« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月30日 (火)

失言も聞き飽きました。

中山国土交通大臣が、不適切発言で辞任しましたね。

まあ、あの人のいうこともわかるような気もしますが、大臣の発言としてはやはり不適切ですね。

日本には「言論の自由」が保障されています。でも何でも言っていいわれではありません。言っていいことと悪いことはあるのです。それは自然に常識として学んでいくもの。

昨今の政治家にはそんな常識がないのでしょうね。

特に日教組問題。私は右側の人間ではないのですが、日教組に対してはあまりいい印象はありません。大分県の問題は別として、小学生から中学生の時に私は日教組の強い岩手県で育ちましたので、先生方のストライキはたくさん経験しました。自習になって楽しかったのですが、一日ストライキをやってそれが数回あるところなんて全国でもあまりないのでは・・・。あの時は「学校に刃物を持った人が乱入する」なんてことはなかったのですが、校内には管理職の先生と数名の先生だけ。もし事故でもあったらどうするのでしょうね。そして、ストライキの正当性を生徒に語り始めて。

だから少しはわかりますよ中山さんの発言。でも、閣僚が公式の場で言うことではないし、いつまでも子供のように「撤回しない」と言い張るのも大人げないですね。

農水省の太田大臣もそうでしたが、もう少し言葉の使い方を気をつければ済むことなのに。

逆に今度は、誰が失言をする・・・なんていうことになったら、大変なことですよね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月27日 (土)

黒タマゴを買いに・・・。

火曜日に箱根に出かけた時、リアブレーキが加熱して効かなくなり、バイクショップで見てもらったのですが、ブレーキパッドも交換の時期ということで、今日作業をしてもらいました。いつもメンテナンスをしてもらっているところなのですが、純正部品をすぐに取り寄せしてくれたのはいいのですが、作業料金もそれなりにするので、それだったらバイク用品店でやってもらった方が安かった(ポイントがついた)かもしれません。パッドの交換は私では無理ですが、ブレーキオイルの交換ぐらいはやれるかも。

まあ、午前中にショップに行ったのですが、昼頃までかかったので、一旦昼食のため帰宅します。交換したパッドはディスクとなじむまで制動力が弱くなるとのとこで、少し慣らし運転に行くことに。実際どんな感じかは私にはよくわかりませんでした。

さて、昼頃から近場でささっと行けて、それなりに楽しいところはやはり箱根ぐらいですね。埼玉・千葉方面は首都高を超えるのに時間もかかるしお金もかかる。箱根は割合楽で安上がりです。先日、大涌谷に行った話をしたところ、「黒タマゴ」の話になり、その時は早朝なので買えませんでしたが、そのことを妻がしきりに言うので、「黒タマゴ」を買いに箱根を目指します。

温泉でゆでた卵はいろいろありますが、大涌谷だけで売っているのが「黒タマゴ」。他の店でも売っているのが「黒ちゃんタマゴ」です。ほとんど同じなんでしょうが、どうしてもこだわるので。

朝は晴れていましたが、昼過ぎからだんだん曇ってきました。今回は国道1号線を通って箱根を登ります。いわゆる駅伝道路。いつもながら箱根湯本の駅前で渋滞。でもそこを過ぎると登りは楽になります。下りは結構渋滞。前に車がいるので、適度な速度で私にも走りやすいです。大平台のヘアピンカーブもこの速度なら・・・。

小涌園前のファミマの前で小雨。そこから1号線とは別れ大涌谷方向へ。だんだん寒くなって。もう風が冷たい季節ですね。

2008_09270001 昼下がりの大涌谷です。車が混んでくると、バイクはここに止めさせられるのです。先日朝止めた場所に行こうとすると、係の人から制止させられ残念。行楽シーズンが始まったのですね。観光客でいっぱい。欧米系の外国の方がとても多い日でした。雨もポツポツと。

2008_09270003 そこから、元箱根をとおり大観山へ。気温は11度です。もう寒いですね。夏のジャケットにインナーを着ていても冷たい風が吹き込みます。メッシュのパンツも寒い。夏の格好はもう終わりですね。ここのパーキングももうガラガラでバイクもまばら。時間的にもう遅いからかな。

帰りは、旧街道を通ろうかと思いましたが、雨が降ってきましたので、おとなしく新道で下りました。

2008_09270004 5個で500円の黒タマゴ。一瞬安いように思いますが、スーパーで売っている生タマゴの値段を考えるとやはり高いですね。おみやげ品としてはまあまあの値段。黒タマゴといっても中身は普通の茹でタマゴと同じですね。中身まで黒かったら大変。このタマゴ「1個食べると寿命が7年、2個食べると14年延びる・・・」とあります。というか。延命祈願ということだそうです。うちの坊主は「これ食べたら7年長生きする・・・」と喜んでいましたが。

昔タマゴが貴重品で栄養事情が悪かった時代は、確かに栄養価の高いタマゴを食べると元気になったのでしょうね。今の私は、タマゴのコレステロールが逆に寿命を縮めてしまうかも・・・なんていいながら食べましたよ黒タマゴ。みんなで1個ずつ食べ、残りは坊主の明日の朝食に。実は、「黒ちゃんタマゴ」の方が、半熟っぽくておいしいという噂もあります・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月26日 (金)

三越の閉店店舗

昨日、三越が数店の店舗を閉店する発表をしました。三越というのはおもしろいデパートで、日本有数の老舗百貨店で、高いプランドの店です。でもそれは、日本橋の本店だけ。日本橋の本店は、歴史と威厳を感じ、買い物以外でも見るだけでその高級感に圧倒されます。地下鉄も「三越前」という駅があり、これもまた凄い。

ただ、東京でも日本橋と銀座の店ぐらいがそんなブランドイメージで、他の店はあまりバッとしません。今回東京では池袋店が閉店します。あまりに日本橋が大きいので、他の店は中途半端といった感じ。池袋は東武・西武百貨店に比べ規模も小さく、あそこに買い物に行くなら日本橋に行った方が・・・ということなのでしょう。そんな感じで首都圏の三越はほとんどなくなってしまいました。

東北では、仙台三越があります。ここは古くからあるので、仙台の人ばかりではなく東北の人にとってはそれなりの存在感があります。東京の高級デパートの支店である三越には絶対的な信頼感も。仙台には地元の老舗藤崎デパートがありますが、幸いにも三越には地下鉄の駅が直結され、隣の141ビルと一体になって頑張っています。以前は、仙台三越オリジナルのCMソングもありました。

そんな中で、3年前に仙台市の南の名取市にできた名取三越も閉店します。もともとここは、仙台空港のアクセス線が開通した時にできたイオンのショッピングセンターの中に開店。仙台三越と名取三越の2店体制ではかなり難しいのでは・・・と私は思っていました。名取三越が開店する前に、私は仙台から転勤になってしまったので、行くことはありませんでしたが、郊外型のショッピングセンターに三越はなじまなかったようです。

閉店の理由に、当初の顧客獲得方針が甘かったとされていますが、百貨店離れが続くなかで、従来型の百貨店方式で郊外に進出してももう無理なのですね。

それと同時に、小型店舗の盛岡店も閉店します。もともと、仙台三越の外商部として開設され、その後雑貨を扱う店になり、仙台店のものの取り寄せや、中元・歳暮なのでギフトを扱ってきた店です、私の故郷なので、場所はしっていましたが、「あそこに行く客ってどんな人だろう」と常々思っていました。

盛岡市は、狭い範囲にイオンのショッピングセンターが2つもでき、商業は大変なことになっているところ。また、ギフト品はインターネットやコンビニで買える時代。そんな中で小型店舗は採算が合わないのでしょうね。そして、盛岡は仙台に買い物に行く流れもあり、行く人はそれこそ仙台三越へ直接行きますし。

三越自体は伊勢丹と経営統合し、一旦閉店した大阪店は今度伊勢丹ブランドでオープン・・・との話もあります。伊勢丹も、新宿の本店はかなりいいイメージがありますが、首都圏の店は苦しい感じです。相模原店ぐらいが頑張っているのでしょうか。高島屋は、日本橋・新宿・横浜・玉川あたりが首都圏で健闘しています。

ますます激しくなる百貨店の競争。私の沿線にある東急百貨店もかなり店舗を縮小して。私の子供の頃~大学生あたりまでは、百貨店は絶対的な地位があり、家族でデパートに行くのが楽しみ・・・といった時代でした。そんなものに憧れて、私は大学生の時百貨店でアルバイトをしていましたが、もうあの華やかな時代は終わったのですね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年9月24日 (水)

プリンター買いました。

自分の家用のプリンターは、持っていなかったわけではないのですが、パソコンを今のものに買い替えて、外部接続がすべてUSB仕様になってしまったので、以前のプリンターが使えなくなったのです。

私の家では、デジカメの写真も自分で印刷することはほとんどなく、ブリンターを使うのは年賀状のあて名ぐらいです。どうしても必要なものは会社の複合機の方がきれいなので、ちょっと朝早く出勤して・・・なんて具合に。

今までのケーブルタイプはまだ使えるので、娘のパソコンには適合するため、そちらに移動。娘もあまり使ってはいないのですが、コンパクトタイプなので適当に置いているみたいです。

もともと、うちはパソコン専用スペースがないので、家では食卓のテーブルで使っています。仙台に単身赴任の時は、小さなテーブルの上。そんなわけで、うちのプリンターはモバイル仕様のコンパクトタイプ。いつもはしまっておいて、必要な時だけ出してくるというものです。なので、今回もそういうものを。

年賀状の季節になるまでしばらくいらないかな・・・と思っていたり、いざとなれば娘に借りればいい・・・なんて言っていましたが、妻が在宅でパソコンを使った仕事をすることになり、プリンターが欲しいということで買うことに。

実は、今のパソコンを買った時の電器店のポイントと前のパソコンを下取りした時のポイントが25,000円ぐらいあり、少しお金を足せば新商品が買えるのです。このためにポイントは取っておいたもの。特に下取り分はハードディスクが壊れていたので、有料で廃棄処分になるところを逆にポイント加算で買い取ってもらったので本当にラッキー。大きいサイズのブリンターなら型落ちでかなり安くなっていますが、コンバクトタイプで写真だけでなくA4サイズまで印刷できるのは少し高いです。

コンパクトサイズでいいものを出しているのはキャノンだけ。今年商品入れ替えなので、値段はなかなか下がらなかったのですが、電器店の通販が一番安かったのでそれに決定。ケーブルと差額分が1,600円ぐらい。これをセブンイレブンで支払いにしたら、すぐに届きました。

2008_09250001 キャノンのiP100という製品です。以前のものより少し大きいですが、性能は画質もきれいです。サンプルに、写真用の光沢用紙が入っていて、試しに写真を印刷してみました。う~ん、とてもきれいですね。これならは、お店でプリントしてもらう必要はないみたい。

かつて写真は、現像料のみは高くて、プリントは1枚1円とかそんな感じだったのに、これだけデジカメが普及すると、写真のプリントも商売にならなくなるのかもしれません。

でも、紙やインクが高いので、最終的なランニングコストを考えたら難しいところですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月23日 (火)

ブレーキが効かない・・・。

今朝の箱根の続きのことです。

大涌谷に登って、あとは流れ解散に。みんなそれぞれペースも異なるので、いい約束事。帰り道だけは箱根の旧道を降りることにして、挨拶をしてお別れ。

私は、登りは何とか遅いながらも少しそれなりに走れるようにはなったのですが、下りはやはり苦手。特にヘアピンカーブなどのコーナーのきついものはどうしてもブレーキに頼ってしまいます。セルフステアを基本にして体重移動と適度な減速を加えるとスムーズになるのでしょうが、なかなか難しいのです。

スクラフィーさんもkakuさんもどんどん先に行ってしまいましたが、私は私のペースで。前にも書きましたが「カッコ悪くても無理をしない」のが一番。せっかくお知り合いになれた方に、私が無理をして事故を起こしても申し訳ないのです。だから割り切ってゆっくりと下って行きました。

旧道に入り、いよいよ下り坂本番。それまでもリアブレーキを頻繁に使用していた私。そうすると、どうしても急な減速になり、よりハンドルにしがみつくかたちになってセルフステアが効かなくなるという悪循環に。さらにゆっくりと下り始めたら、ブレーキペダルが変ななのです。旧につま先が下の落ちます。普通は、ペダルを踏んだ時、その感触があるのですが、まったくないのです。前ブレーキは効くので、減速はできますが、だんだん異常に感じられてきました。クラッチレバーを戻すのが遅いからかな~と思ってもみましたが、そんなこともないのです。

道は、「七曲り」のカーブ1.2キロ」。もう完全にブレーキペダルは効かなくなりました。一瞬あせりましたが、逆にカーブの途中でバイクを停車させる余裕もないので、あきらめてそのまま降りることに。というか、腹をくくってギアを下げ、できるだけシートの後方に座って、後に体重をかけ、あとはバイクに身を任せるだけ。オーバーランしそうな時だけ少し前のブレーキをかけ・・・。あとはマイバイクくんを信じて…という感じ。身体の向きを進行方向に向けると意外とよく曲がれます。バイク自体も傾きますが、開き直っているのでこちらも恐怖感も少なく。リアブレーキが効かなくなっていることを忘れて、逆にいい感じに(と自分だけで思っていたのかな)バイクを傾けながらきれいに曲がれたのが楽しくて。

たぶんこんな経験は普通に乗っていたならしなかったかも。断続したカーブが終わって少し広いところでバイクを停車。いったんエンジンを止めて休憩。まだ朝早いのでロードサービスを呼ぶのも早いな~。試しに、ペダルを手で押してみたところ、今度はいつもの感覚に戻っていました。何となく大丈夫だったので、そのまま帰途へ。西湘バイパスのパーキングで、出発寸前のスクラフィーさんがいらしたので、ちょっと見ていただきました。ブレーキオイルも残っていて、今普通に使えるなら、リアブレーキの使い過ぎの現象では・・・とのことでした。そういえば、クルマの免許を取る時に下り坂でブレーキを頻繁に使い過ぎると、気泡が発生してブレーキが効かなくなるので注意するように・・・と遥か20年ぐらい前に教わったような・・・。また、箱根新道の下り坂にも「エンジンブレーキ併用」とか様々な注意看板が頻繁に出ているのに。

以前、私も営業でクルマを使っていた時、下り坂で前に頻繁にブレーキを使う人がいたので「そんなに使い過ぎると、効かなくなるぞ・・・」なんて思っていたのに自分がそうなってしまって。原理は一緒なんですよね。

テレビのサスペンスドラマで、犯人がクルマのブレーキに細工をして、ブレーキが効かなくなる恐怖のシーンがありますが、バイクの場合、前後のブレーキを別々に操作できるので、どちらかが生きているとクルマよりはいいのかもしれませんね。特に前が生きていれば・・・。

私はもう20,000キロも走っていて、距離だけはかなり行っています。その割には腕は上がりませんが、それまでにいろいろとあったのであまりあわてなくなりました。あわててしまってもどうにもなるものではありません。バイクは特に身体がむき出しなので、走っているだけで危険がいっぱいのもの。どうあせっても事あれば無傷ではすみません。身体が大丈夫でもバイクが傷つく・・・。そう思えば、少し考える時間があればなすがままにした方がかえっていいことも。または、冷静に考えると回避方が浮かんでくるような。

とにかくあわててしまうことが一番危険なような気がします。自宅近くのバイクショップで、一応見てもらいました。「心配なら、オイル換えましょう」とのこと。パッドも減っているのでついで交換をすることに。今部品がないので来週作業です。

まあ、今日のことは幸運だったのかどうか・・・。あの時あわててしまったら事故になっていたかもしれないし。また、事故にあった人も、ほんの少しあわてずに行動していたら回避できたかも。そういうことって紙一重なんでしょうね。

今回は、いい経験というか逆にセルフステアの感覚も体験して・・・といった感じです。

ご一緒したお二人には、「ちょっとアクシデント・・・」なんてメールをしてしまったので余計な心配をおかけしてしまいました。

※これはこれでよかったのですが、帰り道の東名。朝から事故渋滞。事故発生直後だったので、海老名SAエリアからクルマが出られない状態。パトカーが頻繁に行き来するので、すり抜けもできずずっと停車状態。こんなの初めて。どうせ夕方は渋滞するので、朝からの渋滞は勘弁して欲しいです。

●今回のアクシデントは「ペーパーロック現象」というそうです。詳細はスクラフィーさんが書いてくださっています。いろいろとありがとうごさいました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

同じバイクでも・・・。

久々の更新なので、バイクネタを2つ。

月曜日にこのブログにコメントをくださるスクラフィーさんより、お誘いのメールが。スクラフィーさんは、基本的に早朝のツーリングをされる方。私は基本的に朝は苦手なのです。休日でも私が一番遅く起きるくらい。というわけで、私が休日にバイクで出かける時は、昼から出掛け、夕飯までに帰ってくる・・・というもの。しかし、最近は休日にいろいろと用事があり、遠出はご無沙汰でした。スクラフィーさんには、「起きられたら行きます・・・」と半分お断りムードの返事を。

しかし、スクラフィーさんが最近ご一緒されているkakuさんが、私のこのブログを見てくださり、今回もいらっしゃるということで、「こんなブログを貴重な時間を割いて見てくださった方にはお礼もしないと(スクラフィーさんもそうですが)」と思い、頑張って早起き。みんな寝ているところをゴソゴソと。家を出たのが4時20分。あたりは暗く、寒いです。それでも道は空いていて気持ちがいい。246を下り、横浜町田ICから海老名SAのあたりで少し空が明るくなりました。ここで、少し休憩。

湘南BPの国府津のPAに、約束の6時前に到着。朝日がきれい。kakuさんとは初めてお会いします。kakuさんは、私と同じヤマハのXJR1300に乗られています。旧型に乗られている方にはたまにお会いしますが、07型の方とはほとんどお目にかかりません。

挨拶も早々にして、箱根へ向かいます。私はそんなに速く走れないので、一番後ろからついていきます。XJR1300にkakuさんが乗られている姿をみると、XJR1300って後から見るとこんな感じになる・・・・と改めて新発見。自分で乗っているとわからないのですよね。

とはいっても、kakuさんは、さっそう・・・として非常にカッコよい姿。スクラフィーさんも革ツナギがカッコよく、バイクが良くても乗り手が私じゃ・・・と少しマイバイクくんがかわいそうになりましたが、それはそれでご愛敬で。

2008_09230002  箱根の大涌谷です。kakuさんのXJRと私は色違いです。今はワインカラーが追加されていますが、発売当初は私のブルーとkakuさんのブラックの2色。私は、その前に乗っていた400もこの色でしたので、そのままにしました。もともとXJRのブルーはもっと鮮やかな青でした。私自身はブルーが好きなのですが、最初の青は少し明る過ぎて、私の歳を考えると少し敬遠。しかし、今までの色より深みのある今の色が出たのでそれに決めました。ブラックは最後まで迷いましたが。

カタログでは気が付きませんでしたが、この2色よく見ると様々なものが異なっています。kakuさんはマフラーなどをカスタムされていますが、私はほとんどそのまま。それはいいとして、ブルーは、ストロボカラーに少し工夫がされている分、外装の黒い部分が安っぽくなっています。ブラック仕様は、タンクと同様に光沢のある高級感が。またエンジンの色もブルー仕様は、テフロン加工みたいになっていて艶がないのですが、ブラック仕様は鮮やかなシルバーでこちらも上質な感じに仕上げています。全体として、ブラック仕様は、少し引き締まった感じ。ブルーはどちらかというと、ストロボカラーを目立たせた感じ。落ち着いた感じのブラックもいいですね。

メカニックのことはよくわからないのですが、デザイン的なものについては結構細かく見てしまう私・・・。バイク乗りとしては観点が違うかな~。それと写真ではよくわからないかもしれませんが、ヘルメット。これは、アライとワイズギアのコラボ製品です。XJR1300のカラーに合わせたもの。私とkakuさんはそれぞれの色で(タイプは違いますが)。その他、シューズやジャケットのメーカーも同じというので、何となくうれしくなってしまいましたね。

XJRを選ぶ人の趣味って似ているのでしょうか。

早朝の箱根。少し肌寒かったのですが、街に降りると暑くなり、「暑さ寒さも彼岸まで」はどうなるのでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月16日 (火)

田園都市線の遅延6

もうこのタイトルは6回目。

今朝も遅れましたね、田園都市線。6時53分に鷺沼駅で起きた信号故障の影響。久々の大幅な遅れ。遅延証明も最大の61分以上・・・。

まあ、信号機は機械なので壊れることもあるし、今更東急をどうのこうのいうつもりはないけれど、タイミングが良く・・・というか朝のラッシュ、それも連休明けを直撃。

東急のメールサービスで、「遅れています」「運転を見合わせています」のメールが入っていましたが、いつも始業の30分前には会社に着くので、何とかなると思ったのですが、ダメでした。全列車各駅停車で運転。でも、これならば普通はスムーズにいくはず。もともと朝のラッシュ時は、急行が準急になって二子玉川から先は各駅停車。各停とあまり差がないのです。ただ、今日は違いました。ひと駅進むのに10分ぐらい。進んでは止まって。車掌さんも「止まります」「発車します」の繰り返し。新型車両なのに、アナウンスもモゴモゴ言ってはっきり聞こえない。

鷺沼駅を過ぎたところで、「只今入った情報ですが、鷺沼~渋谷間は約1時間かかります」との車内放送。振替乗車の案内をしていたので、あざみ野で横浜市営地下鉄に乗ればよかった・・・と思っても後の祭り。地下鉄で日吉まで出て、東横線に乗ればいいのですが、センター北で乗り換えないといけないので面倒に思ったのが間違いだったかも。

しきりに「溝の口で南武線に乗って、東横線か小田急線に乗り換えてください・・・」と言っても、満員だと降りられないのです。あとで知ったのですが、南武線の武蔵溝ノ口駅は、改札で入場制限をしていたとか。

信号故障で停車した時間は15分ほど。しかし何でこれほど遅れるのでしょうね。私はそのまま田園都市線に乗って渋谷まで行きましたが、約1時間30分かかり(通常は30~40分)ずっと立ちっぱなし。クーラーが効いていたので何とか大丈夫でしたが、気分が悪くなった人もいた見たいです。

15分のストップが・・・・。結局車の渋滞と同じで、一台がのろのろ運転になるとすぐに後が詰まるのですね。もともと2分おきぐらいにダイヤが組まれている田園都市線は、もう限界。また、乗客も、すぐ後から電車が来るのに、遅れている・・・と思うと来た電車に無理をしてでも乗りこもうとする。そうすると発車が遅れる・・・・後が詰まるの悪循環。これは乗客も悪いかな・・・。

横浜市営地下鉄のグリーンラインの開業で、港北ニュータウンの人が日吉に出るようになり、あざみ野の乗客が減り、最近は混雑も緩和され遅れも少なくなったのに・・・。

どうしようもないと思いながらも、ずっと立ったままの私。三軒茶屋で「世田谷線経由で小田急線か京王線への振替乗車もご利用ください」とのアナウンス。渋谷まであともう少しで、世田谷線はチンチン電車で異常に遅いものなのに、ここまで来たか・・・という最後のあきらめ。

私のような平凡なサラリーマンはいいのですが、今日の朝に重要な会議がある人とか、大きな商談のあった人は気の毒ですね。「危機管理の甘さ」を指摘されれば「電車の遅延」では済まされないかも。

9時の始業の私は、会社に着いたのは10時過ぎ。もう遅れたので、ゆっくりと行きました。というより1時間半も立ちっぱなしで疲れましたので。

池尻大橋駅で、十数人が気分が悪くなり、病院に運ばれたとか。次が渋谷なのに我慢できなかったのですね。渋谷駅は混雑が激しいので、池尻大橋からはまた進まなくなるのです。

明日は、朝から会議がある私。遅れないで欲しい・・・と真剣に祈ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月15日 (月)

恥さらしな日記

今日は、休日だったので朝のワイドショーを見ることができます。朝のワイドショーは、芸能ニュースだったり三面記事といわれるようなものを取り上げたり、あまり程度は高くないようなものが多い中で、たまに面白いなと思うものも。

テレビ朝日でやっている、「スーパーモーニング」の中のコーナーの「恥さらしな日記」というもの。日本人のモラルに対して、非常識な行動を行っている現場に体当たりで取材するものです。今回は、通学路のために朝の時間帯は通行止になっている道路に平気で入ってくる車の話です。標識には時間帯の通行止めがはっきり書かれているのに、平気で入ってくる車。付近は、小学校があるので安全のためにそういう措置が取られているのに。

取材陣が、車を止め「ここはこの時間進入禁止ですよね」と問いかける。そうすると、「知らなかった」とか「気付かなかった」とか「いつも通っている」・・・など様々ないい訳。また違反車にはタクシーも。その上、逆切れする人も。

まあ、テレビなので少し誇張しているのであろうが、はっきり言って呆れてきます。事情はどうあれ、進入禁止となっているところは、普通ならば面倒と思ってもみんな回り道する。しかし、平気で進入して逆切れは見ていて情けない気持ち。

中に、「こうやって止まった人間だけが、避難されるのがおかしい」という者も。その気持ちもわからないでもないけれど。たとえば、スピード違反でも、みんな速度超過しているのに、たまたま捕まったのを「運が悪い」と思うのも。

世の中には理不尽な規則もあったりするけれど、やはり規則は規則なので守らないと。この程度ならいいのですが、飲酒運転も「見つからなければいい」というのと同じような気がします。

ただ、テレビでは車のナンバーは隠され、音声は変えられていましたが近所の人がみればたぶん誰かはわかるでしょう。そういうことで社会的制裁を受けるのもどんなものかと思ってしまいます。こういうテレビに出ると風当たりは非常に強いです。普段平気で軽微な違反をしている人も、逆に回れば正義の使者みたいになってしまう。

今回の「恥ずべき」行為は、反省してもらわないといけないのでしょうが、それによってその人が思いもよらない制裁を受けてしまうことに少し懸念を感じます。

そう思う私は、少し考えが甘いのでしょうか・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 8日 (月)

振替乗車券は誰でも貰えるわけではない。

先週の日曜日、首都圏では夕方から豪雨となり、激しい雷も。そのため、落雷により電車も止まりました。

この日は、水泳のマスターズ大会があったので、会場の千葉県の新習志野まで出かけていた私。昼間は晴れていたのですが、大会が終わり帰りの電車に乗って都内に入ったとたん雨。この日は、地元に戻り打ち上げをする予定で、その前にクラブへ行き風呂に入ろうと時間を調べてみんなで帰る途中。新習志野からだと、新木場で有楽町線に乗り換え永田町で半蔵門線経由の田園都市線に乗るのですか、新木場でりんかい線で大井町に出て、大井町線経由で行った方が速いということで、そちらに。電車が大井町に着く際、アナウンスで「東急大井町線は、落雷のため運行していません」とのこと。それだったら早く言えよ~。仕方がないので、渋谷へ出てあの乗り換えが不便な埼京線ホームから田園都市線へ。携帯メールで、田園都市線が遅れている・・・という情報が入りましたが、行ってみると今度は、田園都市線も落雷でストップ。そこからどうやって地元に戻るか・・・。小田急線で柿生までいってバス・・・。でも渋谷から小田急線は面倒なのです。そこで東横線は動いているので、日吉まで行き横浜市営地下鉄のセンター北で乗り換えあざみ野へ行くことに。田園都市線は梶が谷に雷が落ちたらしく、鷺沼と中央林間の間は動いているらしいのです。

東横線で振替乗車券をもらい、特急に乗ったのはいいのですが、なんと日吉は特急が止まらない・・・。武蔵小杉で降りて、各駅停車に乗り換え横浜市営地下鉄へ。何とか乗り換えをたくさんして目的地まで着きました。その間に、先に行った人たちとも合流して・・。

その時の話で、私たちは渋谷駅で振替乗車券をもらったので、全部フリーパスですが、その方たちは、永田町で半蔵門線が動いていないことを知り、赤坂見附から銀座線で渋谷まで来たとのこと。なので、振替乗車券をもらう余裕もなく、自分のバスモですべてを支払ったので、余計にお金がかかったということに。確かに、横浜市営地下鉄は料金が高く、東急が普通に動いていれば、それほどかからないのです。振替乗車券はみんなに配っているので、それをもらい忘れた人は自腹ということに・・・。それがおかしいという話題で。

確かに、今の首都圏の鉄道は相互乗り入れが複雑で、そのまま乗っていくと別の会社になり、遅延証明ももらえないことも。遅延証明はホームページでも出るようにはなりましたが、振替乗車券は一旦降りて、その会社の駅でもらわないといけません。

そこで、私たちはその方たちに、事情を説明すればバスモは時間の記録があるので返金してくれるのでは・・・といいました。

翌日、スポーツクラブでその方たちにお会いしたところ、ある駅では「落雷は天災なので、そういう理由では返金できない・・・」と言われ、「そんなことで返金していたら東急はつぶれてしまう」とまで言われたらしいです。別の方は、他の駅でいろいろ計算して、バスモに返金してもらえたらしいです。断られた方も再び行ったら今度は返金してくれた様子。そんな話題で盛り上がりました。確かに天災なら仕方ないかと思いますが、「東急がつぶれる」というのは大げさ。そんなことで東急はつぶれるの・・・。この沿線の人はみんな東急グループに何らかのお金を落としているのに。そして、毎日朝に電車が遅れて、その損失はどう補填するんだ・・・と思ってしまいました。

しかし、よくよく調べてみると、振替乗車券は「定期券を持っている人」「金額の明記された乗車券や回数券がある人」だけが対象となり、今回の「無記名式のパスモ」は対象にならないみたいです。もともと、乗車券のない人も、目的の路線が動いていなくて他社線を利用した場合は、その分の運賃は払わないといけないみたい。振替乗車券自体も本来は、定期券を見せてから確認をした後にもらうもので、むやみに配るものではないのです。それを省略しているだけ。そういうことであれば、あまり東急に文句はいえない・・・ということになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 3日 (水)

三菱東京UFJ銀行

ずいぶん長い名前ですねここ。

私は、独身時代からずっとみずほ銀行(第一勧業銀行)と取引をしてきたので、他の銀行のことはあまりわからず、UFJってどことどこが合併したんだっけ・・・なんて感じでした。

第一勧業銀行も、長い名前・・・と思っていましたが、富士銀行との合併(日本興業銀行も)でみずほとすっきりした名前に。そういえば、今の三井住友銀行もさくら銀行の前は太陽神戸三井銀行だったし。合併で名称を変更するのはいろいろとあるのですね。

三菱東京UFJ銀行も、UFJがつく前は東京三菱だったような。いいやすい順番にしたのでしょうか。でも今回のUFJとの合併で三菱が前に来て。持ち株会社の名前も三菱UFJフィナンシャルグループになって、東京の名前が消えましたね。旧東京銀行の勢力が衰えたのですね。こんなこと今頃気がついた私。今の形になってもうかなり経っているのにね。

私は事情があって今のみずほ銀行の取引をやめ、すべて三菱東京UFJ銀行に変えました。昔作った三菱銀行の口座がまだ使えるので、支店に行き住所変更を。支店名も変わっていました。通帳は新しくなりましたが、カードは三菱銀行のカードのまま使ってくださいとのこと。新しく取引を始めるようなものなので、カードを新たにつくると料金がかかるのでやめました。公共料金の支払いかにクレジットカードまで全部変更です。それぞれ用紙を取り寄せて、妻と分担して記入。「三菱東京UFJ」なんて書くのも大変。ものによっては記入欄もせまくて。「みずほ」は簡単だったのに。給与の振込も変更。しばらくはみずほで落ちることも・・ということでしたが、こちらは解約したので、引き落としができない時はコンビニで払うようです。あとは、代理人カードとネットバンキングの申し込みなどまだ終わりません。銀行を変更するのも大変な作業ですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月 2日 (火)

燃良太郎

ガソリンの高騰で大変ですね。最近は少し下がってきたのですが、相変わらず高い。そして、マイバイクくんは、ハイオク指定なので余計に高い。

ちょっとした日帰りツーリングでも、途中で燃料補給しないと・・・。タンクは21リットル入るのですが。ただ、片道で200キロぐらいになれば、クルマでもかなりガソリンはなくなりますよね普通。バイクももともとガソリンがたくさん入らないので当然といえは当然。

先日、バイク用品店で「燃良太郎」というものがあって、タンクに入れるだけで燃費向上とありました。価格の千円以下なので、騙されたと思って買いました。本当にタンクに入れるだけなので、作業はなし。そして、半永久的とのこと。こんなものが本当なら、大きな話題になるのに・・・と思いながらも。

しばらく雨続きでバイクに乗れなくなっていましたが、週末は何とか出かけられて。そうすると少し燃費がよくなった感じです。今までは、リッターで16キロ前後だったのが、ここ数日16.2キロぐらいのなっています。効果が出たのか・・・。0.2キロでも大きいです。

私はそれほど飛ばさないですが、程々に直線は・・・。そしてあまり運転が上手くないので、燃費は悪いはず。運転技術もそれほど変わってはいないはずだろうし。

ただ、まだ恐いですが、カーブは結構スムーズに曲がれるようになってきた感じはあります。

こんなものが燃費向上に繋がったのか、運転が少し上達したのか・・・どっちかはわかりません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »