« やきそばを食べに行きたくて。 | トップページ | さびしいひなまつり »

2008年3月 3日 (月)

首都高はやはり恐い

日曜日は、休日出勤。といっても半日だけでよいので、池袋までバイクで出かけました。時間に余裕があれば下の道を行っても良かったのですが、朝いろいろとあり遅くなったので東名と首都高経由です。

私の家からは、東名は下りだと横浜青葉、上りだと東名川崎が最寄になります。普段の平日、電車で70分はかかるので、1時間以上はかかると見越します。まず、東名に出るのが時間がかかるのです。

日曜日の朝は行楽客で東名も混みます。東名の入口までやたらと信号が多いし。少し時間がずれると東名の入口で首都高の渋滞情報がでるのです。谷町あたりを先頭に・・・キロ渋滞とか。しかし、今日は何もでていません。東名川崎から用賀までは、順調。そこから首都高。「霞ヶ関まで首都高20分、246号25分」

246でも良かったかな~と思いながらも・・・。用賀から池尻まではわりと直線なので、普通の高速の感じで何とか。渋谷からはきついカーブが結構続きます。そして、合流や分岐など、車線を良く見ていないと、目的のコースから外れてしまいます。これがとても恐いのです。いつも通っている方なら大丈夫でしょうが、私はまだよく車線を覚えていません。何となくこっちだったかな?という程度。

会社があるのは東池袋なので、新しくできた山手トンネルは使えません。というか渋谷方面からはあまりメリットはない感じです。これが池尻まで繋がればいいのですが、いつになるのでしょう。

霞ヶ関からは、竹橋をとおり神田、早稲田・護国寺と。バイクでそのまま走っているので気がつきませんが、かなり大回りをしています。そしてこの区間はまたまたカーブも多い。みんな飛ばしていますね。私はちょっと速度ダウン気味で。

サンシャインシティのビルが見え、やっと東池袋へ。バイク置き場ですが、以前利用したサンシャインの駐輪場は空いていましたが、昼過ぎになるとびっしりになり、バイクが出せなくなるので、公共のバイク専用駐車場へ。ここは、ひとつひとつにガードバーが上がるようになっています。私が着た時は、3台ぐらいでしたが、14時ぐらいに帰る時には満車。私が出るのを待っているバイクが居るくらいでした。

駐車料金ですが、ここは4時間で1,000円。12時間まで1,000円なので、ちょうど損するあたりの値段。場所が、いいせいでしょうね。しかし、近くに民間のバイク駐車場がありこちらは12時間800円。バーだはなくチェーンロックですが、屋内。公共の方が安いと思っていたのに・・・。民間の方がオフィスにも近いので、今度来た時はこっちに止めます。

帰りは、東池袋からすぐ先の南池袋PAで休憩。しかし、ここから出るのが大変。ここもカーブで見通しは悪いのです。また、普通の高速のように合流車線もないし、出口のところ追越し禁止なので、合流車がみつけ隣の車線に移るなんてことが出来ません。ここの合流本当に恐いです。そういえば前来た時ここで事故がありました。

それから、来た道が戻るのでまたまたカーブ。減速のタイミングが遅くなったので、センターラインに近づいてしまったり。この首都高をもの凄い速さで駆け抜けるバイクがいますが、あんなことは私にはとうてい無理。そして、すり抜けで転倒死亡事故・・・なんて横断幕をみるとやはり恐いです。神奈川線も少しカーブがありますが、東京線より車の量が少ないので何とか走れます。

首都高での事故はよくあるので、気をつけないといけませんね。所要時間は、行きは40分・帰りは50分でした。こんなに空いていれば電車より速いですね。

渋谷から用賀までも10分弱。電車だと急行でも11分(二子玉川まで)なので、やはり首都高が速い。でも料金高いし、今はガソリン代も高いので、やはり経済的には電車ですね。

ところで、昨日今日とバイクに乗っていて気がついたのですが、私シートに座る位置が前に来過ぎていたみたいです。私くらいの身長だともう少し後に下がってもいいのですね。

前過ぎたので、背筋が延びてしまい、肘が立って肩が張ってしまうのです。後方に座ることで、少しハンドルとの距離が離れ、前傾姿勢気味になりますが、肘の感じが楽になり、良く見る「基本姿勢」に近づいてきます。また、膝もニーグリップのためにくびれたタンクの位置にちょうど納まり、しっかりと車体をホールドしている感じ。疲れ具合も違って来たし。

もう少し早く知っていればよかった・・・・。

|

« やきそばを食べに行きたくて。 | トップページ | さびしいひなまつり »

バイク」カテゴリの記事

コメント

首都高は流れている時ほど怖いですね。逆説的ですけど、ガチガチの渋滞は論外なんですが、「程よい混雑で6~70km/h」なんていう流れの時が安心して走れる感じがします。その程度でも十分時間メリットはあると思います。
入出流のためのランプや、合流/分岐のためのジャンクションが首都高を走るハードルを高くしていますね。特にランプ。加速車線は非常に短いので、合流が難しい箇所は多いです。入れてくれるかどうか、アイコンタクトが取れればいいんですが、傲然と無視されてしまうと入るのが怖いです。
クルマでもそうなのですから、バイクは首都高を自在に走れたら一人前、ということになるのかな?

投稿: チェス | 2008年3月 3日 (月) 10時56分

首都高、なにか有ったらと思うと怖いですね。

二月に左手の指を痛めてすぐの週末に、
ZZ-Rのメンテでタンクを降ろす必要があって、燃料を消費する為に、700円でtyphoonグルグル回ってtyphoonたのは、内緒にしといて下さい。

有り余るパワーを利して本線を走るクルマを追い抜きながら合流すれば、後ろを見る必要はないですflair

オイラは、すべてその戦法ですsweat02sweat02sweat02

あ、ちなみに、typhoonでふわわ走りました。

投稿: スクラフィー | 2008年3月 3日 (月) 16時34分

チェスさま

確かに、まったく動かない渋滞はイヤですが、ほど良いくらいの「流れの悪さ」は意外と安心ですね。この間は、本当にみんな車速いもの。クルマでも転倒はしない・・・という安心感はありますが、ハンドル操作を上手くやらないと、ラインオーバーなんてすぐに・・・。この日もそういうクルマたくさんいたし。

いつになっても、高速での合流は少し恐いですね。車線を避けてくれない車が猛スピードでくるとやはり。東北道では交通量が少ないので、そんな思いは少なかったのですが、さすがに都会は違いますね。いろいろと車線変更も難しい首都高なので、それこそ自在に走れたら、たいした腕・・・だと思いますよ本当に。

スクラフィーさま

そうですね。合流の時は、逆にこちらがおどおどしていると、かえって危ないです。それこそ、凄い音になっても、ぐん・・・と加速して入った方が勝ち・・・という気もします。クルマだってぶつかりたくないので、それなりに避けたり、減速はしますから・・・。と思っているとやはり私だったら危ないかな?

投稿: AA | 2008年3月 4日 (火) 01時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26675/40349444

この記事へのトラックバック一覧です: 首都高はやはり恐い:

« やきそばを食べに行きたくて。 | トップページ | さびしいひなまつり »