« 仙台出張 | トップページ | バイクライフのはじまりの場所へ »

2009年9月21日 (月)

東北道経由で仙台へ

仙台出張の翌日、また再び仙台へとバイクで出かけることにしました。世の中は5連休で、みんな家族旅行に出かけているのですが、うちは私が出張があり、家族もそれぞれ用事があり・・・ということで、私も年に一回しかできない泊まりがけのツーリング。

今回の予定は、2泊3日で仙台~山形~米沢。行くだけで結構かかるのでゆっくり観光スポットをめぐることはできませんが、バイクで長距離を走るだけでも楽しいのでそれで。でも、お金の余裕はない・・・。幸運なことに、高速代はマイレージポイントがあるので、無料(首都高は別)。休日割引のおかげで助かります。後はホテル代とガソリン代だけ。ホテルは、キャンペーンでガソリンの割引券(といっても、3~5円引き)のあるものにして少しでも節約です。

初日は、仙台に着けばいい・・・ということで、早朝からの渋滞を避けて遅めに出発。朝のニュースで東北道の上りは栃木県で40キロぐらい渋滞とのこと。まず、東名。下りは横浜青葉から渋滞でしたが、上りはラクラク。次は首都高。用賀から渋滞。でも動いてはいます。板橋JCを過ぎ、東北道か常磐道か迷ったのですが、東北道の渋滞も少し落ち着いている様子なので、東北道へ。

まず、佐野藤岡のあたり渋滞・・・。アウトレットがあるから・・・。宇都宮付近で渋滞・・・。こちらは日光方面への車・・・。そしてその先は2車線になるので。次は矢板付近。いつもここ渋滞なのですね、と思ったら何と事故渋滞。バイクと車の事故。そして同じ場所の下り線でも事故。ほとんど同じ場所です。何か因縁があるのでしょうか。

東北道で、渋滞にあってもバイクですり抜けは恐いです。東名は結構バイクがすり抜けをするので、車のドライバーも慣れている様子。東北道は基本的にバイクは少ないので少し雰囲気が違います。またウインカーも出さずに突然車線変更をしてくる人も多く、私はヒヤヒヤ。結構疲れるのです。

那須インターでは、インター出口から車があふれています。キャンプの人が多いのでしょうか。福島県に入り、郡山までは順調。その後また渋滞の名所福島トンネル付近で流れが悪くなります。ここは、東名の大和トンネルと同様に上下線とも緩い上り坂になっているせいですねきっと。福島飯坂インターからは、以前私が仕事で利用していた道なので、懐かしい道。山形道との分岐の村田ジャンクションからはカーブがきつくなります。

仙台付近の東北道を通った方ならわかると思いますが、福島県内の東北道はわりと平野の部分を通ります。その後、福島市からら白石市にかけて山越え。そしてまたしばらく平野ですが、仙台市内に入るととたんに山の中を東北道がとおります。勾配やカーブも多いです。仙台宮城から泉インターまでの間は特に。とても仙台市内とは思えない風景。仙台は、東北道より海側に市街地、その反対側にもまた団地がたくさんあります。まさにこの山地が街の近くにあるといったところ。なので、このあたりの天気は仙台市内のものではなく、「宮城県西部(山沿い)」で、市内に雪が降っていなくても、高速が降雪で止まることはよくあります。泉を過ぎると、岩手県境まで、仙台平野が続く・・・といった感じ。

Pa1_2 泉インターの手前の泉PAです。ここは、ETCだけのスマート出入口ということで、最近よく見かけるものです。私が仙台に居る時にできました。私の社宅からしわりと近かったので、ここはよく利用していました。出張の時は、荷物を会社まで持って行きたくなかったので、一旦社宅に寄って荷物を積み込んだり降ろしたり。当時は、会社の車でしたが、今は経費節減で現地でレンタカーを借りる方式になりましたので、そんなこともできなくなりましたね。

Pa2_2 ここから出入りしますが、付近は田園地帯で夜は本当の真っ暗になります。ただし、ここから大規模団地へは近いため、利用者も多くなっている様子です。

この日は、仙台泊。少し時間があったので、以前の社宅やバイクを置いていたボックス、いつもバイク用品を見に行っていたバイク用品店などをを回ってみました。

|

« 仙台出張 | トップページ | バイクライフのはじまりの場所へ »

バイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26675/46294887

この記事へのトラックバック一覧です: 東北道経由で仙台へ:

« 仙台出張 | トップページ | バイクライフのはじまりの場所へ »