« 首都高はやはり恐い | トップページ | 「生協の白石さん」にはとてもなれない・・・。 »

2008年3月 3日 (月)

さびしいひなまつり

3月3日はひなまつりの日。でもこの間の節分のように日曜日でないと、特に何かをするというわけでもありません。平日だと、私も帰りが遅くなるし、主役の娘はスイミングスクールがあったりしますので、うちでは前日の日曜日にちらし寿司を作って食べました。ケーキもあって私も少しご相伴に。

娘も今月いよいよ卒業式があります。学校では卒業式の練習。そして中学への準備。スイミングスクールでも、小学校卒業のお祝いがあるようです。中学からまったく学区の違うところに行くのですが、スイミングスクールの友人がいたり、地域の交流戦で知っている人がいたり、意外と知り合いは多いみたいです。なので、それほど不安に思うことはない様子。というより子ども達のネットワークで、ここの中学は勉強が大変・・・という噂で、そちらの方が恐いみたいです。

そんなわけで、今日のひなまつりは特になにもなく終わりました。ケースに入ったひな人形も明日しまわないといけません。はやくしまわないと「婚期が遅れる・・・」ということらしいのですが。

昨年は、妻たちは妻の実家で暮らしていたので、そこでひなまつりのお祝いをしたようです。今年は昨日も今日も我が家で過ごしたので、義父母も淋しかった様子。私達ももう娘がひなまつり・・・という年頃ではなくなってきているのに、少し淋しさも感じました。

|

« 首都高はやはり恐い | トップページ | 「生協の白石さん」にはとてもなれない・・・。 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

振り返ってみると、
子供が育つのは速いものって感じませんか?

うちの、春から、1号は高校、
2号は中学、3号が4年生となります。

AAさんが、親元を離れたのは、何歳なのか判りませんが、私は18歳でした。
同じ歳で出て行くとしたら、
一号は3年、2号は6年、3号は9年となり、
折り返しを既に過ぎていることになるんです。

子供が育って行くのを嬉しい気持ちで眺めたいと思っています。
意地でも表情には、寂しいと出したくないですね。sweat01

投稿: スクラフィー | 2008年3月 4日 (火) 20時01分

スクラフィーさま

そうですね、私も18歳の時に家を出て1人暮らし(予備校の寮でしたが)をしました。あの頃は早く家を出たくて、そして盛岡も出たくて・・・そんな気持ちでした。親は盛岡から近い仙台を望んでいたのですが、私は東京へ出ました。といってもまだまだすねかじりでしたが。
そんな自分なんだから、子どもの自立を応援してあげないといけないのに・・・と思っています。
最近は、1人暮らしより自宅で暮らすという若者も多くなっているようです。地方でも東京との文化の差もなくなってきたのも要因みたいですが、若者の考え方も変わってきているのでしょうね。

投稿: AA | 2008年3月 4日 (火) 23時55分

ひなまつりですか。
男兄弟しかいない僕には縁がないですが、
母が一人で紙製のひなまつりセット買ってきてたのを覚えてます(笑

今、僕は一人暮らしなんですけど、親元を離れたのは社会人なってからですよ。
一人暮らしもなかなか良いのですが、「実家にいたほうがお金は貯まるなぁ。」というのが正直な感想だったり・・・。

投稿: プロロ | 2008年3月 5日 (水) 00時39分

プロロさま

私も兄弟は兄貴だけなので、ひなまつりには縁がなかったです。幼稚園の時、教室?にひな人形が飾ってあって、うらやましかったです。うちでは、大きいの飾ってあげれない(私がバイクなんか買うから・・・)ので、少し可愛そうなかんじです。

確かに、親元に住んでいる人はお金たまりますよね。学生の頃、自宅の友人が家に帰りたくない・・・といって私のアパートに転がり込んで。別々のバイトをしていましたが、私は生活費のたしにしていて、あまり残らなかったのですが、友人は全部好きなことに使えるみたいで、少し腹が立って・・・なんてことがありました。でも、みんなそれぞれ事情があるのだから、何が良くて何が不自由なのかはわからないですね。東京も少しずつ暖かくなりました。ツーリングマップも今年版が出ましたので、いよいよバイクの季節ですね。

投稿: AA | 2008年3月 6日 (木) 00時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26675/40364589

この記事へのトラックバック一覧です: さびしいひなまつり:

« 首都高はやはり恐い | トップページ | 「生協の白石さん」にはとてもなれない・・・。 »