« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月27日 (土)

2010東京モーターサイクルショー

2010東京モーターサイクルショーの前売券を買おうと思っていたのですが、最近忙しく忘れていて結局当日になり、チラシの割引で入場。

初めて行った3年前は、いろいろと面白くかったのですが、年々つまらないものに。目玉のバイクがあまりないのです。バイクプームも不況の影響で去ってしまい、企業自体にも元気がない状態。

各メーカーのブースも人はいますが、活気がなく、スタッフも互いに話をしていて、積極性もない感じでした。いつものようにカタログ集めをしましたが、あまり面白いものもありません。

その中で私が注目していたのは、ドゥカティのコーナー。ストリートファイターというちょっと凄いバイクに興味がありました。ドゥカティはネイキッドタイプでもかなり前傾姿勢。ストリートファイターはネッキッドというよりもSS仕様なのですね。ただ、コンパクトでいい感じ。200万以上なのでとても手が出ません。

国産メーカーブースは・・・。スズキに隼が展示させていますが、以前はまたがるだけでもかなりの行列でしたが、今回はそんなでもなくすぐに。というかどこのメーカーも人気車はちょっと待てばすぐに順番が来ます。ホンダは新たに出した「CB1100」が目玉。CB750の後継車のようですが、何となくおもしろくない感じ。基本的にネイキッドが好きな私ですが、お金があっても買おうとは思わないもの。しきりに乗りやすさとか外見の美しさなどといった懐古調のデザインを強調していますが、そんな感じが今の売りなのでしょうか・・・。

私自身は、本心は、SS車に憧れますが、私の技量では乗れません。ならば、姿勢が楽で、それなりのパワーのあるビッグネイキッドに・・・というのもの。CB1300SFはそういう面で好きなバイクです。デザインではヤマハのXJR1300が気に入っているので私のバイクはこれ。CB1100は、「美しい」とか「コンバクト」とか言っていますが、「パワー」とか「大きさ」とかそういうものを全面に出す時代は終わったのですね。

ヤマハのプースも相変わらず面白くないですね。ワイズギアのコーナーの方を広くとっているみたい。VMAXもヤマハブースでは少し行列でしたが、ワイズギア仕様のコーナーはガラガラ。

正直言って無理していく程のものではなかった感じです。

その後、バイク用品店のナップス幸浦店で、駐車場を解放して夜10時までのイベントをやっているということで、行ってみることに。買いたいものもあったし。

ビッグサイトのショーは閉館の18時までいたので、会場についたのは19時頃。その時間にはもう駐車場は満車。まさかこんなに来場者があるとは思っていなかったようで、誘導にてんやわんや状態でした。

いよいよバイクシーズンの到来ですね。

2010_03270001

ビックサイトの中です。以前は、興味のあるバイクの写真を撮っていたのですが、今回はあまりなく、最後にここに来た証拠写真として撮影。

2010_03270002

ナップス幸浦店の駐車場。凄いバイクの数でした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年3月23日 (火)

月島のメロンパン

東京の月島といえば、もんじゃの街。もんじゃストリートは観光名所になっています。

さて、22日に辰巳のプールで、スイムEKIDENという水泳の大会があり、その打ち上げで月島でもんじゃを食べようということに。

いつもは地元に戻っての打ち上げなのですが、今回はリレーだけで1レースの参加。それが済むともう終わりなのです。個人的に応援をしたいチームもありましたが、早くレースが終了し、私も翌日仕事なので、早めに解散・・・。

せっかく月島なので当然もんじゃ・・・。予約もしていないので、店大丈夫かな~と思いながらも時間的に丁度休憩時間の店も多く、開いているところは満席。もんじゃストリートをさまよいながら、何やら行列が・・・。売っているのは何と「メロンパン」。月島ってメロンパンが有名なのかな~。

店を案内してもらう途中で、店員さんに尋ねると「クソうま~」(ちょっと表現が変なのですが、とてもおいしいということなのでしょう)とのことなので、帰りにみんなでお土産にしました。メロンパンもいいのですが、アップルパイもおいしそう。それぞれを買って帰りました。

メロンパンは一般的には「もちもち」感があるのですが、ここのはサクサクしています。冷たくなってもその感覚は変わらず。いや~穴場でしたね。アップルパイもかなりいけます。

当然、もんじゃもおいしかったです。まだ明るいうちからビール。私は基本的に家でもあまりビールは飲みませんが、泳いだ後のビールはなぜか美味しい・・・。もんじゃもつくり方難しいところもありますが、ビールによく合う・・・。

辰巳での大会の後は、やはり月島でもんじゃとメロンパンですね。

※メロンパンの店は↓のところです。

http://r.tabelog.com/tokyo/A1313/A131302/13050014/

久栄(きゅうえい)というお店です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月21日 (日)

タイヤロック再び・・・の悪夢。

バイクでもクルマでも、急ブレーキを掛けると、タイヤがロックされ制御できない状態になります。今は、ABSというロック防止システムがついているものも多くありますが、私のバイクにありません。また、ABSが装備されていても必ずしも万全ということではないらしいです。

さて、今日箱根までバイクでかけ一旦家に戻り、またバイクでスポーツクラブへ出掛けた時のことです(電車で行けばよかったのですが)。国道246を南下途中、自転車がかなりのスピードで走っていました。自転車といっても、ママチャリではなく、競技用タイプのようなもの。一般道ですので、それほど私も速度をあげていないのですが、自転車も速度は結構でていた様子。その自転車、何となく車線の中央まで出て来ているので、イヤな感じ。少し速度を上げて追い越し。ただ、その先に信号があり、私はそれを左折するので、後ろの自転車との距離が気になり、バックミラーで確認。

そこに隙がありました。バックミラーで後方を確認し、前を見たら、脇から別の自転車が左折して合流。前方にも後方にもクルマはいないので、ゆっくり入ってきた感じです。左折してもすぐにスピードが出ないので、道路の真ん中で体制を立て直ししている感じでした。私のバイクとの距離はほんまわずか・・・。思わず私は急ブレーキ。

そのとたん、タイヤがロックしてリアタイヤが大きく横滑り状態。下り坂の加わってかなりの時間振り子のように揺れている感じ。タイヤとアスファルトの摩擦音も聞こえて・・・。もうダメ・・・・と思った瞬間です。

たぶん、死ぬことはない・・・とは思いましたが、「転倒するな~」という意識。転んだら、怪我をするのだろうか・・・とか、バイクどれぐらい損傷するかな~など一瞬ですが考えます。でもまだ揺れています。

反射的に、ハンドルから力を抜いて、ニーグリップだけ強めにして・・・ブレーキは触らず、そのまま身を任せて・・・・、どうにか踏ん張りました。

当の自転車の方は、何食わぬ顔で、私の横滑りをみている感じ。「この野郎・・・・」と思いながらも、こういう場合は自転車には特に過失はないので、ここで転倒しても私の自損事故になります。

以前にも、こういった経験は少しありましたが、今回は滑る大きさも長さというか時間もあり、ちょっと大変でした。原因は、私ブレーキ操作。それほど強く掛けたわけではないのですが、バランスが悪かったのでしょう。最近、運転で油断をしているのでいい教訓になりました。

その後、スポーツクラブに行って、いつものレッスン。今日は苦手なものなのですが、その前にこんな経験をしたので、バイクも身体も無事だったことを思うと、わりに大胆にやることができ、それなりに満足だったかも。

常々思いますが、自転車もクルマも人も、バイクってあまり意識していないですね。私もバイクに乗る前までは、バイクがいろいろな方向から来ることなんて気がつかなかったです。また、バイクは「遅い・・・」と認識しているドライバーが多いこと。私がバイクで近づいているのに、無理やり車線変更をして来るクルマも。ルームミラーでかなり遠くに見えても、大型バイクは結構速いのです。そういうことって教習所で習った・・・。でも忘れています。

どっちの責任・・・ということを問題にしても、事故は未然に防がないといけません。なので、バイクに乗る場合は、あらゆることを想定しておかないと、自分だけが損をする事故に合ってしまいます・・・。このあたりで、少し意識を改めようと思いました。

201003211323000 201003211323001

今日の箱根は、強風と黄砂のため、曇りがち。バイクにもたくさん砂がついています。早めに洗車しないといけませんね・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月14日 (日)

沼津みなと新鮮館

今週の週末は天候に恵まれ、ポカポカ陽気。土曜日に家族サービスを終わらせ、日曜日はバイクでお出かけです。

土曜日に比べ気温は低かったのですが、日差しは日曜日の方がたくさん。ということで、今回は沼津まで。

沼津だと、私の家から時間的にも距離的にも手頃のところ。大都市近郊区間から高速に入るので、横浜青葉から沼津の手前の裾野インターで降りると1,050円。裾野から沼津までは国道246号でいくとそれほど時間もかかりません。

沼津の目的は、千本浜海岸でのんびりと海をみることです。

昼前に着いたので少し早いランチは、千本浜海岸の手前の魚市場付近で取ります。ここ、寿司の有名店が多いところですね。11時頃なのに、車が渋滞。そんな中でみつけたのが、「沼津みなと新鮮館」。1年前にオープンした観光用ショッピングモールです。沼津仲買商協同組合が作ったもので、地元の水産物をはじめ農産物や名産を販売しています。

周辺の飲食店は、グルメ雑誌にも載るような店で行列も凄く値段も高い・・・。ならばとうことで、この沼津みなと新鮮館でランチタイム・・・。

2010_03140007 2010_03140009

「あじや」という組合の直営店の日替わりランチ。今日は伊豆産の真サバの塩焼き。これで、500円です(税込、20食限定)。量が多いわけではないですが、とてもおいしかったです。これ、東京だと500円じゃ無理ですね。施設内には回転寿司屋もありましたが、2~3皿で500円なんてすぐに越えてしまいます。

2010_03140008 2010_03140010

魚市場前の風景です。ここで売っている海産物は、安くていい品物なのでしょうか、単価が高いです。ちょっと手が出ませんでした。

2010_03140013 2010_03140015

魚市場から少しに、沼津港の内港の防波堤があり、そこも観光スポットになっています。左側がそれ。右側は千本浜海岸です。沼津は、若山牧水や芹沢光治良のゆかり地で祈念館もあるのですね。今回は素通りしましたので、次回は入館してみたいと思っています。

ところで、この「沼津みなと新鮮館」BGMになかなかカッコいい曲が流れています。しかし、良く聞いてみると「沼津~みなとの新鮮館~」とか店の名前を連呼したり。不思議に思ってインフォメーションセンターへ行ったところ、この施設のイメージソングで、「飯田徳孝」という人が歌っています。この曲のCDを無料配布。私ももらってきました。

曲だけ聞くと、とてもノリのいい感じ。詩を聞くとなんだかパロディみたい感じです。しかし、こういうオリジナルソングを作るというのは、ここの組合気合いが入っていますね。確かに今、沼津市は以前より活気がなくなったようです。ただ、高速料金が下がったことで東京から気軽に来られるところ。観光で盛り上げようとしているのでしょう。

動画と歌詞のリンクを貼っておきますので、よろしければ・・・。

動画http://www3.tokai.or.jp/noritaka/page018.html

歌詞http://www3.tokai.or.jp/noritaka/page017.html

※帰りの東名・・・、まだ渋滞になる時間でなかったのですが、大和トンネルの手前で渋滞。もう・・・と思ったところ、3台のクルマの玉突き事故。まだ警察も来ていない様子なので、事故直後でしょう。追い越し車線での事故でしたので、真ん中のクルマに後ろのクルマの部品が食い込んでいました。結構スピード出ていたのでしょう。乗っていた人は大丈夫だったのでしょうか・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月11日 (木)

「ターザン」水泳特集再び

マガジンハウス社から発行されている雑誌に「ターザン」というものがあります。本日発売の553号は久々に水泳の特集です。

題して「水泳7stepドリル」。サブタイトルで「水泳なんて、カンタンだ!」。

ターザンは、日常生活からできるダイエットやトレーニングの記事をメインにしています。一時はブームになりましたが、その後下火。しかし最近メタボ対策特集などでまた人気が出てきた様子。過去にターザンで毎年1回は取り上げてきたのが「水泳特集」。2・3年続いていましたが、ここ数年は特集無し。マシントレーニングやランニングなど陸トレメインのものになってしましました。

アールビー社(旧ランナーズ社)から初心者~中級者を対象にした水泳雑誌の「SWIM」が発行され、こちらに読者が移動した感もあります。

ただ、ターザンの特集とSWIMの違いは、SWIMは水泳専門なので、ある程度水泳をやっている人が興味を持てるもの。まったく水泳なんて・・・と思っている人やこれから水泳をやってみたいな~と言う人が手には取って見ても、購入するまでに至らない・・・。その点、ターザンはトレーニング系の総合誌。何となくトレーニングに関心のある人や、これから何かやってみたい・・・とか叶わない夢とはしりつつも、理想の身体をつくりたい・・・と思っている人にはとっつきやすい雑誌です。

私が水泳をはじめてからもう、7年になります(7年もやっているのに・・・・、というのが悲しいところですが)。そのきっかけは、電車の中である方が読んでいた、ターザンの水泳特集。それを見て、私もターザンを買って・・・というのがきっかけ。季節もちょうど今頃。それは、今から練習するとちょうどシーズンまでには泳げるようになるという計算。

私が最初にターザンの特集を見た時は、クロールメインでしたが、4泳法すべて掲載されていました。今年はクロールのみの特集で、より初心者にも優しい感じです。

水泳って(子供の頃からずっとやっているような方は別として)学校の体育の授業でしかやったことがない人

は、しばらく泳いでいないと興味がなくなるか、「何となく泳げる~」という意識だけは持ち続けるもの。私もそうでした。ターザンを見て、学校の体育の時に不自由はしなかったので、何となく泳げるだろう・・・と。それから、スポーツクラブに入り、プールのフリーコースでびっくり・・・。25メートルはおろか20メートル泳いで息がハアハアの私。周りの人は凄く上手いし速い。私なんかもうお邪魔虫。思い切って、レッスンに参加したら、まったく未知のことを教わるし。バタフライなんてどうやって泳ぐかまったくわからなかった。

それからいろいろなレッスンに参加し、長い距離も泳げるようになり大会にも参加して。結構長い道のりでした。ターザンの特集を見て、ふとその時のことが思い出され、とても懐かしく・・・。今回の特集、内容は簡単・・・とはいっていますが、内容的には濃いことも書かれています。これをマスターするにはかなり練習しないと・・・と思えることもあります。ただ、書き方・見せ方が上手いのがターザン。何となくその気にさせる記事がたくさん。私は、きっかけは何でもいいと思います。上手くできようができまいが、ターザンを見て、何となくできそうな気持ちになってプールに行くことからはじめられれば、そこから水泳の楽しさを知ることができれば・・・。

他に、首都圏・近畿圏の公営プールの案内もされています。それを見るだけでもおもしろいです。みなさんも機会があったら、手に取ってみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 9日 (火)

東京メトロ明治神宮前駅

通勤で利用する東京メトロ副都心線。渋谷の次が明治神宮前。

副都心線は新しい駅で、もともと千代田線の駅。JR山手線の原宿駅の乗り換え駅となっていますが、メトロの駅は明治神宮前。

なぜ違う名前なのかはわかりません。敷地が明治神宮の土地を使っているのか、初詣客がわかりやすいようにというものなのかどうなのでしょうね。

今月6日に、副都心線のダイヤ改正で、今まで各駅停車しか止まらなかったのが、土日祝日のみ急行電車が止まるようになりました。休日に原宿・表参道方面を利用する方のニーズに合わせたのでしょうね。

さて、もうひとつ変化が・・・。駅名が「明治神宮前<原宿>」となったのです。原宿・・・という名を全面に出しました。

Sha1003052119019p11

こんな感じです(東京メトロホームページより転載)。他の看板もみなこんな感じ。車内アナウンスでも「次は、めいじじんぐうまえはらじゅくです」と。

日本橋で「高島屋前」、水天宮前で「東京エアーターミナル前」、上野広小路で「松坂屋前」、赤坂で「TBS前」など、アナウンスと駅名看板では別枠で表記がされることがあります。これは企業の協賛によるもの。原宿は地名なので、この類とは別に、そのままの表記になったのでしょう。ならば、思い切って「原宿」にしたら・・・と思ったのですが、それはできない様子です。

公式発表では「原宿」のイメージを広めるため・・・とのことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 7日 (日)

確定申告

先週、会社を早退して税務署へ確定申告の手続きに行ってきました。

私は、給与所得者で今の会社以外からの収入はないので、確定申告はありません。今回の目的は、医療費控除の申告です。

今までは特に意識していなかったので、こんなことはしていませんでしたが、昨年は私をはじめ家族がいろいろと病院通いをしたので、領収書の計算をしていたら10万円を超えていました。

下の坊主が産まれた時、妻は帝王切開で、その後しばらく入院しましたのでかなりの費用がかかりました。ただし、健康保険が効き、その他に健保組合から高額医療補助が支給されたため、基準ギリギリ。また、出産費用も健保組合から補助金が支給され、補助支給金額は申告時に控除されるため、対象外。

手続きも面倒なので、たいていの方はあまり意識していないのでは・・・と思います。健保組合での高額補助は、同じ月内で同一の機関で支払いが一定基準を超えた場合に限り私のところは自動的に還付金が受けられますが、その基準通りにはならず、昨年は対象外。

計算しても、4~5千円ぐらいしか還付金がないので、今年はどうしようかと思いましたが、それだけあれば、いろいろと買うこともできますし、これだけ税金の無駄遣いが騒がれているので、少しでも取り戻そう・・・ということです。

医療費控除は、通院にかかった交通費も対象になるようですが、これって申告どうするのでしょうね。税務署の係りの方の聞いたところ、用紙にその旨を書いてください・・・とのこと。行った病院の回数とバス・電車の運賃を記入。これ、「だいたい」でいいそうですが、そんな感じで本当にいいのでしょうか…少し疑問です。

税務署はやはり混んでいます。私の地区のところは、申告相談や書類のチェックはプレハブの建物。提出は本庁舎。17時までに行けば大丈夫だろう・・・と思って16時頃に行ったのですが、相談などのプレハブの建物は業務終了。係りの人は「混雑具合によって、早く業務を終了する・・・」という案内は事前してしています・・・・。ということを来場者にいい、ひと悶着も。民間のところだと、業務終了時までに建物に入っていれば受付はしてくれますが、こういうお役所は業務終了はその時間に業務が終わることを指し、それを見越して打ち切りにするのですね。まあ、今の時期の税務署は、17時で受付業務を終了しないと、その後の書類のチェックが大変・・・。

事前に書類を作成していかなかった私は、書類提出窓口の脇のスペースで書類書きから。会社から発行される源泉徴収票を提出するので、記入項目はそのとおり書けば・・・よいみたいです。医療費の内訳は、機関別に合計額を書いて、領収書を袋に入れます。何とか時間内に記入が終了して、提出。わからない部分は未記入です。提出の時に教えてくれるでしょうから。

私の番になり、未記入分を記入したら・・・・「AAさん、今回は納税になりますね・・・・」と係りの方。「納税」つまりさらに税金を支払わないといけないこと・・・。変じゃないですか、医療費控除を受けに来たのに、さらに税金を払わないといけないのですか?だまっていればよかったのですか?そのまま控除申告をしないと脱税なんですか?そうしたらみんな脱税?と詰め寄りました。何度か計算して、所得控除や基礎控除を計算していなかった様子。でも私は、記入例どおりの記載をし、源泉徴収票も添付していますので問題はないはず。結構面倒なのですね。

やっと問題が解決して終了。還付見込は5,000円弱です。申告はパソコンでもできるようですが、ネット申告はカードリーダーと住民基本登録カードが必要。プリンターがあれば申告書だけは自動計算してくれる仕組みがあるものを使って作成可能。また、受理印をその場でもらわなくてもいい人は、時間外でも税務署のポストに入れればいいみたいです。

今年は・・・、今日までですでに40,000円の医療費負担。結構医療費は高いです。たぶん来年も医療費控除を申告することになります。領収書は必ず取っておきましょう。薬局で市販の風邪薬を購入した場合も控除対象になるようです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »