« 「湘南」ってどこを指す・・・。 | トップページ | チョコの試食 »

2010年2月 8日 (月)

百貨店・・・というものがいずれなくなる?

西武有楽町店の閉店決定など、最近は百貨店の話題は暗いものばかり。私達の世代は、百貨店=デパート全盛期を経験しているのでとても寂しい感じです。

子供の頃は、休日に家族揃って百貨店に行くことが、唯一の楽しみみたいな感じの時代。百貨店には、子供心にも何でもあって、夢の場所。朝からみんなで身支度を念入りに。お昼には、レストランでお子様ランチを食べる・・・。屋上の遊園地で遊ぶ。これが幸福の象徴のようなものでした。

そして、私達が20歳代の頃はちょうどバブル全盛期。高いものが売れ出して、百貨店もより素敵な空間になりました。店舗数もどんどん増加そんな時代、

私は、百貨店が好きで、大学に入りすぐに百貨店のアルバイトがしたくて応募しました。憧れだったのです。接客の仕方もわからない学生でしたが、百貨店の方もものが売れて売れて・・・、売り場を拡張したり営業時間を伸ばしたりで、「猫の手も借りたい」状態。私のような田舎の学生でもすぐに採用になり、売り場に出ました。失敗ばかりでしたが、結局4年間居ました(契約の関係で、繁忙期メインでしたが)。あの時は楽しかったですね。社員の方も、同じバイトの人もみんな楽しそうに働いていて。土日が休めない宿命は辛そうでしたが。

今の百貨店は、社員で売り場に居る人はほとんどいないのではないのでしょうか。当時は、食料品や衣料品の高級店のテナント以外はほとんど社員。そして私達のような百貨店で採用したバイト。それが、百貨店は場所を提供するだけになり、ほとんどテナントの入るビルになっている感じです。

すでに、三越や東急では百貨店という名を捨て、専門店ビルに業態変更しているものもあります。

結局別の業種に就職した私ですが、出張や旅行・帰省のたびにその街の百貨店を覗いてみる・・・ということも必ずやっていました。

いつからなのでしょうか百貨店が大きく変化したのは。やはりバブル崩壊からでしょうね。知らないうちに、百貨店の売り場の広い範囲が電器屋になっていたり、衣料品の量販店が入ったり。

地下が食料品、1~2階が婦人服関係、3階が紳士服、4階が家庭用品、5階が食堂、6階が屋上遊園地。これが、一般的な構成の百貨店。ショッピングモールの専門店形式だとどの店が何の専門店なのかを確認したからでないとよくわからない・・・。この一般的な構成は、私達世代にはずっと染み付いているものです。

休日に私の家族は、百貨店に出かける・・・ということもあまりなくなりました。近くに百貨店もあるのですが、どちらかというとモール型の店の方が多いです。価格も安く・・・。包装紙のみで10%以上違うのであればやはり。

また、地方の場合ももっと深刻でしょうね。県庁所在地でも百貨店のないところも今後たくさん出てくるのでは。

自宅付近で、都市型百貨店と郊外型モールを併せたような、髙島屋玉川店(私がバイトをしたところです)と東急たまプラーザ店がリニュアルをして何とか踏ん張っています。髙島屋もだいぶ変わりましたが、何とか百貨店の良さは出しているみたい。東急は、専門店もかなり入れていますが、建物全体を百貨店のロゴで囲い、百貨店のイメージを保とうとしています。

そうそう・・・、バイト時代に覚えた包装の仕方、今でもできますよ。今は、あらかじめ包んであったり、エコ運動で簡素化されている・・・とのことです。

|

« 「湘南」ってどこを指す・・・。 | トップページ | チョコの試食 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26675/47514100

この記事へのトラックバック一覧です: 百貨店・・・というものがいずれなくなる?:

» 百貨店各社がお客さん集めに苦労しています  [中年サラリーマンお父さんの日記]
百貨店が中古PC販売会や店内ツアー等々集客に四苦八苦しているとのことです。価値観の多様化が進み、購入方法も様々な方法がある現代において百貨店というのは購入箇所としての選択肢にはなかなか入ってこないと思います。しかもこの不景気ですから。実際自分のことを考えてみると、独身貴族時代から子供が小さいころまでは経済的にも余裕があったので、百貨店でブランド物を買っていましたが、今はトンとご無沙汰です。今行く店...... [続きを読む]

受信: 2010年2月11日 (木) 21時28分

« 「湘南」ってどこを指す・・・。 | トップページ | チョコの試食 »