« 交通事故の時の医療費 | トップページ | 事故から1週間 »

2010年7月27日 (火)

MRI

ということで、今日は整形外科と脳神経外科を受診しました。

整形外科では、首と腰のレントゲン。腕や肋骨・脚は今普通は歩いて病院に来た・・・ということと、簡単に触診でOK。折れていれば、腫れや痛みでこんな感じで受診はできないとのこと。首と腰は慢性化するので、交通事故の場合はそこが重点なようです。

腰は普段から鈍痛がありましたが、今回の事故でさらに悪化することもあるということで、週1回ぐらいで簡単なリハビリマッサージ。これは、事故の扱いということで、私の負担はありません。とりあえず、首と腰の骨には異常はありませんでした。

頭も大学病院゛てのCTで異常はなかったのですが、今回はMRIで精密検査。様々な角度からの撮影。これ、結構音が凄いですね。ただ、CTに比べかなり精密に診断が可能とのこと。これも自由診療扱いだからできるのでしょうね。

診断の結果、以上はないそうです。ひと安心・・・。

しかし、意外なことを先生から・・・。

「脳が少し萎縮していますね・・・。これは加齢によって出て来ます」

そういえば、最近物忘れも激しくて・・・、もうすぐボケるのでしょうか・・・ショック。テレビのクイズ番組などで記憶力テストなどはまったくダメです。「脳トレーニング」しないといけないかな~。

それと、「脳梗塞」の心配・・・。私の体型を見て・・・、そろそろ危ないと判断されました。

来月、脳血管検査をします。こちらは自分の健康保険です。

今日、会社を休むことを損害保険会社の方に言ったところ「休業補償」もあるとのこと。ただし、こちもも会社の証明が必要。やはり理由をちょっといいにくいのでやめました。5,700円だそうです。

また、慰謝料ということで、病院にかかった日に対して、8,400円が支払われるようです(マッサージの時は、4,200円)。結構もらえますね・・・。この分はバイクの修理代に(過失割合が0ではないので・・・)なんて言ったら、また怒られますね。

|

« 交通事故の時の医療費 | トップページ | 事故から1週間 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

はじめて書き込みさせていただきます。王国・バイク部(いつの間に)のパーツです

私も毎日バイク(AAさんと違ってかわいいものですが)で通勤しているので、他人事ではなく、読ませていただきました。

バイクのダメージは別にして、特に大きな怪我とかもなかったようで、何よりで、安心致しました。バイクの場合、転倒そのものよりも、その後の後続車などとの二次被害の方がはるかに恐ろしいですもんね。

バイクですと、信号青でトップを走ることが多く、前が空いていることが多いので、左の側道やお店からの車の飛び出しには何度も冷や冷やとしております。止まってくれるのを信じて素通りするのも怖いし、ブレーキも車に後ろぴったり付かれていると怖いし、気をつけるといっても、限界がありますよね。

修理や、御家族など、いろいろ大変だと思いますが、お体第一で、回復後にプールでお会いできるのを楽しみにしてます(^_^)

投稿: パーツ | 2010年7月28日 (水) 12時48分

MRI撮られたですか・・あれは五月蝿くて大変でしたでしょう。狭いところに押し込められて、小生の場合造影撮影込みで全部で40分位かかったかな。但し、CTより相当詳しく診断できるらしいです。脳腫瘍などもかなり小さくても描出できるようです。
脳血管撮影もやるんですか?今のMRIの機械は血管の走行も描出できるらしいですが、脳血管造影撮影だと、こいつはかなり大変ですよ。大腿部の血管からカテーテルを入れる奴ですが。

投稿: チェス | 2010年7月28日 (水) 16時59分

パーツさま

コメントありがとうございました。水夢王国・バイク部ができましたね・・・。
ご心配をお掛けして申し訳ありません。おっしゃるとおり、身体は運よくたいしたことはなく、バイクが壊れて・・・ガックリです。高速道路ではなかったので良かったのですが、バイクの場合はやはり後続車や隣の車線の車に轢かれる確率が高いので、それがやはり恐いです。
打撲によるアザがひどいので、今週はプールはお休み。ますます太ってしまいます・・・。関節には異常はないので、水泳は再開できそうです。市民大会までには何とかと思っています。

投稿: AA | 2010年7月28日 (水) 23時52分

チェスさま

脳血管の検査ってカテーテルを入れるものもあるのですね。予約票には特にそういったことは書いていないので、あの大きな機械に入るだけなのでしょう。
それにしてもあの音は凄いですね。耳栓をしたのですが、それでも音が大きく。耳栓と頭を固定するところの間が狭く、圧迫されて逆に頭痛がしました。

投稿: AA | 2010年7月28日 (水) 23時55分

ここ数日ブログを拝見していなかったので、びっくりしました。
大変でしたね。同じライダーとして人ごとではありません。
大きなケガがなくてよかったですね。
バイクが守ってくれたのでしょう。

相手のドライバーはひどいですね。
でも、逮捕するかどうかの判断を被害者に委ねる警察の対応も不可解です。

打撲でも立派なケガなのですから、物損ではなく立派な人身事故。逃げていたのですから警察の判断で逮捕すべきですよね。

もちろん過失割合の判断はあるでしょうが、悪いのは相手なのですから、もっと強気に出てもよかったのではありませんか?

なにはともあれ、お大事になさってください。そして、バイクに復帰されるのをお待ちしております。

投稿: sawakichi | 2010年7月29日 (木) 11時18分

sawakichiさま

コメントありがとうございました。
交通事故は加害者も被害者もどちらも悲劇的です。相手の方も、気が転倒して逃げてしまった様子です。複雑です。私は私自身のけがも軽く、もともとバイクはそんなもの・・・と思っていたり、少し気の緩みがあったりということであまり強気にはなれませんでした。ただ、もし自分の家族がひき逃げされたら・・・状況は違っていたでしょうね。また、自分が加害者になった時、どういう態度を取れるか・・・も今回いろいろと考えさせられました。
週末にもやっとバイクに「面会」に行きます。どれぐらいの損傷なのかわかりません。家族ではないのですが、3年乗った「相棒」なのでとても悲しいです。
sawakichiさんは、バイク決めました?知っている人が事故に逢うと、逆にそれが気をつけるきっかけにもなると思います。ぜひ安全運転で・・・。

投稿: AA | 2010年7月30日 (金) 00時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26675/48993428

この記事へのトラックバック一覧です: MRI:

« 交通事故の時の医療費 | トップページ | 事故から1週間 »