« 田園都市線の遅延5 | トップページ | 1年点検とタイヤ交換、そしてレインウェア »

2008年6月28日 (土)

カッコ悪くても、無理はしない。

日曜日は雨ということで、曇っていた土曜日は貴重なバイクでお出かけ日和。

といっても、朝からは出かけられず、昼前から。近場で・・・ということで今回は、三浦半島へ。三崎港や城ケ島は以前行ったので、あまり人気のない三戸海岸へ。このあたりは初声町というところなのですが、三浦市では観光スポットとしてはあまりメジャーではありません。大学のヨット部の合宿所があったり、釣り客相手の民宿があったりするところでは。

なぜこんなところを・・・というと、以前このあたりがあるドラマのロケ地となっていて、それをふと思い出したからです。静かな浜辺で海を眺めるのもいいな~という感じで。

国道134号は、鎌倉・藤沢地区は海岸のいいところ。そして南下すると葉山から横須賀市に入り、三浦市へ。三崎への分岐点から再び三浦海岸を経由して横須賀市へ入ります。この中で、一番風光明媚でないところが、三浦市の中心部のあたり。このあたりは、海岸から離れていていわゆる「街の道路」です。

三浦市は、神奈川県にありながら、京浜急行が三崎口で終わっているので、そこから先は鉄道の恩恵のあまりないところ。なので、手前の横須賀市の浦賀とか久里浜、逗子市などとはちょっと違う趣。街全体が、開発から取り残され一昔前に戻った感じです。神奈川県の市の中でも、人口が減少しているところでもあります。

さて、国道から三戸海岸方面へ。最初は二車線の道ですが、少し行くともう小型自動車が1台通れるかどうかの細い道。あたりはみんな畑。海はそこからかなり坂道を降りないといけないようです。藤沢や茅ヶ崎・平塚あたりは、海岸沿いに町が広がっていますが、鎌倉から東の方は海岸に山や丘が迫っているところが多いですね。風景がまったく違います。三浦市あたりは断崖や絶壁も。もともと、鎌倉から東は湘南とはいわないようですね。クルマのナンバーも、鎌倉市・横須賀市・三浦市は「湘南」ではなく「横浜」ナンバーなのです。

地図をみても、バスの終点より先は細い道が書いてあるだけ。畑の中を走ると「この先行き止まり」の看板。また海岸沿いは「別荘私有地のため通行禁止」の文字。一度入ると、バイクでも戻るの大変です。行ったり来たりしながらも、「三戸海岸」の標識が。しかしこれもまた、軽自動車がやっと通れるくらいの道。おまけに舗装といっても、真ん中に下水のふたがしてあるし。

少し広い民宿のある通りに出ても、海岸に出るにはバイクを置くところがないのです。駐車場はジャリで、管理料として1,200円も取るみたい。バイクなので路駐でも少しの時間なら大丈夫でしょうが、あまり天気もよくないので素通り。

また、そこから少し坂を上ると、今度は急な下り坂。たぶんこの坂降りるからいいのですが、登れない・・・と思うような勾配。滑り止めに円形の突起物が出ています。これはクルマはいいのですが、バイクはとても怖いのです。

私は海を見るのは好きですが、海岸はだいたいクルマで普通に行けるところしか行ったことはありません。なので、こんな起伏の激しく、道のせまいところを通っていくのはほとんど初体験。結局ゆっくり海を見ることはできませんでした。

ところで、バイクに乗るのは少し離れてきましたが、今回の道は私には結構大変な道。特に大型バイクは。道路も舗装はされていても凹凸が激しいのです。また、行きどまりに何回も遭遇。そういう時は、諦めてバイクを降りて、少しずつ切り返します。乗ったままUターンなんてできません。もうバイク重いし汗もたくさん。また、細い道で対向車に遭遇し、私が避けたのですが、そこは砂利道。そのまま発進しても不安定な道を斜めに行かないとダメです。なので、ここでも一旦降りて、平な場所までバイクを移動。

細い道でのターンは砂利があると降りて・・・の繰り返し。急な下り坂はブレーキを掛けながら超低速。本当にカッコ悪い仕草ですね。でも、前に砂利道でターンの失敗して転倒してからは決して無理はしません。そりゃいろいろと出来るようになればいいことですが、無理をして転倒てるよりはカッコ悪くても降りてしまえばいいのです。

降りてバイクを動かすのもあまり得意ではない私ですが、乗ったままバランスを失うよりはリスクは低いです。

帰りは、剣崎の灯台の方まで行きましたが、灯台の入口はまた道幅が狭く、勾配のきついところ。車両通行禁止とありましたが、バイクなら行けそうでしたが、ここもバイクを降りてUターン。

そして、横浜横須賀道路に入ったら、何と道幅が広くて走りやすい道路なんだろう・・・と感激。今回は、今までとは少し違う感覚を味わったお出かけでした。

写真を撮るスポットもあったのですが、そんな余裕がなく残念。

|

« 田園都市線の遅延5 | トップページ | 1年点検とタイヤ交換、そしてレインウェア »

バイク」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様でした(文章を読んだら、こんにちはとかの挨拶じゃなく、このほうが最適かと・・・)
狭い道、急な坂道、でかいバイク・・辛いっすね。


「カッコ悪くても、無理はしない」
良いタイトルだと思います。


”腰抜け”と言われるくらいのほうが長生き出来る。

蛮勇さは自慢するものではなく恥ずべきだ。

今日、行きてられるのは、ただ運が良かっただけだ。


こんな言葉を知っても、バイクに乗る矛盾(汗)

それでは、ご安全に!
また、一緒にどっか行きましょう!

投稿: スクラフィー | 2008年6月29日 (日) 17時53分

本当に疲れました。三崎のあたりは観光地になっているのでしょうが、三戸海岸のあたりは、時代が止まった感じのところでしたね。あのあたりは、三崎口の駅からも遠いし、バス停の終点からもかなり離れています。神奈川県にもこういうところがあるのか・・・と不思議でした。いいところでしたが。

「カッコ悪い」にも度合があって、私の場合はもの凄くカッコ悪いのですが、もっと不様な状態にならないようにすることで精いっぱいでした。でも、カッコ良く見せようとしても、誰にみせるわけでもなく、事故なく帰ってくることができれば、それははれである意味「カッコいい」ことになるのではと思っています。
バイクに限らず、いろいろなことでも、見た目だけ取り繕っても・・・と思うことも。それよりも無理をしないで、自分の人生を楽しめたら・・・と感じる歳になりました。
また、いい季節になったらご一緒しましょう。

投稿: AA | 2008年6月30日 (月) 02時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26675/41677510

この記事へのトラックバック一覧です: カッコ悪くても、無理はしない。:

« 田園都市線の遅延5 | トップページ | 1年点検とタイヤ交換、そしてレインウェア »