« 東北道経由で仙台へ | トップページ | 山形蕎麦ツアー »

2009年9月22日 (火)

バイクライフのはじまりの場所へ

この連休の天気は良い・・・、とのことでしたが曇りがちの空。それでも薄日も差します。

今回は東北への旅ということで服装は・・・。結構悩みますね。関東だとまだ夏用のジャケットでも大丈夫。でも東北はもう朝夕は冷えます。ただ、冬用のものでは暑いかな・・・。とうことで、夏用のジャケットに専用インナーをつけて(メーカーでも春秋の肌寒い時にはピッタリと言っている)、下着の上に冬用のインナーを着ました。パンツはさすがにメッシュの夏物だと寒いので革パンです。高速で長時間風にあたると少し冷えますが、今頃はこんな感じで快適です。これが10月になると東北はもうこんな軽装ではダメですが。

前日は、約400キロの道。東京~青森の中間点の340キロポストが仙台宮城インターの先にあります。横浜からだと400キロ。それなりに疲れたのと、ガソリンが減る・・・・。仕方ないですね。

今日は、仙台市内でバイクライフを始めた思い出の地を巡ります。

1 2

まずは、教習所。今日は祝日で休みでした。ここからすべてが始まりましたね。何度通ったか・・・と思うと。全然変わっていませんね。

3 中央のクランクとS字のパイロンがあるのがバイクのコースです。その奥の坂道は、バイクと車が共通。坂を登って左側に苦労した一本橋があります。何度も何度も失敗して・・・。私のような大変な教習生は、しばらくいないのでは・・・と思いますがどうでしょうか。ここで、普通二輪の教習を受けなければ、バイクライフは始まらなかったので、原点の地でしょうか。

1_2 免許を取って、400CCのバイクを買って、少し走れるようになってからの練習コースです。休みの日にはこのあたりを走っていました。社宅からすぐ近くです。田園風景ですが、ここからもっと奥に、大きな団地もあるのです。往復10キロ位のコースです。

2_2 道はこんな感じ。抜け道のようなところなので、それなりに交通量があります。郊外特有の勾配とカーブがあり、初心者の私にはヒヤヒヤでした。今は楽に走れますが、あの頃はこの往復10キロがとても長く感じていました。

|

« 東北道経由で仙台へ | トップページ | 山形蕎麦ツアー »

バイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26675/46295303

この記事へのトラックバック一覧です: バイクライフのはじまりの場所へ:

« 東北道経由で仙台へ | トップページ | 山形蕎麦ツアー »