« 東急グループの事業撤退 | トップページ | 味付け海苔 »

2009年11月26日 (木)

ポーナスの減額

先日、会社から社長名で今年の冬期ポーナスの減額の通達が全社員にありました。うちの会社では、夏のボーナスの際に、冬期は業績見込が赤字になるので昨年のようにはいかない・・・という通達もあったのですが、やはり現実に。まだ具体的な減額率は示されていませんが、どうなるのでしょう。

まだ若い頃の方がもっともらっていた感じ・・・。支給係数が新人の時よりずっと下がってもう数年。ボーナスをあてにする生活設計は難しいですね。

ボーナスという日本特有の習慣。確かに、夏休み前と正月前にまとまったお金がもらえるのは助かります。しかし、ボーナスというのは会社の業績と個人の業績を勘案して算出されるものなので、「もらえるもの」として最初からありき・・・の考え方は間違っていることなのでしょう。ボーナスなど無くして、月々の給与に上乗せしてもらいたい・・・という気持ちもありますが、それでは個々人の頑張りが期待できないというデメリットも。ただ、今の状況では、たくさん頑張っても、客観的に判断されないことや、配属された部署で業績が出やすい出にくいなどの差もあります。

うちは、基本的に住宅ローンはないのですが、ローンを抱えている人は支払うことができない人も出ているとのこと。バイクのローンはポーナス併用にはしなかったので、そこは大丈夫ですが、ボーナスで大きなものを買う予定にしていたり、将来に備え貯蓄に回す計画もありましたので、やはり大変。

会社自体が潰れてしまったら、ボーナスもなにもありませんので、多少少なくなっても会社が存続すれば・・・と思うこともありますが、どうなるかは蓋を開けて見ないとわからない・・・という不安が残ります。


|

« 東急グループの事業撤退 | トップページ | 味付け海苔 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26675/46864373

この記事へのトラックバック一覧です: ポーナスの減額:

« 東急グループの事業撤退 | トップページ | 味付け海苔 »