« マイケル・ジャクソンの死去 | トップページ | 今年のボーナス »

2009年6月28日 (日)

白糸の滝

土日の休みのうち、土曜日は家族それぞれ用事があったり、私も通院することがあったりとフリーなタイム。日曜日は家族で買い出しに行ったり、どこかへ出かけたりというのが我が家では日常。土日で泊まりがけで旅行なんてことは、経済的にも難しいのも現実なのです。

さて、この土日の天気がいろいろと気になるところ。私にとってはバイクでどこかにお出掛け・・・と思っても行けるのは土曜日。高速が割引になるのはいいのですが、雨の中出かけるのは・・・。日曜日は車で出かけることが多いので、こちらはあまり天候には左右されませんが、こちらもやはり雨は憂鬱。ここ数週間は、土曜日が晴れて、日曜日が雨という私にとってはバイクでお出掛けには幸運な感じになっています。

さて、27日の土曜日、全国的に暑かったですね。天気は快晴とはいわないまでもいい天気。こういう日の日帰りツーリングは、涼しいところがいいです。とりあえず、東名に乗り・・・。まだ朝なのに、横浜青葉ICから渋滞。考えることは同じなのか・・・。それに加え、私もたまに行きますが、御殿場のアウトレットへ行くための人が多いのです。景気が悪い時には、そういう店が人気。あそこは、早くいかないと駐車場が満杯になり、遠くのところに止めるか、指定外の駐車場に置かないといけなくなります。そのせいか、東名も一旦流れがよくなった厚木より先も、御殿場ICが渋滞になるのです。

それはいいとして、今日の目的は「富士山」と思ったのですが。新五合目までは車でも上れるので。以前はまだ雪の残る寒い時期に行ったので、景色も見えなくて・・・。ただ、今回も快晴ではないので、この次に行くことにして、富士山スカイラインから、富士宮市にある「白糸の滝」を目指すことにしました。ここは、以前看板を見かけただけで、別の道を通り、そのまま本栖湖へ抜けていたので、いつか行ってみたいと思っていたところです。

御殿場ICがやはり混んでいましたが、富士山スカイラインはとても空いていて、快適な道。東名の海老名SAあたりではもう暑くて、夏装備の服装でもバイクから降りると汗だく。必需品のタオルで汗を拭きながら。でも御殿場から自衛隊の演習場付近を過ぎると、かなり涼しくなり、風が冷たく感じるほど。標高がかなりあるのでしょうねここあたり。気温計で24度。

新五合目の入口がスカイラインの最高点あたりで、後は下り坂。ここからきついカーブが続くところもあり、下りが苦手な私はスピードダウンです。御殿場からのここまで、何台かのバイクと遭遇し、追い越したり追い越されたり。マイバイクくんも、一応リッタークラスなので、それなりに加速があり、右手の加減で思わぬくらいのスピードが出たりもします。警察のパトロールはいないようですが、捕まるのも恐いしそこそこに速度ら減速して・・・。

2009_06270001 2009_06270002

こういう所は、駐車場も売店が独自にやっていたりいろいろとありますが、観光協会でやっているところはバイク100円とのことで、そこに止めて、現地までは徒歩です。簡単なパンフレット付なので、結構お得です。右側は、「音止の滝」。

2009_06270004 2009_06270008

秘境にあるのかな~と思っていましたが、周囲は、わりと街です。しかし、そのから一歩入ると別世界でしたね。こちらが「白糸の滝」。富士山の湧水なのだそうです。滝壺の付近にはニジマスがいました。岩の壁面を流れるものは確かに、白い絹糸のようです。快晴だったら、コントラストが素晴らしいようです。ここは、国の名勝・天然記念物に指定されているところ。知りませんでした。

2009_06270010 白糸の滝の先にあるのが、「田貫湖」。せっかくなので行ってみました。富士五胡のように有名な湖ではありませんが、キャンプ場として有名なようです。確かに、静かであまり観光地化されていないので、自然に親しむにはいいところですね。私はあまりキャンプは好きではないのですが、アウトドア派の方には有名なところらしいですよここ。

帰りは、富士宮市から富士市に抜け、東名で。珍しく渋滞がなくそのまま横浜青葉まで帰りました。秦野中井あたりからは平地になるので、どっと暑さが襲ってきて・・・。今度は、富士山の新五合目へ行ってみたいですね。

|

« マイケル・ジャクソンの死去 | トップページ | 今年のボーナス »

バイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26675/45484543

この記事へのトラックバック一覧です: 白糸の滝:

« マイケル・ジャクソンの死去 | トップページ | 今年のボーナス »