« 相模原市が政令指定都市へ | トップページ | 鉄道地図 »

2010年4月 2日 (金)

親知らずを抜く

今日は、左下の親知らずを抜くために会社を休みました。半休でもよかったのですが、娘の春休みももうすぐ終わるので、ついでに。

かかりつけの医院では、抜歯が難しいというので、近くの口腔外科のある総合病院へ。紹介状を持っていったのが1月末。それから予約をしてやって今日です。

親知らずの隣の歯が虫歯になり、それに食い込んでいる親知らずも虫歯・・・。隣の歯の治療は終わり、あとは詰め物をするだけ。型も取ったのですが、親知らずが邪魔しているのでそのままに。応急措置をしていたので、今は痛くないのです。

親知らずの抜歯と言っても、顎の神経付近を触ったり、歯ぐきを切開したり、骨を削ったりするので、口腔外科の範疇。一応手術ということに。同意書も必要になります。

さて、時間になりまず麻酔から。この麻酔の針が歯ぐきに刺さる時が痛い。凄く痛いのです。麻酔が効いてから抜歯手術。麻酔が効いているとはいえ、歯をぐりぐりとやる感覚は伝わります。私の場合は、かなり癒着して部分もあり、親知らずを割って抜き出す・・・。

ドリルのようなもので削っている様子が耳まで響いて痛いです。「毎日抜歯していますが、今回は難易度が高いです・・・」と先生。20分ぐらいを手術は終了。抜歯した歯を見せてもらいましたが、先の方が虫歯になっていて黒くなっていました。やはり抜かないといけなかったのですね。

うがいをしても真っ赤な水になり、出血はしばらくとまりません。患部に綿を噛んでいると、真っ赤に。それは普通なのだそうです。歯茎も少し切開したので傷口を少し縫いました。これは来週あたり抜糸。

明日は、消毒のために再び病院へ行きます。

痛み止めと化膿止めの薬をもらいましたので、今はそれで痛みがありませんが、そのうち出てくるかもしれません。

抜いた歯をもらってきたのですが、家で見ているうちにゴミと一緒に捨てられてしまいました。残念・・・というか何というか。

抜歯手術ですが、保険の3割負担で薬代を含めて4,500円弱でした。

|

« 相模原市が政令指定都市へ | トップページ | 鉄道地図 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

連投失礼します。(あっ、三連投・・)

こんだけ医療技術が進歩したのに、未だに患部に直接薬を届けるのは注射というのはどうなの?と思いますよね。特に歯医者の麻酔注射は、確かに痛いし、注射をしている時間がものすごく長く感じますね。
同様に局所麻酔の注射は痛いですよね。だいぶ前に耳の下に何やらできものができて、街医者の外科から紹介状を書いてもらって大学病院の形成外科で取ってもらいましたが、麻酔の注射がえらい痛かった・・

投稿: チェス | 2010年4月 5日 (月) 13時25分

少しよくなりましたが、親知らずを抜いて、顔が腫れて大変です。今も奥歯のあたりが痛いし、口を大きく開けることもできないので、ものをろくに食べることもきついです(ダイエットにはちょうどいいのかも)。1週間ぐらいでよくなるそうですが、あと4日もあり、じっと我慢です。

投稿: AA | 2010年4月 6日 (火) 00時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26675/47978241

この記事へのトラックバック一覧です: 親知らずを抜く:

« 相模原市が政令指定都市へ | トップページ | 鉄道地図 »