« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月26日 (日)

日立~大洗

北海道で雪を降らせた低気圧の影響で、今日も風の強い一日でしたが、空はとても澄み切って気持ちのいい日でした。

連休は、盛岡へ帰らないといけないので、バイクでお出掛けも連休はお預け。

今回は、思い切って北方面で常磐道に乗ってみました。やはり、私の家から北方面は時間もかかるし、高速代も余計にかかります。何といっても首都高を通過しないといけないのがネック。そして、首都高は日曜日東京線は500円に割引されていますが、下手に神奈川線を通り湾岸線経由だとまた料金がかかります。しかたなく、用賀から池袋・千住大橋経由で三郷まで。

しかし、今日は首都高は空いていました。みんな大型連休で海外にでも出かけたのでしょうか。常磐道は東名と違い、交通量も少ないです。帰りは少し渋滞になりましたが、こちらも東名に比べればたいしたことはありません。首都高も事故で渋滞個所がありましたが、それを抜けると順調でした。

2009_04260001 2009_04260004              

JRの日立駅前です。なぜ・・・か日立まで来てしまいました。日立市は日立製作所の企業城下町。街の中に関連会社がたくさん。かつては茨城県内で一番人口の多い都市でしたが、今は4番目になっています。街自体も、工場の休みの日はひっそりとしていますが、駅前からのけやき並木は見事なものです。

2009_04260007 日立市内から国道245号線を大洗まで南下します。途中の河原子の海水浴場です。今はサーフィンを楽しむ方がいました。波が高いのでちょうどいいのかもしれませんが、水は冷たそうです。そこからさらに南へ行くと、東海村に入り、原子力発電施設がありますが、やはり警備が厳重で近寄れませんでした。そういえば、過去にここで事故があったのですね。

2009_04260016 同じようなアングルですが、こちらは大洗海岸です。太平洋です。私の知っている三陸海岸とは違うイメージ。また、静岡県の海岸とも異なった感じ。こちらの方が、波が荒いです。強風のせいかもしれませんが。ここをさらに南へ行くと、鹿嶋・銚子へ行くようです。バイクで訪れる方も結構いて、なかなか賑やかな海岸でした。

2009_04260017 ここが、フェリーターミナル。ここから北海道行きのフェリーが出ます。昨年は、結局飛行機にバイクを積み込み北海道へ行きましたが、基本的にここからフェリーが一般的。北を目指すライダー達はみんなここに集まるのですね。思ったよりも小さい港でした。横浜からだと大洗までは結構遠いので、横浜港あたりから船が出ないのかな~と思っていましたが、そうすると房総半島をぐるっと回らないといけないので、余計に時間がかかるのですね。それに過密の東京湾を通ることは事故防止上も難しいのでしょう。昨年は、永年勤続で休暇と補助があったので、北海道へ行くことがいできましたが、今年はとても無理です。なので気分だけでも・・・ということにしてフェリーターミナルを後にしました。

今日は、高速メインでしたが、往復で390キロ。疲れました。ただ、運転は少し楽に感じました。ガソリンは、21リットルフルに使いました。帰りの首都高、渋谷から用賀までの道で、富士山が見まえました。東京からも見える日ははっきりと見えるのですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月19日 (日)

結局東名・・・・。

今日はとてもいい天気でしたね。

バイクでどこかに出かけようと思っても、高速料金の値下げで、休日は渋滞が激しくなっています。気温も少し上がりそうなので、今度は北の方へ・・・と思ってみても、私のところからだと首都高を越えないといけなくて、その分とその先の高速も大都市近郊区間を通るので、高くなります。以前よりは安くはなっていますが、帰りの渋滞のことを考えると、安くて簡単なのは東名で静岡方面へということになります。

高速を下りて、いろいろと回れば面白いところもあるでしょうが、厚木からはどこまで行っても1,000円・・・ということになると高速を走らないともったいない気がして・・・。貧乏性なのでしょうね。

とうことで、今日は、静岡市の先の焼津まで。焼津まで行って何をする・・・ということにもなりますが、このあたりまで来ると地方都市の感じがするので、何となく懐かしいです。

2009_04190001 2009_04190007

左側は、由比のパーキング。右側は高速を下りて、旧国道150号線の、用宗の先の道路が海上にあるところです。ここから焼津市内まで細く勾配のある道が続きます。

2009_04190009 2009_04190011

焼津の旧漁港です。魚市場などは、この先の新漁港に移転していますので、今は何もありません。右側の写真の店で昼食。刺身定食を食べましたが、味は普通。値段も高くもなく安くもなく。こういうところよりも意外と高速のパーキングエリアのレストランの方がおいしいこともあるようです。

今日は、高速メインで往復340キロ。料金は、行きが横浜町田からでしたので、1,250円。帰りが横浜青葉までで1,400円。ガソリン代が2,000円。高速料金が安くなってもガソリンはかかるのです。

帰りの渋滞状況は、厚木インターの手前で事故があり、秦野中井から厚木まで10キロぐらいの渋滞。ただ、厚木の手前が渋滞の先頭だったので、厚木から合流する車両はスムーズに流れ、大和トンネル付近も渋滞はありませんでした。白バイもたくさんいましたが、速度は控えめにしたので、無事帰宅・・・・。少し疲れました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月18日 (土)

東京オリンピックは・・・。

1964年の東京オリンピック。私は生まれていましたけど、知りません。そんな意味では、2016年のオリンピックが東京で開催されれば子どもたちにも見せてやりたい・・・と思うものです。

私は東京都民ではないので、何となく冷めた感じ。前回が北京でしたので、次がロンドンであっとしても、またアジアは難しいかと思います。日本の評判は世界でそれほどよくありません。アメリカは治安や経済が不安であっても、オバマ大統領の地元のシカゴの優位性は動かないかも。また、リオデジャネイロも、今まで南米での開催はないので、オリンピック精神からみると東京よりも世論は動きそうです。

オリンピックがあると、全体的に活力が生まれ経済も上向きになるといわれています。そんな効果を期待するためにも招致の意味はわかります。ただ、雇用不安で先のことよりも今の暮らしが大変な時に、オリンピックどころではない・・・というのも本音かも。そういう難しいことは別にして、東京の売りは競技施設が半径8キロ以内にあるというコンパクトさと既存の施設をできるだけ利用するというエコな考えです。ただ、これも疑問が。開催は夏休みの期間にはなるでしょうが、都心の施設を利用してオリンピックが開催されたら、街は大混乱になるんじゃないですか。ただでさえ通勤ラッシュの激しい首都圏。これにオリンビック関係者がどっと押し寄せたら・・・。私の職場の近くには競技施設になる予定の東京体育館や国立競技場がありますが、東京体育館周辺はそれほど土地に余裕はありません。サッカーの試合の時などは、隣の国立競技場から人があふれます。これがオリンピックだったらどうなるのでしょう。周辺は厳しい警備と交通制限。普段の暮らしが脅かされるのでは・・・と思います。

招致委員会では、都営大江戸線が会場施設付近をつないでいる・・・と言っていますが、大江戸線は通常の電車の規格と異なり、ミニ規格です。選手は乗らないにしても、観客や関係者で外国人が乗ったら頭がつかえるような設計。みんな昼間のことしか考えていないのでしょうが、朝から始まる試合もあるのですよ。

どうせだったら、成田空港の近くに競技施設を全部集めたら空港からの移動距離もないし、よりコンパクトになるのでは・・・と思ったのですが、そうすると新たに施設を建設しないといけないし、オリンピック終了後に「箱物」だけが残ります。都心なら既存の施設を改修したり、新たに作ってもその後有効活用ができます。辰巳のプールもオリンピックが決まったら、改装されてよりよい施設になるのでしょう。

視察団の評価は上々だったようですが、報告書で有利だった韓国がロシアに負けた冬季大会の例もあるので、期待は薄いと思います。

金曜日の仕事帰りに東京体育館のプールへ。プールは変わりないのですが、メインアリーナでは卓球の試合を予定しているので、今までなかった看板が立ったり、メインエントランスもきれいになっていました。久々にロングを泳ぎましたが、時間が遅かったので、中速コースから人が流れてきて、ペースは速くて・・・・。連続で泳ぐのは、後がつかえるのでやめました。その日は1,800メートルでリタイアです。いつもの2,200まであと400メートルでしたが、その400メートルがどうにも辛くて。来週またチャレンジしてみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月17日 (金)

贅沢な悩みなのでしょうか・・・。

今、とても忙しいのです。毎日残業。定時に退社なんて夢。土日が休めるだけで幸運な日々です。定時できりあげて帰りたいのですが、今新しいプロジェクトがあり、それぞれ分担で私だけの担当もあって。いろいろと手伝ってくれる人が欲しいのですが、経費削減で人員は最小限。みんな分担の仕事で精一杯。

ここ1か月ぐらいで急にこんな状態。今まで比較的早く帰ることができたのですが、その時のツケが回ってきた感じです。家族といる時間も少なくなるし、帰ってからいろいろと話をしたくても疲れて話す気力もないし。

プールにも行けないし・・・・。あっという間に翌日になります。

一時、あまり仕事がなくてそれはそれで辛い時もありましたが、今は早くここから解放されたい気分です。連休も休めるか・・・。

若い時は、仕事にも興味があって面白くて、体力もあって・・・・。でも今はそんなに気力も体力もないので。働き盛りの年齢なのですが、あまり性に合っていないのですよね私。

でも、仕事があるだけ幸福。この時代、一旦ラインから外れるとなかなか戻れない。みんなどんな仕事でもいいから欲しいと思っている時代。

学生の時、就職がなかなか決まらなくて、最後は「何でもいいから仕事があれば・・・」と思ったことも。幸運にも今の会社に滑り込んだのですが、あれから21年。その時と今はまた違っているのです。大学生の就職はもっともっと厳しくなっています。私の頃は選ばなければどっかに就職はできました。

何となく、社内では精神的に病んでいる人も増えて来ました。みんなギリギリのところでやっているからかな・・・。

そう思えば、贅沢な悩みかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月12日 (日)

池袋にあって、渋谷にないもの。

今日は、休日出勤で、池袋に。以前通っていたオフィスではないのですが、1年ぶりに池袋に出勤。日曜日なので、電車も空いていて、通っていた頃よりもずっと速く着きます。昨年5月まで1年間は池袋のオフィスの勤務でしたが、久々に訪れてもあまり思いだせません。あまり好きじゃないのです池袋。

ところで、池袋にあって、渋谷にないもの・・ってたくさんありますよね。ただ、すぐに思いつくものもので、西武デパート・東急ハンズ・ビックカメラ・ヤマダ電器はどちらにもあります。東武はデハードは渋谷にはないですが、東武ホテルが渋谷にあります。

池袋は駅を挟んで、大きなデパートが縦長にあるので、駅を中心に横幅はない街です。私の会社は東池袋だったので、すぐに住宅や、雑司ヶ谷の街並みがありました。渋谷は、すり鉢状の街なので、円系に広がっていますね。

東京の繁華街で、新宿は日本を代表する街。ここは当然範囲も広く、なんでもあります。池袋は、どちらかというと、地方都市をでかくした感じです。渋谷は、東京の繁華街の中で、特徴を持った街。なので、新宿や池袋に比べ、ないものが結構あるように思えます。具体的には言えませんが、池袋はあれで完結した街ですが、渋谷は特化した街かな。

また、池袋は、隣の目白や大塚がそれほど街ではないので、あの狭い範囲に機能が集中しています。これは、まさに地方の大きな都市と同じ感覚。渋谷は、原宿や恵比寿のそれなりの街で、繋がりがあり、代々木公園や明治神宮といった公園、NHKといった放送局など、他にはないものがたくさんある感じです。

池袋に通っている時から、仕事帰りはすぐに電車に乗って、渋谷に寄る生活をしていました。渋谷が好きというわけではないのですが、私にとっては渋谷の方が落ち着く感じです。

今日は、以前昼食をとっていた店を訪れたり、大きな書店のジュンク堂を覗いたり、西武デパートの中をぐるぐる回ったりしながら帰宅しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月11日 (土)

今年の試乗会スタート

春になり、モーターサイクルショーが終わると、各メーカーの試乗会シーズン。これからのツーリングジーズンに向けての売り込み開始です。

熱心なところは、やはりホンダ。販売店支援なのでしょう。次がハーレーでしょうか。ただ、今年は各販売店メインの様相。カワサキは、新しく「ダエグ」を発売したので、こちらも意欲的です。ヤマハは個人販売店に任せているようで、会社をあげてのイベントはない様子です。

ホンダの場合は、全国主要地域に、ホンダドリーム店が合同で試乗会をやります。昨年は、日程の関係で私は埼玉の会場へ行きました。今年は青山の本社での開催ということで、一番近いのでそちらに。青山会場は完全予約制なので、並んで待つ・・・ということがありません。また試乗コースも都心のいいところを走ります。

私は試乗会が大好きなのです。今のバイクに不満ではないのですが、いろいろなバイクに乗る機会なんてそうありません。それに短い距離を走るので割合楽ちん(しかし、以前、箱根でBMWの試乗会の時は、大観山まで行き、みんな速くてついていけなかったけど)。販売店での試乗だと、後が大変ですが、合同ならばその場の勧誘もなく・・・。

青山本社での試乗会は以前も行き、その時は保険料で2,000円支払いました。今回は無料。その分走る距離も短くなりますが、先導車もいてこちらも安心。

前に行った時は、ヘルメットを持って電車で行きましたが結構面倒なので、そのままバイクで。ホンダの本社にヤマハのバイクで殴りこみみたいな感じでしたが。

試乗は、CBR1000の国内仕様と、CB1300SF。ともにABSつき。

2009_04110006 CBR1000のような、ハンドルが下にあるバイクは昨年、プレストの試乗会でヤマハのR-1に乗った時が初体験でした。前傾姿勢がきついので、敬遠していたのですが、こういう機会に体験。1300クラスのネイキッドに比べ、とても小柄な感じです。国内仕様でも最大出力は、118馬力です。そして、ハイテク装備とのこと。乗った感じは、大きさではミドルクラスのネッキッドと同じ感覚。姿勢はやはり私にはきついです。タンクより下にハンドルがあり、切れ角もかなり内側に。

2009_04110003 キルスイッチもスタートスイッチもネイギッドとは違うので最初は戸惑って。何となく安定しない感覚でしたが、走りだして、少しすれば姿勢は慣れました。前傾姿勢も逆に視線がいい位置にくるので、運転は楽。音が意外と静かなので、エンジンの音がわからず、発進の時に思わずアクセルを大きく回してしまったり。ギアが6速まであるので、試しにあげてみましたが、街中ではほとんど無意味の様子。その調子なので、坂道の左折でエンスト・・・。でもこのバイク凄く安定性がよく、そのままエンジンをまたかけたら今までのことがなかったようにまたよく走るのです。ABSも電子制御で工夫されている様子で、急ブレーキを掛けてもしっかり止まります。バイクを傾けて運転なんてできないので、あまりカッコいい運転ではありませんでしたが、十分楽しめました。また、この手のバイクは、ハンドルを切っても、メーターの位置は固定されているのですね。ネイキッドだと、そのまま動くので、不思議な感じ。これで、158万円というのは、やはり高いですね。前傾姿勢は、慣れれば、長距離でも大丈夫とのことですが、荷物が積めないのが難点。でもよくこのバイクでうまく荷物を積んで走っている人、見かけます。

2009_04110002 こちらは、ネイキッドのCB1300SF。やはりこっちの方が安心して乗れる感じです。ヤマハのXJRに比べ、音が低音で重厚。XJRは、空冷なので独特の音がします。また、こちらはさすが優等生といわれるだけあって、発進の時もしっかり力強く支え、安定感もあります。XJRは、以前も書きましたが、発進の時「もさ~・・・」っとしている感じで、結構アクセルを回さないと安定しません。これは、人の感覚に合わせて、「運転する」感覚がわかり利点という評価もありますが。

前回、元レーサーの宮城光さんのトークショーがありましたが、今回も宮城さんがいらしていて、「以前もお会いしましたね」と声をかけられ、マンツーマンで10分ぐらいお話しました。バイクについてのいろいろな話を聞くことができて満足。この方の過去の栄光を知らないので、その分失礼しましたが、試乗したバイクの解説も含め、普段走る場合の注意点なんかもアドバイスしていただきました。

ホンダの試乗会は来月もありますので、そちらも申し込み。今度ははVTRの新型で、久々にミドルバイクに。5月は、カワサキの試乗会が大磯で。そしてレッドバロンの合同試乗会が那須でありますので、できれば行ってみたいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月 6日 (月)

「厚木」が境界

ETC利用で休日が1,000円になって、先週の土曜日は高速で遠出をして清水の三保の松原まで行ってきました。

2009_04040001 西から雨の予報。横浜も夕方に雨ということで、早目に帰宅を・・・と思いましたが、静岡市あたりの雨の降り始めは早く、14時ぐらいには少し本降り。清水では結構腫れていたのですが。舗装されていない海岸での風景ですが、転倒すると恐いので、ここまでバイクの出し入れは押し歩きです。

沼津から足柄SAあたりまではかなりの量の雨で濡れました。そこからはボツボツでしたが、海老名でやっと雨を追い越したみたいです。

ところで、行きはもう横浜青葉から渋滞・・・とのとこで厚木まで行こうか・・・と思いましたが、246も結構混みます。横浜町田から乗ったので、清水まで1,250円。帰りは静岡から横浜青葉まで1,400円。横浜青葉から厚木まで休日割引で500円なので、降りなければ少し安いのですね。厚木から乗って、厚木で降りれば1,000円の区間。でも私の家は横浜青葉インターのそば。やはりここから乗り降りすると便利なのです。また、246は凄く混むので、早朝でないと。朝は起きられないから。

それに、海老名SAに寄りたいし・・・。そのためには厚木から入ると無理。高速代を節約して厚木から東名を利用する人も多いのでしょうね。

帰りの渋滞・・・。これは大和トンネルが原因ですねやはり。今回は事故はなかったのですが、大和トンネルを抜けると今までの渋滞がウソのようにスムーズ。大和トンネルは緩やかな登り坂なのですが、目の錯覚で下り坂に見えるみたいです。そのため、どんどん速度低下になり、渋滞となる・・・ということは以前から言われていました。看板には「ここは登り坂」とか「速度低下注意」とありますが、気を抜いて走ると結構速度落ちます。慣れている人は加速のタイミングがわかっているでしょうが、たまにしか通らない人は難しいかも。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月 2日 (木)

良く頑張った…花巻東。

昨日、会社でヤフーのページを見ていたら、高校野球の試合のニュースが。私の実家のある岩手県の花巻東高校の試合結果でした。「まだ残っているの・・・」と思ったら、何と決勝戦だったのですね。

最近高校野球もみなくなったし、ましてや今の時期は忙しいのでまったく世間の話題からかけ離れてしまいます。また、東北勢は甲子園に出てもすぐに負けるので意識はしていなくて。

東北高校とか仙台育英高校などはいい線まで行くことがありますが、岩手県の高校が決勝戦に行くなんてことはありませんでしたので、私も驚きました。そして、準決勝は宮城県の利府高校との東北勢の試合だったらしいのでまた驚き。

最近は、駒大苫小牧高校の活躍などで、北国の高校の健闘も。東北・北海道は高校数も少なく、甲子園に出場できる確率も高いので、全国の有名選手が「野球留学」というものをしたり、高校側がスカウトしたりもするようです。花巻東の選手はどうなのでしょう。東北地区では、秋田県はまだ固定の出場校がなく、公立高校が頑張っています。岩手も以前はそうだったのですが、最近は私立高校の順繰り感が。花巻東は最近その中に加わった様子。

花巻市は、宮沢賢治の出身地でもあるので、詳しくどこにあるかはわからくても、名前だけは知っている人も多いかと。私の故郷の盛岡市とはわりと近いところです。花巻東高校に名称変更する前から私はよく知っている高校です。ここ、いろいろとあったところですが、今の高校に落ち着いて。進学などは県立の花巻北高校がメインですが、スポーツは昔から盛んな高校。

とにかく、岩手県の高校が甲子園で準優勝とは凄いことです。不況で明るい話題のない岩手県や花巻市にとっては唯一明るい話題なのかも。

よく頑張りました。試合は全くみていませんが、お疲れ様でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »