« ETC割引の不思議と富士山とオイル漏れ | トップページ | 娘のバレンタインデー »

2009年2月 8日 (日)

日本平と登呂遺跡

今日は妻の友人の来客があり、こういう日は私がいない方がよいのです。ということで、また今週も一日使えるラッキーな日でした。といっても出掛けたのは10時過ぎでしたので、遠出するのも半端な時間。そこで、先週行けなかった静岡方面へ出かけることに。

冬は紫外線が意外と強いので、ヘルメットのシールドはチタンの入ったスモークにしています。富士山が少しどんよりしてみえますが、シールドをあげると先週と同じくとてもきれいです。晴れていても、今日は風が冷たく寒い感じ。今の時期は、バイクはシーズンオフなんですね。高速でもあまり見かけません。それでも走ろうというのですから、私もバカですね。

静岡までは横浜町田から東名で1時間半。でも、のんびりとSAやPAで休憩しながらいくと結構かかるのです。距離があるので、ETC割引をうまく使わないとかなりの出費。今回はこんな感じで。

行き・・・横浜町田~沼津 通常1,950円のところ,昼間割引で1,150円。そこから静岡までは、国道1号線で。下道をのんびりと走るのもいいですから。それにそれほど混んでいません。

帰り・・・静岡~御殿場(ここが100キロ以内の地点) 通常1,750円のところ、昼間割引で、900円。御殿場で一旦降りて、通勤割引が始まる17時まで市内のコンビニで休憩。御殿場~横浜青葉 通常1,700円のところ通勤割引で1,100円。

静岡~横浜青葉まで通しだと、昼間割引も通勤割引もなし(夜間・深夜割引はある)なので、通常は3,050円。1,050円も得です。割引を使わないと、往復で6,000円以上の高速代になりますが、全部合わせて3,000円ちょっとで済むことに。箱根まで、全部有料道路で行くと、割引がないので往復3,000円。考え方によっては箱根と静岡は同じ料金で行けます。これもETC割引の不思議・・・。

帰りは、北風をまともに受け本当に寒く、制限速度で。秦野中井からの渋滞もそれほどでもなく、18時頃に帰宅しました。

私のバイクは、ネイキッドといわれるもので、風避けが一切ありません。風をまともに受けるとそれだけで疲労してしまうので、高速での走行や長い距離のツーリングには不向きという意見が多くあります。後付けパーツでミニカウルを取り付けることはできるのですが、私はどうもそれが好きではないのです。辛いけど全身で風を受けながら・・・というのが今のところはそれなりに気に入っています(風避け効果を知ったら、そんな思いもしなくなるかも)。帰宅して、ジャケットを脱いだら、妙に違和感。先日ジャケットを洗濯した時に外したプロテクターをつけていなかったのです。ジャケット装着のものは、ソフトタイプなので、あまり効果はないといいますが、冬はあれがあるだけで暖かいのです。それに転倒した時少しでも効果があるかもしれません・・・というか気分的に・・・。まったくフロテクターなしで今日は往復330キロの旅でした。

2009_02080004 日本平から富士山です。富士市を過ぎ、富士川を渡るとそこから「静岡市清水区」になるのですね。蒲原や由比は静岡市に合併。日本平って…旧静岡市にあるものと思っていたら、清水なんですね。久能山東照宮は旧静岡市(静岡市駿河区)。今は無料になっている日本平までの道は、カーブがあって楽しい道ですが、はじめてのところなので、少し恐いかな(下りが)。清水から入って静岡へ降りたのですが、上りの道が面白いのは静岡側のような感じです。

2009_02080007 休日なので、駐車場はいっぱい。このあたりの方の手頃な観光スポットなのですね。バイクもたくさんいましたが、県外ナンバーは私ぐらいでした。清水側から上ってくる道で、清水港と富士山が一望できるところがありましたが、そこにはパーキングはなく、さらに上ったところにある展望パーキングでは富士山だけが見えるだけ。次回は、港と富士山のスポットをゆっくり見たいと思っています。抹茶たいやきというのが、ここの名物のようでしたが、凄い行列なのでやめました。

2009_02080012

旧静岡市内に入り、帰りの東名入口方面を目指しますが、その途中にあるのが「登呂遺跡」。歴史の教科書には必ず出てくる、弥生時代の遺跡です。住宅地の真ん中の公園の中にある・・・といった感じで、「あっ、これ・・・」というもの。復元した家などがありますが、基本的に遺跡なので、建物があるわけではないし、見た目はこんなものかもしれません。ただし、歴史的には大変貴重なもので、公園にある博物館は今建て替えで閉館していますが、ここにいろいろな資料があるようです。

静岡市と浜松市は人口や街の規模もライバル。双方とも合併を繰り返して再び浜松市の方が、人口は多くなっています。ただ、静岡市は、旧静岡市と旧清水市という大きな二つの街を核としているのと、県庁所在地ということで、街の規模は静岡の方が大きいと地元の方が行っていました。たぶん浜松行くと、逆のことをいうのでしょうね。

|

« ETC割引の不思議と富士山とオイル漏れ | トップページ | 娘のバレンタインデー »

バイク」カテゴリの記事

コメント

ECTの割引は知っていましたが、こんなに細かく色々あるのは知りませんでした。かなり効いてくるもんですね。活用しないとバカを見てしまいますね。
静岡県は東西に長く、静岡市と浜松市はかなりのライヴァル意識があるようです。ちょっと位置は違いますが、サッカーJ1のエスパルスは清水(今は静岡市ですね)で、ジュビロは磐田と、同じ静岡県でもこの両チームはライヴァルでした。今やジュビロは落ちぶれて、J2陥落寸前です。かつての栄光今いずこ、という感じですね。

投稿: チェス | 2009年2月 9日 (月) 14時48分

こんばんは

寒い冬は、バイクにとってオフシーズンではありますが、居るトコロには居るモンです
昨日行った三浦半島の宮川公園には朝の八時前にも関わらず七台程
多分、江ノ島にも
私はAAさんとは逆でカウル付きしか乗ったこと無いです
最初のは入手した時ハーフカウルで途中オークションでアンダーカウルを落札し装着しました
アンダーカウルの有無で膝から下の寒さが大違いでした。
直接走行風が当たらないだけでかなり違って来るようです
同じXJR1300に乗ってるkakuさんはメーターカウルを装着してますが、その有無で大違いだと言ってました

投稿: スクラフィー | 2009年2月 9日 (月) 19時26分

チェスさま

ETC割引は複雑で知らないと損をする感じです。ただ、私のようにあてもなく適当に出かけるならそれでもいいのですが、仕事や用事で時間が限られている人は、そう簡単に割引特典を受けられないので、早く一律1,000円になって欲しいです。機器購入など一時的に負担がありますが、高速を利用する頻度がある程度ある方は、もとがとれるのでは・・・と思いますよ。浜松と静岡・・・。今のような不況になると、企業城下町の浜松は少し分が悪いようです。やはり「お上」の街の静岡が少し優勢なんですかね・・・。


スクラフィーさま

ほとんどの人が、カウルには良い評価ですね。足は、厚い靴下を履くと、エンジンの熱もあってそれほど感じませんが、カウルなしで一番つらいのは「腕」です。もともと手や足は血管の末端なので、冷えやすいところ。ハンドルを持つ腕がガンガン冷えて、そこから全身が冷えてきます。「光電子」の下着を着ていても、腕だけは冷えます。私もカウルをつけたら、そのありがたさがわかるかもしれませんが、先立つものがないので、とりあえず法定速度でのんびり走ることにします。

投稿: AA | 2009年2月 9日 (月) 23時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26675/44003521

この記事へのトラックバック一覧です: 日本平と登呂遺跡:

« ETC割引の不思議と富士山とオイル漏れ | トップページ | 娘のバレンタインデー »