« ザブリミナル | トップページ | DN-01試乗会 »

2008年5月17日 (土)

富士山五合目

今週の週末は、晴天でお出かけ日和といっていたのに・・・。

せっかく出かけた日帰りツーリング。今日の目的地は富士山。出掛けは少し曇っていましたが、少し暑いくらい。でも山はまだ寒いので、冬の装備です。まだまだバイクの衣替えは先。歩くと汗をかきますが、走ると風が冷たくちょうどいい感じ。東名に乗り、足柄付近で雨。それほど暗い雲ではないのですが。

そういえば天気予報で、山沿いはにわか雨といっていましたね。天気予報はしっかりあたのます。雨足も強くなってきました。こんな雨の中を走るのは久々。それでもやはりにわか雨のため、御殿場につくころには雨は上がっていました。

御殿場から富士山スカイラインへの道・・・・。これはなかなか難しい。標識が出ていないのです。「富士山」と「富士」は違います。「富士」は富士市なので、富士山のからずっと離れた方を通るのです。やはり天気が悪く、富士山が見えないので方向がわかりません。そんなわけで結局遠回りをして、富士サァファリパークの方に回り、そこから有料道路をと通るはめに。さすがに有料道路は誰も通っていません。

何とか、富士山スカイラインに合流して「新五合目」を目指します。前に来た時は、まだ4月だったので通行止め。自衛隊の東富士演習場の脇にも残雪がありました。その時はそのまま富士宮へ。今回は新五合目までの道が開通しているので、入ります。

私は山の事はよく知らないので、何合目という意味もよくわかりません。麓から頂上までを10で割って計算するものらしいのです。5合目は、半分。

この道、普通の人が自動車で行ける一番高いところらしいです。そして、五合目からは登山道に。山開きは7月に入ってからというので、まだ登山はできませんが、五合目までは観光ルートとして開通しているのですね。

やはり山は寒いです。冬装備でよかったです。この道、最初はいいのですが、完全な山岳ルートなので、まっすぐ進んではヘアピンカーブ・・・といったコースの繰り返し。結構きついカーブで、ギアをかなり落とさないと登れません。また、カーブのライン取りも難しく、私のようなビギナーには少々難しいコースでした。

途中で、今何合目かの表示があり、四合目のところには「あともう少し」とかいてあったり。四合目を過ぎると道端には雪が残っています。そして気温は急激に下がり、霧で視界がなくなります。まだ昼間なのですが、これが山の天気なのですね。

富士山では、100メートル上がるごとに気温は0.6度下がるとのこと。霧と寒さが容赦なく襲ってきました。

視界が悪い中、五合目駐車場に到着。回りはまだ雪の壁です。ここが富士山の中腹であることが不思議。晴れた日には、駿河湾を一望できる展望台も霧ばかりで残念。春スキーを楽しむ人が結構いましたし、バイクのグループも。

五合目の売店と食道は営業していましたので、寒さから解放されるために、ラーメンを注文。700円とは高いですが、場所を考えるとね。でも、こういうところのラーメンって妙においしいと思いませんか?

行きは何とかよかったのですが、こういう山の道は下りが怖いのです。視界が悪いとそれだけで恐怖。幸い前にクルマがいたので、それについていけたので、ゆっくりと下りられました。そこから、沼津へ出て、三島を通り国道1号で箱根峠から新道・小田厚・東名で帰途に。今回は約300キロの旅でした。

2008_05170001 この新五合目は、標高2400メートルのところです。このルートの入口(登山道の起点)が1200メートルなので、一気に1000メートルの標高差を登ることになります。富士山は標高3776メートルなので、登山道から頂上までのちょうど半分なのですねここ。2400メートルの世界ははじめての経験。ましてやバイクの登るのも。私の実家のある岩手県で代表的な山が岩手山。ここは標高2038メートル。なので、高校生では登山部のように訓練した人以外は頂上まで登ることはありません。今、それをはるかに超える地点に立っている私です。それもバイクで。道路財源の話題がありますが、そのお金で作られた道路によって、そんなことができるのかな?と思うと、こちらも複雑。

2008_05170003 霧に包まれた駐車場です。後方は雪の壁です。この五合目には登山のための施設がいろいろとあるようです。今は7月のオープンに向けて準備中とのこと。やはり酸素が薄いせいか少し息苦しいのと、気圧の関係で耳から頭が痛くなります。ヘルメットをしていると余計苦しく感じるのも歳のせいてせすかね?山を下るたびに温かくなっていくのが心地よい感じでした。

|

« ザブリミナル | トップページ | DN-01試乗会 »

バイク」カテゴリの記事

コメント

こんばんは!
標高2400ですと、気圧が0.75位ですから、単純に馬力も75%に低下してしまいます。

XJRはインジェクションですから、「回転が重くなる」とかキャブレター車特有の空燃比のズレは無い(少ない)と思いますので、体感は少ないかもしれませんね。

オイラは、復活作業の最後の確認(気圧の変化でどんな状況になるのか?)をする為、昨年の6月に五合目まで行きました。ドキドキしながら登りました(汗)
6月でも寒かったと記憶していますので、今の時期はもっと寒かったと思います。
ちなみに、20年以上前になりますが、頂上まで登ったときは、下界が30度を超えているのに2~3度くらいだったです。

投稿: スクラフィー | 2008年5月19日 (月) 21時16分

スクラフィーさま

そうなんですか~、バイクの馬力も低下するのですね。でも、とにかく必死に登っていたのでまったく気がつきませんでした。坂がきつかったので、ギアは下げて一気に登った感じです。下りはヒヤヒヤしながら。
とにかく寒かったですね~。まだこの季節は冬みたい。バイクで楽しむにはもう少し暖かくかってからの方がよさそう。晴天の日にもう一度登ってみたいのですが、山の天気は変わりやすいので、下界が晴れていても、ダメかも。

投稿: AA | 2008年5月20日 (火) 01時35分

馬力低下はアクセル全開のときに於いての、気圧の影響です、だから、パーシャル(中開)では差は無い(感じない)と思います。

リッターバイクて全開って、基本的に無理っすから(笑)

山の天気・・私的には、

横浜:晴れ→山:晴れ1/3、霧2/3
横浜:曇り→山:曇り1/3、雨2/3
横浜:雨→山:間違いなく雨

って感覚です。

マレに、山の上だけ快晴のときがありますが、1/10以下の確率だと思います。

投稿: スクラフィー | 2008年5月20日 (火) 08時52分

山の天気は、難しいですね。
これから梅雨の季節になるので、余計に。
夏の暑い時期に、行くのはいいかもしれませんが、富士山だと真夏のスタイルで登るのはちょっと無理そうな気もしますね。
もう一度行ってみたいところなのですが。

投稿: AA | 2008年5月23日 (金) 08時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26675/41240461

この記事へのトラックバック一覧です: 富士山五合目:

« ザブリミナル | トップページ | DN-01試乗会 »