので、ゆっくりと車と車の間をとおり何とか海老名SAまで。そこからは渋滞もなく帰宅しました。

Photo 富士川SAからの富士山です。このあたりはどかこらでもかっこいい富士山が見えるのですね。私の住んでいる横浜からも正月にはうっすらと富士山が見えたことがあります。東京にも「富士」と名のつく地名が多く、昔は方々から富士山が見えたのでしょう。

Photo_2 マイバイクくんは、リコール対象となったのですが、その部品交換が済んだ証拠のシールです。きちんとやってくれたのですね。このシールにはリコール番号と、「自動車安全対策協議会」の文字が。初めての体験なので。

Photo_3

交換してもらったタイヤです。もう、新品のラインはほとんどなくなりましたが、溝はくっきり。前輪タイヤは少しくたびれてきた感じですが、前輪だけなら交換も安いかも。次は、ブレーキバッドかチェーンも交換の時期に来ているみたい・・・・?

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »