« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月26日 (木)

民主党おかしい・・・?

民主党代表選挙に、小沢さんが出馬するのですね・・・。

ちょっと・・・・。変な感じです。民主党の問題ですし、個人の自由なのでいいのでしょうが。

小沢さんは、まだ疑惑が解決していません。いろいろとあるでしょうが、私はやはりグレーだと思います。

ただ、小沢さんの名前が挙がるのは、やはり今の菅さんが信頼できない感じが大きいのでは・・・。菅さんは、参議院選挙の時の話のブレまくり。筋の通らない消費税の話を出したと思えばすぐに引っ込めるし。マニフェストもどうなっているか・・・。

そんなところなのでしょうね。

小沢さんが代表になれば、総理大臣になるのでしょうか。岩手県の出身者の私からみれは、岩手県のゆかりの人が総理になるのは喜ばしいことなのかもしれませんが・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

事故から1か月

事故から1か月が経ちました。早いものです。身体の方は、何となくいろいろなところが痛くなったりして、因果関係はわかりませんが週一程度で整形外科には通っています。

保険会社との話もそろそろ終盤。私のバイクの時価額は、バイク販売店の人の話や中古車の情報を見るといい線とのこと。保険会社の査定は、年式からの経年で判断するようですが、私は4万キロを超えているので、キロ計算されると価値はもっと下がります。なので、この辺で引き下がった方がいいらしいです。ヘルメットや衣類の損害は、償却分を考慮しないとのことで、申請額満額が認められました。

後は過失割合です。相手の車も全損扱いですが、評価額が低いので私の負担は少なくなります。過失割合を如何に下げるかが問題なようなので、私の保険会社の方によくお願いしました。

さて、その後どうするか・・・。私が2割過失であったとしても、賠償金は50万円程度にはなります。そのままバイクを降りてしまえば、修理見積代金を支払わないといけませんが、お金はブラス。賠償金の範囲で中古車を買えばトントン。それ以上のものを買えばお金が出て行くことに・・・。大きな問題です。

来年にかけてもの入りの年になります。一応、とうぶん使わない資金はありますが、それを使うのは・・・私だけでは決められません。こちらの問題も・・・。

今回は、事故というおまけにあるので、私には分か悪いのですが、何とか家族を説得できるか・・・。

昨日は、私の誕生日でした。事故があっても無事この日を迎えられたことがラッキーなことなのでしょうね・・・。

今日、銀座でタクシーとバイクの事故があったようです。タクシーが車線変更をする際に後方を良く見ていなかったのでバイクと接触し、バイクは転倒して歩道に乗り上げ歩行者も大けがをしたとのことです。これも、バイクは走っていたので、バイクにも過失割合は発生するでしょう。やはり恐いな・・・ということで、余計立場が悪くなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月23日 (月)

修理は断念しないといけないかな?

事故からちょうど1か月。

保険会社もちょうどお盆休みに入ったせいかなかなか連絡が来ない状態が続きましたが、何度かこちらから連絡をして・・・。

事故ってやはり多いようで、担当者1人で何件も抱えているらしく、対応は遅いです。外資系の保険会社はそういうところは、連絡を頻繁にくれるようですが、日本の会社はこちらからせっつかないと・・・。

今日やっと、バイクの評価額の連絡が来ました。これも、相手がそう言ってきました・・・というだけで、それに不満・・・たとえばカスタムをしている・・・など、そういう交渉は保険会社はやってくれないようです。担当者の話だと、保険会社間だと力関係もあり個人で交渉した方がいいとのことです。

相手が、対物差額保障特約に入っていないので、修理代と評価額の差額は保障されません。もともと特約も「おもいやり特約」だそうで、相手が使いたくない・・・といえばそれまでのようです。過失割合が少なくても、修理費の弁償は、時価評価額に対して行うので、それ以外の支払義務はないのが法律。何となく私にとっては理不尽な感じもしますが、さまざまなケースを考えるとそれが妥当なのでしょうね。

ということで、私のバイクの評価額は675,000円。新車登録3年が過ぎ、40,000キロ以上の走行としては、かなりいい方でしょう。というのも、盗難保険の評価額よりは高く設定されました。これに対しての過失割合と過失相殺で私の入るお金は多くても550,000万円程度。修理代の見積が990,000万円ですので当然足りません。

相手に、いろいろとふっかけてみても、支払義務がない以上、下手をすると脅迫行為になります。

とりあえず、今やることは部品を取り換えたことなどを主張し、少しでも評価額を上げることです。それは、評価額の詳細を見てからです。

そして、何とかいろいろと工面をして事故にあったバイクを修理しても・・・・ということです。99万円かけても、走行距離が減るわけではありません。今は、展示車や試乗車流れなどの新車とかわりない状態の中古車も市場に出回っています。それを考えると修理は断念した方が・・・という感じです。

気に入ったバイクでしたので何とか修理したかったのですが、経済的に余裕がないので、数万円であっても他に使う予定に回さないといけません。身体が無事だったことを考えると、あまりいろいろと贅沢をいうこともできません。

やはり高くても、車両保険に入っておけば・・・と思うこともあります。

何となく、淋しい感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月17日 (火)

猛暑

今日は暑かったです・・・。

会社に行くのも暑い・・・。

盛岡も暑かったですが、東京はもっと暑いです。都心で37度を超えた・・・といっていましたが、気象庁の観測地点は大手町の直射日光も当たらず、風通しのよいところ。3度ぐらいは違うでしょう。

こう暑いと、エアコンのない場所や離れたところ凄く暑いです。

我が家も、各部屋にエアコンがありますが、洗面所やトイレが暑い・・・。そこまで涼しい風が届かない・・・。

そしてエレベーターの中が暑い。うちのところは、空調が回っていても、ホテルや高級マンションのように完全の建物内のエレベーターではないので暑いです。エレベーターに入っただけで、汗がタラタラ・・・。

電車の中は涼しいですが、田園都市線の渋谷駅は暑い・・・。地下駅なので冷房があるようですが、電車が2分おきに到着するので、人の熱と、電車の空調の室外機から熱風が狭い空間に吹きつけます。

昼休みに食事のため、外出するのも暑い。やっと涼んでも一番暑い時間帯に会社に戻るために外を歩くと暑い・・・。

夜寝る時も、妻や坊主のためにエアコンの設定温度を高くして、真夜中はタイマーで止まるので、時々暑くてめがさめて・・・、暑い。

予想最高気温が、31度とか32度と聞くと、凄く涼しい感じがするのはもう感覚が麻痺してしまったのでしょうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月15日 (日)

アッツ島の悲劇

今日は、65回目の終戦の日。終戦記念日と思っていましたが、記念ではないのですね。

65年という節目の年なのか、NHKでは戦争に関する特番がたくさん。戦争を経験した方も高齢となり、あの悲惨な時代を語り継ぐにはそろそろ限度ということで、「証言」という形のものが多く放送されています。

私の両親も80歳を超えていますが、かろうじて戦禍は免れた世代。戦争中の勤労動員の話は聞きますが、私も両親から戦争中の話をじっくり聞いたことはありませんでした。

先日NHKで、「玉砕」というテーマでアッツ島での出来事を描いた番組が・・・。アッツ島は、アラスカのアリューシャン列島の西側。日本が占領した島です。ここで、最初の玉砕があり、これ以降、各地で多くの人が「玉砕」のもとに命を落として行ったとのことです。

私の伯父(母方)が戦争中、このアッツ島の戦線に加わりました。終戦後しばらくアメリカに捕われていました。祖母や母達は伯父の戦死したことを信じずひたすら待ち続けて、その後の帰還でしたので、驚きと喜びは計り知れなかったと思います。この伯父も90歳を超え昨年亡くなりました。

伯父からはアッツ島のことは直接聞いてはいませんが、母の話によると船が3艘航行中に、アメリカの攻撃を受け前後の船が沈没し、伯父の乗っていた船だけが助かった・・・ということでした。みんなこの話を信じていました。

しかし、NHKの放送によると、アッツ島を占領した日本軍は反撃にでるアメリカ軍に対抗できず、戦局は悪化・・・。時の大本営は援軍どころか、勝ち目がない・・・と判断すると補給を絶ち、部隊が全滅することを見て見ぬふりをしたとのことです。つまり「見捨てられた・・・」のです。最後は、特攻隊のように、人間爆弾になって戦車に突っ込んだ・・・との証言も。今生きている方の証言を交えた番組・・・。ある方が「爆弾を背負って突っ込んでいっても、鉄砲玉の方が早い・・・・」とつぶやき。実際に戦車に体当たりできたので少数で、ほとんどが、その前に銃撃されたとのこと。

「生きて、虜囚の辱めを受けることなかれ・・・」ということを教育されていたので、最後はもう地獄だったとの証言。途中で負傷した人や死に切れなかった人など26名がアメリカの捕虜となった記録を頼り、NHKがインタビューを。

みんな思い口を今やっと開いた様子。「テレビカメラの前でこんなことを話すとは思わなかった・・・」と。そして、その時の様子は家族にも話していなかった・・・という話も。

伯父は亡くなってしまったので、真実はわかりませんが、伯父もこの26名の1人ではなかったのは?「生きて、虜囚の辱めを受けることなかれ・・・」という言葉から、捕虜になったことに関して自分自身で抵抗があったのでは?あまりに悲惨に状況だったので、前後の船が撃沈されて自分の船だけが助かった・・・と言っていたのでは?と思います。

今となっては、伯父の話は聞けません。祖母も伯父の妻である伯母もなくなってしまっているので・・・。妹である母は、船の話しかしらないようです。

生きているうちに聞いておけばよかったかな?とは思いますが、テレビ番組で証言した方にように、ずっと隠してきたことだったのでしょうから・・・。

母の話では、伯父は兵隊の時の集まりには良く行っていた・・・とのこと。あの悲惨な状況から26名だけが生き残ったとすれば、その集まりでしか真実の話はできなかったのでしょう。

大本営のアッツ島を見捨てた行為については、当時の将校が戦後に死の直前に書き残したことがもとになっていました。

真実はどうかわかりません。船の話もあったのかもしれません。それももうわからぬうちに戦後65年。日本は奇跡的というか、戦争はあれ以来ない国家になりました。私が戦地に行くことはない思いますが、私達の子供たちの世代に絶対に戦争に送り出す・・・という行為は避けなければ・・・と終戦の日に改めて感じることでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月13日 (金)

盛岡あれこれ

盛岡市は私の故郷です。また、数年前に仙台に赴任した時の担当エリア。ずっと知っている場所なので特に意識していなかったのですが、今回坊主を連れて少し街をぶらぶら。気に入った風景などを集めてみました。

201008091850001 201008091850000

盛岡駅の2番線ホームから出発する山田線宮古行きの最終列車です。といっても、19時前。赤字ローカル線です。宮古は1時間に1本の割合で出ているバスが主流。こちらは1日に数本。私の実家はこの路線の駅の近くです。普段はバスかタクシーを利用しますが、たまたま時間が合ったので、坊主とこの列車(電化されていないので)に乗車です。当然ドアは手動で開けます。閉める時は自動です。昔はクーラーもない車両でしたが、今はとてもきれいです。列車だと街の渋滞がないので、5分で着きますが、鉄橋あり、踏切・トンネルありの短い旅です。

201008091824000 201008091824001

話は前後しますが、盛岡駅の新幹線コンコースに飾られていたいたものです。左は「盛岡さんさ踊り」のミニチュア。この祭り、後発なので今一つ全国的には有名ではないのですが、今年は135万人の人出となったようで、秋田の竿灯や山形の花笠よりも観客動員数は多かったとのことです。

201008131012000 201008131011000_2

盛岡の風景で有名なところ・・・というと様々ありますが、私はここが好きです。ここは、岩手銀行中ノ橋支店。私は子供の頃はここの近くに住んでいましたので、馴染みの風景。もともとは岩手銀行の本店だったところ。今も支店として業務を行っています。国指定の文化財にはなっていますが、銀行として営業しているので、なかなか入りにくいところです。赤レンガの建物は、東京駅と同じ設計者で同様の作りなのだそうです。

201008131020001 201008131020000

ここも好きな風景。左は岩手県庁。右側は県庁前の並木道。地方都市なのでやはり官庁街が一番いい場所をとっている感じです。

まあ、他にもいろいろと盛岡にはいい場所もありますがそれはガイドブックでご覧ください。

明日は横浜へ帰ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月12日 (木)

台風の中

台風4号が、秋田市に上陸して盛岡市も通過しました。

台風の中心にいる・・・ということはあまり経験がないのですが。

盛岡市市内は、午後からすごい雨でした。叩きつけるような雨・・・というのはこういうものでしょうね。私は、ちょうど車で市内を走っていましたが、ワイパーを動かしても視界がほとんどなく・・・。

直前まで雨は降っていませんでしたので、自転車の人もいてさすがに雨宿り。中心地の道路も雨水があふれて。

家に戻りましたが、雨音でテレビの音も聞こえないくらいです。市内の一部では落雷で停電になったようですが、うちでも一瞬停電したようです。いろいろなところにある時計が止まっていました。

しかし、台風はあっという間に通り過ぎ、盛岡市内はあまり被害はないようです。今は風があって涼しいです。ここ数日は夜も気温が下がらずに暑かったのですか・・・、北風が吹いて。しかし明日はまた33度の予想です。いつもはお盆前には涼しくなるのですが、今年は暑いです。

坊主と二人の帰省もあとわすが。坊主も何とか機嫌はいいようですが、そろそろ飽きてきた様子。同じ年頃の子どもがいないので、私も大変。両親も高齢なのであまり世話はできないので・・・。

娘の時は、いろいろと家事を手伝ってくれたりもするのですが、男の子はまったくダメです。そして、どういうわけかうちの坊主はあまり「おとなしく」ないのです。私の子どもの頃はもっと静かだったと思うのですが・・・。元気があっていい・・・という言い方もありますが、ちょっと高齢の両親と疲れた父親には疲れますね・・・。

土曜日までの辛抱です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 9日 (月)

今年の夏休み

今年は、娘が受験の準備で忙しいので、旅行はなし・・・。

私はいつものように実家へ両親の様子を見に行かないといけないのです。ということで、下の坊主を連れていきます。

妻は、娘が居るのでこちらに残ります。

スイミングスクールもお休みなのでちょうどいいのですが、坊主は母親から長期間離れるのははじめての経験・・・。大丈夫でしょうか?

それもありますが、私がバイクで事故に遭ったことは高齢の両親には話していません。坊主には口止めをしていますが、だぶん言うだろうな・・・。

東北地方も、最近は凄く暑いようです。盛岡で35度というのは、暑すぎ。東京のような厚さではないにしても、暑さに慣れていないところなので。高齢の両親も熱中症になりそう・・・とのこと。

娘と一緒に実家に帰ったことはありますが、坊主と行くのは初めての私。ちょっと大変です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月 2日 (月)

プールへ行ってみた・・・。

先週のバイクの事故で、打撲と青あざが消えないため、しばらくは運動はお休み。

そろそろ大丈夫かな~と思い、今日スポーツクラブへ。

左ひざのあざは半分くらいになりましたが、まだ残っています。水着で隠れないのでご一緒の方から「大丈夫・・・」と声を掛けられました。

実は、事故に逢った日はクラブのマスターズの方との飲み会でした。とても行けるような状態ではなかったので、幹事の方に事故のことを伝え欠席。その後1週間は仕事から帰った後は家でゴロゴロ。食べて寝て・・・という生活だったので、体重も増加・・・。そろそろ運動しないと。

プールに行って、少し泳いて・・・。何となく泳げました。ただ、マスターズの練習はかなりきつかったです。いつもなら大丈夫なメニューでしたが、右脇から背中のあたりが痛いです。

泳げば泳ぐほど痛くなって。

まだ復活とはいかないようです。

来週市民大会ですが、それまでには何とかなるのでしょうか・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »