« 月島のメロンパン | トップページ | 相模原市が政令指定都市へ »

2010年3月27日 (土)

2010東京モーターサイクルショー

2010東京モーターサイクルショーの前売券を買おうと思っていたのですが、最近忙しく忘れていて結局当日になり、チラシの割引で入場。

初めて行った3年前は、いろいろと面白くかったのですが、年々つまらないものに。目玉のバイクがあまりないのです。バイクプームも不況の影響で去ってしまい、企業自体にも元気がない状態。

各メーカーのブースも人はいますが、活気がなく、スタッフも互いに話をしていて、積極性もない感じでした。いつものようにカタログ集めをしましたが、あまり面白いものもありません。

その中で私が注目していたのは、ドゥカティのコーナー。ストリートファイターというちょっと凄いバイクに興味がありました。ドゥカティはネイキッドタイプでもかなり前傾姿勢。ストリートファイターはネッキッドというよりもSS仕様なのですね。ただ、コンパクトでいい感じ。200万以上なのでとても手が出ません。

国産メーカーブースは・・・。スズキに隼が展示させていますが、以前はまたがるだけでもかなりの行列でしたが、今回はそんなでもなくすぐに。というかどこのメーカーも人気車はちょっと待てばすぐに順番が来ます。ホンダは新たに出した「CB1100」が目玉。CB750の後継車のようですが、何となくおもしろくない感じ。基本的にネイキッドが好きな私ですが、お金があっても買おうとは思わないもの。しきりに乗りやすさとか外見の美しさなどといった懐古調のデザインを強調していますが、そんな感じが今の売りなのでしょうか・・・。

私自身は、本心は、SS車に憧れますが、私の技量では乗れません。ならば、姿勢が楽で、それなりのパワーのあるビッグネイキッドに・・・というのもの。CB1300SFはそういう面で好きなバイクです。デザインではヤマハのXJR1300が気に入っているので私のバイクはこれ。CB1100は、「美しい」とか「コンバクト」とか言っていますが、「パワー」とか「大きさ」とかそういうものを全面に出す時代は終わったのですね。

ヤマハのプースも相変わらず面白くないですね。ワイズギアのコーナーの方を広くとっているみたい。VMAXもヤマハブースでは少し行列でしたが、ワイズギア仕様のコーナーはガラガラ。

正直言って無理していく程のものではなかった感じです。

その後、バイク用品店のナップス幸浦店で、駐車場を解放して夜10時までのイベントをやっているということで、行ってみることに。買いたいものもあったし。

ビッグサイトのショーは閉館の18時までいたので、会場についたのは19時頃。その時間にはもう駐車場は満車。まさかこんなに来場者があるとは思っていなかったようで、誘導にてんやわんや状態でした。

いよいよバイクシーズンの到来ですね。

2010_03270001

ビックサイトの中です。以前は、興味のあるバイクの写真を撮っていたのですが、今回はあまりなく、最後にここに来た証拠写真として撮影。

2010_03270002

ナップス幸浦店の駐車場。凄いバイクの数でした。

|

« 月島のメロンパン | トップページ | 相模原市が政令指定都市へ »

バイク」カテゴリの記事

コメント

すんません、SS仕様とかSS車というのはどんな格好のバイクなのでしょうか。

いやま、「ネイキッド」といわれても、それどんな形のバイク?という位の人間なのですが。あっ、これはAAさんの愛車がネイキッドなんですよね。

投稿: チェス | 2010年4月 1日 (木) 13時18分

チェスさま

いろいろな言い方があるようなのですが、SSというのはスーパースポーツタイプ。
自転車でいうと、普通の通勤・通学タイプがネイキッド。トライアスロン用のタイプを少し一般的に道で走れるようにしたのが、SSタイプというみたいです。SSというよりは、「レーサーレプリカ」というのが正しいのかな?

投稿: AA | 2010年4月 2日 (金) 22時12分

どうもありがとうございました。

だいぶイメージがわきました。
自転車にも色々なタイプがありますが、純粋にレースに使用するようなのと実用的なのの中間に「ロードレーサー」というのがありますよね。
あんなの、と思えばよろしいのでしょうか。
性能的には二輪のレースにも使われるのに近いけれど、普通に公道を走り実用OKですよ、という感じでしょうか?

投稿: チェス | 2010年4月 5日 (月) 13時15分

厳密にいうと、SSという部類は、オートバイのレースに使用されるようなものの公道版なのでしょうが、クルマのレースに使われるようなものをスーパースポーツ車といっても、イメージが違うと思います。バイクもレース用のものをそのまま使用したら、周囲は恐いですよね。なので、レプリカなんだと思います。乗車姿勢しレース用みたいに前傾姿勢のものが多く、私は眺めているだけならいいのですが、とても乗れません。自転車のたとえも、本来は競輪とか、自転車競技用のものとすればいいのでしょうが、ブレーキがなかったり、極端にタイヤが細かったりするレース用よりも、トライアスロン用のものがイメージとしては近い感じです。

投稿: AA | 2010年4月 6日 (火) 00時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26675/47927692

この記事へのトラックバック一覧です: 2010東京モーターサイクルショー:

« 月島のメロンパン | トップページ | 相模原市が政令指定都市へ »