« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月29日 (金)

党首討論

先日、国会で自民党と民主党の党首討論が行われました。民主党は小沢氏が辞任して新しく代表になった鳩山代表でのもの。ニュースでは一部が放送されましたが、衆議院のホームページで映像がみられるので、改めて見てみました。鳩山さんは、話し方も見た目も結構、様になっています。日本の総理大臣としては小沢さんや麻生さんよりはいい感じですね。このあたりが民主党の人気が盛り返した原因のひとつかもしれません。自民党の総務大臣の鳩山さんとはご兄弟のようですが、こちらの鳩山さんは何となく品がない感じです。民主党の鳩山さんとは外見も似ていませんね。

さて、討論の内容。もともと麻生さんには期待していなかったのですが、やはり。「国民の最大関心事は、西松の問題」・・・、ではないですよ。一国の首相がそんなスキャンダルの話題を国民の最大関心事にしないで欲しい・・・と思うところ。自民党は何としても、民主党をやり込めたいので、先手のつもりだったのでしょうが、ますます「品」を落とした感じ。直近では新型インフルエンザや北朝鮮の核実験など・・・。いわゆる危機管理の問題。そして、相変わらず低迷する景気。雇用問題の不安・年金問題など、国民の最大の関心事はここです。これにまったく触れずに・・・呆れました。

一方、民主党。鳩山さんのいいテンポの流れ・・・。しかし、「友愛・・・」など抽象的な話しか出てこない。官僚体制を打破・・・というのはいいのですが、すべては官僚体制のせいにしているみたいです。たしかにこれも原因のひとつですが、もっと民主党政権になったらどう変わるかをアピールして欲しかったです。そして、麻生さんから小沢さんのことを挑発された時、「聞き捨てならない・・・」とか余計に反応している。やはりこの人のバックには小沢さんがいるのだな~ということが見えてきます。私は岩手の人間なので、小沢さんの影響力はイヤという程知っています。私個人としては、限りなく黒に近い灰色だと思います。もともと小沢さんは、自民党でそういう体質の中に居た方です。過ちは過ちである程度認める態度があってもよかったのでは・・・と思います。小沢さんがけじめをつけたことを逆に利用し、新しくクリーンな民主党を打ち出した方が・・・。

いずれにしても、深夜のお笑い番組のように小さなことやお互いの言葉尻をつついた討論。話としては面白かったのですが、国会の党首討論としてはがっかりですね。そして、麻生さんが、一旦終わった話題の小沢さんのことを最後にまた蒸し返して・・・。まったく子どものケンカのような終わり方。

麻生政権にはますます失望した党首討論でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月24日 (日)

体育祭

今日は、娘の中学の体育祭でした。最近娘とはあまり話をしないため、体育祭で何に出るのかも知りません。中学2年生の年頃なので、そんなものなのかもと思っていました。

小学校の時は、私が休みの時は見に行きましたが、中学では・・・と思い昨年は妻だけが行ったようです。

今年は、特に来てくれ・・・とはいわれませんでしたが、散歩がてら出かけました。妻と坊主は午前中から行っていましたので、私は適当に昼ごろに。結構暑い日でしたが、熱中症になる生徒もいなかった様子。お天気も何とか持ちましたし。

さすがに、中学生になるとビデオカメラを持って・・・・というような感じはありません。PTAの役員の方や、一年生の保護者が多いようです。お弁当を持って・・・という感じもあのますが、家族と食べるというより、お弁当を受け取って友人と食べるのが基本みたい。これも学年ではっきりと違った傾向にあるようです。小学生と違い中学生はもう大人で、親がいろいろと出てくるのが恥ずかしいのでしょうか。特に女の子は。

高校になると球技大会がメインになりますが、中学はまだ陸上中心・・・。何となく懐かしい感じも。小学生のような華やかな飾り付けはないのですが、クラスでまとまって・・・というのが少し大人になった感じでしょうか。全学年で同じ組(3組とか4組・・・)でのリレーもあって、色別に分けたレースも学年間を越えた交流があって楽しいのでしょう。

私にも中学生の時期・・・があったな~とふと感じて。私は子どもの頃から運動は嫌いでしたので、こういう体育系の行事は覚えていません。たぶん私の中学でもあったのでしょうが、学年を越えたチームでのレースはなかったですね。その他にも、水泳大会とか合唱大会とかクラス対抗のものはいろいろあった記憶が。

妻の話だと、クラスで人気のある男子に、女子生徒は憧れるようであちの娘も。こちらもそんな驚き。でも普通なんですね。

クラスの席が決まっていますが、そこには保護者は立ち入り禁止。娘とも顔を合わせた程度。娘の方も、もっとカッコいいお父さんなら、みんなに自慢したいのでしょうが、私ではね・・・。

このあたりは、中学から私立に行く子どもさんも多く、小学校の同級生らしき人も来ていましたし、うちのように弟や妹さんが将来の学校の見学を兼ねて。

まあ、新型インフルエンザが流行したら中止になるかも・・・と思っていたのですが、無事終わって良かったですね。つくづく、若いっていいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月22日 (金)

定額給付金とみどり税

定額給付金が、先週の金曜日に振り込まれました。5/7に請求書類が届き、翌日のポストに投函して2週間。当初は今月末とのことでしたが、意外に早かったですね。うちは全部で64,000円。結構うれしい臨時収入ですが、いろいろと出費も多いため、それで豪勢に食事なんていうわけいはいきません。まあ、とりあえず銀行に入れて・・・・という感じです。

横浜市は事務手続きが大変なので、もっと日数がかかると思っていましたが・・・。しかしうかれてばかりはいられません。先日の広報で横浜市は来月から住民税に「みどり税」というものがあたらしく課税され年間900円の負担になります。地方税は一定の範囲で独自の税を課すことができるのですね。横浜市の緑化に・・・ということらしいのですが、その他にもまだまだやることはあるはずなのに・・・と思います。市の説明では、「緑の保護は、すぐにできるものではなく、また将来にわたって行うもの。今のうちから積み立てておく必要がある」とのこと。もっともな感じもしますが、本当に今必要なのかもよくわかりません。

今の市役所も、手狭になり賃貸ビルに分散して、賃料も莫大になるため新庁舎の計画が進んでいます。これも、360万の人口となった横浜市自体が大きすぎるためではないのでしょうか。各区の区役所があり、それぞれの業務を分担すればと(素人考えなので、現実には違うかも)。

話を戻して、みどり税の新設については来月からということで、直前に特集が組まれましたが、それ以前にはあまり詳しく説明はありませんでした。定額給付金の支払いを早めて、そのドサクサの紛れて・・・・という横浜市のトリックかな・・・。

次は、育児給付金。こちらは国会承認後の話ですね。選挙直前に実施でしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月21日 (木)

ついに首都圏へ・・・新型インフルエンザ

やはり、首都圏にも感染者が出ましたね。少し騒ぎすぎの感じもしますが。

うちの会社でも関西に事業所があるので、大変なことになっています。社内でも首都圏での感染に備えて、マスクが用意されましたが、指示があるまで着用はできません。それまでは自費で・・・ということになります。

昨晩のニュース速報。最初は八王子。川崎の高校生・・・ということでどこの学校だろうと思っていたところ、川崎市でも感染者。学校名が報道され、それが田園都市線沿線ということにもまた驚き。

テレビの報道では、川崎市ということで、JRの川崎駅あたりの映像がありましたが、この高校から川崎駅は相当の距離があり、人のの動きは私の住む横浜市や世田谷区の方が多いのです。また、成田から田園都市線のたまプラーザ駅まで来て田園都市線で帰宅ということで、我が家でも少し緊張。

東急電鉄では、今朝から全社員がマスク着用になりました。また東急百貨店でも店員さんはマスク着用。逆に、田園都市線と直通している東京メトロはマスク着用はしていません。渋谷駅の乗務員交替でもちょっと変。駅は東急の管理なので駅員はみんなマスク。

ところで、感染者の居住地や学校名などが公表されていますが、これもいいこか悪いことか。いずれ知れてしまい変なウワサが経つよりも最初に公表することもありと思います。また、今回のように自治体が広い場合、地域を限定できることで、余計な不安を駆り立てることもないのでしょう。

インターネットのニュースに、学校に対しての誹謗・中傷も続いているということも。また、「自分の子どもが田園都市線で通学しているが、どう責任をとってくれる・・・」と言った人もいるとのこと。気持ちはわかりますが、少し情けない感じも。感染した生徒も完治した後、そういう精神的な苦痛が尾を引かないように願いたいです。

関西で流行していますが、これだけ人の動きが多い日本で首都圏での感染がないというのは逆に不思議な話。いずれ全国的に感染は広がることでしょう。

横浜市では、学校の休校は今のところないようです。中2の娘も学校ではいろいろと話題になっていて、マスクはしています。今週の土曜日に運動会があるのですが、そちらも予定どおりのようです。そして、坊主の幼稚園もスイミングスクールも平常どおりですが、体調の変化には気をつけてくださいとの案内。

若い世代に多い感染なので、私のような中年には今は感染しないかもしれません。しかし、ウイルスが変化すると子どもたちに感染するのは不安になります。

一瞬のうちにマスクは売り切れになりましたね。混雑の田園都市線では、とても防御はできないかもしれませんが、明日からは私も家にあるマスクで出勤です。私の実家の盛岡では、まだ感染者がないようですが、両親は高齢なので感染すると命にかかわるようです。こちらでもマスクは売り切れとのことで、私のところに買って送ってくれないか・・・といわれましたが、こっちもないのです。もう少しすれば出てくるとは思いますが、しばらくこの騒動は続きますね。

みなさんも手洗い・うがい・マスクを忘れずに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月10日 (日)

試乗会のハシゴ2日目

今日は、朝から暑かったですね。

試乗会2日目は、大磯ロングビーチで開催のカワサキの試乗&商談会。

こちらは昨日の那須と違って、近いので少しゆっくりできます。ただ、早く行かないと待ち時間が長くなるので、オープンの10時より遅くとも30分前には行かないと・・・。大磯まではゆっくり行っても1時間で着くので、8時過ぎに出かけました。

カワサキの試乗会は、2台の試乗で500円(3台目以降は、再び後ろに並んで500円出せばOK)。何にしようか・・・。こちらは新車(現行販売モデル)のみ。まず、新発売のZRX1200ダエグは決まり。あと1台は・・・。やはり、ZZR1400・・・・と思いましたが、やはり考えることは同じは、ここに来ている人の人気はZZR1400。一度は乗ってみたいですよね。朝一番の組みに間に合ったのですが、ダエグはすぐにOK、ZZRは30分待ち。やはり前傾姿勢に不安があるので、ゼファーχに。最終モデルらしいです。400CCのバイクには最近乗っていませんので、こういう機会に。

コースは昨日のようなサーキットではなく、大磯ロングビーチの駐車場の一部を2周するだけ。なのでZZRでもよかったのですが、暑くて待つのもイヤになった私です。普通二輪免許の人は、自動車教習所からスタッフが来て、簡単な審査をしてよければ大型の車種の試乗もできるシステム。何人かダメ・・・と言われたようでした。

2009_05100002 オープン前の様子です。昨年はここでヤマハの海外モデル(プレスト)の試乗会があり、今立っているあたりまで使ったコースでしたが、今回は商談会ということで、各販売店のプースが軒を連ね、コースは奥の狭いスペースでした。今日成約すると、大磯ブリンスホテルの宿泊券がもらえるらしいのですが、成約する人なんているのでしょうか。

2009_05100003 2009_05100005

これがダエグ。カワサキカラーのグリーンはまだないようです。そのうち出で来るのでしょうか。大きさはXJRと同じ感じですが、自主規制が取れたので、他のビックネイキッドよりパワーアップ。お値段も少し高いです。

2009_05100004 カウル付きはあまり好きでないのですが、これくらいなら気にならない感じですね。スピードメーターも180キロまで。飾りのように2260キロまであるものよりもいい感じ。試乗した感想は、CB1300やXJR1300に比べ、「しなやか」ではない。それがこのバイクのコンセブトのようです。CBが「優等生」ならはダエグはちょっと不良っぽい隠れた秀才・・・。基本的にネイキッドなので扱いは楽です。XJRは下手でもその気にさせるバイクですが、こちらはそうはいかない・・・という気も。その分面白く奥深いマシンかもしれませんね。

2009_05100006 ゼファーχです。400CCのバイクに乗るのは1年半ぶり。慣れとは恐ろしいもので、大型に慣れてしまったので、このバイクに乗ると軽くて、物凄く小さい感じ。でもこれくらいが待中だとちょうでいいかも。普通二輪の免許を取るために教習所に通っていた時、400CCのバイクがとても重くて・・・。懐かしいです。やはり大型の感覚でアクセルを回すとパワー不足。その分たくさんアクセルを回せます。それはそれで楽しいかもしれません。コーナーは、大型の方が安定している感じですが、アクセルの開け方を上手くしないと400CCのバイクはバランスが崩れる感じてす。

2009_05100009 2009_05100010

ちょうど献血車が来ていたので、献血を。献血をすると、試乗券が無料でもらえますが、だんだん待ち時間が長くなってきますので、退散です。西湘バイパスから箱根、湯河原峠まで行き、帰宅。今日も事故なく帰りました。この2日間で約700キロ走りました。もうしばらくはバイクに乗りたくないかな~。

あと2回、別の試乗会に行く予定です。新しいバイクに乗ってみるとそれも欲しくなりますが、慣れたバイクのXJRもだんだん良くなってきて・・・・不思議ですね。来週は点検に出します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 9日 (土)

前傾姿勢のバイクは私にはちょっと・・・。

連休中は、実家に帰省していましたので、バイクででかけることはありませんでした。まあ、どこへ行っても渋滞なので出歩かない方が無難です。

連休は私の実家の盛岡へ帰ったので、週末は母の日を兼ねて妻と子どもたちが妻の実家へ帰省です。私は行きません・・・。なので週末はフリータイム。

今回は、「試乗会」のハシゴです。

まず、土曜日はバイク販売店主催のもの。販売店が持っている那須のサーキットが会場。新旧合わせて各社のものが用意されるとのことで面白そうです。ただ、那須は遠いです。販売店に申し込みを行った時、店のスタッフから「ここからだと4時間ぐらいかかりますね」といわれました。一応案内では「東京から約2時間」となっていますが、それは東北道に入ってから休みなしでの時間。うちの場合まず、東名から首都高を経由しないいけません。それに那須・・・と宇都宮の先で福島県との境。

朝7時頃出発しましたが、途中渋滞や休憩・・・そしてパトカーがいましたので、減速運転・・・ということで那須インター到着は10時半。そこから・・・・地図がわかりにくく周辺をグルグル回り、結局午前の部には間に合いませんでした。

このイベントは、参加料1,000円がかかりますが、各社の新旧モデルに試乗できるのと、サーキット場がコース、そして普通二輪免許でも大型バイクに乗れるということで人気が高く、すでに多くの来場者。午後のスタート時にはすでに人気車の前には10名ぐらい並んでいます。私はどれに・・・と思いましたが、スズキのハヤブサ(旧タイプ)がありましたので、一度乗ってみたい・・・・ということでそこに。でもここも12名待ち。全長1.2キロの小さいコースのようですが、それを3周するので、1人約5分はかかります(他グループと交互走行なので)。時間内に難しいかな・・・。

待っているうちに、ハヤブサが帰ってきません・・・・。なんと転倒したらしいのです。ライダーは軽傷だったようでよかったのですが、バイクは損傷が激しく試乗は中止になりました。他にも、途中でコースから外れた人や1週で他から大幅に遅れて強制的に中止させられる人も何名か・・・。やはりサーキッドは難しいですね。

ハヤブサのブースはその後次の時間帯からは、ホンダのCBR1000RRの新車試乗となりましたので、私はそのままそれに試乗することにしました。CBRはホンダの本社での試乗会で一度乗りましたので、大丈夫・・・と思っていたのですが。

いざ試乗・・・・となるとあの前傾姿勢はちょっと私には無理ですね。というかネイキッドで慣れているから・・・・。安定性はいいバイクなので、転倒することはないのですが、サーキットコースのようなところでは、かなり難しかったです。青山の試乗会では、一般道を本当にゆっくりでしたので何とかなりましたが、こちらではとにかく姿勢を維持するのが精一杯。ギアチェンジも余裕がなくただアクセルのオンオフだけ。なのでパワー不足になったりも。2周目からは直線でスピードを上げる人が多くなるので、後ろの人に悪かった感じです。もともとバイク自体に慣れていなかった私なので、こちらも慣れなのでしょうが。一応転倒やコースを外れたり大幅に遅れることもなくCBRは終了。

最後は、CB1300SF。結局ホンダ本社の時と同じ車種。こっちの方は、私の先導車のすぐ後なので安心。やはりこちらの方が楽で、ヘアピンコーナーも一応無難に。直線コースもきちんどギアチェンジの余裕も持て、面白かったです。CBはCBRのような加速はないのですが、安定感があり良い感じです。だんだん良くなってきている感じ。これが「優等生」なのでつまらない・・・という評判もあるのでしょう。XJRの試乗もできましたが、時間がないのでやめました。

2009_05090001 2009_05090003

ここでは、ライディングスクールやサーキットのライセンス講習もあるようですが、やはり遠いのです。

2009_05090002

ここでレースが行われたりするのではなく、販売店のサービスの一環として、サーキット走行が楽しめます・・・ということになっているようです。バイク専用とのことで、試乗走行の時に、2周目を過ぎると、スタッフが旗を降ってくれました。1,000円は少し高いと思いましたが、体験走行を2回やったのでまあまあかな。

2009_05090006 那須は、ゆっくり見て回ると、今はとてもいい時期のようです。インター付近は林になっていて美しいです。その他見どころはたくさんのようですが、今回は素通り。残念、次回また。

帰りは、東北道も首都高もそれほど渋滞はなかったのですが、、途中のパーキングでバイクの方とお話をしたりして家に着いたのは9時過ぎになりました。往復で約500キロ。さすがにバイクに乗るのがつらくなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 7日 (木)

連休は疲れました

今年の連休は、カレンダーでは5連休なので、逆にそれに合わせた有休がとりにくい状態でした。たとえば間の平日が1日だけなら有休にしますが、2日あると難しいのです。それだけ仕事がある・・・ということで我慢です。

例年どおり家族で盛岡の実家へ帰りました。高速料金が安くなったので、うちからだと片道3,000円(東名大都市料金+首都高+東北道大都市料金が加算されるので1,000円では行けません)ぐらいなので、ガソリン代を入れても新幹線よりは安くなりますが、割引の影響で渋滞が予想されるので新幹線で。やはりこちらの方が楽です。

地方でも、連休はどこへ行っても混みます。都会と違い、車が移動手段の主体なので、とにかく観光地までの道路は渋滞。東名の渋滞に比べれば大したことはないのでしょうが、地方ゆえの「時間」の感覚があるので、都会とはまた違った感じです。

それでも、妻と娘は家のことを手伝ったり、坊主はそのあたりを遊んだり。私は運転手になり買い物に行ったり。あまりのんびりとゆっくり・・・というわけには行きませんでしたが、子どもたちは、東北地方の春をそれなりに楽しんだようです。

首都圏は連休後半は雨になりましたが、盛岡はずっと晴天。そして暑かったです。夏休みや正月は、子どもたちはいろいろと忙しいようなので、5月の連休の方が帰省にはいいようです。夏は私だけ帰ろうかと思っています。

200905031139000_2 盛岡市郊外の米内水源地のシダレザクラです。市内の桜はもう散ってしまいましたが、こちらは毎年5月の連休が見頃です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »