« 人間ドックの予約 | トップページ | 西伊豆へ »

2008年10月11日 (土)

本物の刑事さんに会いました。

金曜日のことですが、会社でのできごとです。

オフィスのフロアに2人の男性が訪ねてきました。この地域の管轄の警察の人です。私服で来ましたのでいわゆる刑事さんでしょうか。まずテレビでみるような二つ折の身分証をみせてくれました。確かに警察のエンブレムと写真入りの身分証明書。ドラマでみる感じのものより少し小さい感じ。でも、うちの会社の身分証や運転免許証のサイズと同じサイズなので、これが普通のサイズなんですね。

用件は、この近くでタクシー強盗があったそうで、その聞き込みのようです。といっても事件が起きたのは夜中の3時ぐらい。だれもその時間にはいませんよ。刑事さんも「念のため」ということでした。そして、犯人のモンタージュ写真をみせてくれて、「知りませんか・・・このあたりを走って逃げたようです」とのこと。モンタージュは似顔絵タイプでしたが、きちんと光沢のある紙に印刷してありました。実際の写真と同じ感じ。今は、ブリンターで簡単に写真タイプのものが印刷できるので、それも普通・・・。

一応、部内のみんなに見せましたが、当然知りません。最後に、「お話を伺った方のお名前を伺っているのですが・・・」ということで、私の名前。社員証をぶら下げているので、そのままみせて、生年月日とここの部署の電話番号をいいました。別にやましいことはないので・・・。

昔のテレビドラマでは、「警察手帳」でしたので、メモは手帳に書き込んでいたような。でも今は、身分証にメモがないので、普通の「連絡帳」のような小さいノートに私の名前なんかも書いていました。

訪れた刑事さんは、いわゆる「恐い」感じの人ではなく、普通のサラリーマンみたいな感じの人。同僚と「うちの○○さんの方が、強面なので刑事みたいだね~」なんて。

刑事さんの聞き込みは、本当に地道に・・・なんですね。夜中の3時なんて普通の会社は誰もいないのに、万が一手がかりがあれば・・・ということで来たのでしょう。犯人が早く捕まるといいですね・・・。

以前、制服の警官が職場に訪ねてきたことはありましたが、私服の人には初めて会いました。何となく緊張しました。

|

« 人間ドックの予約 | トップページ | 西伊豆へ »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

昔のテレビドラマを見ますと、警察官であることを示す為に、おっしゃるように「警察手帳」を見せていましたが、小生の記憶では表紙をちらりと見せていただけだったと思います。(ドラマではなくて本物の刑事はもうちょっときちんと見せていたのかもしれませんが)表紙だけちらり、だと、似た様な黒手帳を使って「偽警官」になって悪いことをするやつが出そうですから、現在のアメリカの警察の様なバッチは良いでしょうね。

投稿: チェス | 2008年10月14日 (火) 15時06分

チェスさま

いつもありがとうございます。
昔のドラマの警察手帳は表紙に「警察手帳」とそのまま書いているような間抜けなものがあったような(本物は、警視庁とか神奈川県警察と書いてあるようです)。でも、あれをチラッとみせて・・・なんというのも今から思うと変でしたね。ただ、今のものもチラッとみせられるだけて、内容はよく覚えていません。どれが本物か知らないので、こちらも偽物でもわからないかも。今度はしっかりとみせてもらうことにします・・・(あまり会いたくはないのですが)。

投稿: AA | 2008年10月15日 (水) 00時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26675/42768288

この記事へのトラックバック一覧です: 本物の刑事さんに会いました。:

« 人間ドックの予約 | トップページ | 西伊豆へ »