« やっぱり新宿・・・・? | トップページ | 岩手・宮城内陸地震 »

2008年6月14日 (土)

スムーズに曲がれない、などいろいろ・・・。

土曜日は、9か月ぶりに桶川のホンダバイクスクールに行ってきました。なかなか予約がとれないなど日程があわずしばらくご無沙汰でした。

とりあえず、何となくバイクには慣れてはきましたが、街中を走っていると、どうも周りの人と比べ「下手」な面が目立つようになった私。別に見栄を張るわけもないし、ゆっくりと安全に走ることができればいいことなのですが、技術の向上というよりはいろいろなことを見つけていればより安全に・・・ということが目的です。

桶川までは、渋谷から湘南新宿ラインに乗れば一本。途中寝ていくこともできるしいいのですが、夏はジャケットなどの着替えやヘルメットが邪魔になります。バイクで現地まで行くこともできますが、相当疲れるので帰りが心配。なので車で出かけました。首都高をうまく抜けると速いのですが、今日は何と渋谷付近で事故渋滞。用賀から霞ヶ関が100分以上の掲示板が。仕方なく246へ降りてもやはり渋滞。渋谷を抜けるまで混むのです。高樹町から首都高に乗り、時間ぎりぎりに到着。

気温が上がり出し、細かい動作の練習を短い距離でやると結構汗がでるものです。今日もつらそうな予感。

もちろん私は初級。最初の自己紹介でそれぞれ経験がある方が多く、私はまだまだ初心者の部類。このスクールには何度か参加していますが、人が1回で覚えることを5回ぐらいやらないとできない私にとっては、まだまだ初級クラスでも苦しい感じです。

基本事項は同じですが、毎回コースや課題が異なります。パイロンスラロームが多い回もあれば、細かな旋回が多い時も。共通するのは、制動と加速の姿勢のコースぐらい。加速の時は前傾で制動時には身体を後退させること・・・これは毎回言われていますが、どうなんでしょうか。少しは理解しているつもりなのですが。それよりも急制動はあまりやらないので、プレーキのかけ方が変な感じです。

そして、サンセットスラロームという大回りの旋回。バイクを寝かす・起こすを繰り返していくもの。セルフステアを意識するのですが、どうもハンドルにしがみつく私。そして、「寝かす」ということが怖くてやったことがないので、この感覚がわかりません。

私は、高速のようにまっすぐただ走らせるだけなら何とか・・・なのですが、コーナーの通過などは本当にスローになってしまいます。そして上手いライン取りができないので、余分に走ってしまいます。これが上手くできないと、曲がり切れなかったりはみ出したりして危険なのです。今は速度をかなり落としているので何とかなっていますが、その分肩や腕に余分な力が入り、疲労してその分とっさの動きが対応できなくなりこれもまた危険。なので、楽にスムーズな旋回ができるようになるとより安全にコーナーを通過することができます。

インストラクターの方から、アクセルの戻しが早過ぎるのでもう少しバイクが倒れている感覚を感じてからの方が良い・・・とのアドバイス。そして、パイロンの近くで旋回をしているので、後が苦しくなり余裕のない走りになっているとの指摘。旋回の開始は、少しパイロンから距離を保ち、回ったところでパイロンの付近を通るようなライン取りが望ましいとのこと。でもこれがなかなかできないのですよね。

確かに、セルフステアを利用すれば、バンドルにしがみつくこともなく、視線も先へ先へと送れます。私の場合だと、ハンドルにしがみつくので、ライン取りがずれ、無理に旋回させるので、その分減速させないと逃れません。その上、曲がり切るためにどうしても視線が近くになって次へ体制が一歩遅れるのです。これは最近ずっと感じていました。峠道でも何とか回れますが、ものすごく減速しないと怖いのです。脇からす~と追い越す人はあれよあれよという間に視界から消えます。

今回も、それぞれ順番にコース走行をしますが、最初の間隔から次第の前の人との距離が開き、後の方との距離が縮まってきます。とにかく、旋回の時に転倒が怖くてどうしても逆の動きをしてしまうような感じです。バイクを寝かせることも、自分のバイクでは怖くてやはりできません。ここはレンタル車両なので、少し思い切ってやったところステップが少し擦れるくらいまで倒し込みはできましたが、旋回時にはいつものスローペース。運が悪いのか、私はどうしても順番の切れ間の関係で早い順番になってしまうので、途中からみなさんに順番を変更してもらいました。

直線のスラロームは最近やっていなかったのですが、これは何とか大丈夫でした。仕上げのコースでは、ヘアピンカーブのミニ版の旋回はどうしても苦手でここはとたんにスピードダウン。ただ、何回か公道でいろいろ経験しているせいか転倒しそうにもなりましたが、そこは根性で回避・・・です。

女性の方も数名いましたが、その方も含めてみんな上手ですね。どうしてあんなにスムーズにできるのだろう・・・と思いましたが、単に私が下手なだけです。

大型二輪の免許を取ってからは、CB750で練習ですが、機会があったら400の車両で練習してみてもいいかもしれません。

最近いろいろな試乗会で他社のバイクも試乗していますが、やはりCB750とかCB400SFは乗りやすくいいバイクですね。まったく違和感ないです。

毎回感じますが、初級クラスは「ペーパー免許の方」とか免許取り立ての方に最適とありますが、結構難しいですね。私は毎回苦労していますが、ここに何回が参加したことで少しずつですが、公道を走る際に楽になって来たこともあると思っています。参加者の構成ですが、大型免許を最近取得した方が多く、皆さん大型車を利用する方が多いです。ただ、私のようにバイク歴自体が短い方は少ないです。そこにも差があるようです。また、中級・上級とありますが、中級以上だと、もっといろいろなバイクが利用できますSSタイプからリッターバイクまで。初級と同じ構成の内容で少し速く旋回したり走ったりするのが中級。上級はコースがさらにきつくなる感じです。初級の方は、その回毎にメンバーもレベルも異なり、それなりに自分で走っている人が多いので話をすると楽しいです。

中級や上級となると来ているもの自体が違ってきますね。皮のスーツを着る人もいるし。駅から大きなキャスター付きのバッグ持参の方もいます。さらに上級の方になると常連さんの集まりになり、毎週末いらしている方も。やる内容が高度なので、バイクをスクールで思い切り走らせ、みんなとコミュニケーションをとって、自分ではバイクを持たない・・・という方もいるようです。ここのスクールの受講料は13,000円前後なので、維持費のかかるバイクを買うよりも得かもしれませんね。

逆に、初級の方は普段自分なりに走っている方が、自己流を矯正のために・・・ということが多く、話の内容は「あそこが良かった・・・」とかツーリングの話がメイン。上級の方のレースの話とか、ライディングの技術の話・バイク本体の話とはあきらかに違うので、これもまた面白いです。

ご一緒に参加した方との会話の中で、「こういう練習は楽しいね~、面白いね~。公道ではできないし~」「また来たいね~、でも13,000円あったら、数回ツーリング行けるよね~」ということに。妙に納得したしまった私でした。

こんなことをしている間に、私の故郷の岩手県では大きな地震があり、大変なことになっていました。

|

« やっぱり新宿・・・・? | トップページ | 岩手・宮城内陸地震 »

バイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26675/41534978

この記事へのトラックバック一覧です: スムーズに曲がれない、などいろいろ・・・。:

« やっぱり新宿・・・・? | トップページ | 岩手・宮城内陸地震 »