« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月26日 (日)

いろは坂

そろそろ、紅葉のきれいな季節ということで、今回は少し贅沢をして日光まで出かけました。

首都高は渋滞していませんでしたが、私の家から宇都宮までのんびりいくとやはり2時間はかかります。私の場合、SAやPAで寄り道をするから余計時間がかかるのです。箱根でも1時間くらい(そう思うと、箱根は近いです)。東名と東北道はやはり景色も違いますね。NEXCO中日本と東日本でSAやPAの感じも違うし。東北道は、関東はいいのですが、東北地方に入ると、冬は「悪魔の道」になるところ。私も以前スリップ事故も起こしました。冬を前に最後のいい季節といったところでしょうか。

日光は、以前会社の慰安旅行で行ったことがある程度。東武ワールドスクエアも面白いとは思いましたが、入場料が高いのであまり行く気になりません。東照宮も一度みたらもういいかな・・・。あまり信心深くない私はばちあたり者なのでしょうね。

なので、今回東照宮はパスです。あのあたりはとても混雑していてバイクを止める場所もないのでしょう。なので中禅寺湖まで。宇都宮から日光道路に入り、終点の清滝まで。そこからは有名な「いろは坂」です。

上り下り合わせて48のカーブがあるから・・・ということらしいのですが、上りと下りはそれぞれ一方通行になっています。ここ、箱根と同様昔「走り屋」と言われた人達の絶好のコースだったようです。確かにヘアピンカープの連続。カーブがきつい方が下り線。

始めて通る(観光バスでは何度か通ったかな)ところなので、慎重に・・・と思って上っていきますが、途中で渋滞・・・・。今は紅葉の季節なので仕方ないのですね。まだ午前中なのにすごいものです。観光バスも数台連なって。こういう時は、バイクは大変です。車はオートマだったら楽でしょうが、バイクだと不安定な姿勢で止まらないといけません。傾斜の途中やカーブの真ん中で止まられると恐いのです。また落ち葉が路面にあるため、下手をすると滑ります。それと、坂道発進の連続。クラッチを握る左手は痛くなるし。すり抜けするのはやめようと思いましたが、あまりに進まないてので、恐る恐る真ん中を抜けていきます。ただ、カーブのところには、センターラインに蛍光の突起物があるので、それがあるとなかなか難しいのです。何台かバイクが通り、私は遅いので先に行ってもらいますが、結局その突起物のところでみんな止まってしまうので、バイクですり抜けるのはやっかいなところなんですね。そして、右側に寄せるクルマもあるとそこでみんなストップなんです。

たった10数キロの道ですが、かなり時間がかかってしまいました。中禅寺湖に何とかたどり着き、帰りもまた渋滞になると帰りが遅くなるのですぐに引き返します。今度は下りの坂。こちらは、とくに「何が・・・」というわけではないのですが、カーブがきついのでみんな原則するのでまた渋滞。オフロードのバイクが横から抜けていきますが、カーブでオーバーランするクルマが多く、結局私も追いつきました。箱根の旧道で下りの時、リアブレーキが効かなくなったことがあったので、何となくブレーキを使うのをためらってしまいますが、前のクルマが突然止まったりするので、そういうわけにもいきませんね。箱根旧道よりもタイトな道でしたが、こちらも無事でした。

日光方面へのツーリングの人も結構多く、東北道のSA・PAではバイクもたくさん。東北道は東名と違い、長蛇の渋滞にはなりませんが、ところどころで流れが悪くなります。東名でかなりすり抜けの練習をしたので、東北道では楽です。ただ、グループツーリングの人に会うと、何台か遅れた人に私が間に入ってしまったりするので、そこを調整するのがちょっと大変。そのあとは、そのグループの後についていけば、流れに乗るのでわりと進むのです。

今日は往復400キロ。ガソリンが少し安くなったのですが、家の近所はハイオクで1リットル147円なので、行く時に満タンにしましたが、どうしても途中で給油しないといけなくて。日光では155円でした。高速代も結構かかって出費は・・・・。来週からは、土日はいろいろと用事があり、もうバイクで遠出はできません。行けたとしてもこのあたりを少しぐらい。なので、今シーズン最後かな・・・。

2008_10260001 佐野SAで食べた「佐野ラーメン」です。佐野ラーメンは、麺が平打ちなのが特徴。コシがあっておいしいです。スープも色はあっさりしていますが、味はコクがあります。こちらは、きのことそぼろご飯つきのセットで850円。高いといえば高いし安いといえば・・・という値段。私はあまり知らなかったのですが、関東のラーメンで「佐野ラーメン」は相当有名なものとのことです。

2008_10260003 いろは坂を抜けてすぐのところの中禅寺湖畔です。ここから先が長野県小諸市までの「日本ロマンティック街道」でいい道なのでしょうが、時間がないので、今回は省略。今日は、午後から日が差すという天気予報でしたが、外れてしまいましたね。雲が多く、海抜1,000メートルを超えるこのあたりはさすがに「寒かった」です。夏は、避暑地としていいところなのでしょうね。

2008_10260006 紅葉は始まっていますが、山全体が色ずくのはあともう少し。日光が11月上旬、箱根が中旬、京都が下旬なのでしょうか。東北地方では今が最盛期かもう終わりに近づく頃です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月21日 (火)

「電話回線の変更」を勧誘する業者にご注意

先日から、何回かうちに札幌の業者から電話がかかってきました。妻が出たので「夫でないとわからない」といってかわしたそうですが、土曜日にたまたま私が出ました。

相手は、「NTTより依頼を受けている者です」とのこと。内容は「お住まいのマンションは、光通信タイプの回線が引かれています。今回NTTよりアナログ回線から光回線へ変更する依頼を受けまして、その確認のお電話です」との内容。NTTは確かに「光フレッツ」の獲得のためいろいろとやっているようです。以前は、NTTの関連会社が代行をしていたようですが、最近になって、代理店契約制となり、様々な業者が参入。マンションの郵便受けにはいろいろな業者から「光フレッツ」への変更の案内が。契約すると20,000円分の商品券をくれるとか(これは違法なのでは・・)、20,000円分料金を還元しますとか。そして、今月中に申し込みをしないと特典は無効とか、あの手この手。うちのマンションは、光の設備とケーブルテレビの設備が両方入っていて、普通のテレビはケーブルテレビの無料チャンネルとして見るしくみになっています。インターネットは以前書きましたが、ケーブルテレビで160Mに変更したばかり。

先方の業者もチラシの業者もまずインターネットが速いことを売りにしています。先程の業者にケーブルテレビで光フレッツよりも速い回線にしたことを伝えると、今度は固定電話の話。私「みんな携帯を使っているので、今のアナログ回線で問題はありません」業者「何かアナログ回線にこだわりがあるのですか」「固定電話は、マンション全体が光回線になっているので、変更が必要・・・」と言い出しました。「そんな連絡は受け取っていません」と私。「連絡したはずです。今回はその確認です」と業者。私「なんで札幌の業者さんなんですか(ナンバーディスプレーで011となっていたので)」「私どもがNTTより委託をうけているのです」と業者。私「そんな変更の必要があるものは、しっかりとした文書で案内があるはずですよね。私は、NTTからの請求書はみんな保存しているので、その中に何もありませんでしたよ」。業者「以前ボストにチラシを入れたはずですがご覧にならなかったのですか」。私「そんな重要な連絡がチラシなんて変ですね。とにかくNTT東日本に確認しますので、それからです」。ここまで言ったら、業者は「そうですか」といい、もう二度と電話は来ませんでした。

一応、NTTの116番に電話をして確認をしたところ、とくにアナログの回線を使用していても問題なく、変更の連絡もしていないとのこと。何か不審なことがあったらまた連絡してください・・・という返答でした。

業者の名前は忘れたのですが、着信履歴があるので調べてやろうと思いましたが、札幌まで電話すると電話代も高いのでやめました。

こういう内容は、悪徳商法や詐欺ではないにしてもギリギリのやり方ですね。何もわからなければそのまま業者のいいなりになってしまいます。今回光に変更した場合、まず電話機が今のものが使えなくなるかもしれません。また、工事費やモデム費用などかなりかかるはず。インターネットは速くなるかもしれませんが、それほどつかわなければ不要。そして固定電話の回線変更なんてもっといらないかな~。

私の盛岡の実家はNTTの光フレッツにしています。父親が新しいものが好きなのでいいかな~と思った(実際にはほとんど利用しないのに)のですが、NTTに申し込みをして工事も済み、インターネットも開通した後に、別の業者から「現在ADSL回線を使用しているようなので、光フレッツへしませんか」との電話が入ったようです。親父は「光の工事も済んでいる」と返答したようですが、「いやなっていないはず」と業者は言い張ったようです。その後業者からの連絡はなくなったようですが、年寄の世帯ならこちらも何の疑いもなく応じる方も多いでしょう。

地デジへの変更の時期が近づいているようですが、これに合わせて「電話も光でないといけない・・・」とか「インターネットのADSLがなくなる」などという業者もいるようです。確かに国の政策で「光通信の拡大」はあるようですが、少なくとも固定電話は携帯電話がこれほど普及してきましたので、一般家庭用ではその存在自体も変化していくのではと思います。そして、「アナログ回線を光やデジタル回線にしないといけない・・・」ということはないので、勧誘の電話に惑わされないようにしましょう。不審なことがあったら契約の前に、NTTの116番か各自治体の消費生活センターに問い合わせてからでも遅くはありません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月20日 (月)

「だんだん」

NHKの朝の連続テレビ小説は「だんだん」というドラマが放送されています。

普通は朝8時15分からの放送ですが、BS2だと7時30分から(←7時45分からの間違いです)。勤め人の人にも見てもらえるように設定しているので、私も当然見られます。これを見てから家を出るとちょうどいい時間。

このドラマは、島根と京都を舞台に、分かれ分かれに育った双子の物語。以前、劇団四季が全国の学校の芸術鑑賞にために公演した「ふたりのロッテ」という作品がありますが、基本的な題材はこれに似ています。

「だんだん」というのは松江地方の方言で「ありがとう」という意味。私は出雲出身の友人がいたので、この意味は知っていました。

主演は「マナカナ」。かつて同じ朝のドラマの「ふたりっ子」で主人公の少女時代を演じた双子。その姉妹が今度はヒロインで登場です。こちらは、「ああ、あの時の・・・」というかんじですが、その両親役が吉田栄作さんと石田ひかりさん。私はこの二人の方が驚き。「もうこの人達、父親母親役なの・・・」と。二人とも、私が大学生から社会人になったあたりに流行った「トレンディドラマ」には欠かせない人達。二人ともこのドラマではしっかりと父親母親役をやっています。特に石田ひかりさんはご自身もお子さんがいらっしゃるようで、役でもしっかりとした母親役が様になっています。

自分も歳をとったのですから、当然のことですよね。先週の放送で、二人が別れたいきさつの放送。二人とも若い時代の回想シーン。何となく少しぼかした感じの映像でしたが、そのシーンを見ると、トレンディドラマの時のイメージが鮮明に思い出されます。懐かしい感じも。

そんな感じでみているとこのドラマもなかなか面白いですね。今20歳ぐらいの若者は、バブル時代に生まれ、バブルの崩壊の時に中学生ぐらい。一番多感な時に結構家庭が辛い時代・・・という人も多いとのこと。

自分もまだまだ感覚だけは「若い」つもりでいましたが、最近はついていけなくなっています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月19日 (日)

東京の夜景はきれいですね。

今日は、水泳の練習会があるので、新木場までお出かけ。土曜日はいろいろと用事がありバイクに乗れなかったので、新木場までツーリング感覚で行くことにしました。

首都高が渋滞していなければわりと時間がかからないのですが、事故があると凄いことになるので少し早目に出発です。東名川崎から用賀に入ります。川崎のインターで首都高の渋滞がある時には表示がでるのですが、今日は出ていません。用賀からの3号線もわりと空いています。ただ、首都高はやはり恐いですね。結構きついカーブもあるし、みんな流れが速いので。環状線に入ると、左手の東京タワー。そこからレインボーブリッジを渡り、お台場経由で湾岸線に。新木場はすぐでした。電車だと私の家から1時間ぐらいかかりますが、バイクだと40分で着きました。ただ、高速代が合わせて1,000円(ETC割引があるので実際はもう少し安い)なので、電車の3倍以上。ここがつらいところです。

新木場のインターから会場のプールまでが結構面倒。駐車場はぐるっと一回りしないと入れません。駐車場自体は電車で行った時に場所はしっていたのですが、どこから入るか・・・初めてなのでよくわからなくてグルグル。それで少し時間をとってしまいました。夢の島の駐車場はバイク専用の置場があるのです。でもよくわからない私は普通にクルマと同じゲートを通り駐車券を取りましたが、バイクはその脇から入るのですね。そして窓口でお金を払うシステムのようですが、私はそのまま黙って入ったので係の人が追っかけてきました。

練習会が終わり、もう19時近くになっているので、あたりは真っ暗。少し疲れていましたが、帰らないと。湾岸線はディズニーランドからの帰りの車で渋滞かな~と思っていましたが、スムーズ。やはりガソリン代の高騰で車をやめて電車で・・・という人が多くなったのでしょうか。谷町ジャンクションのあたりが混むので、湾岸線を横浜方面に行った方が空いているのですが、神奈川線はまた別料金なので、来た道を戻ります。そうすると・・・なんとまあ夜景がきれいです。お台場のビルやホテルの明かりも。レインポーブリッジのあたりは、湾岸エリアの高層マンションの明かりがこれまたきれい。首都高は高い位置を走っているので、ちょうどいい感じに夜景の中を走る感じ。それに加えバイクは車よりもよく見えます。東京タワーのライトアッブも、六本木地区の高層ビルの明かりもそれは絶景です。

ある雑誌に、世界で一番夜景のきれいな都市は「東京」とありましたが、本当にそうかも。以前香港の「100万ドルの夜景」を見たことがありますが、あまり感動はなかったです。そして函館もきれいなのですが、東京の夜景は「都市」の明かり。少し違います。ニューヨークの夜景も見ましたが、マンハッタン島だけの明かり。東京は様々に点在しています。他の都市をすべて見たわけではないのですが、夜景だけなら東京でも大満足。そして夜景は、高いところから見下ろすだけでなく、目線の高さで遠くの光を見るのもまたいいものだと感じました。

結局のところ、用賀まで全く渋滞なしでした。東名の上りはこの時間だと海老名あたりから大渋滞なのですが、首都高は通行量が減った感じですね。

そして、いつも思うのですが、首都高は大型車と普通車の2つの料金設定。二輪車の設定はないのです。だいたいは二輪車は普通車より割引になりますがどうして・・・と。ただ、私のバイクの排気量は1,250CCです。車で1,000CCだと普通車なので、車の側からみると、バイクでも排気量が大きいので料金が違うのは変・・・と思うのでしょうね(バイクは125CCから高速に乗れるから、それを考えるとまた問題)。2008_10200002

駐車場のチケットです。

バイクは、1回200円なのですが、車は時間制。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月18日 (土)

おかげさまで、100,000アクセス。

昨日、このブログのアクセスカウンターが100,000を超えました。カウンターを置く前からプログは始っていたので、正式にはもう少し早く超えてはいましたが、自分で投稿後の確認や修正、コメントへのお礼など、自身でのアクセスもあるので、他の方によるアクセスは今日あたりで100,000件ということになります。

ブログは、チェスさまから「コースロープはいらない」のゲストライターのお誘いを受けたのがきっかけでした。その後仙台へ単身赴任をすることになり、生活が変わったので水泳以外の話を・・・ということでこちらを開設。

もともと、文才もなく誤字・脱字の多い内容で、読まれる方には相当ご不便な思いをさせてきたものと感じています。検索にひっかかって・・・、という方もたくさんいらっしゃると思いますが、それでもこちらに訪れていただいた方には感謝をしています。また貴重なお時間をいただいてコメントを頂いた方にはさらにお礼申し上げます。

最近は、かなり以前の記事にもコメントをいただくこともあり本当にうれしい限りです。趣味である水泳の話題については、「コースロープはいらない」に投稿させていただいておりますが、こちらで取り上げた、バイクの教習日記。まったくの0から(バイクなんてマイナス・・・)始めたこと。相当の苦労もありましたが、こちらのコメントで皆様に励ましをいただいたり、私自身とても大きな支えになったこともありました。

また、現在住む田園都市線の話題についても触れていますが、首都圏でも混雑度も有数で、遅延も多く、かなり危険な問題を抱えている路線だけに、この話題にもたくさんのアクセスをいただいております。

プログはもともと個人の日記に少し脚色もあって・・・。少し大袈裟な表現や誇張した内容も正直ないわけではありませんが、そのあたりはお許しいただき、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

ところで、本日プロバイダーのコース変更で、下りが160Mに変更しました。フレッツ光でも100Mが一般的ですが、私のところはケーブルテレビなので、160Mまで対応したとのことです。料金は少し高くなりますが、やはり速いです。160Mの契約なので、常時100Mは出ています。光フレッツだと、様々な追加機能があるようですが、その分値段も高くなります。こちらはまあまあの価格。今月は工事費が無料とのことで申込をしたところ、すぐに工事の日程が決まり今日から。うちはルーターを通して娘のパソコンと共用しているので、遅い時は本当に遅いです。これで、どちらもストレスなくインターネットが使えます。

今後もっと速いコースが手出てくると思いますが、それまでは今のままで楽しみます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年10月13日 (月)

ネットバンキング

今は、とても便利な時代になって、インターネットや携帯で銀行の窓口機能が簡単にできるのですね。振込や住所変更なども簡単です。

公共料金などは口座振替が一般的ですが、私は銀行を変えたので、手続が完了するまでは振込なのです。電気やガス・電話は専用の振込用紙が送られてくるので、それをコンビニに払います。これもまた便利。銀行の窓口の開いている平日の15時までに駆け込まなくてもいいのです。

駐車場代など、一部のものは自分で振り込まないといけないのですが、そういう時に役立つのがネットバンキング。みずほの時登録はしていました。仙台にいた時は、水道料が管理会社からの請求でしたので、振込。こちらも地元の銀行に口座をつくりインターネットを振込をしていました。私の口座店と振り込み先の口座店が一緒なので手数料はかかりません。ただ、仙台の七十七銀行はネットバンキング利用者には月210円の利用料がかかりました。それでも結果的には得です。

大手の都市銀行はネットバンキングの利用料は無料です。そして、振込手数料が一般でも窓口やATMに比べ安いのがメリット。取引状態によってはさらに優遇されます。

コンビニへの支払は妻にやってもらいましたが、振込は同一支店でないと手数料が無料になりません。同じ銀行でも手数料はかかります。窓口だと420円とか。他の銀行なら630円もかかります。それが、ATMでキュッシュカードを使えばもっと安くなりますが、それよりもインターネットだとさらに安く、他行でも手数料は三菱東京UFJだと210円。家の近所のATMに行くよりも50円安くなります。

もう、銀行の窓口に一般の人が行く用事はなくなりましたね。現金はコンビニで出し入れができます。それに時間帯も気にすることはないし。

もう大手の銀行は住宅ローン以外は、個人の客を相手にしていないのでしょう。そして、景気の落ち込みで、貸し渋りも強化しているみたい。

もともと、銀行の店舗を開設して、その維持費と人件費を考えたら、もう店舗というものがリストラ対象なのですね。

みずほと三井住友は店舗のリストラはほぼ完了したようです。今度は三菱東京UFJ。私の口座店は旧東京三菱ですが、その向いに旧UFJの店舗があります。ここもそのうち統合されることでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月12日 (日)

西伊豆へ

今日の天気予報は、「晴天で清々しい・・」と言っていましたが、雲く気味の天気でしたね。3連休なのですが、昨日は急な仕事が入り出勤。そして、今日は妻と坊主は妻の実家へ行き、娘はスイミングクラブのイベントに。ということで私はフリーです。坊主は生まれてから2年ぐらい妻の実家で暮らしていたのですが、もうあの家のことは忘れてしまったようで、義父母は寂しそう。なので、たまに行っています。

絶好のバイクでお出かけ日和・・・。どこに行こうかといろいろ考えていました。日光あたりに行きたかったのですが、たぶん首都高を抜けるだけで相当時間がかかる・・・ということで、西伊豆に行くことに。伊豆は先週も行ったのですが、西伊豆だけは行ったことがありません。まあ、行けるところまで・・・ということで。

私にしては少し早目に出発したのですが、まず東名が横浜青葉から横浜町田まで渋滞。特に事故はないのですが、下り線の渋滞は・・・連休の時によくあるようです。そして、小田原厚木道路も箱根の出口で渋滞。新道方面は空いていますが、あの出口で1号線からの渋滞です。箱根新道から国道1号線を三島まで下りますが、そこから伊豆長岡方面の道も渋滞。伊豆中央道へ出るまでが混雑。私は割り切って高速や有料道路は利用する覚悟できましたが、ガソリン高騰なのて、少しでも節約するために一般道にクルマは流れるのですね。

伊豆中央道から修善寺道路を通り修善寺温泉に。温泉に入る予定はないので、修禅寺ぐらいはみたいと思ったのですが、ああいう観光地は駐車場が高いのです。バイクもただではないし、路上駐車もできません。なので素通りして、西海岸の戸田へ。戸田と書いて「へだ」と読むのですね。「戸」を「ヘ」と読むのは、「八戸」の「戸」と同じ。八戸は昔は「八ノ戸」と書き、ノが取れたものです。途中にテーマパークみたいなものがありましたが、ここも駐車場が有料なので通過です。

修善寺から戸田へ抜ける道は、かなりの高地。上り勾配もたくさん。伊豆半島は山岳地帯なのですね。陽が差さないのでだんだん冷えます。

Photo 修善寺と戸田の中間あたりの「達磨山パーキング」からみた沼津方面です。伊豆半島の地図をよく見ると、沼津のあたりが深い入り江になっているのですね。伊東方面の東伊豆とは違った風景です。道自体は混んでいませんが、パークングにはバイクもたくさん。女性だけのグループにいて。それなりにワインディングありでいい道ですが、やはり下りは恐い私です。

Photo_2 戸田港です。つりの人がとても多いですね。このあたりはつり客が多いところのようです。戸田までの道は、戸田峠を越えると急な下り坂。先日箱根でリアブレーキが効かなくなったので、どうしてもブレーキ使うのがためらって。ヒヤヒヤものでした。港のそばには食堂もあったのですが、とても高くて…入るのやめました。

Photo_3 Photo_4

戸田港から沼津に抜ける道にあって「出逢い岬」です。この道路海岸線を通るのですが、断崖絶壁が多く、途中で道幅が狭くなったり。沼津まで海岸線を遠回りする道なので、結構時間と距離がかかります。ただ、バイクで通るにはいい道路だと思います。

沼津市内へ入る交差点からまた渋滞。なので、ふただぴ伊豆中央道へ抜け、三島から国道1号経由で帰ることに。箱根への登りも新道の下りもいいスピードが出るのですが、風邪があたって寒いのです。夏だと気持ちいいのでしょうが。出発する時は、真冬のジャケットは暑いくらいでしたが、山では寒い・・・。そんな季節なのですね。

箱根新道も料金所で渋滞。東名は、厚木から横浜町田まで渋滞。海老名SAへの進入路はかなり手前から入れるようになったので、よくなりましたが、相変わらず。すり抜けは慣れたので、進んでみると、やはり「大和トンネル」付近の上り坂が原因のようですね。ここを過ぎると、流れが急激によくなります。確かに、上り坂には感じられず、自然に速度が落ちてきますねココ。

それと・・・、ガソリン代。伊豆は高いですね。家の近所で出発の時に入れたのですが、ハイオクで161円です。三島市内では、レギュラーで161円でした。ハイオクは173円。私は恵まれている方なのかも。

明日は、体育の日で坊主のスイミングスクールのイベントがあるので、そこに行きます。一緒にプールに入ります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月11日 (土)

本物の刑事さんに会いました。

金曜日のことですが、会社でのできごとです。

オフィスのフロアに2人の男性が訪ねてきました。この地域の管轄の警察の人です。私服で来ましたのでいわゆる刑事さんでしょうか。まずテレビでみるような二つ折の身分証をみせてくれました。確かに警察のエンブレムと写真入りの身分証明書。ドラマでみる感じのものより少し小さい感じ。でも、うちの会社の身分証や運転免許証のサイズと同じサイズなので、これが普通のサイズなんですね。

用件は、この近くでタクシー強盗があったそうで、その聞き込みのようです。といっても事件が起きたのは夜中の3時ぐらい。だれもその時間にはいませんよ。刑事さんも「念のため」ということでした。そして、犯人のモンタージュ写真をみせてくれて、「知りませんか・・・このあたりを走って逃げたようです」とのこと。モンタージュは似顔絵タイプでしたが、きちんと光沢のある紙に印刷してありました。実際の写真と同じ感じ。今は、ブリンターで簡単に写真タイプのものが印刷できるので、それも普通・・・。

一応、部内のみんなに見せましたが、当然知りません。最後に、「お話を伺った方のお名前を伺っているのですが・・・」ということで、私の名前。社員証をぶら下げているので、そのままみせて、生年月日とここの部署の電話番号をいいました。別にやましいことはないので・・・。

昔のテレビドラマでは、「警察手帳」でしたので、メモは手帳に書き込んでいたような。でも今は、身分証にメモがないので、普通の「連絡帳」のような小さいノートに私の名前なんかも書いていました。

訪れた刑事さんは、いわゆる「恐い」感じの人ではなく、普通のサラリーマンみたいな感じの人。同僚と「うちの○○さんの方が、強面なので刑事みたいだね~」なんて。

刑事さんの聞き込みは、本当に地道に・・・なんですね。夜中の3時なんて普通の会社は誰もいないのに、万が一手がかりがあれば・・・ということで来たのでしょう。犯人が早く捕まるといいですね・・・。

以前、制服の警官が職場に訪ねてきたことはありましたが、私服の人には初めて会いました。何となく緊張しました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年10月 7日 (火)

人間ドックの予約

秋になると、定期健康診断に季節。うちの会社では満35歳から、通常の集団健康診断(診断車でやるもの)と人間ドックから一方を選んで受診します。以前は、会社と健保組合が補助金を出してして、消費税分だけが個人負担でした。しかし、互いに補助金が減り今は10,000円くらいは持ち出しになっています。

お金の問題ではないので、仕方ないと思って私は35歳からずっと人間ドックにしています。今年も・・・と思っていつものところに予約の電話をしました。もう10月を過ぎていますので、早くて11月の下旬、遅くて12月の下旬かな~と思っていました。

仙台に赴任していた時を除き、10年近くずっと健保組合の協定病院でうちからも近い大学病院の「聖マリアンナ医科大学表院」が私の行きつけ。大学病院というブランドにひかれて・・・というわけではないのですが。うちの子供たちもみんなここで産まれましたし、救急で駆け込むのもここなので・・・。そして、私も何度か別の病気で通ったこともあり、今までのカルテやドックの記録もあるので、今年も・・・と。

ところが、今日電話したところ「今からですと、来年の1月の後半まで予約でいっぱいです・・・」とのこと。いくら何でも来年までは待てません。いつも行っていた・・・といってもその日の対応人数があるので、ダメなものはダメらしいのです。実は昨年も、当初は胃の検査を内視鏡でやる予定でしたが、日程変更をしたために、どうにもならずバリウム検査に変えました。

仙台の時は、「仙台徳州会病院」で人間ドック。ここは、聖マリアンナよりは安かったです。というより首都圏はみんな高いです。徳州会では、最後にヘルシーな松花堂弁当まででました。普通は、1日ドックの場合たいてい昼食か食事券がでるらしいのですが、聖マリアンナは出ません。私はそういうものと思っていて、ドックの後に構内の食堂でランチを食べるのが毎年の楽しみにしていました。

徳州会とマリアンナでは、検査項目が大幅に変わるわけではなく、きちんとした医者が判断するので、同じなのでしょうね。

でも、今年はもう年内が満員なんてどうしたのでしょうね。聖マリアンナ病院は川崎市と協定をして、市民検診も多くやっているようです。また、健康保険の利かない人間ドックは病院としては大きな収入源。かなり営業したのでしょうか。

というわけで、今年は別のところに行くことにしました。それでも予約は11月20日です。健保組合の協定ではないので割引がないのですが、補助金は一応でます。家から近いところだと・・・あまりないので少し遠いのですが大岡山の「東急病院」。その名のとおり東急電鉄の病院です。今年移転して新しくなったのと、普段使っている「東急カード」のポイントがつくらしいのです。まあ、そんな簡単な理由です。

田園都市線で通っている私は、いつもの遅延状態でうんざりしているのです。東急グループのキャッチコピーは「美しい時代へ」というものですが、最近は「鬱苦しい時代へ」なんて揶揄されている東急電鉄。まあ、病院はそんなことはないでしょう。この頃少し体調が悪かったりしますので、少し心配なところもあります。それ以上に「メタボ」な私なので、何と言われるか・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 6日 (月)

1円でも安く・・・・

ガソリンの値段、以前よりは少し価格も落ち着きましたが、相変らす高いですね。4月の暫定税率がなくなった時は凄く安ったのに。

さて、マイバイクくんはハイオク指定なので、ガソリン代が高くつきます。バイクを維持するのは結構お金がかかるのです。高速に乗れば料金高いし。走れはガソリンがかかる。走っていなくても、駐車場代も。その他消耗品代や税金も。

そんな中でもどうしてもかかるガソリン代。これ何とか安くしたいものです。なので、家の近くの安いところでできるだけ入れるようにして、他ではあまり入れません。高速のハーキングなんてもっての外。まあ、なくなったら仕方ないですが。行きつけのGSはセルフのことろ。クルマだと、窓を拭いてもらったり・・・(それも必要はあまりないのですが)それなりのサービスがありますが、バイクでは有人給油はまったく不必要。なのでセルフでいいのです。セルフの方が、満タンに入れられる。有人だと「これくらいでいいですか・・・」と途中で給油をストップ。給油した分だけの支払なので、少なければそれだけ支払う金額は少なくなりますが、タンク一杯に給油すればそれだけ走る距離も伸びるのです。

今までは、給油の際はクレジットカードを使っていました。電鉄系のカードでしたので、妻の利用するスーパーとも共通のポイントがたまるので、まあ得・・・ということになっていました。ただ、このカードだと、現金価格から2円引きにしかなりません。クレジットだと。翌月にまとめて請求になるので、かなりの金額。100円に1ポイントつきますが。

うちも子供たちの塾や水泳教室などの出費がかさみ、あまり私の道楽だけに使う余裕はなくなってきました。ということで、ガソリンは、現金会員カードに。こちらは通常価格から3円引き。1円安くなります。ちりも積もればということで、そちらに切り替えることに。ただ、このカードはブリペイド式なので、自分であらかじめ入金をしないといけません。月のお小遣いと相談して入金額を決めないといけないので、なかなか大変。

給料があまり上がらないので、止むを得ないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 5日 (日)

伊豆スカイライン

土曜日は晴天でしたが、いろいろと用事があり、日曜日にお出かけ・・・と思っていたら、夜から雨らしい。それでも、午前中はくもりながらもまあまあの天気だったので、箱根方面へ。

東名から小田原厚木道路へ。ここ、いつもスピード違反で誰かが捕まっていますね。基本的にここは、高速道路ではなく有料の自動車専用道路なので、片側2車線でも制限速度は70キロ。でもいい道なのでみんなスピード出すみたい。ついつい・・・と思っても90キロを超えないようにゆっくりと進みます。

箱根はいつものように国道1号線。湯本・宮ノ下が混みますが、まあまあいい感じに進みます。前にクルマがいるので、それほど速度も出ないのですが、これくらいの勾配が私の技量ではちょうど上手く登れる感じです。小涌園前で、雨がポツポツ。まだ昼前なのですが。山の天気は変わりやすいのです。そこから大涌谷へ。

トイレ休憩の後は、元箱根経由で、十国峠まで。そこからは伊豆スカイラインへ。ここは初めて通る道です。一度来てみたかったところ。ちょうど時間帯がずれていたのか、バイクもクルマもそれほど多くありません。ただ、途中のハーキングでは、ものすごいバイクの数。30台ぐらいの集団の2つぐらい。いわゆる「マスツーリング」というものでしょうか。私は途中でスカイラインを降りたのですが、しばらくこの集団の後についていきました。

さて、伊豆スカイラインに行った目的は、伊東の温泉に入りたかったためです。そのため、行きは熱海峠から亀石峠まで行き、あとは国道で。帰りは、国道の途中に「東京方面近道/伊豆スカイライン」とあったので、そのとおりに行ったら、何と天城高原まで行くハメに。料金が倍も違います。少し渋滞になっても、亀石峠から乗ればよかったと後悔。

途中途中のパーキングでバイクを止めていた方とは、結局東名の海老名でまた一緒になってしまいました・・・。面白いですね。

2008_10050001 2008_10050004

だんだん曇ってきたので眺めはあまりよくないのですが、晴れるとかなりいい風景だと思います。走っていると少し肌寒い季節になりましたが、まだ冬用は少し暑いので、中にたくさん着こんで、最後のメッシュジャケット着用です。

伊東市街から南下すると、伊豆急の伊豆高原駅があります。このそばに、マイバイクくんを購入したバイクショップチェーンがリゾートホテルを作り、日帰りでも利用可能ということで、そこに行ってみるのが今回の目的。「城ケ崎」というので、城ケ崎の看板を頼りに行ってみましたが、ちょっと違うみたいで、そこは、伊豆高原の別荘地や保養所のある一角にありました。「私有地につき・・・」とあるなかにあるので少しわかりにくいかも。

途中で電話して「あの・・・お風呂だけ利用できますか・・・」と聞いたところ、「会員の方ですか」と。「そうです」と返答しましたが、なかなか「どうぞ」とは言われませんでした。バンフレットには「日帰りのツーリングの際にも・・・」とあったのですが。それは、つまり日帰りでも食事をしてもらいそのついでにお風呂も・・・ということみたいです。私のように風呂だけ・・・というのはあまり歓迎されないみたいです。料金は入湯税の260円だけなので。その上、バスタオルとフェイスタオルも貸してくれるので、風呂だけでは儲からないですね。

それでも、何とか入れてもらいました。今年4月のオープンなので、館内はきれいです。日みんなチェックアウトした後なのてぜ誰もいません。浴場も私だけ。それほど大きくはないのですが、きちんとした温泉。260円で入れるならお得です。付近の日帰り温泉だと2,000円近くします。

2008_10050007 2008_10050008

自然林の中にあっていいところです。1人1泊会員なら5,250円とのことで、安いみたい。ただ、土日はとても混むので、予約は取りにくいようです。食事はタイ料理なので、私は苦手。

帰りは、やはり雨が降ってきました。それほど濡れませんでしたが、予報より少し早く降り出しました。いつもの東名の渋滞も結構うまくすり抜けて無事帰宅しました。

伊豆スカイラインを走っていて少し気になったのですが、バイクの音が少し違う感じ。というか、エンジンの音が結構聞こえて。「こんなにうるさかったかな~」と。先週オイル交換やチェーンの給油もしてもらったのですが。周りに誰もいない道を走ったので、そう感じたのかもしれません。燃費もいつもとかわらないし・・・。

来週は、久々に洗車をします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »