« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月31日 (土)

バイクと「面会」してきました。

事故から1週間経ち、レッカー移動されたバイクに面会してきました。痛々しい損傷個所がたくさん。このバイクの損傷の大きさが、私の身体を軽傷にしてくれた・・・と思うと少し涙が出てくる感じです。

バイクはクルマと違い、板金ができないので交換が主となる修理。エンジンの部分も部品交換のためクルマよりは高めになります。大部分が交換・・・。見積金額は税込で99万。ショップの方に、交換修理をした後、バイクの性能はどうなるのか・・・と尋ねたところ、今まで走った分の劣化分は回復できないが、事故前の状態にはなる・・・との話。部品が交換になれば、ほとんど新品同様になるのです。

ただし、よいことばかりではありません。修理までには様々な問題が。

まず・・・、過失割合が私にもあるので、「過失相殺」制度により、損害額に対しての割合で支払われる保険料から、私の過失分が差し引かれることです。それぞれの損害額に対して過失割合に応じて支払われるわけではない・・・少し納得行きませんが、保険というものはそんなものだそうです。

そして評価額との差額の問題。これは特約保障なので、特約がなければ、今の評価額以上の修理代は出ないこと。今、私のバイクの盗難保険の補償額は69万円。修理の見積額が99万なので30万の差。相手が特約に入っていなければここが問題。これは私が相手に対する場合と同じで、相手は古いクルマでしたので・・・。私もバイク保険はこの特約は入っていませんので。車両保険に入っていない・・・ということは事故の翌日相手から聞きましたので、相手のクルマの修理代も気になるところ。

相手に直接、差額分の請求交渉をしても、車両保険に入っていなければ、車の修理代もかかり、その上差額金の請求はしにくいです。

また、バイクは交換修理のため、使っていれば当然発生する傷や損傷個所まで、交換によってなくなるため、走行距離による劣化があっても外装などは新品同様になります。つまり「もうけ」になってしまう・・・。保険会社もここのところを突いてきて、交換費用を認めないケースもある・・・とのこと。

まあ、これは交渉により変わるものらしいので、保険会社の担当に頼むしかないです。

交渉が決裂して長引く場合には、和解案として同程度の中古車購入を前提として、過失割合に応じて和解金を決めることもあるようですが・・・。

ショップの店長は「今は、高年式でいいバイクたくさんありますよ~」とのこと。中古であっても、走行距離は今の私のバイクよりも少ないものたくさん。

ちょっと気に入った色のCB1300SFも展示したあったし、こころが揺らぎます。価格も70万円程度なので、保険金+修理した時の自己負担金で賄えるくらい・・・。これもひとつの方法ですね。

最後に、もう一度マイバイクくんと対面。いろいろと眺めているうちに・・・・、やっぱり直してでもこれに乗りたい・・・・という気持ちが・・・。悲しそうに私を見ている感じで、どうしても別のバイクに・・・という気持ちにはなれませんでした。

修理の場合は、ほとんどの部品交換なので相当の時間がかかるようです。保険会社との交渉もかなりかかりそうなので、しばらくはバイクには乗れません。道でバイクに乗っている人を見ると・・・・、複雑。

その後、事故現場の前のラーメン店に食事を兼ねて、先週のお礼のあいさつに行きました。あの時店内にいらしたスタッフの方もいて、お礼を。また店長もあいさつに来てくれて。あそこのラーメンとギョーザは美味しいので、また食べに行きます。

その帰り、駐車場から246へ出るところ。私が行った時間帯は誘導の方がいましたが、あの時はいませんでした。深夜なので当然。

駐車場の右側は隣家の塀があり、左車線は見通しが悪いです確かに。右車線の方が見やすく、あの時バイクで直進していた私のこと・・・気がつきにくかったかもしれません。

今日は、クルマで自宅周辺を走りましたが、側道から交流してくるクルマ、あぶないと思う瞬間がたくさん・・・。私も少し神経質になっていますが、クルマだったら接触だけで済むかもしれませんが、バイクは転倒するので被害が大きい・・・。バイクに乗っている人はわかるでしょうが、クルマだけしか乗らない人はそんなことはわからないかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月30日 (金)

事故から1週間

先週のバイクでの事故から1週間。早いですね。身体の方のアザはだいぶ消えましたが、事故当初とは違うところが痛み出してきます。

全身の打撲(といっても軽度)とはそういうものでしょうか。

保険の書類も何通か送りました。私の保険の方は結局相手との対物のみ。人身については相手の自賠責の結果を見て、会社どうしの差額があれば支払う・・・という感じのようです。以前、駐車場に止めていたバイクが損傷した時は、相手が100%の過失なので、私の保険会社は支払う金額がないので、示談交渉やその他何もしてくれませんでした。今度は、私にも過失割合が発生するので、損害額の確定・過失割合の決定等わりと時間がああります。人身だけは過失割合がないので、迅速に動いている・・・。

さて、夕方バイクを搬送した販売店から電話があり、修理代見積金額を聞きました。「ちょっと驚かないでくださいね」という前置きがあり、99万円だそうです。エンジンに損傷が発生したのでその分高くなる・・・という内容。新車を購入するのと同じくらい・・・。新車の場合は工場で流れ作業でつくりますが、修理の場合は部品代と技術料がそれぞれかかるので、割高に。バイクはクルマと違ってむき出しの車体(特にネイキッドタイプは)なので、転倒するとそれだけ損傷が多くなります。

保険会社に頑張ってもらって私の過失割合が10%としても10万円の出費。修理しないで、補償金をもらって、中古が買えるくらいです。

ただ、ここで問題が。私のバイクは新車でしたが、2007年式なのでもう3年経っています。その分の査定減額があり、見積金額の満額が損害分として認められないかもしれないとのことです。任意保険の特約に「対物全損時修理差額費用特約」がついてあれば、50万を限度に過失割合に応じて保障されますが、相手がこの特約をつけていないと保険金からは私に、保険会社の査定した金額でしか支払われません。この分を相手から請求するにはどうしたらいいのでしょうね。保険会社はそういう交渉はしてくれないでしょうね。示談書にハンコを押さなければやってくれるのでしょうか。

もし特約があったとしても、この適用は「修理」が前提。修理をしないで、中古を買うことにすれば、査定額での支払い。どちらにしても、出費や相手との交渉が必要になってきます。

私にしてみれば、相手の弱点である「当て逃げに対する上申書を書いた」ことを盾にとり、保険外で賠償して欲しいところもあります。ただし、いずれにしても相手の車の修理費もかかり、さらに・・・というのは心苦しいところ。たぶん、私が強く言えば払ってはくれそうなのですが、弱みに付け込むのも・・・。

そして、今は私の方が過失が少ないと思っていても、どうなるかわかりません。過失割合が増えればそれだけ負担も。

このバイクを買ってもう3年で42,000キロ。この機会の程度のいい中古車に乗り換えるのも手です。エンジンに傷もあり、それは修復できないらしいし・・・。

でも・・・、バイクが壊れてくれたおかげで私のケガは軽かったのかも・・・と思うと。そして、ずっと一緒に走ってくれたものをそう簡単には・・・という思いの方が強いです。このバイクを買った時、ずっと一緒に・・・と思い、最近では10万キロまで・・・なんて。

外装は、すべて交換なのでまたきれいになるのでしょうが、エンジンの調子はどうなるのでしょうか。私の技量では特にパワーは必要ないかも・・・。

やはり修理してまた乗りたい・・・と感じています。

明日、見積書の確認に「面会」に行ってきます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月27日 (火)

MRI

ということで、今日は整形外科と脳神経外科を受診しました。

整形外科では、首と腰のレントゲン。腕や肋骨・脚は今普通は歩いて病院に来た・・・ということと、簡単に触診でOK。折れていれば、腫れや痛みでこんな感じで受診はできないとのこと。首と腰は慢性化するので、交通事故の場合はそこが重点なようです。

腰は普段から鈍痛がありましたが、今回の事故でさらに悪化することもあるということで、週1回ぐらいで簡単なリハビリマッサージ。これは、事故の扱いということで、私の負担はありません。とりあえず、首と腰の骨には異常はありませんでした。

頭も大学病院゛てのCTで異常はなかったのですが、今回はMRIで精密検査。様々な角度からの撮影。これ、結構音が凄いですね。ただ、CTに比べかなり精密に診断が可能とのこと。これも自由診療扱いだからできるのでしょうね。

診断の結果、以上はないそうです。ひと安心・・・。

しかし、意外なことを先生から・・・。

「脳が少し萎縮していますね・・・。これは加齢によって出て来ます」

そういえば、最近物忘れも激しくて・・・、もうすぐボケるのでしょうか・・・ショック。テレビのクイズ番組などで記憶力テストなどはまったくダメです。「脳トレーニング」しないといけないかな~。

それと、「脳梗塞」の心配・・・。私の体型を見て・・・、そろそろ危ないと判断されました。

来月、脳血管検査をします。こちらは自分の健康保険です。

今日、会社を休むことを損害保険会社の方に言ったところ「休業補償」もあるとのこと。ただし、こちもも会社の証明が必要。やはり理由をちょっといいにくいのでやめました。5,700円だそうです。

また、慰謝料ということで、病院にかかった日に対して、8,400円が支払われるようです(マッサージの時は、4,200円)。結構もらえますね・・・。この分はバイクの修理代に(過失割合が0ではないので・・・)なんて言ったら、また怒られますね。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

交通事故の時の医療費

今回の交通事故で、はじめてわかったこともいろいろ。

まず、医療費。相手がある場合は、基本的に自賠責から支払うものと思っていましたが、健康保険も使えます。ただし、健康保険はみんなの掛金で運営されているので、自賠責制度がある場合は、そちらを使うべきでしよう。

健保組合のガイドブックを読むと、保険診療扱いにして、後日保険組合が負担する分は自賠責から支払われ、個人負担分も立替分として返還されるようです。また、自賠責や任意保険で支払えないくらいの金額になると、健康保険で賄うこともできるしくみです。

結局は支払金額は同じなので、どこが負担するかだけの問題・・・と思っていたらそうでもないようです。自賠責だけの場合は、自由診療となり通常の保険診療点数の1点=10円が、1点=20円になります。つまり、医療機関は健康保険よりも「儲かる」ことに。なので、個人診療所などは、自賠責扱いで、軽度の患者は歓迎されるようです。なので、ここが痛い・・・とかいうと、「要通院」と簡単に診断してしまう。まあ、治療上必要・・・なこともありますが。

私の場合、事故当日に救急でかかった病院ではあくまでも応急的な診察だったので、近所の診療所で一度検査を・・・と思い、今日休みを取りました。半日で済むと思いましたが、整形外科はこのあたり高齢者が多くなったので混み合い、脳神経外科も同じ。結局終日会社は休みました。

平日なので、相手の保険会社から診療を受ける医療機関に電話をしてもらい、保険会社と契約をしているところであれば、請求は私ではなく直接保険会社へ。なので私の会計はありません。自賠責の限度の120万円の間なので、整形と脳神経外科に行きたい・・・と言ったところすぐに手配をしてくれました。

ただ、保険会社が対応していない夜間や休日、大学病院や大きな総合病院は一旦患者が全額負担。まあ、それはシステム上の問題なので仕方ないとしても、最初にかかった大学病院はちょっとなっとくいきません。

最初に夜間受付で、健康保険が使えるか・・・と聞いたところ、「使えない・・・」との返答。私は良く知らないのでそう思うしかない・・・。ただ、よくよく聞いてみると、「使えない」のではなく、夜間なので対応ができない・・・だけのこと。交通事故の場合に健康保険を使うには、一旦健保組合に連絡して、各種書類を提出できるかどうかが条件。事故証明書は自分で警察に行かないといけないし、会社の承認が要ります。しかし、それだけのことです。私の場合は、深夜にバイクで・・・・と会社に言いにくいこともありますが、別にやましいことはないです。夜の担当者が「夜間は確認が難しいので、いったん全額支払ってもらう・・・」というのはわかりますが、健康保険が使えない・・・というウソを言った(担当者は本当に知らなかったのかも)のは問題ではないのでしょうか。

たとえ、システム上健康保険が使えないにしても、平日の昼間に健康保険組合に問い合わせるように・・・とか、外来の会計で聞いてみて欲しい・・・とはなぜ言わないのでしょうか。私は、今日そのあたりを大学病院の会計に尋ねてみると、健康保険が使えることは知っていましたよ担当者。それじゃ返金してくれるの・・・と聞いたところ、健康保険組合に私が確認した上で、その担当者の名前がわかれば大丈夫といいながら、如何にも返金ができないような配慮のない返答。

私は、健康保険組合にも確認をして、名前も聞いているし、案内には健康保険が使えることになっているのに、どうして「使えない・・・」と言ったのか・・・と詰め寄ったところ、「保険が使えないところもあるので・・・」という返事。それでは返事にはなっていないでしょう。私は「使える組合」ですから。そして、ただ担当者の名前をいうだけでいいのであれば、病院は倍額の医療費が欲しいだけなのでは・・・。

私も少し感情的になってしまいましたが、この大学病院は「キリスト教精神に基づき・・・」とかなんとか言っていますが、こちらから何も言わなければというか知らなければ患者の利益になることは知らせず、金を取ることだけに執着しているのでは・・・と。それがギリスト教なら、キリスト教はそんな宗教だったのかと疑問も。これは言い過ぎとしても、そんなものなのでしょうかね。結局、健康保険が使えない・・・と言ったことが事実ではないことは認めましたが、それに対しての謝罪の言葉はありませんでした。

損害保険会社は、少額の場合は、健康保険が入ると手続きが保険会社も当事者も面倒になるので、自賠責でことを進めます。何も知らなければ、そのままハイハイと言って、大きな病院なら、一旦高額な医療費を立て替えます。

健康保険を使っても診療内容は同じなら、何も倍額を医療機関に支払う必要はないのです。それとも一般診療所のように大学病院などの大きな病院も自賠責扱いだと2倍の料金なので、ちょっと違った診療をしてくれるのでしょうか・・・。

私は二度と交通事故で病院にかかりたくはないですが、今度はその点をしっかり確認してみたいと思いますが、ちょっとクレーマーでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月24日 (土)

もう、バイク乗れないかも。

今のところ、身体が打撲症状で痛いのですが、脳の損傷はないようなので、大丈夫な感じですが、しばらく様子をみないとわかりません。

レッカー移動されたバイクは一時保管され、販売店の工場で修理がされます。ただし、保険会社の調査があるので、それからの作業。販売店に電話をして、「直りますか?」と聞きましたが、現物をまだ見ていないのでわからない・・・との返答でした。

バイクでの事故の感じがわかったので、少し恐怖もありますが、逆にもっと慎重になればまた乗れる・・・とは思います。あとは修理が可能かどうか・・・。

こんな話をしていたら、家族から猛反発。最初に、みんなを和ませようとして、「転倒した時、バイク大丈夫かな~、修理代高いな~と思っちゃった」なんて言ったのでそこから・・・。「私達家族のことは思わなかったわけ?」から始まり・・・。今回はゴソゴソと抜けだして深夜に走ったので余計に機嫌が悪いというかばつが悪いです。

昼間に、きちんとみんなに言ってから出掛けている時のこともいわれ「いつも心配しているのに・・・・、もういい加減そんな思いはさせないで・・・」とか、普段ろくに口も利かない娘もこの時とばかりに「お母さんがどんな思いをしていると思うの・・・」と責め立てます。

まさか「お前らのために、オレが働いているのたから、少し好きなことをしてもいいだろう・・・」と心では(ちょっぴり)思っていても、決して口には出せません。じっと我慢。

バイクの修理には1か月以上はかかりそうだし、ちょうど暑いのでしばらくほとぼりが冷めるまで・・・・とは思っていますが、どうでしょう。9月はバイクで行きたいところがあったのですが、無理かな?

| | コメント (7) | トラックバック (0)

相手と再び会う

帰宅して、それから疲れがどっと出たので寝ました。昼頃まで寝て、携帯に相手から電話があり会いたい・・・とのこと。

私は疲れていたし、後は保険会社に頼むのでいい・・・といいましたが、どうしても会いたいというので、駅前のカフェで。4つ先の駅の方らしいです。家の呼んでもいいのですが、こういう時は外の方がいいのです。

こういう時は「すくに先方に会って、見舞いと謝罪を・・」というのがある意味常識なのでしょう。今回は、逮捕・・・と脅され、私ず上申書を書いたのて、そういう意味でも。

相手は謝罪するだけで私も何と言ったらよいか。たぶん私の家族が被害者だったらいろいろと言うでしょうが、私の場合は、私にも過失はあるでしょうし。幸いには今は何でもないし。

ただ、これは相手によりますね。私から見て相手の方は、とても素直に謝罪しているので、こちらも恐縮してしまいます。ただ、相手から見て私は一応怪我をしているので、今はいい顔していても、いずれ後遺症がどうだ・・・などしつこく言ってくるかもしれない・・・という気持ちはあるでしょうね。

それにしても、バイクは恐いですね。クルマだと車体の破損だけで済むことも多いから。

転倒すると、その怪我の他に、後続車に轢かれるのが恐い・・・、でも私は幸運だったかも。ヘルメットはフルフェイスは正解でしたね。

そして、ジャケット。メッシュのものでしたが、擦れたり破れはありません。結構丈夫。中にソフトパッドが入っていたので少し衝撃を吸収したかも。これがなかったらもっと痛かったのかな?

軽いバイクだと、飛ばされるらしいですが、大型バイクだったので、それと一緒に転倒したので良かったのかも。

一応、示談内容の希望はいいました。対人保険で、私の治療費は過失割合に応じた額と人身傷害保険でだいたいカバーされるようです。

問題は双方の車の保障。車両保険に互いに入っていないので、過失割合で全額は出ません。バイクの修理については、私の希望としては当て逃げについての上申書を考慮してもらい、私の負担金分を示談金にして欲しいです。ヘルメット等の破損については対物の範囲で構いません・・・・。

相手は、それはもう・・・・という感じでしたが、示談は保険会社が入るのでこの場では決められません。とりあえず私の希望だけ伝えて別れました。

おいしい水羊羹の詰め合わせをいただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

病院へ

交通事故は、その時大丈夫でも後からいろいろと・・・とよく言われます。

その時大丈夫だった私ですが、たんだん身体の節々が痛くなります。ラーメン店の方から病院に行った方が・・・といわれ、救急車を呼びますか・・・。と言われましたが、一旦帰宅することに。事故現場からは、相手方のお父さんの運転するクルマで自宅まで送ってもらいました。

みんな寝ていました。妻に「こんな時間までどうしたの」と言われ。事故現場から電話はしていなかったのです。簡単に事情を話して。どこに病院へ行くか・・・ということで近所の総合病院は「医者がいない・・・」ということで「お役に立てないかも・・・」。そんなものですよね。そこで、大学病院へ。ここも電話をしたら、一応当直の医師はいますが、急変した患者がいると診察できないかも・・・という内容。それでもとりあえず、坊主を娘に任せて妻と一緒に病院へ。

看護師さんの問診で、「ヘルメットのタイプは何ですか・・・」と聞かれました。私はフルフェイスだったのでず、形状によって対応が異なるそうです。

しばらく待って、診察。研修医の先生・・・。別の先生がフォローをしています。頭を打ったかどうかは・・・、よくわかりません。頭痛はしませんし、気を失った感じはないです、少しめがかすみますが、メガネが合わなくなってきたのと、事故が深夜なので眠気もあります。瞳孔の動きや会話の状態から、大丈夫ではないか・・・とのことでCTはとらなくても・・・と。ただ、保険の関係があるので、頭部CTと胸部のレントゲン撮影を。

結果は、脳内出血はない・・・とのこと。研修医の先生もそういうネームプレートをつけているからか、専門の先生にも診ていただきましたのでと添えます。確かに別の先生が入っていくのを見ました。胸部は、肋骨の骨折はありません。ただし、小さな骨の骨折は撮影の角度でわからない・・・。私の感じでは打撲の強いもので骨折ではないかな?骨折だと電気ショックのような痛みがあるし・・・。腰と脚も痛くなってきましたが、歩けないことはなく・・・。ちょうどバイクの教習で転倒しまくっていた時のじわじわくる痛みに似ています。

交通事故は健康保険が効かず、一旦自費払いになります。持ち合わせがギリギリでしたが60,000円もかかりました。その時には気がつかなかったのですが、保険診療では1点10円ですが、交通事故だと1点20円計算。病院に電話しても、保険会社に電話しても休日なのでわかる人がいませんでした。こちらも月曜日以降に確認です。

しかし、保険会社は緊急手配は無休対応ですが、診断書はどうするのか・・・とかそういうことを聞いても休日は担当者不在でダメです。事故って休日も多いのでは・・・と思います。そういう時こそ、いろいろと頼れる存在が欲しいのですが・・・。

検査がすべて終了して病院を出たのが6時ぐらい。

事故は深夜の1時30分頃。現場から自宅へ帰宅したのが、3時頃。病院に到着したのが4時ぐらいと・・・。大変な夜でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「逃げたら」アウトです。

事故の続きです。

警察の事情聴取があり、いろいろと話。はっきりとその時の状況は・・・よくわかりません。走行中だとそなんものでしょう・・・。あくまでも私の感覚です。直進していて、急に横からクルマが出てきた・・・としか。手前に信号機がありますが、それは青。これは覚えています。速度は・・・。ここ少しスピードでるところですが、これもよく覚えていません。それほど出でいなかったと思います。制限速度は60キロのところです。たぶんそのくらいは。

バイクの損傷個所を調べられて、店の人も実際見ていないにしても音がしたので、私の単独事故ではないと証言していましたが、相手不明で処理が続きます。店では、街頭する人のレシートを見せていました。飲酒運転の可能性があるかどうかを確認するためのようです。

それからレッカー車が来て、移動の準備をしているところに、もう一台パトカーが。中から若い男性が降りてきました。警察の方が、「この人があなたと接触した人です」と。そして、すごい剣幕で「謝れ・・・」と。その方も神妙に詫びています。私はどうしたらよいかわかりません。一応ビンビンしているし・・・。その後右後方がへこんだクルマが来て、その方の父親という方がやってきました。

なんでも、接触した時に、恐くなってそのまま逃げたらしいです。その後、父親に付き添われて警察署に来たとのこと。きっと私がそのまま死んだと思ったのでしょうか・・・。

父親は壊れたクルマを見て、「この傷だと駐車場から出て真っすぐになった時に接触したのでしょう」としきりに言います。そうだとすると、路上に出たクルマに私が突っ込んだので、私の方が過失割合が高くなります。肉親として少しでもかばいたい気持ちがでるのでしょうね。

しかし、警官は「お父さん、素人がいろいろと言わないでください。この傷だと側面上で接触していますよ。駐車場から出て来たのであれば、優先道路に対する進路防妨害なんですが・・・」。これには私もびっくり。私もどれぐらいの位置で接触したかはわかりません。

優先道路であれ、私も前方不注意・・・ということになり、過失割合があることには変わりないです。

話はこれで済みませんでした。警官が「どうしますが、人身事故にしますかそれとも一旦物損にしますか・・・」「人身を後で物損には変えられませんが、物損を人身には変更できます」

ここまでは良かったのですが、その後の言葉に衝撃・・・。「人身にするなら、今この人をここで逮捕します。当て逃げですから・・・」。そう言われた私も驚きましたが、相手方も表情がこわばります。私は何と答えたらいいのかわからないので・・・。

道交法が改正され、「救護義務違反」ということの罰則が厳しくなったようです。過失割合がどうであれ、私がバイクで転倒して、後続車に轢かれる恐れがあることは明らかな状態であり、そこから立ち去ることは、ひき逃げ(あて逃げ)になるのだそうてず。また、後から出頭しても、事故があってから、現場に警察官が駆けつけた時にいないとそれも救護義務違反となる・・・。知りませんでした。たぶん私がそこで喚き散らすとこの人逮捕になったのでしょうか・・・。

私は保険会社の再度相談して、一旦物損として後日相談ということにしました。警官も、「後で示談で、その分を賠償してもらうといいですよ・・・」とのこと。ということで、私はパトカーの中で、「上申書」というものを書かされました。内容は、事故の事実と、逃走したことについての刑罰を希望しないということです。

結局警察は、接触事故については、互いの保険会社で決めるため、それほど介入せず、私が死亡していないので、事件性はない・・・。ただし、「逃げたこと」を重要視して、その事実に対して、厳しく相手を取り調べていました。もし、相手がそのまま現場にいて、きちんと対応していたら、私に対してもいろいろと調べられたと思います。バイクはあまり有利ではないようなので。

ずっと私は、その場では気の毒な被害者・・・・でした。

とにかく、どんな場面でも逃げたらアウトです。逃げたくなる気持ちはわかります。でもダメ。飲酒だと余計逃げたくなる・・・のでしょうが。今回の相手は飲酒はなかったのでこの程度で済んだようですが、飲酒だと私が上申書を書いても逮捕されるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ついに、事故・・・。

今までは、コンビニでちょっと接触したとか、自分でコケた・・・という程度でしたが、それほどたいしたことはなく・・・。また、ここ1年はまったくそういう事故もなく無事だったのですが。

まず、私があの時間に出掛けたのが行けなかった。それは金曜日の夜・・・。あまりに暑いし、最近は朝から暑いので、夜に涼しいところへ行こうと思ったのが間違い。

娘は起きていましたが、妻はもう寝ると言っていたので、私はゴゾゴソと支度をして。最近はみんなあきらめているから・・・。

夜に箱根峠まで行き、あまりの涼しさにいい気分になり、東名で横浜青葉インターから自宅まてせもう少しの国道246号。

少し人気のラーメン店があるのですが、そこの駐車場から勢いよく出てきたクルマをよけ切れず、接触して私は転倒しました・・・。こういうシーンは今まで結構ありましたが、だいたいよけ切るか、手前でブレーキが効いたのに・・・。

今回は「あ~ダメだな~」と思いました。結構音がして。クルマにぶつかりそのまま隣の車線に出るだけ~なら・・・、でも衝撃は大きく転倒。幸い、前にはクルマはいましたが、隣にも後方にもクルマがいなくて、国道でしたが、転倒だけですみました。

あまりよく覚えていませんが、バイクが吹っ飛んで・・・ということではなく、跨ったまま倒れた感じです。

「あ~やってしまった」というショック・・・。でも早く何とかしないといけません。後ろから来たトラックが止まってくれて、運転手さんがバイクを起こすのを手伝ってくれました。ラーメン店のスタッフの方も出て来てくれて・・・。音結構したのですね。バイクは何とか動きましたのでガードレールのところまで移動して。

ふと思ったのですが、2車線の道で私が転倒したのは右側の車線。左側の車線は少し徐行していますが、クルマが通り過ぎていきます。かなり衝撃を感じたので、接触したクルマはどこに行ったのでしょう・・・。

バイクに跨ったままの感じで転倒したので、頭を打った感じはなかったです。少し滑ってヘルメットが擦れています。両側に傷がついているので、路面で首が回ったのでしょうか・・・。右胸が少し痛いですが、その時は平気です。

店の方が警察に連絡してくれそのまま待ちます。「ぶつかったクルマ覚えている?」と聞かれましたが、わかりません。「ナンバーは?」わかりません・・・。店の人が、あの時の客かな?と言っていましたが。

警察の方が来て・・・。車検証とか免許証を出して書類を作成してもらっているうちに保険会社へ連絡。レッカー移動を依頼しないと・・・。私も気が転倒していて保険会社の別のセンターに掛けたので、センターの人は「確認ができませんので、もう一度住所・生年月日など・・・」と拉致があきません。私の掛け間違いでしたので、本来のところへ。

こちらでは確認はできたのですが、手続きの準備のためいろいろと聞いてくる・・・。「お怪我はありませんか・・・」と親切心なのでしょうが、もう少し気が効いた迅速な対応ができないものか・・・と思ってしまいました。

初期対応ということで、レッカーの手配は終了です。

車両保険を掛けていないので、転倒した時に「あ~修理代高いかな~、お金ないな~」と瞬間的に思ってしまいました。このことがあとあと問題になるのですが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月19日 (月)

山手トンネルと茨城空港

この連休、暑かったですね。初日と二日目にうまく用事を済ませたので、今日はオフタイム。

早朝から茨城方面へツーリング。茨城空港を見てみたいということで目的地はそこ。距離的には我が家から富士市ぐらいの距離なので渋滞の前に帰ってくることができるかな~。首都高が混んでいなければ・・・。

家を6時に出発。結構暑くなっていますが、メッシュのジャケットに当たる風は少し肌寒いくらい・・・。東名の上り線は空いています。首都高に入り若干混んでいますが流れはいいです。池尻の先の大橋から山手トンネルに入ります。ここを通ると池袋まで直通で行けるので、今までのように谷町とか霞が関・竹橋を経由しないので楽かも・・・。大橋の入り口は下りのらせん状。慣れないと少し恐い感じ。そこからは一直線。外が涼しかったので中は暑い・・・。排気ガスもあり少し気持ち悪くなります。バイクにはちょっと辛いかも。

常磐道経由で、千代田石岡インターへ。そこから茨城空港までは国道6号を経由します。渋滞もあり大変。東関東道ができているようですが、友部経由で高速料金もかかるので、東京方面からは手前のインターを案内をしているようです。

201007190905000

ここが見学者用の駐車場。搭乗者用は舗装されていますが、見学者用は砂利です。でもなぜか搭乗者用のスペースにクルマがたくさん。

201007190909000

IBARAKIの文字。みんなよく間違えますが、「いばらき」なんですよね。決して「いばらぎ」ではありません。

201007190917000

飛行機らしきものはありません。先の方に自衛隊の百里基地があるようです。

201007190923000

韓国アシアナ航空のソウル線が毎日就航しているようです。神戸線はそのうち休止となり、国内定期便はなくなります。

201007190911000

まだ使い道のないカウンターが・・・・。

まだ8時台なのに、見学の人がたくさん。レストランは結構にぎわっています。みんなで空港を見に来ているのですね。

そこからは東関東道へ出て、北関東道で宇都宮まで。茨城県と栃木県は繋がったみたい。隣県ですが、以外と距離はあります。流れが良く、ついスピードが出てしまうような比較的真っすぐな道路。取締りはいなかったのですが、やはり恐いので控え目に・・・。

まだ昼前なのですが、今日は9時過ぎからギラギラと太陽が照りつけ・・・暑い。

出発の頃は、ジャケットを通る風が冷たいくらいなのですが、この時間になるとバイクで走行していても当たる風は熱風。どんなことをしても涼しくはなりません。そしてヘルメットの中の熱。走り続けるといいのですが、止まるととたんに顔から玉のような汗。フルフェイスはたまりません。シールドを少し開けて風を入れますが、あまり効果がない感じ。私はヘルメットが濃紺、ジャケットやパンツはメッシュですが黒。熱がこもるタイプなので辛いです。また、エンジンから吹きあがる熱で脚も暑い。空冷バイクは大丈夫?と思うくらいです。熱中症予防のため、パーキング毎に水分補給。500CCのペットボトルの水はすぐになくなります。トイレの回数も少なく・・・。

都賀から東北道に入り、早めの帰宅のクルマにより少し流れが悪くなってきました。ただ渋滞ではなくまあまあ順調。しかし、昼近くになると暑さはもっと・・・。

東北道で唯一群馬県に入る館林付近。昨日日本一の暑さで、今日も36度以上あったそうです。確かにここを通過した時、異様な暑さを感じ、そこから埼玉県に入ったところで少し暑さが和らぎました。

埼玉県の久喜を通過・・・、田園都市線の電車はここから出ています。急行だと私の家まで1時間40分。どれぐらいかかるか~(結局は同じでした。電車って結構速いですね・・・)と思いながらも。

首都高に入ったあたりから少し疲れが出てきました。東京スカイツリーもきれいに見えますが、暑い・・・。

板橋ジャンクション付近は、上り下りが激しく、最後が急カーブなので、いつも渋滞。暑さで、注意散漫の私・・・。クルマも急にブレーキをかけたりするので、車間距離をとるのが難しい・・・というかこちらがスピード調整ができていない・・・。

一瞬、ブレーキ間に合わないかな~とヒヤリ。急ブレーキを掛けるとタイヤがロックして・・・。でも今回はロックせずうまく止まりました。タイヤを変えて効果あり?ピレリーのエンジェル・・・凄い・・・。

再び山手トンネル。今度はトンネル内とても涼しいです。外が暑いのでそう感じたのでしょう。大橋の出口、上り坂なので渋滞・・・。三軒茶屋のあたりも上り坂で渋滞するので、ここは仕方ないところです。

帰宅したのが午後1時過ぎ。一番暑い時間帯・・・。ちょっと昼の時間帯はバイクは避けた方がいいですね。ジャケットの袖口とグローブの隙間と首筋だけが真っ赤に日焼けしていました。途中、ハーレーの方、半袖のTシャツにジェット型のヘルメット。涼しそうでしたが、ちょっと私にはできません。まあ、その方のスタイルと技量があれば服装は自由なんでしょうが・・・。

とにかく暑かった・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年7月18日 (日)

辰巳に来ています。

201007181114000

東京辰巳国際水泳場の前です。

201007181357000

この大会にはまだ参加は無理・・・と思っていましたが来てしまいました。

ちょっとこちらのプログにも書いてみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月17日 (土)

東名は早朝から渋滞

今日から3連休・・・。天気も上々。

3連休なので1泊ぐらいでどこかに行きたかったところですが、日曜日にジャパンマスターズがあるので・・・。そんなところに早朝のお誘いを受けましたので、早起きです。

6時に西湘パーキングなので、家を5時に出ると間に合います。246まで余裕・・・でしたが、東名に入った瞬間に・・・、渋滞。東名も連休の時は、朝から渋滞ということもありますが、まだ5時・・・。横浜青葉から横浜町田まで6キロ・・・。

道幅があるのですり抜けをしてもいいのですが、早朝で眠いので無理・・・。やはり安全第一。小田厚も取締りが多いせいか流れが悪いです。私もゆっくり・・・。

待ち合わせの6時を20分ぐらい過ぎて西湘PAに到着です。

もう暑い・・・。いつもご一緒するお二人のペースにはついていけないので、地点地点で合流。申し訳ないところもありますが、お二人ともご存知の上なので、私も甘えさせていただき、こちらも安全第一に。

箱根旧道へ・・・。ちょっとコーナーがきついのですが、だんだん路面が濡れて。誰もいないので、少し頑張って・・・ということもできますが、濡れた路面はやはり恐いです。そのままスローペースで目的地の箱根峠の道の駅まで。

下界は暑いですが、やはり山の天気は違いますね。気温は低くて快適でしたが、雨が少し前まで降っていたのでしょう。

201007170715000

今回は、車検の時にいろいろと疑問に思っていたことなどを教えていただきました。

私とお二人は横浜市のちょうど対角線の端に住んでいるので、帰りは箱根新道を出て、小田厚と西湘バイパスの分岐でお別れです。小田厚に入り、上り線はガラガラでついついスピードが・・・。バックミラーに白バイが見え、すぐに減速して・・・。白バイは素通りしてくれました。安心・・・。

厚木から東名に入り、上りの私はそのまま軽快ですが、下りは凄い渋滞。5時の時よりもひどくなっていますね。

梅雨明けして夏本番となりましたので、しばらくは早朝でも東名の下り線は渋滞が続くのでしょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月12日 (月)

「ねじれ国会」でもいいのでは?

参議院選挙が終わり、民主党が大敗(とマスコミはいっている)しましたね。

今回の国民の審判は、私の個人的な考えですが決して自民党がいいわけではないのですが、民主党の両院の安定多数に不安を感じた結果だと思います。

参議院はもともと「良識の府」といわれ、衆議院で議決したことを再度慎重に審議する場とされています。民主党が政権を取ってもまだ10か月。まだ民主党自体体制が不安定なところもあり、改革もこれから・・・といったところです。幹部もまだ経験不足。そんな中でいいことばかり思いつきのようにやろうとしても、無理があります。特に最近は、「とにかくやってみよう・・・」という考えが多かった感じも。ある意味そういう英断も必要かもしれませんが、今のように生活が苦しい時代に、冒険的なものはちょっと受け入れ難いです。

消費税の税率アップ・・・。そういう議論も必要かとは思います私も。財源がないのですから・・・。ただ、他の党が言っているように、その前に考えることがあるだろう・・・。

もし、今参議院も民主党の安定多数になると、なんでもすんなりと決まってしまう。「ねじれ国会」は政局の不安定・・・というデメリットが。いつまでも法案が通らない・・・ということも。ただ、それだけもめるなら議論が足りないのだと。

憲法改正の手続きや郵政民営化も、自民党の安定多数で国民に対するきちんとした説明もなく、数の力で決まったしまった感じ。

自民党政権時代でも、必要な案件は共産党まで賛成して決まっていることはたくさん。なので、きちんとしたものはねじれであろがどうであろうが決まるものは決まります。ならば、ねじれ国会はそれなりのメリットもあると感じます。

民主党の枝野幹事長は、民主党が多数を取っても数の力ではなく、野党と協調して審議をしていくのが基本・・・と言っていましたが、数の力を持っていれば、どうしても押し通す・・・ということもあるかも。

なので、私はこの結果に満足しています。

ちょっと脱線ですが、どうせ民主党が大敗したのだから、そのまま鳩山・小沢体制で選挙をして、その責任を取って、二人が辞め新たに菅さんが代表になればすっきりしたのに・・・と。

それにしても・・・、私の故郷の岩手選挙区。1人区ですが民主党の圧勝。それほど小沢さんの人気があるわけではないのですが、不思議な地域ですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年7月11日 (日)

レインスーツの効果

今日は、朝は陽が差してしたのですが、昼頃から雲行きがあやしくなりました。

車検後のバイクの調子も確認したいので、昼前からバイクでお出かけです。パラパラと雨粒が落ちてきましたが出掛けてしまったので、決行。念のため持参したカッパが役にたちます。

カッパ・・・というと何ですが、一応バイク用の「レインスーツ」。ゴールドウィンの型落ちのものを3年前に買ったものです。定価だと結構しますこれ・・・。

まだ246を走っている途中でしたが、カッパを着るかどうか迷う天気。半袖で走るビッグスクーターの若者もいるし。

今回の目的は、道志みちから山中湖方面。相模原市緑区になってからは初めて(別に変わりはないのですが)。東名に入り、港北PAでガッパ来ました。かなり大きいサイズなので、いつも持参するウエストポーチをつけたまま上から着られます。そうすると濡れません。

中は結構蒸れますが、走っていれば何とか。それに今日は日差しがないのでその分涼しいです。結局厚木から宮が瀬あたりまでは小雨。相模原市に入り青山交差点を左折し、ヤマザキデイリーで一旦カッパを脱ごう・・・。雨はほとんど降っていません。

ヤマザキデイリーに付き、カッパを脱ぎ身体を乾かして・・・。そのまま出発する準備をして・・・。みんなカッパなしで走っているし。いざ・・・と思ったところ急に雨足が強くなり・・・。

再びカッパを着ました。そこからは本降り。前に行ったバイクのグループ、カッパがないらしく、コンビニで雨宿り・・・。平地は晴れでも山は雨・・・というのが通常なので当然このあたりは雨。山梨県に入ると雨は強くなります。道の駅で休憩。一旦小降りになった雨ですが、また本降り。そこから山中湖~御殿場付近は「強い雨」でした。身体が痛い・・・、対向車の水はねで視界が急に悪くなる・・・。霧が出て、風も強い・・・。ちょっと大変でした。ただ、みんな速度ゆっくりなので、それについていけば私もゆっくりでペースは良かったです。

201007111447000

両国橋の山梨県側から。ちょっと見難いですが、向こう側は「神奈川県相模原市」という看板。それに「緑区」がつく。政令指定都市相模原市はここまで・・・。

201007111551000

バイクの先は、山中湖です。雨は本降りです。

須走まで行くと、そこから御殿場まで大渋滞。東名も御殿場から大井松田まで渋滞。その先秦野中井から横浜町田まで25キロ渋滞です。足柄SAで休憩しましたが、ここは強風で、工事中の柵やプランターが倒れていました。

雨の中はさすがに疲れたので、25キロの渋滞をすり抜けながら走る気力がなかったので、大井松田で降り、小田原まで行き小田厚経由で。こちらは流れがいいです。厚木からは渋滞ですが、横浜町田までまでの区間なので少しは楽です。

こんな雨の日に警察の取り締まりはない・・・と思っていましたが、私の脇を追い越して行ったクルマ、すぐ目の前で後ろからサイレン・・・。私も80キロ以上出ていましたが、走行車線にいて、前のクルマについていたので無事。私を追い越したクルマ、すくに減速して走行車線に入りましたが、やはり捕まったようです。

海老名で休憩しましたが、結局家までカッパは着たままでした。雨が強かったので、メッシュパンツには冷たく感じますが、自分の汗で蒸れた以外は、上下とも濡れませんでした。グローブは、防水でないのでぐっしょり。休憩のたびに絞っていましたが、無駄。ヘルメットのシールドは内側が曇ります・・・。

カッパを着て走り、パーキングで脱いで身体を乾かして休憩・・・というものなかなか面白いですが、やはり危ないので、雨の日は出掛けない方がいいようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

投票証明書

今日は、参議院議員選挙の日でしたが選挙の投票を済ませると「投票(済)証明書」というものをもらえるのをご存じですか?

法的に決まっているものではないのだそうですが。

これです↓。

201007120024000

横浜市のものです。

もともとは、過去に自民党や労働組合が投票したかどうかを後から調べるため使ったものだそうです。

今日は、娘の中学へ投票に行ったのですが、前回の市長選挙や衆議院選挙の時と同じく、あそこの係りの人の態度はとてもよくない・・・。

まず、入口で係りの人が誘導にたって声を掛けるのはいいですが、「御苦労さまです・・・」。「御苦労さま」は目上の人が目下のものに掛ける言葉。この方は笑顔で感じはいいのですが、根本的な言葉の使い方が間違っています。今日のように蒸し暑い日なら「お疲れ様です(この中学は坂の上なので、行くだけで本当に疲れます)、でもいいし午前中なら「おはようございます」、午後なら「こんにちは」でいいじゃないですか・・・。こういうところきちんとマニュアル化していないのでしょうか?

そして、立会人や管理人などの席の人(3名)が、投票している人がいるのにいつまでもおしゃべり。誰もいない時はしゃべっていてもいいのですが、体育館にはかなりの人がいます。

また、投票証明書をもらうにも、仕切られた通路からしゃべり続けている立会人に遠くから声を掛けてやってもらえる・・・。「こんなに離れた場所から声をかけないともらえないのはちょっと・・・」というと、「ご希望の方にしか差し上げていないので・・・」という返事。そういう時は「申し訳ありません・・・」とその場をやり過ごすばいいのに・・・。

以前居た仙台では区役所が投票所だったので、「投票証明書差し上げます」という掲示があり、もらいやすかった・・・。

横浜市でも、期日前投票はきちんとしているので、みんな丁寧。

私はかなりクレーマー気分になり、区役所の選挙管理委員会に電話をしてみた。もう係りの人は低身姿勢・・・。「投票所の係りにすぐに連絡します」とか「大変御不快な思いをさせて申し訳ありませんでした・・・」など。話を聞くと、立会人など当日の係りの人は地元の人が区から委嘱されている・・・とのこと。でも日当もらうんでしょう・・・。まあ、選管の人も謝っているだけで、聞き流しているのかもしれません。ただ、横浜市はもともと住民に対するサービスが悪い・・・と言われていましたが、最近良くなりました。ただ、末端までは伝わっていないのですね。

ところで、この投票証明書。これも税金で作られているもの。私のように趣味を集めているような人以外は使い道がないようです。これも事業仕分けで廃止したらいいと思います。

※神奈川選挙区は、現職の法務大臣の千葉景子さんが落選しました。この方、この地域には一度も来なかったのでは・・・。自民党やみんなの党は頻繁に駅前にいました。民主党・共産党はほとんどいません。それがこの結果ですね・・・。元横浜市長の中田宏さんは、本人が来ることがなく奥様が演説していましたが、この地域では中田さんの評判は悪いので、みんなの党に流れたと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月10日 (土)

バイクライフ4年目

7月10日は、3年前に大型二輪の免許を取った日です。バイク自体が車検なのでそういうことになります。3年前は、9日が日曜日で卒検に合格して、翌日の月曜日に免許センターに申請に行きました。今は、免許自体の更新をしているので、7月10日の文字はありません。

普通二輪から大型二輪へは勢いというか、どうしてもクルマの免許を取った教習所(普通二輪は別のところだったので)に通いたくて・・・という理由もあり・・・。

しかし、普通二輪の免許を取ろう・・・と決心したのは相当のものがありました。単身赴任で仙台に居て、時間的な余裕もあったのも一因でしたが、あの時決心していなければ今はありません。

ふとしたことから、本屋でバイク雑誌を見て、そのまま購入。そこから教習所に資料請求をしたのが、ちょうど4年前の7月上旬。教習所への入校手続きは7月29日でしたので、ちょうど今頃いろいろと考えていたのですね。

最初の教習で、生まれて初めて乗った400CCのバイク。とても重くて大きくて・・・。すぐに転倒して・・・。最後に少し外周を走れた時は、世の中のこんな別世界がある・・・と感じた瞬間・・・。それからもうすぐ4年ですね。

ずっと秘めた思いでいたバイクですが、あの時決心していなければそのまま人生終わっていたと思います。今の生活ではとても教習所には通えません。

これからも安全第一、家計第一で自分なりのバイクライフを楽しみたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 8日 (木)

車検終了

バイクの車検が終わりました。

持ちこんで3日間ぐらいだったので割合早かった感じです。週末雨の天気予報なので、会社帰りに閉店ギリギリまで待ってもらい引き取りに。

バイクの車検ってどんな感じかな~と思っていましたが・・・。

販売店の他に、用品店からもDMが来て、諸費用も含めて5~6万ぐらいみたいです。販売店のパンフレットには、基本料金など書かれていません。そういうところは用品店の方がが明瞭会計ですね・・・。ただ、こちらだといろいろと消耗品を買わせるのでしょうか。

さて、費用ですが、自賠責とか税金・印紙はどこでやって同じなので、19,160円。スタヘンダート車検・・・というものがあり、エンジンオイル・フィルター交換/ブレーキキャリパー分解清掃/ブレーキフルード交換含まれます。その他、マスシリンダー・ブレーキキャリパーオーバーホールとかフロントフォークオイル交換などがプラスされるコースも。初めての車検なのですが、距離数が多いので、スタンダードで・・・と依頼したのですが、基本項目だけで済みました。販売店から来る点検のDM毎に依頼はしていたので、特に問題はない・・・とのことです。

スパークブラグの清掃とかチェーン調整・ヘッドライト光軸調整が基本料金にプラス。着脱料金が少し・・・。

検査手続代行料・・・これが18,000円と高かったです。用品店はこの半額ぐらいだったような。

預ける前に、前の方から振動音がすることをいいましたが、「症状がでませんでした・・」ということで、周辺を締め付けたとのことです。でも、引き取った後走って見るとやはり音がします・・・。これは問題ないのでしょうか・・・。後ろの振動はなくなりました。

そして、シフトペダルの反応が鈍い感じも伝えましたが、これも変わりません。クラッチの点検は実施しているようなので、経年劣化でしょうか・・・。

車検は、基本的に検査を通すだけのことしかやらないので、マシン自体の動きが鈍くても特に壊れていない限りは修理はしないのですね。

新車で購入したので、メーカー保証2年・販売店保証1年となり、車検で保証期間が切れます。あはすべて有償。車検基準に適合していれば、後は劣化によるものとされ、自前でメンテナンスをしないとダメなようです。販売店との契約もこれで終わりかな?と考えています(ローンがあと1年ありますが)。これからは、用品店に相談してみようかな?

今回の車検の経費は、諸経費込みで、53,740円。クルマと合わせると20万円を超え、大きな出費でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 6日 (火)

バイクの車検

先週の土曜日に、バイクを車検に出しました。販売店の店長からは、そろそろ「買い換えませんか?」としきりにセールスされますが、ローンを組む時に「車検は通しましょう・・・・」と4年ローンに・・・。だからそんな余裕はないですが、特に今は買い換えたいとは思いません。

もう走行距離が42,000キロになりましたので、中古車として価値はないですが、外観はまだまだきれいです(店の人にも言われました)。次の車検までは最低乗り続けたいと思っています。

クルマと違って、時間がかかるようで1週間ぐらいお預け・・・。今日の夕方、ショップから電話があり、整備が終わったので、料金の報告という内容でした。いろいろとガタが来ているかな?そして、あまり上手くない運転なのでかなり無理を掛けているので、相当かかる・・・と予想し、諸費用抜きで8万円ぐらいかかるかと思っていましたが、26,000円ぐらいだったようです。「それぐらいですか?」と聞いたら、「特に問題ないので・・・」との返答。ラッキー・・・というか、本当に大丈夫かな?保険料や税金などを含めて全部で5万円ちょっと・・・。クルマが10万円以上し、税金が高いことを思うとそんなものなのかもしれません。

具体的な整備内容はわかりませんが、まずひと安心。

週末に引き取りに行きます。

さて、この週末で大型二輪の免許を取って3年になります。ここまで大きな事故もなく、バイクも損傷なし・・・です。まあ、いろいろと傷はありましたが、駐車場で倒れて来たバイクで破損し、いろいろと部品交換をしてもらってからはまったく外観上の損傷はなしです。消耗品はそれなりに交換し、あとはゴムホースの劣化などかな?後は高圧洗車をしたので、部品が痛んでいるか・・・、これも特に問題なかったようです。

これからも安全に、そして無事に・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 2日 (金)

東京メトロ8000系

東急田園都市線は、東京メトロ半蔵門線・東武伊勢崎線(日光線)との3社乗り入れのため、各社のそれぞれの車両が走ります。

東京メトロとの乗り入れの場合、3社通しは東京メトロの車両だけで、メトロ路線以外の他社には乗り入れない場合が多いようです。

千代田線は、小田急・メトロ・JRの3社乗り入れですが、小田急はJRに入らず、JRは小田急に入りません。保安装置等の関係でしょうが、半蔵門線は全区間にすべての会社の車両が入ります。

平日の朝の田園都市線は2分おきの発車のため、長津田の車庫から東急車輛をどんどん吐き出します。それが落ち着くと各社のそれぞれの登場・・・。

そんな中で、東京メトロの8000系。これ、登場当時は先駆的なものに感じましたが、今は、そろそろ引退して欲しい車両です。

というのも、ドア口付近の吊革がないのですこの電車。ということは、全体としても吊革が少ない。そして、通常の座席がドアとの間に空間をとっているせいか狭く、通常は7名座れるものが6名と少しの長さ。マナーの良くない方が詰めて座らない場合は、どこの車両でも7名定員の座席に5〜6名しか座らない場合もあります。この東京メトロの車両だけは仕方ないかな〜と思ってしまいます。

東京メトロの車両で同じタイプが、半蔵門線の他に同時期に作られた有楽町線の車両や同系統の副都心線にも走っています。

Z8000_img03

上記の車両が8000系です。極端に空いている時は、この車両でもいいのですが、夕方のラッシュ時の急行に使われる時もあり、渋谷駅で満員になる時など、吊革はない・・・、座席は詰められない・・・という状態。こんな時にこの系統の車両は運行して欲しくないです。混雑度の激しい田園都市線にこの車両を走らせていることに疑問さえ感じます。

Z08_img01 こちらは、8000系統の後継型の08系統。8000系統と比べ、吊革も多く、座席も3人と4人の間に棒があり、7人座れるように配慮がされています。こちらだったら、問題ないのですが、車両自体が少ないようです。

Frail_2_3_ph020 左の写真は、東武50050系統。私は個人的この車両が好きです。東急の車両のように派手?ではありませんし、埼玉県の広告が多いローカルな感じもしますが、東武の車両とのことで、日光や尾瀬などの観光地の広告もあり、心が和みます。また、車内も白が基調で落ち着く感じ・・・。

東急の車両はずっと利用しているので特に感じることはありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一票の格差

ということで、今度は参議院選挙の話です。

私の住む神奈川県は定員3。正式には非改選の人もいるので定員6なのだそうです。

そして議員1人あたりの人口は参議院の場合神奈川選挙区が一番多く120万人(有権者数で計算)。一番少ないのが鳥取選挙区24万人(こちらも有権者数)。これって変じゃないの・・・。

よく裁判になっているようですが、違憲判決は出ていなくて「合憲」。本当にに憲法に合致しているの・・・と疑いたくなります。論点は、人口の比率ではなく、地方自治体としての社会的な状況を判断すると公共の福祉に反するものではない・・・ということらしいです。

確かに、鳥取県は人口が少なくても、道路を作ったり公共サービスを行うために費用がかかり、人口の多い神奈川県は人口が密集しているので、効率のよいサービスが提供できる・・・。また近隣自治体と距離的にも近いので、様々なサービスを受けることがてきるので、単に鳥取県のことをどうこういうわけにはいきません。

ただ、あまりに格差があり過ぎ・・・。鳥取の人口を基準にすれば、東京は40人以上の議員が必要。また、神奈川を基準にすれば中国地方をまとめてひとつにしないといけない。そうすると、地方の民意は反映されず、都会中心の政治になることも。難しいですね。

それでも、120万と24万はあまりにひどすぎる感じ。衆議院は格差があるとしても小選挙区なので幾分解消されています。参議院はまだそのまま。そう思うと国会議員の定数を減らす~なんて言っているなら、参議院はいらない~と思ってしまうほど(私は二院制は必要だと思っています)。

何となく、選挙に行く気力がなくなりました。そして神奈川選挙区は面白くないです。東京選挙区は花形候補者がたくさん。神奈川選挙区は地味・・・。法務大臣の千葉景子さんが立候補していますね。そして、みんなの党からも・・・。しかし、みんなぱっとしません・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年7月 1日 (木)

お帰りなさい、日本代表チーム

サッカーの日本代表チームが帰ってきました。オリンピックと違うのですぐに帰国するのですね。

パラグアイ戦は惜しかったですね。PKを外した駒野選手は気の毒でした。でも日本人は「熱しやすくて冷めやすい」ので、大丈夫ですよ。中には、ミスを犯した選手が殺される・・・という国もあるみたいなので。

どんなに頑張っても優勝は難しい日本チーム。いずれは敗退する・・・。その時期が少し早かったという感じ。でも決勝トーメントに残り、緊迫したいい試合だったのは良かったです。結果は結果ですが、それだけがすべてではないことが、日本人は良く知っているから。

梅雨のうっとうしい時期にいい夢を見せてくれました。千駄ヶ谷の期間限定のサッカーカフェ、日本チームが敗退した6月29日を持って閉店しました。こちらもあまりに早い。勝っていたらそのまま延長だったのでしょうが、せめてチームが帰国するまでやっていないのかな~と思っていましたが、経費の関係だったのてしょうか。もともと6月一杯という予定だったのかも。勝ち進んだらその分だけ伸ばす契約・・・。

参議院選挙活動もまっただ中。各政党はタイミングが良かったと思っているのでしょうか。

それはいいとして、お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »