« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月28日 (日)

大津波警報

今日一日、大津波警報のニュースで埋め尽くされました。大津波警報から津波警報に変わりましたが、今もテレビの画面には警報の表示が消えません。バンクーバーオリンピックのフィギィアスケートのエキシビジョンが行われテレビでも放映されましたが、途中で津波のニュースに切り替わったり、画面に日本地図が出ているので肝心のところが見えなかったり・・・。バンクーバーにも津波が到達するような様子でしたので、大丈夫だったのでしょうか。

50年前に三陸沖を襲った「チリ地震津波」。あの時の方が地震の規模は大きかったようですが、今回もやはり津波はやってきました。私は岩手県の出身ですが、内陸なので特に意識はありません。また沿岸に親類もいませんので特に当時の話を聞くこともないのですが、地元のニュースでは地震が起きると津波の心配や定期的な訓練の様子はよく知っていました。岩手県の沿岸地区へ行くと、ところどころに「○○地震時の最高水位」という標識があり、かなり高いところを示しています。国道45号線は海岸から近いところですが、新しく建設された三陸道は、山の中腹に作られ、津波の被害を受けても物資の輸送ができるようになっています。

大津波警報だと「避難指示」なんですね。避難命令ではなく。岩手県の沿岸地方は人口が少ない地区なので、避難指示の世帯も少ないですが、八戸とか仙台あたりは海岸地区に住む人も多いので、そういう地区は世帯数も多くなります。

最初は、10センチ程度の潮位変化でしたが、1メートルを超えるようになり、やはり今の観測システムは凄いですね。少し大袈裟・・・と思いながらも被害を最小限にするには、これくらいでないといけないのでしょう。後で何もなくて良かったと思う方がいいのですから。

チリの地震の被害、こちらも大変ですね。

午前中は雨が降っていましたが、午後から晴れたのでちょっとお出かけ。東名は富士~清水が通行止めになっていたので渋滞はありませんでした。西湘バイパスの有料区間の下りは海沿いなのでこちらも通行止め。

小田原あたりをふらふらして、湯河原付近へ。「海には近づくな・・・・」と言われているのに見たくなって、不謹慎ですが。横浜でも40センチの潮位変化があったので相模湾も多少・・・。

2010_02280001

国道135号線です。この道路の下り線は本当に海岸線なので、津波が来たら大変な道でした。

2010_02280004 2010_02280005

これは津波なのか、自然の波なのかわかりませんが、大きな波でした。ちょうど横浜や下田で潮位変化があった時間帯なので、津波かもしれません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

惜しかった・・・。

今週の週末は、天候が悪いのでゆっくりとオリンピック観戦。

女子フィギィアは金曜日でライブでは観られませんでしたが、土曜日は特集がたくさんありましたので、そちらで・・・。

フィギィアの間にやっていた、スピードスケートの「パシュート」。日本語では「追い抜き」というそうですが、これ面白いですね。3人で滑りますが、それぞれ入れ替わりがあって見どころもたくさん。一番最後の選手の着順で勝敗が決まるのでこれもまたハラハラ。チームワークが問われるレースなので誰がが速くてもいけない・・・。

日本女子、準決勝で勝利して決勝に。銀メダル以上は確定し、決勝。思わず早起きして応援・・・。途中まで日本はドイツにリードをしていたのに0.02秒差で…残念。最後の選手のスケートの刃の後ろが少し遅れただけ・・・。本当に惜しかった。日本チームはメンバーを変えていなかったので疲労もたくさんだったでしょうが・・・。途中のリードの時は一瞬「金」が見えたのですが本当に残念。

最後にいいレースを見せてくれました。

さて、女子フィギィアですが、やはり韓国のキム・ヨナ選手の圧勝でした。これは誰が観ても・・・。浅田選手も、トリブルアクセルという難度の高い技を2回も跳んだのは素晴らしいことです。ただ、それ以降の演技が雑になった感じです。厳しい言い方をすればトリプルアクセルだけに集中し過ぎたのかな・・・。当然そんなことはなくすべてに力を出したのでしょうが、勝負の世界ではそう判断されたのでしょう。キム選手は、大技はなくても、すべての技の完成度を上げた結果の金。

日本の期待を背負って・・・ということで日本ではキム選手と浅田選手の比較ばかり報道されていますが、実は3位のロシェット選手との差は僅差。構成点ではロシェット選手の方が良かった・・・。地元カナダの選手で家族の不幸を乗り越えて・・・という同情もあったでしょうが、銀も危うかったかも。安藤選手は、逆に総合で順位は落としましたが、浅田選手のような技がなくても上手くまとめての結果。そして、SPで11位の鈴木選手はフリーで巻き返し、8位入賞。逆にこれは凄かった。鈴木選手は技よりも表現力で順位を上げた内容。

男子シングルのプルシェンコ選手が4回転ジャンプを跳んでもそれ以降が雑になって2位になり、日本の高橋大輔選手が4回転ジャンプで転倒してもそれ以降の表現力で3位になったのを考えると、フィギィアは技だけでは勝てないのですね。

確かに、技を決めるのは素晴らしいことです。ただ、何分かの時間を使っての演技であって、技だけの競技ではないのです。大技を決めるために選手はケガのリスクを背負って必死の練習をします。そして人間の限界まで挑戦する。ただし、もうそろそろ限界が近づいているのかも。昨日の特番でキム選手が「私は浅田選手のようなジャンプは跳べないので、できることの完成度を上げていく・・・」と言っていました。これが勝利へ繋がったのかもしれませんね。危険なリスクを犯してまでチャレンジすることもある意味必要かもしれませんが、それを回避してできることを確実にやっていく。人間の身体にも限界はあるので、今後の選手のためにもそういう着実な選択をした選手にも評価が与えられるというのもいいかもしれません。そうしないと、事故やけがで一生を棒に振る選手も出てくるのでは・・・。

今日のパシュートもおとといの浅田選手もとても悔しい思いをしているでしょう。観ている人はその時の悔しさなのですが、本人は今までの辛い練習の結果なので、一番悔しく感じて・・・・。

その悔しい思いは、これからの糧となっていくことと思います。

日本選手の金メダルはなかったですが、みんな良く頑張りました。フィギィアのシングルは男女とも全員入賞なんで凄いことです。他の国ではないのでは・・・・。浅田選手も重圧が大きかったのでしょうが、そんな中でよく踏ん張りました。フリーの曲・・・「鐘」。かなり重苦しい曲・・・という評判でしたが、そんな感じはなく、浅田選手に合っていた・・・・。あともう少しで完成だったかな・・・。

とても「惜しかった」銀の、浅田選手と女子パシュートの選手。おめでとう、そしてお疲れ様。日本に輝くメダルを持って笑顔で帰ってきてください・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月24日 (水)

トリプルアクセルが007に・・・。

バンクーバーオリンピックの女子フィキィアSP。日本の浅田選手と韓国のキム選手の対決は素晴らしい演技でしたね。

浅田選手も、トリプルアクセルを決め、他もノーミス。本人に満足、観ている私達も満足・・・。しかし、次のキム選手。こちらもとても素晴らしく本当にいい演技。甲乙つけがたい・・・と思っていましたが、勝負の世界。5点近くも差がついてしまいましたね。

ただ、素人の私が観ていても、キム選手の方に目が釘付け状態。とにかく引きつけられました。私が日本人ではなく、また二人が日本と関係ない国の選手ならは余計にキム選手の方が一歩リードと感じたと思います。

浅田選手は、難易度の高いトリプルアクセルを決めたのですが、その他の繋ぎがキム選手の方が上だったかも。男子のプルシェンコ選手が4回転ジャンプという高難度の技を決めても、全体のバランスのいい選手が優勝。今回もそんな感じが見えました。

一番印象的なのが音楽。キム選手は他の選手と違い、007で勝負しましたね。先日のNHKの特番で、キム選手を指導しているカナダ人のコーチが、「他の選手のように、重い曲ではなく、みんなが知っている曲で観客も、審判も引きつける・・・」と言っていました。それに加え、曲の構成にも工夫があり、最初はスローテンポでジャンプなどの技をしっかりと決め、安定したところで、あの印象的にエレキギターのアップテンポメロディーで一気に雰囲気を変えるという流れに。また、あの指を鳴らすシーンはキム選手自身のコメントでは、あそこでひと呼吸置き、落ち着きを取り戻すのと、注目を集める効果がある・・・と。

見事にその作戦は成功しました。曲の後半のアップテンポの場面に変わった時に観客から大歓声。そこから本当にキム選手の動きとリズムが一体になっていました。007の音楽に合わせてどんな演技をするのだろう・・・という期待が一杯。技のひとつひとつを追っかけて行くだけの浅田選手よりもよく加算点がつきやすかったのかな・・・と感じました。

ハチャトリアンの仮面舞踏会もいい曲です。私も以前から知っている曲で大好きな曲です。この曲は、重厚なイメージがありますが、テンポが速く、躍動するリズム感と盛り上がりの部分がはっきりしているので、一度聞くと口ずさむことができるような印象です。選曲は決して悪くありません。しかし、オリンピックの大舞台で敢えて他の選手とは違うジャンルの曲を選んだことで新鮮さと期待感が膨らんだのもキム選手の高得点につながったと思います。浅田選手が007だったら上手くいかなかったかもしれません。浅田選手には仮面舞踏会が一番合っている感じです。今回は、優劣というよりもキム選手の選曲の「技」が少し上だったのでしょう。

フリーは、浅田選手は仮面舞踏会ではなく、もっと重苦しい曲のようです。キム選手はなんなのでしょう。しかし、SPと違いフリーは時間も長く、少し飽きも出てくるもの。そこを抑えるのは、技。技では決して浅田選手は大きな差はないでしょう。今度は追う立場。気持ち的には少しリラックスできるかも。メダルの色は、なんでもいいです。精いっぱい思い通りに滑って欲しいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「ガンバレ、ニッポン」

いよいよ、バンクーバーオリンピックも後半戦。

女子フィギィアスケートショートプログラムが始まりました。

う~、ライブで見られない。

届かないかもしれませんが、応援しています。

3名の選手。

浅田選手は、ミスをしなけれぱきっと大丈夫。キム・ヨナ選手の方が魅力一杯の表現力に感じましたが、決して負けてはいないです。

安藤選手・・・、イメージづくりも成功して準備は万端。最終滑走ですが、最後に日本人の華麗さをみせてください。

鈴木選手・・・、代表選考会の時のあの楽しそうな笑顔で会場を沸かせた姿が印象的です。キム・ヨナ選手の後の滑走ですが、その余韻を逆にプラスに持っていきましょう。

ブレッシャーを乗り越え、選手のみなさんが満足できるもであれば、順位はいいです。

代表選手3名を送り込んだ日本の実力は、十分発揮されるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月20日 (土)

富津岬・木更津

陽射しがあり、少し暖かい今日でしたが、バイクで走ると風は冷たいです。

ふらっと千葉方面へ。

ルートは、都筑→第三京浜→首都高湾岸線→東関東道路→京葉道路→アクアライン→あとは行きと同じです。

館山まで行く時間がなかったので、富津岬・木更津あたりが目的地。富津岬はよく潮干狩りのニュースになるところですが、行ったことはありませんでしたので。

2010_02200004 2010_02200005

富津岬です。結構バイクで来ている人もいたので、ツーリングのポイントなのかもしれません、。

2010_02200014 2010_02200018

左側は、富津岬の海岸。右側は、そこから少し先の富津埠頭です。岬の少し北側の君津市は、新日鉄の製鉄所があり、その関係の荷物の積み下ろしのための港のようです。

2010_02200019 2010_02200020

こちらは木更津港。旧港のようですね。右側のような橋があって対岸へ渡れるようですが、今回は下から見ただけです。

2010_02200022 2010_02200024

木更津駅前とアクアラインの海ほたるから木更津方面を見たところ。木更津は、アクアラインの開通で、東京・横浜からの時間も短縮されました。ただ、木更津への観光客は呼ぶことができても、地元からたくさんの人が流出するらしく、商店街はシャッター通りのようになっていました。駅前もひっそりとしています。

約240キロの走行でした。ガソリンは木更津の方が3円安かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月19日 (金)

オリンピックが見られない・・・・。

熱戦が続いているバンクーバーオリンピック。

時差のため、ライブ放送は昼間の時間が中心になっています。ということで、なかなか見られません。夜の放送も、早い時間帯に「ベストセレクション」として放送されるので、仕事などで遅くなると、スポーツニュースの中での放送でやっとハイライトを確認できるぐらいしか。

以前は、深夜の時間帯にかけてNHKで放送していたような・・・。いやあれは、深夜がライブ放送だったのかな?

なかなかじっくりと見られないのは残念です。BSでもいまひとつ時間が合わない感じです。NHKは「NHKオンデマンド」という有料コンテンツで、見逃した番組の視聴サービスをしています。こちらではオリンピック番組のコンテンツも豊富。受信料の他に別料金で・・・。少し納得いかない気もしますが、好きな時にいつでも見られるので、付加価値としては有効なのでしょうね。

さて・・・、注目の男子フィギィア。高橋選手予選の演技は素晴らしかったですね。妻に言わせると「男の色気ムンムン」とのことでした。私からみても、女子の華やかさとは異なり、ダイナミックですが、高橋選手の場合少し芸術的に工夫された感じでした。織田選手は、本人にも申し訳ないのですが、大橋選手に比べ顔立ちが明るい感じなので、表現よりも技術、「美」よりも「楽しさ」という感じ。それぞれの持ち味を生かして、フリーでの高得点を望みます。

NHKの特番で「ミラクルボディ」というものが放送され、世界のトップアスリートの様子をドキュメントしていました。以前、水泳のマイケル・フェルプスの強さの秘密を特集。外見からは見られない彼の努力が伝わってきました。先日、男子フィギィア、フランスのブライアン・ジュベールが登場。彼が得意とする4回転ジャンプを詳しく。ロシアのプルシェンコ選手との金メダル争いと、高橋選手の絡みが・・・・。残念ながらジュベール選手は、SPで転倒し、メダル争いから大きく後退。あれほど本番に向けて努力していたのに・・・。直前までまったくわからないものですね。

ところで、スノーボードの国母選手。土壇場で手をついてしまいメダルには届きませんでした。残念でした。次回またオリンピックに出場するかどうかはわかりませんが、今回いろいろな経験をしたと思います。それを生かして、大きなアスリートになって欲しいと思っています。

日本選手、ガンバレ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月15日 (月)

2月13日の国母選手の記事に関して

2月13日に「冬季オリンピック開幕」という題で、国母選手の問題を絡めて書きました。先日、日本駐在の外国人で日本文化を研究されている方から個別にメールをいたたきました。ご多忙のところわざわざ記事をご覧いただき、感謝しております。

私の記事の中で、国母選手を擁護する内容、そしてそれに絡めて画一的な押し付けが個性を伸ばせない、そして日本の政治家への批判を交えさせていただきました。

ご意見を伺ううちに、国母選手の問題と画一性と個性の問題、しいては政治家の問題を同一として考えるには思慮が浅すぎたと思っています。

「あれぐらいで目くじらたてることもないのに・・・」という発想であったのですが、服装も人間としての節度があり、国際人としての常識を欠いていたのは事実です。また、記者会見で、一部分のみの報道であったにしても、不適切な発言と態度は十分に反省してもらう必要があります。

私は、外国選手の例を出しました。閉会式や試合前にガムを噛みながら歩く選手もいるし・・・。ただ、そういう選手は、母国に帰国後決していい評判にはならないようです。

「とにかく強ければいい・・・」というのもオリンピックでは通用するかもしれませんが、国際交流のひとつとしての大会である限り、強ければ何をしていもいいわけでもないのも事実。これは現実の社会においても、実績や成績さえあげれば何をしてもいい・・・というのでは、生産性はあがりません。むしろ目立たないで頑張っている人を評価しないといけないのです。

オリンピックでも、花形の選手だけではなく、サポートスタッフの目に見えない努力の上に成り立っているので、そういう人のことを考えると国母選手のような態度は出てこないはずですね。

私の記事の中で、画一性と個性尊重については、その考えに変わりはないのですが、今回の国母選手の問題とは該当しないです。また、政治家の問題も、「政治家がそうだから、他の人も許される」というのもまた間違いです。それこそ政治家がそうだからこそ、他の人はそうであってはいけない・・・ということを教えていかないと。

国母選手は、18日に試合を迎えます。今までの努力を生かして、晴れ晴れとした気持ちで試合に臨み、日本に笑顔で帰国して欲しいと願っています。

先日の記事を読まれて、不快に思われた方もいらっしゃると思います。お詫びいたします。こちらのプログも今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月14日 (日)

三崎口駅

やっと天気になった今日。でも外は寒いです。こんな日は山は危険・・・。とうことで、先週と同じく三浦半島方面へ。

ルートは、第三京浜→横浜新道→横横道路浦賀→国道134号・県道で三崎→横横道路衣笠→保土ヶ谷BP→東名横浜町田→横浜青葉

浦賀から三崎あたりは、ちょっといい風景です。浦賀インターで降りてしまいましたが、観音崎から浦賀へ抜ける道は本当にのどかなところ。お気に入りのところです。そこから久里浜へ行くと、こちらは都会ですね。京急は本線が浦賀まで、久里浜は基本的に支線になるので、昔は浦賀の方が街だったのでしょう。

2010_02140001_3

久里浜からの海岸沿いはとてもきれいなところ。ここは以前もきましたが、今日は曇っていて海の青さもありません。残念。

2010_02140002 2010_02140003

三崎港の物産館の前です。今日は、バイクがたくさん。ハーレーのおじ様達の軍団もいて、凄い状態でした。この時期はやはり山よりも海なのでしょうね。名物のまぐろ丼ですが、ここだと混んでいるので、横横道路の横須賀PAで食べました。意外とこういうところの方が安くておいしいのです。

2010_02140005 2010_02140013

京急三崎口駅です。本当に三崎の入口で止まっています。久里浜線はここまで。本当は、油壺~三崎まで延伸の計画があったようですが、用地買収やその他の理由で一旦は白紙に戻ってしまったとのことです。京急もまず羽田空港線の立体化を先にということで、こちらの計画は頓挫している・・・。

ここからは、三崎まで約4キロ。三浦市の中心地まではバスが運行。京急のバスなので会社としては、それほど採算性のない鉄道を建設するよりいいのかもしれませんね。油壺には京急のリゾートがあるので、そこまで延伸したいところでしょうが、実際どれだけ利用者が増えるかということもあります(油壺~三崎間は免許も取り下げたらしいです)。

このあたりは、三崎の他に城ケ島などの観光地もありますが、鎌倉・江ノ島・箱根に比べ地味な観光地です。三崎で水揚げされた水産物も京急で運ぶわけではないので、鉄道よりも道路整備の方が優先課題。街には「三浦縦貫道路の整備を」の看板が。

鉄道の駅まで、市街地から4キロ・・・というのは、地方ではよくあることです。特に新幹線の駅などは。そう思うと、バスの便がよければ地元の人はそれで良いのかも。

三浦市は、横須賀市に合併を申し込んだそうですが、横須賀市から「メリットがない」などの理由で断られたという経緯もあるようです。

もし、京急が三崎まで延伸していたら・・・。三崎付近は、昭和時代にタイムトリップしたような街です。鉄道が来なかったので、逆にそういう風情ある情景が残っているのでしょう。港あり、田畑あり、街がありというようなところは、首都圏でここしかないかもしれません。

三崎口駅からは、都営浅草線・京成線の直通電車が走り、1日に1本ですが、成田まで直通電車があります。また、半数以上は横浜・品川・日本橋を経由して青砥まで。

箱根湯本から新宿直通電車があるのとは少し違い、この周囲に何もないようなのどかな駅から、都心まで一本で行ける電車が出ているのは凄いことです。少し感動・・・。

2010_02140010

もうすぐ春ですね。

ところで、今日のバレンタインデー。うちの娘は本命チョコを渡せたのでしょうか。聞かないことにします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年2月13日 (土)

冬季オリンピック開幕

今日から、冬季オリンピックが始まりました。日本はいくつメダルを取れるか・・・、特にフィギィアスケートは期待がかかりますね。

さて、冬季の競技は見ていて結構華やかですが、危険もいっぱい。夏の競技でも格闘技系のものや団体球技などでは事故もあるでしょうが、冬のものそれ以上に感じます。スキーの滑降コースもスピードがとても速く、転倒や衝突で大事故に。ジャンプもしかり、スケートなども。今日の開会式で、公式練習で怪我を負った選手が亡くなったという話も。選手団は喪章をつけての行進・・・。痛ましいですね。そういう危険な競技でも精いっぱい練習をしてきた選手達の活躍を祈ります。

また、日本のスノーポードの国母選手の服装問題・・・。あれは・・・。日本国内では「それぐらいいいのでは・・・」という意見もあるのに、出場辞退問題にもなったのですね。確かに、最初の記者会見で、記者に毒づく態度はよろしくないと思いますが、彼はずっと競技に関しては真剣な取り組みをしていたようです。大相撲の朝青龍の「品格」問題が取り座されていた矢先なので、風当たりが強かったのかも。

ただ、出場辞退・・・にまでなるのでしょうか。開会式や閉会式、その他の場面で外国の選手のちょっと品格を欠いた態度・・・、よく見かけます。確かにああいうものをみると、子供たちに夢を与える選手としてはどうかと思うこともあります。

今回は、単に服装の問題。日本では「服装の乱れは規律の乱れ・・・」と言われてきました。日本の精神としては、まず身なりはしっかり整えてからでないと健全にものは育たないと教育もされてきました。しかし、そのある意味「押しつけ」があらゆる面において、個性や成長を妨げる結果にもつながっていないでしょうか。

スポーツ選手でも、日本がなかなか逸材を出せないのも、何かそういう「画一的」なところから始めているのが原因の一つになっていないかと思うところもあります。「まず、こうでなければいけない」というところを押しつけるところ。もちろん、基本的なところはしっかりと教えるべきです。最初は画一的であっても仕方がないところもありますが、あまりにそれを固持しすぎるのもどうかと。

国母選手にもいろいろと反省すべき点はあると思います。それゆえ、入村式や開会式への参加を自粛したということで、いいのではと思います。外見はどうであれ、彼が今まで必死に練習をしてきたことは変わりないのですから、参加辞退・・・ということまですることはないのです。

あえて、彼についていろいろいうなら、日本の政治なんてどうかな~と思います。外見は立派でも、内面は品格も何もあったものじゃない方達が平気で政治家になっているのですから、日本の習慣や伝統もどこへ行ってしまったのかな~と。

国母選手は試合に参加できるようになったので、ぜひ頑張って欲しいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チョコの試食

明日は、バレンタインデー。私にはあまり縁のない日です。以前は義理チョコ・・・というものもあったのですが、最近はそういう風習も無くなってきたようです。女性のみなさんも不景気の影響からか、本命だけで「お義理」は省略ということらしいです。その方がこちらもお返しが楽なのです。お返しは倍返しなので大変・・・。

さて、うちの娘も誰にあげるのかわかりませんが、チョコ作り。今は手作りチョコが流行っているらしいです。といっても、板チョコを溶かして形を変えるだけみたいです。

女の子なので、そういう手作りのものを・・・ということもやれるようにならないと、あとで恥ずかしい思いをするでしょうから、母親も応援。私も・・・と思ったのですが、キッチンから追い出されました。

遠目でみていると、「湯煎」が面倒なようです。温度は30度がラインのようで、これを超えると味が急激に落ちてしまうようです。あれこれとやっては失敗・・・。母親も娘がきちんとできるまで付き合っている様子。

私と坊主は失敗作がたくさん回ってきました。確かに湯煎に失敗したものは表面がザラザラしていたり、泡が固まっていたり。食べた感じも悪いです。

結局、成功作の試食品はなし・・・。

誰に渡すのか気になりますが・・・。

明日は、天気がよさそうなので、バイクでお出かけ日和。家にいないことにしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 8日 (月)

百貨店・・・というものがいずれなくなる?

西武有楽町店の閉店決定など、最近は百貨店の話題は暗いものばかり。私達の世代は、百貨店=デパート全盛期を経験しているのでとても寂しい感じです。

子供の頃は、休日に家族揃って百貨店に行くことが、唯一の楽しみみたいな感じの時代。百貨店には、子供心にも何でもあって、夢の場所。朝からみんなで身支度を念入りに。お昼には、レストランでお子様ランチを食べる・・・。屋上の遊園地で遊ぶ。これが幸福の象徴のようなものでした。

そして、私達が20歳代の頃はちょうどバブル全盛期。高いものが売れ出して、百貨店もより素敵な空間になりました。店舗数もどんどん増加そんな時代、

私は、百貨店が好きで、大学に入りすぐに百貨店のアルバイトがしたくて応募しました。憧れだったのです。接客の仕方もわからない学生でしたが、百貨店の方もものが売れて売れて・・・、売り場を拡張したり営業時間を伸ばしたりで、「猫の手も借りたい」状態。私のような田舎の学生でもすぐに採用になり、売り場に出ました。失敗ばかりでしたが、結局4年間居ました(契約の関係で、繁忙期メインでしたが)。あの時は楽しかったですね。社員の方も、同じバイトの人もみんな楽しそうに働いていて。土日が休めない宿命は辛そうでしたが。

今の百貨店は、社員で売り場に居る人はほとんどいないのではないのでしょうか。当時は、食料品や衣料品の高級店のテナント以外はほとんど社員。そして私達のような百貨店で採用したバイト。それが、百貨店は場所を提供するだけになり、ほとんどテナントの入るビルになっている感じです。

すでに、三越や東急では百貨店という名を捨て、専門店ビルに業態変更しているものもあります。

結局別の業種に就職した私ですが、出張や旅行・帰省のたびにその街の百貨店を覗いてみる・・・ということも必ずやっていました。

いつからなのでしょうか百貨店が大きく変化したのは。やはりバブル崩壊からでしょうね。知らないうちに、百貨店の売り場の広い範囲が電器屋になっていたり、衣料品の量販店が入ったり。

地下が食料品、1~2階が婦人服関係、3階が紳士服、4階が家庭用品、5階が食堂、6階が屋上遊園地。これが、一般的な構成の百貨店。ショッピングモールの専門店形式だとどの店が何の専門店なのかを確認したからでないとよくわからない・・・。この一般的な構成は、私達世代にはずっと染み付いているものです。

休日に私の家族は、百貨店に出かける・・・ということもあまりなくなりました。近くに百貨店もあるのですが、どちらかというとモール型の店の方が多いです。価格も安く・・・。包装紙のみで10%以上違うのであればやはり。

また、地方の場合ももっと深刻でしょうね。県庁所在地でも百貨店のないところも今後たくさん出てくるのでは。

自宅付近で、都市型百貨店と郊外型モールを併せたような、髙島屋玉川店(私がバイトをしたところです)と東急たまプラーザ店がリニュアルをして何とか踏ん張っています。髙島屋もだいぶ変わりましたが、何とか百貨店の良さは出しているみたい。東急は、専門店もかなり入れていますが、建物全体を百貨店のロゴで囲い、百貨店のイメージを保とうとしています。

そうそう・・・、バイト時代に覚えた包装の仕方、今でもできますよ。今は、あらかじめ包んであったり、エコ運動で簡素化されている・・・とのことです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年2月 7日 (日)

「湘南」ってどこを指す・・・。

「湘南」というと、いいイメージがありますが、どこからどこまでなのでしょうね。発祥の地は「大磯」らしく、基本的には相模川の西側が過去の定義だったようです。それが、「太陽の季節」とか加山雄三さん、サザンオールスターズの登場で、江ノ島あたりから平塚・茅ヶ崎あたりが中心地的。湘南高校は藤沢市に。

逗子・葉山・鎌倉市は湘南ではない・・・、ようです。神奈川県の行政区分でも、湘南は藤沢市から西、鎌倉市と逗子・葉山は「三浦横須賀地域」になるようです。鎌倉市・逗子市とも鉄道は横須賀へ通じています。江ノ電の沿線の海岸沿いはとてもきれいで湘南のイメージがありますが、鎌倉市と藤沢市で分かれるのですね。車のナンバーは鎌倉市は「横浜」ナンバー、「湘南」ナンバーは箱根あたりまで・・・。

ということで、前置きが長くなりましたが、今日は横須賀・鎌倉・逗子・葉山・鎌倉・藤沢方面へ出掛けました。

私の家のあたりは、風がまだ強くとても寒かったのですが、横須賀へ出ると暖かな日差し。

ルートは、第三京浜都筑→横浜新道→横横道路佐原→三浦サンサンライン(250円は高かった・・・ETC不可だった)→国道134号→国道467号大和→国道246。

201002071301000

国道134号沿いの葉山町からみた富士山です。今日はとてもきれいに見えました。

201002071302000 201002071302001

ここは、横須賀市と葉山町の境のあたりです。南側の横須賀市秋谷ということろに「マーロウ」というレストランがあり、ここのプリンはとてもおいしいのです。以前は家族でよく買いに来ていました。1個600円以上しますが、器のビーカーは軽量カップになって便利です。今日はバイクなので買えません。この次にします。マーロウは「南葉山」となっています。南葉山なんて地名はないのですが、葉山の南で「横須賀市秋谷」よりは聞こえがいいのでしょう。

201002071351000 201002071351001

鎌倉市の腰越付近です。江ノ電の唯一の併用軌道区間です。国道134号を江ノ島方面へ行くとここは通りませんので、実際にバイクで通ったのは初めてです。電車が通っている時は慣れないと恐いかもしれません。ここまで来るのに、相変わらずの渋滞。材木座を過ぎて、腰越の手前までが渋滞。緩いアップダウンが多いので、速度も落ちるのでしょう。

201002071401000

新江ノ島水族館の先にある駐輪場です。藤沢市のこのあたりはバイクや自転車の駐輪場が充実しています。それも無料なのでライダーにはありがたいですね。

そこから、湘南台から大和まではまた渋滞。246は少し流れが良くなりましたが、今日は時間的に余裕があったので、下道経由で100キロちょっとのツーリングでした。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年2月 6日 (土)

ピット作業は、夕方が狙い目らしいです。

先週のブレーキパッド交換に続いて、今週はフロントタイヤの交換。土曜日限定でブリジストンが割引なのです。タイヤもいろいろあって別にブリジストンにこだわる必要はないのですが、リアタイヤと揃えた方が、基本的には良いとのことで、しばらくはブリジストンに。

BT-021のフロントタイヤ・・・、と思って用品店で探したのですがありません。タイヤのサイズはたくさんあるので・・・、サイズが3つとも揃うのはないです。2つは合っていても・・・。あきらめて取りよせにしようとしましたが、店員さんがまったく別のところに置いてあったものを発見。これがマイバイクの適用サイズ。まずは一安心。

今は、消耗品のセールをやっているので、ついでにスパークプラグも交換することに。38,000キロぐらい走っていて、交換したのは1回だけ。定期点検でも交換必要とはいわれませんでしたが、セールの時期に・・・。一般のものだと、1本あたり割引で350円ぐらい。それが4本なので高くなります。イリジウム合金のものだと、1本で定価が1,500円ぐらい。割引でも4本になればそれなりのお値段。イリジウムのものは、燃焼効率がよく、燃費が良くなる・・・とのことですが、長持ちをするわけではないらしいです。そして、私のような普通にダラダラ走る人には、そり良さもあまり感じられないみたいなので、一般のものに交換です。

タイヤの交換の工賃は、フロントだけなので1,600円ほど。ただ、プラグの交換工賃は、タンクを外さないとダメみたいなので、3,000円以上もかかりました。プラグは安いのに工賃は高いのですね。

ところで、ピット作業をお願いするわけですが、どの時間帯が混んでいないか・・・。先週のブレーキパッドも、その前のチェーンも申込の受付をして会計をしてから約2時間待ち。そこから作業です。特にセールの日の日中は混むのが当たり前。ならば開店後すぐ・・・。というのも、結構混むんだそうです。確かに午前中に作業をしてもらい、その後遊びに行く・・・、みんな考えること同じ。それに、朝一は予約の人も居て、待ち時間も長く・・・。

今日、私が行ったのは午後4時半頃。午後6時に受付終了。1時間半前なので、2時間待っても7時頃には終わる・・・と覚悟していきました。それが何とたったの30分待ち。タイヤとプラグの交換なので、作業時間は1時間くらいかかりましたが、待つだけで2時間ということにはなりませんでした。スタッフの方に聞いたところ、状況にもよるようですが、15~16時は狙い目なそうです。みんな出掛けている時間なので。特に今は冬で寒いためか、17時~受付終了までは比較的待ち時間が短いらしいです。

オンシーズンになったり、セール品の種類によって変わるので、一概に夕方が空いているとは言い難いようですが、朝から行っても2時間待ち、昼から行っても2時間待ちでは、その日がつぶれてしまうから大変。

別の日にものだけ買って、取り付けは後日予約をして・・・というのが賢いみたいですが、そう簡単にはいかないです・・・。

とりあえず、マイバイクくんの消耗品交換ひと段落。次はオイル交換。販売店のオイルリザーブサービスですが、こちらも予約していかないと、すぐにはやってくれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 1日 (月)

大雪

今日の雪は結構凄いですね。東京でこんな雪は珍しいかも。

東京23区と横浜は3~5センチの積雪との予報ですが、3センチでも一面に降れば大変なものです。まあ、私の故郷の盛岡に比べればたいしたことはないのですが。

私の家は、横浜市でも山の方なので、神奈川県西部地方の天気に近いです。なので、もう少し積雪があるのかも。

201002012300000 201002012301000

我が家付近の雪の様子。車で走るのは少し怖いかも。

201002012303000 201002012303001_2

田園都市線です。

明日の朝には晴れるとのことですが、電車遅れないといいです。少し早く出掛けないと。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »