« 東急ドライビングスクール | トップページ | バイクの点検・・・。 »

2009年12月12日 (土)

新百合ヶ丘~柿生あたり

田園都市線沿線から、多摩ニュータウンへ出るには、鶴川・柿生・新百合ヶ丘あたりへいったんでないといけません。私の家からだと、新百合ヶ丘へ出るのが近い・・・。

新百合ヶ丘は、かつては何もない(駅もない)ところから開発されたところです。街自体は奇麗ですが、道路の渋滞が激しいところです。というのも、幹線道路がなく、みんな狭い道。駅周辺に施設が集中しているので、いつも大渋滞。

田園都市線沿線もクルマは多いですが、それは幹線道路や東名高速があるためです。街中の道は、わりあい余裕があるところもあり(たまプラーザや青葉台駅前は別ですが)、新百合ヶ丘よりはいいかな~。新百合は、普通の家の前の道路が、渋滞路線となり、とても危険な感じです。

実は、私の妻の実家が新百合ヶ丘です。妻が中学生の時に越してきたそうです。私の父の実家が町田でしたので、私も小さいころはよく町田に行っていました。その頃は新百合ヶ丘駅はなく、柿生がメイン。伯父の家が調布にあって、町田から調布に行く時に、柿生からバスで行ったことがあり、あまりにさびれた山の中を走るのでびっくりした記憶があります。

妻たちが新百合ヶ丘の家を購入した時は、まだあのあたりも家もまばら。実は、義父は当時、田園都市線沿線と小田急沿線のどちらにしようか迷ったそうです。たまプラーザあたりでは、面積が少し広かったので価格はおなじくらい。建売でしたので、家のつくりも同じ感じで。ただ、ある不動産屋から、「田園都市線って、まだあのあたりは、タヌキとかイノシシとかヘビが出るらしいです」とか「電灯もなく、夜道は暗くて怖いところ」・・・「娘さんがいらっしゃるなら、危ないですよあのあたり・・・」。新百合ヶ丘からたまプラーザへの道が少し山になっているのですが、「あそこで、人が殺された・・・」なんてことも言われたそうです。そして、何と言っても田園都市線の便が悪くて、一日の運転本数も少なく、渋谷へ直通電車はなく、大井町行だったことが、新百合ヶ丘を選んだ決め手になったそうです。

小田急は、町田がすでに開けていたのと、新百合ヶ丘は最初から急行が止まったので、電車の便はよく、妻の兄弟達のの通学も便利だったみたい・・・。

あれから数十年。妻の両親達が私の家を訪れると、このあたりの変貌ぶりには驚いているようです。「こっちにすればよかったかな・・・」と思うこともあるようですが(そうだったら、私たちは結婚していなかったと思いますよきっと)。

|

« 東急ドライビングスクール | トップページ | バイクの点検・・・。 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26675/47016766

この記事へのトラックバック一覧です: 新百合ヶ丘~柿生あたり:

« 東急ドライビングスクール | トップページ | バイクの点検・・・。 »