« 雨合羽を着るタイミング | トップページ | 選挙の投票 »

2009年10月24日 (土)

たまプラーザテラスに行ってみる

10/22にオープンした田園都市線たまプラーザ駅の「たまプラーザテラス」。妻たちはもう行ったみたいですが、まだみんなで行ったことがなかったので、食事兼ねて夕方から出かけました。車は混んでいるでしょうし、歩いてもいけない距離ではないのですが、電車で。

私の家は、たまプラーザからも歩ける距離なので、運動のためにたまにはここから遠回りして帰ります。ショップはオープンしていませんでしたが、駅の設備は完成していましたので、雰囲気は何度も。

以前の駅名にふさわしくないくらいの小汚い感じの駅が、とてもきれいになっていましたが・・・。ただ、ホームはまだ以前のまま。駅名看板はかわりましたが・・・。相変わらず東急は「たまぷらーざ」と間抜けな平仮名で書いています。最近主要駅にはハングルと中国語の記載も。たまプラーザは「多摩広場」なんだそうです。あざみ野は「薊野」(広場も薊も簡体字は異なります)。

青葉台駅は、大改装をして、ホームまで一体化してきれいにしましたが、たまプラーザはまだこれからなのでしょうか。

さて、このテラスですが駅の天井を吹き抜けにして解放感をとったせいか、店舗はそれほど作れなかった様子。もっと大きなモールの感じがしましたが、それほどでもない感じ。南口には、以前大きな駐車場があったところにショップを作ったのでしょうが、こんなに狭かったかな・・・というのが感想。

もともと、東急電鉄はここに地下鉄を呼んで、大規模な施設にしようとしていましたが、あざみ野に地下鉄が行ってしまったのと、不況の影響からか規模を縮小したのかも。というよりも東急は当時、今のイオンのような大ショッピングモールの時代になるとは思わず、これくらいの土地で大丈夫と踏んでいたのかもしれません。

今まであった「たまプラーザ東急SC」は、二子玉川にある「玉川高島屋SC」を模したもの。高島屋も、少しずつ改装をして、SCに含めた店舗はかつての倍ぐらいになったのでは・・・。東急もそれに負けじ・・・と思ったのでしょうが、どうも中途半端な感じ。SCとしていた建物は、「東急百貨店たまプラーザ店」として専門店をこちらに組みこんで。私にはあまり縁のない感じの店も多く、よくわからない感じです。ただ、有隣堂が大きくなって私の家の側の出口に移転したので、こちらは利用したいと思います。

200910241758001 今まで、「たまプラーザ東急SC」とあったものが「たまプラーザテラス」と「東急百貨店」の看板に。「たまプラーザ東急テラス」としないで、東急を入れなかったのは、たまプラーザ=東急というイメージが定着したからなのでしょうか。

200910241754002 200910241755000

ホームからエスカレーターを上がると解放感のある空間はいい感じですが・・・。

200910241754000 北口の百貨店のデイリーマートと南口の東急ストアが共存。互いに、ライバル関係でしょうが、覗いた感じでは、東急ストアの方が客がたくさん入っていました。

|

« 雨合羽を着るタイミング | トップページ | 選挙の投票 »

田園都市線」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26675/46585015

この記事へのトラックバック一覧です: たまプラーザテラスに行ってみる:

« 雨合羽を着るタイミング | トップページ | 選挙の投票 »