« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月31日 (日)

シーサイドライン

先週、ふら~とバイクでお出かけのコースで、ナップスのベイサイド幸浦店へ。ナップスは近所に港北店があり、品揃えもいいのでだいたい購入はここですが、たまに幸浦まで行っていろいろと見たり、部品交換をしてもらっていました。そこでふと掲示が目に止まり、新車のガラスコーティングの案内・・・。今度のCBはブラック。見た目は好きな色ですが、手入れが大変。もし新車のうちにコーティングをすれば状況によっては10年ぐらい持つ・・・とのこと。とはいってもコケたりすれば傷になり意味もなくなるのですが・・・。

話だけ聞いてみました。通常のコーティング剤ではなく、ガラス皮膜を強固につけるということらしいです。新車だと簡単な洗車で済みますが、既販車だと洗車の工程と磨き作業が余分にかかるので、割高に。ナップス幸浦店では今月から始めたということで、当面は新車のみ・・・。料金は52,000円。フルでやったくれるので、エンジンやホイールなどもやれる・・・。ホンダドリーム店でも似たようなサービスがありキャンペーンで半額新車購入者は半額で15,000円ぐらい。しかしこちらはタンクとかフェンダーのみ。

52,000円はあまりに高いのであきらめましたが、スタッフの方が、「今キャンペーンで5台まで半額です・・・」との話。26,000円になる・・・。ちょっと考えました。まあ、洗車は好きなので、市販のガラスコーティング剤を自分で掛ければいいのです。また、バイクは外を走るので汚れや、小石が跳ねて傷はつきます。しかし、新車のうちでないと・・・という言葉と半額・・につられて。

他のピット作業もあるので、完成まで2週間預けないといけない・・・と言われましたので、次の週に持ってくことに。

雨天走行禁止とか、走行1,000キロ未満という制限もあります。昨日の30日にバイクを入庫させる予定でしたが、24日に雨の中を走ってしまいました。自分で洗車をして乾燥させれば大丈夫かな~と。もしダメなら追加料金を払うか、作業自体をキャンセルしてもいいし・・・。

30日は台風で延期。今日は朝小雨が・・・。ショップに電話して来週にしてもらいましたが、今800キロぐらいの走行なので、ちょっと出掛けてしまうと距離が1,000キロを超えてしまいます。雨天走行の痕跡は消すことができても、走行距離はごまかせません。

午後から何とか天気が持ち直したので今日持ち込みました。スタッフのチェックでは特に何もいわれず、OK。傷のチェックをしましたが、前のフェンダーが少し傷。これはコインパーキングのチェーンが当たったのでしょうか。マフラーの傷は以前コンパウンドで消したのでわかりません。

料金の精算をして・・・、2週間お預けです。26,000円・・・。やはり高いです。欲しいバッグもあり、シューズも少し痛んできましたが、使えなくまるまで我慢。2週間バイクを使わないとガソリン代と高速代も浮くし・・・ということにします。

バイクを預けたので帰りは電車。ナップスのような店は駅のそばにはないのですが、ここはシーサイドラインの幸浦駅のそば。駅の近くはいいのですが、私の場合はそこから新杉田まで出て、JR根岸線で関内まで行き、そこから地下鉄。1時間以上かかります。バイクだと高速で楽なのですが。ヘルメットはナップスで預かってくれたので荷物はなくて楽ですがやはり遠い。

シーサイドラインは、以前八景島に行った時に乗ったことがありますが、かなり昔のこと。最近はクルマなので。バイクではよく見かけますが、小さい車両で・・・。

八景島や並木地区の団地、横浜市大病院などの利用者のための路線。これは全自動運転で無人のシステムなんですね。ある意味凄いです。

八景島が西武グループということで、この鉄道は西武鉄道と京浜急行などに横浜市が出資した第三セクター。不思議にこのあたりに東急ストアがある・・・。

ラッシュの逆方向で、地下鉄も横浜ではなく関内から乗車したので全部座われました。車窓をみる暇もなく、ずっと睡眠・・・。

私の家と幸浦は横浜市の対角線上の位置。それでも接続が良ければちょっとした電車の旅・・・。2週間後またシーサイドラインに乗って・・・幸浦まで・・・。ということになります。

201010311547000 201010311549000

15時50分に幸浦を出て、17時ちょっと過ぎに自宅に到着。ちょうど雨も降り出しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月30日 (土)

「たまぷらーざ」はやっぱり変です。

今日は、台風であいにくの天気。直撃は避けられましたが風や雨も。

というわけで、全館オープンをした「たまプラーザテラス」へランチを食べに行ってきました。娘は受験勉強があるので、ランチだけはみんなで食べ、その後は娘だけ先に帰りました。

工事中だった部分の店もオープンして・・・。妻も私も別々に一通り見ていましたが、みんなで行くのは初めてです。

東急グループが多摩田園都市の核となるたまプラーザに東急百貨店と専門店のショッピングセンターを作ったのは私がまだ大学生の頃。二子玉川の玉川高島屋に対抗しようとしてオープンさせたもの。その頃私は高島屋でアルバイトをしていたので、よくお客さんに「たまプラーザ東急ではやってくれたのに・・・」と言われたものでした。でもさすが高島屋はそれほど東急を相手にしていない様子。

玉川高島屋の方も、今は増築と改装をして都会的センスを色濃く出しています。今東急も二子玉川にショッピングゾーンを作っていますが、高島屋には対抗できないので、食料品や東急ハンズなどの特化した店をメインにする様子。もともと高島屋があるので、東急線も利用客が増え、また東急線のあるので高島屋も集客があるので持ちつ持たれつの関係ですね。

たまプラーザテラスの話に戻して、駅を包み込むようにショッピングゾーンをつくったのですが、何となく目新しくもないし、都会的センスもない感じです。空間をたくさんとったせいか広さもそれほど・・・。もとからある百貨店ゾーンも一体化していますが、地方都市の駅ビルと駅前のデパートという感じです。

地方のイオンモールはその規模の大きさに圧倒されますが、ここはそうでもなく。

もともと、横浜市営地下鉄をあざみ野ではなくたまプラーザに呼びたかった東急は、ターミナル駅として土地も用意していたらしいです。そしてバブルの時代にはここにホテルも作って(新横浜の受け皿だったのでしょう。二子玉川にもホテルの予定がありました)・・・。それが地下鉄が来なくなり、溝の口のJRのホテルメッツが出来て、ホテルの意味がなくなったのでしょう。たまプラーザはずっと前から再開発の話があったのですが、なかなか進まずやっと完成・・・。このご時世ですから、これぐらいの規模に。

ランチは、結局テラス内の店ではなく、もとからある百貨店のレストランで・・・。いろいろなグルメの店も入っていますが、このあたりは各駅ごとに結構いいレストランがあり(お値段もそれなりに・・・)うちもそうですが、行きつけのところがあるので特にたまプラーザまで行ってということはないです。

たいしたものも買わず帰宅。

201010301536000_2

最後まで古い看板だったものも掛け替えられましたが、「たまぷらーざ」というのはやはり変です。東急はすべてひらがな表記なので「ぷらーざ」ということになりますが、「プラーザ」と書いて読めない人がいるわけでもないのに。そしてローマ字表記は通常なら「Tama- praza」のはずか、英語表記の「Tama-plaza」としているところも変。

この「プラーザ」という駅名も変・・・という人もいますが。

駅のホームは掘割式なので、その上に改札と新しくなった駅やショッピングゾーンがあります。天井の高い吹き抜けで、空港をイメージしたといいますが、私には新幹線の駅のイメージ。でもその空間は気に入っています。

大工事をした割には、ホームは以前のまま。光が入りにくく、電灯も少ないので暗いイメージ。同じ田園都市線の青葉台駅をリニュアルした時は、バブルの時代だったので、ホームもすべて改装し明るくなっています。たまプラーザ駅のホームは10年ぐらい前と変わっていない感じです。使えるものはそのまま使って・・・ということなのでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月27日 (水)

横浜(みなとみらい地区)は厳戒態勢

今年主として日本で開催されているAPECの会議。その締めくくりの首脳会議が来月横浜のみなとみらい地区で開催されるとのこと。

今日は、会社の用事で横浜の支店へ行き、それからみなとみらいあたりをブラブラして直帰。そうしたら、ものものしい警備・・・。

東急でも車内放送や掲示版で不審物に対する注意の案内がされていますが、特に気にとめていませんでした。

みなとみらい地区はまだ交通規制もなく、商業施設も普通に営業していますが、警察官の多さが目立ちます。神奈川県警では足りないので、様々な県の警察からの応援。ベストに各地区の文字が。お疲れ様です。

話に聞くと、首脳や関係者、マスコミ関係の宿舎に加え、この警察官の宿舎も必要になり、新横浜あたりまでのホテルは満室状態らしいです。

首脳会議の会場となるパシフィコ横浜に隣接する、インターコンチネンタルホテルは期間中は全館貸切でレストランなどにも一般客は入れないみたいです。

アメリカ・ロシア・カナダ・中国・韓国などの主要国の首脳の来日なので、もし何かあれば日本の危機管理体制にかかわるので、大規模な警備。サミットは警備しやすい観光地などでの開催ですが、こんな街中では・・・。観光大臣会議は別府での開催だったりすでにいくつかの会議は他の都市で実施済ですが、首脳会議は特別ですね。オバマ大統領もくるのでしょうか?羽田空港も新しくなったので、首都高の湾岸線も規制されるようです(オバマ大統領はたぶん厚木基地から来るのでしょうね)。

観光立国を目指す日本にとっては、こういう大きな国際会議は絶好のチャンスでしょうが、ある意味迷惑かも・・・。

私も横浜市に住んでいますが、みなとみらい地区とは関係ないところですし、交通上の繋がりも少ないので、逆に普段の警察のパトロールが手薄になるのでは・・・という巷の噂です。この会議が終わるまでは、普段よりも少し用心しないと・・・。小田厚の交通取締もいなくなるのでしょうか・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月24日 (日)

ZZR1400に乗って見た・・・。

今日は、朝からどんよりとした天気でしたが、味の素スタジアムで行われた「バイクブロス」主催の「東京ビギナーズバイク2010アウトレットモール」というイベントに行ってきました。アウトレットバイクの展示と試乗会。

今回は私の友人2人(水泳関係で知り合った方~以前中型バイクに乗っていらしてその後バイクを降りていましたが、最近試験場にて大型二輪の免許を取った男性の方と現在大型二輪の教習中の女性の方)をお誘いしました。目的はバイク選びと試乗。バイクブロスは各バイクショップからの販売状況を掲載する雑誌。なので同じメーカーのバイクが並んでいても各ショップのテリトリーがあり、跨ってみたい・・・といっても結構面倒。しかし、外車をはじめ逆輸入車や4大国産メーカーのバイクが揃い、見るだけでも楽しいです。

お二人とも、それぞれ体型や使用目的が違うので、いろいろと迷っている様子。私が勝手にこれがいい・・・と言っても、乗るのはご本人なので、重さ、取り回し、足つき、乗車姿勢などを考えると難しいところも。安い買い物ではないので、展示品を見て、少しでも実感を味わっていただければということで・・・・。

さて、試乗会。30車種のバイクが味の素スタジアムの中のコースを先導者の後について2周走れます。やはり人気のCB1100などは待ち時間が長いです。普通二輪の免許しかない方も、教習所の指導員の簡易見極めで場内の走行ということで大型二輪の試乗も可能。ということで、3人でそれぞれ試乗会スタート。

私は、以前から試乗会大好き人間なので、巷で有名なバイクは4大国産メーカーの他、BMW・ドゥカティ・ハーレーまでだいたい乗ってきました。試乗会で他のバイクに乗ると、「やっぱり自分のバイクはXJR1300」と思って帰宅。憧れと現実を知るのも試乗会のいいところ。CB1300SFも何度か試乗しました。その感覚もあって、今回買替をしても不安はなかったです。

今までの試乗会で、私が乗ったことがない・・・というのはメガスポーツのスズキのハヤブサとカワサキのZZR1400。試乗ぐらいは・・・と思っていたものですが、ZZR1400はカワサキの試乗会で順番待ちが激しく、台数の多いダエグだけにして帰りました。ハヤブサは、旧型の試乗ができたので、順番待ちをしていたら、前の前の方が走行中で転倒して、使用不可となり、代わりにホンダのCBR1000に。ということでこの2台は未経験。

新型のVMAXも、ヤマハのR1も試乗済み・・・。ホンダは何度も行っているので、「この前もいらっしゃいましたね・・・」と係員に言われるくらいに・・・。

それはいいとして、今回はハヤブサはないですが、ZZR1400の試乗ができました。わりと待ち時間も少なかったのでラッキー。

やはりあの前傾姿勢は・・・・、そしてパワーが凄いので大丈夫かな~。パワーはアクセルを回さなければいいのですが、前傾姿勢で走ることに慣れていないのでバランスが取りにくいかも~。

乗車・・・。少しというかかなり緊張。う~ん、やはり前傾姿勢がきつい・・・。手の位置が下にあるので不安定な感じ・・・。

それでも走って見るとまあまあ私でも乗れます。前のバイクとの距離をある程度保たないと・・・、アクセルを少し開けただけで距離が縮まります。前の方がハーレーで少しゆっくり走られていたのでこちらも気をつけないと。

このバイクは6速なのですが、私は2速までしか上げられませんでした。コーナーでは1速でもかなりの速度・・・。「これ、慣れれば乗れるかも・・・・」思いながらも、このバイクのオーナーになるには、ハードルが高すぎる感じも。

今日は、友人たちが写真を撮ってくれましたので、私の姿の初公開です。

Pa242276 Pa242283

Pa242284 Pa242289

まず・・・、もう少しダイエットしないとバイクが苦しそうです・・・。そして、バイク雑誌やこの写真でもそれほど前傾姿勢になっていないように見えますが、ネッキッドに慣れた私には、かなりつらい姿勢。これでロング走行は難しそうです。また、この手のバイクは姿勢の特性から、あごを引いて目線を上目づかいのものにする基本姿勢がとりやすいのですが、私はあごがつき出ています。バイクスクールで注意されたのですが、なかなか感じがわかりませんでした。水泳のフォームと同じで「映像の真実」ですね。

他の方もめいめいに2台乗られたので、私ももう一台はカワサキのダエグ。こちらは安心して乗れますが、CB1300SFに比べ、少し荒っぽい感じ。ギアチェンジもCBは驚くほど簡単に入りますが、ダエグはすこしギクシャク。XJR1300と感じは似ています。CBの優等生的な乗り味と違い、カワサキはこの少々手ごたえのある感覚が乗り味なのでしょうね。

Pa242440 Pa242449

姿勢と体型の悪さは同じ・・・。

結局一日ここで過ごしましたが、ご一緒の方と楽しいひと時でした。購入予定のバイクは決まったのでしょうか?

会場を後にして、近所のファミレスで食事。本降りの雨になっていました。友人たちは心配してくれましたが、雨でもバイクは乗れるもの・・・なので。もっとひどい状態の時を走ったこともあるので・・・、のつもりでしたが、夜の雨はさすがに。先日の事故が夜のことでしたが、どうしてもトラウマです。家までずっと下道でしたが、路線バスと同じぐらいの速度でゆっくりと帰りました。

何よりも「無事に帰宅」が一番。

今まで、私がバイクに乗っている姿を見たことはありませんでした。今回友人たちが大変きれいに(画像を-モデルは別)撮影してくれたので、いろいろと勉強になることもたくさん。感謝です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

当たり外れ

今日は、バイクの話ではないのですが、ヘルメット・・・。

先日の事故でヘルメットに傷がつきました。まだ、使える感じで、気に入った色(アライ・プロファイル・東単モデルのグラスブルー)でしたが、頭も多少道路に打ちつけたので買替をしました。同系色の色が近所の用品店になく、取り寄せも難しいとのことで、別の色に。

実は、このグラスブルーは、2個目なのです。一度買ったものをバイクの上に置いたところ落下させてしまいシールドの押さえの部分が破損し、修復不可能となり、その後また同じものを購入。事故の際に使用していたのは半年ちょっと。とても残念。

ブルーが好きなのです私。ただ、ブルーはうす暗くなると目立ちにくいので、金色がかったグレーのモデルのブロファイルが在庫がある・・・ということでそれに決めました。

バイクが納車されてまだ2週間。そんなに乗っていないのでヘルメットまだ新品・・・、のはずが、今日試乗会でふとみたら、後ろのダクトのところが欠けています。そして開閉のツマミも。周辺にはヒビも。

ヘルメットを落としたこ記憶はまったくなく・・・。地面に置いても下向きに置いていたのでこの部分が損傷するようなことはないはず。今日は試乗会のために手に持っていましたが、このダクトの部分もぶつけたことはないし。

心当たり・・・といえば、バイクのヘルメット掛けに掛けた時、車体にぶつかったか?ヘルメット掛けにぶら下げて少し振られる感じもありますが、そのまま走ることもないので・・・。

このヘルメット、ナップスで特売があり、税込で29,800円。この値段になることはしばらくないので・・・と思って購入したもの。

ブロファイルは今まで使っていて、結構乱暴に扱った時もありましたが、このダクトの部分が破損したことはありませんでした。

当たり外れでしょうか・・・。まだ買ってそう経っていないのに悔しいです。ちょっと気持ちが萎えてしまい、新しいもの欲しくなりました。試乗会で特売をしていましたが、そうお安いものではなく(28,000円)、ダクトの開閉もでき、内装は問題ないので、しばらくはそのまま使います。

もしかしたら、走行中に虫か小石が当たって、ヒビが入ったのかもしれません。そうであれば仕方ないですね。

ものには当たり外れがあり、どうしようもないので・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月23日 (土)

水温計

CB1300は、マルチディスプレイになっていて、たくさんの表示があります。現在の日時・外気温・指定日設定・ストップウォッチ・当日の走行距離など・・・。あれば便利なものですが、それぞれ切り替えボタンでの操作が必要で、走行中にはできないのであまり利用価値はないのでは・・・と思ってしまいます。

XJR1300は、オドメーターとトリップメーターが2系統だけでしたので、通常はトリップにして走行距離をみていました。CB1300のオーナーさん達は通常何を見ているのでしょうね。私は以前からの慣れで、トリップを見ています。

XJRとCBの違いは冷却方法。そのためCBには水温計がついています。クルマだと針がHとCの間を行き来して、だいたい真ん中にあれば良好・・・ということで特に気にしていないものでした。オーバーヒートの経験もないので。バイクの水温計ははじめての体験。CBはマルチディスプレイに、温度が表示されますので、今回はそれをメインに見ていました。

35度から表示が始まりますので、冷え切った状態からエンジンをかけても最初は表示がされません。しばらくして、50度ぐらいになります。そこからだんだん温度が高くなって・・・。信号待ちや渋滞でノロノロと走ると、100度を超えます。取り扱い説明書に122度ぐらいまでの間が正常とありましたが、低速で止まったり進んだりすると110度まで上がります。少し走るとまた下がって・・・。

高速に乗り、走行風があたるようになると、エンジンの回転数も下がって来て、水温計の表示も80度ぐらいを前後します。高速を下りてまたノロノロ運転になると110度ぐらいに。

空冷のXJRは、走って風が当たれば冷える・・・。ただ、大型バイクなのでオイルクーラーもあり、走行風でオイルも冷やしていました。真夏の渋滞では・・・どうなるのだろう・・・と思っていましたが、今年の夏は走っていなかったのでわかりません。

水冷バイクは、水温が高くなるとファンが回るそうです。渋滞ではファンの風が乗っている人に当たるのでしょうか?

CBはそれほどでもない・・・という話ですが、実際はどうでしょうね。今はだいぶ涼しくなったのでそういう経験は当分ないのでしょう。

少しずつCBにも慣れてきましたが、やはり以前に比べブレーキの際恐怖感があります。先日も、3車線道路で私が真ん中に戻る時、左からも真ん中に入る車が・・・。私の方が先でしたが・・・。クルマからはバイクは見えにくいのでしょうね。思わずブレーキを強くかけそうになりました・・・。

あの事故の時も、左から車が急に出て来たのでブレーキが間に合わなかった・・・。まだあの時の恐怖感があります。

また、CBの特性でしょうが、音が静かで中速域でもわりとパワーが。なので、車間をうまく読まないと前のクルマがブレーキを踏んで減速したのに対して、私が追突しそうになることが数回。ブレーキを何とかして大丈夫でしたが、XJRではそういう感覚がなかったので・・・、今は結構車間距離を開けています。そうするとどんどん車線変更の車が入るので、できるだけ左車線を走っています。しかし、左車線は左側からの侵入のクルマが恐い・・・ということも。

もう少しCBに慣れれば大丈夫なのかもしれませんが・・・。

それと、追い越しなどの加速時・・・。XJRは、低速域のパワーがないせいか、加速をするとその感覚がどんどん伝わってきました。CBは低速時と同じ感じで、加速をしている・・・という感覚があまりありません。加速が弱いのか・・・と思って速度計をみるとちゃんとそれなりの速度になっているので、吹き上がりは、最初のパワーがない分XJRは力強く感じるのでしょうか?

まだまだCB1300SFには慣れない私です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ヘルシーメニュー講習会

今日は、かかりつけの診療所主催のヘルシーメニュー講習会に参加してきました。最近また体重が増えました。かつての減量効果の貯金がまだ少しあるため、血液検査の結果は良好ですが、体重は完全にオーバー。運動量も減ったり、ストレスによる過食・・・。

私の場合、夜は週3回はスポーツクラブへ行くために会社から直行するので、渋谷で軽く食べて、帰宅後また食べます。これが余計・・・。でも空腹に・・・。

私の通っている診療所は糖尿病の専門医の先生。私は幸いに糖尿病ではないですが、完全に予備軍。糖尿病の方対象の講習会でしたが、私もぜひにと勧められました。1人ぐらしの人はもちろんですが、私のように子供が小さい家庭は、要注意なのだそうです。というのは、子供と同じ食事を食べてしまうことです。子供は成長過程でもあり、また洋風のものを好むことで、糖質や脂質の多いものになります。子供はこれからなのでまだいいのですが、私が子供と同じではカロリーオーバー。たいていは大人自体が子供と同じものを食べることに抵抗があるのですが、私は子供が食べるものが大好き。カレーにしてもシチューにしてもバンバーグにしても。そして、作る方も違うものを別々に作るのが面倒なのでどうしても同じものに。

妻や娘は最近ダイエット気味ですが、下の坊主はよく食べる。これからどんどん食べるようになるのでしょうが、私も負けていないし・・・。

ということで、簡単にできるダイエット料理、子供のメニューの片手間にできる料理の紹介・・・ということで妻と出掛けました。管理栄養士の先生からは「ご自身で作るのもいいですよ~」といろいろ教わりました。

メニューの一つで一番興味を引いたのは、「大根おろしを入れた雑炊」。材料は、ご飯のパック半分。100グラム。茶碗半分より少し多いくらいで、約140キロカロリー。それをそのまま水洗いをしてぬめりを取ります。水は、普通にご飯を炊く時のくらい入れます。そしてだしは・・・。「昆布茶」。昆布茶ってしょっぱいもので私は好きではないです。ただし、昆布の旨味が入っていて、だしとしては最高。適度な塩味も。昆布茶といってもお茶の成分は入っていないので・・・。それに今日はオクラをたくさん入れました。他に木の子の瓶詰めを入れ、アクセントを。これだけでは量がまた少ないので、あとは大根おろしをたくさん入れます。大根おろしの栄養成分のジアスターゼは熱に弱いので、大根おろしは普通暑いものには入れませんが、ジアスターゼの効用は、消化作用。お腹がすぐに空いてくるので、その作用はなくてもよいのです。量を増やし、味を整え、食感を出すのは大根おろしは最適。大根自体の栄養成分は熱を加えても残っている部分もあります。大根おろしとご飯が膨れた分で、100グラムのご飯が倍以上の量に。

塩を入れなくとも、しっかり味がついて、昆布の旨味もたっぷり。それにたんぱく質を補うために、味付けまぐろ缶詰を少しふりかけます。全部で300キロカロリーくらい。大き目の茶碗で2杯分になりました。

以前テレビドラマで「おしん」というものがあり、その中でおしんが貧しい家庭に育ち、白いご飯を食べることができない・・・。「大根めし」といって、米と大根を一緒に煮て増やして食べていた・・・というものがありました。ひどくまずいもので、「一度でいいからい白いご飯を食べたい・・・」というセリフも。その大根めしとは違うかもしれませんが、今の飽食の時代ではこの「大根めし」がヘルシーメニュー。ご飯100グラムなんて、私にはもうつまみのようなもの。それがこんなに膨らみ、栄養バランスも取れ、低カロリー。大根めしを食べていた人がみたらどんなことを思うでしょうね。

この雑炊は、大根の甘みもあり、おろしたものの食感がいいです。それにあれだけたくさんの大根は普通だと食べられません。

夕食をこれに替えても大丈夫そう・・・。そして作るのも簡単。とにかくホリューム感たっぶりです。

それから、卵料理。朝はみんな目玉焼きが多いです。目玉焼きなのでみんな卵二つ。これは私には多いようです。子供たちが好きなのですこれ・・・。ただ、何度も繰り返しつくらないといけないので、それだったら、野菜入りの卵焼きにすれば良いとのこと。目玉焼きでなくとも子供たちは卵料理が好きです。普段はたべないホウレンソウやニンジンなどを入れて卵焼きにすれば、切り分けて食べられるので。私は卵1個分だけの量にすればよいのです・・・。

今は白菜が旬。こちらは、白菜を刻んで、塩昆布をパラパラとふりかけてしばらくそのまま置いておくだけで、サラダができる・・・。根の部分は細く切っておけばよいそうです。塩昆布から塩分と旨味が出て、自然のドレッシング。

こんな感じで「野菜中心」の食事ができる・・・ようです。子供達とは夕食の時間が私は違いますので、なるべく簡単な作業でできる「手抜き料理」ということだそうですが、とってもヘルシー。しばらくはこのメニューで頑張ってみようと思います。

201010231143000 201010231143001

この講習会は、生活指導・・・ということで、治療に含まれ、材料費などはなしで診療所の「再診料」のみの負担で済みました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月16日 (土)

新車は面倒

クルマでもバイクでも、新車で買えればラッキー。予算の関係や廃車・製造中止になったものを欲しくて中古車を選択するのも・・・。

私はそんなこだわりがあるわけではないのですが、どうしても「新」というものが好きで、クルマもバイクも新車で購入。新車のメリットはいろいろありますが、逆にやっかいなことも。性能面では問題ないのでしょうが、無傷のままで納車されること・・・。当たり前のことですが、これから「傷もの」にしていくのは私なのです。ビカビカの新車。しかし「使うもの」なので、だんだん汚れや性能劣化もしていきます。それを遅らせることはできますが、防ぐことはできません。これは人生と同じかな?

今回、バイクを新車で買いましたが、まだ数日しか経っていないのに、少しずつ汚れや小傷が。今日、マフラーをみて唖然・・・。少し傷がついています。原因は心当たりあるのですが・・・。この程度なら目立たないし、外の駐輪場に止めたら、これぐらいの傷がつくこともあるので・・・と思いましたがどうも気になります。

コンパウンド剤を買ってきて、磨くと擦り傷は消えましたが、光沢があるものなので線傷が残ります。

こうやって、自分で手を出すと、かえって傷ができるのに・・・。洗車して、タンクなどにワックスをかけますが、やわらかいクロスを仕上げても、傷ができます。CBのマフラーは光沢仕上げなので、傷が目立ちますが、艶消しをしているとそれほどでもないと思いますが、質感を出すためのものでしょうか・・・・。

こういうとこって、いつあきらめるかですね。バイクにしてもクルマにしても外を走るものなので、必ず汚れます。また、大きな虫と衝突したり、小石の跳ね上げでも小傷は絶えません。それがイヤだったら、毎日磨いて飾っておくしかないのです。それでは買った意味がありませんね。

CBは購入した車体の色が黒なので、傷がなくとも手垢や皮脂、衣服との接触面の汚れなどが鮮明に出てきます。展示品を見るならいいのですが、そういう意味では黒は手入れが大変。また、走りを楽しみたいなら、程度の良い中古車の方が、そういった心配がないので、賢い買い物かもしれませんね。

クルマもXJRもぶつけて凹みができたり、こけたりして傷がついて・・・あきらめました。ある程度まとまってから修理しようか・・・、という気分に。

クルマはもうかなり古くなったので、最近は洗車すらしません。青空駐車なので、どんなに磨いても雨がふればおしまい・・・。XJRは、かなり傷がありましたが、事故前は別の事故でほとんどのパーツ交換をしてもらったのできれいな状態(しかし、タンクは拭き傷と、タンクバックの磁石による小傷がたくさん)。洗車は海岸を走った時くらいししません。

今度のCBもいつあきらめるかな~と思っています。できるだけ、大きな傷はつけたくないですが。

そうそう、今のマンションも新築物件で、最初はちょっと床が傷ついただけでも手入れをしていましたが、最近は汚れ放題です。

201010161635000 201010161635001

今日は、午後からCBではじめての箱根へ行ってきました。まだ慣らしなので新道をゆっくりと。上りも下りもXJRより楽・・・。何となく上手くなった錯覚。バイクのせいでしょうね。

201010161638001 201010161643000

道の駅で、お話した方のバイクと記念撮影です。

帰り、小田厚の大磯パーキングで私の滑りこんだとなりのバイクは私とまったく同じCB。色もABSなしの仕様も。そしてノーマル車。その方とお話はできませんでしたが、ブラックも売れているのでね。CB1300シリーズでは一番安いので・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年10月12日 (火)

さようならXJR1300、こんにちはCB1300SF

7月に車検を通したばかりのXJR1300。新車で買って、3年乗って、はじめての大型バイクで・・・。いろいろ思い出一杯でした。事故で、修理代が100万かかると知って、買替をしました。ローンの繰り上げ返済があったので、余計にかかりましたが、それを除くと差額はそれほどでもありません(XJRの下取りがあったので)。

400CCのバイクを買う時は、CBではなくXJRに即決でした。空冷とか水冷の違いもわからないまま、デザインで決めた感じてす。400ながら少し大柄で、大型の免許を取る予定もなかったので、これでずっと・・・と。大型の免許を取って買替の時も特に迷うことなくXJR1300に。もともと1300のデザインに憧れていたのです。ただ、購入後人気はCB1300であることを知り、何度か試乗会に行きました。それでも後悔することはなかったのですが、ずっとCB1300は気にしていました。街でよく見かけるのでとても・・・。XJRは、次の車検まで通す予定でしたので、その後考えてみようと・・・。しかし、今回の事故があり、そうそうバイクの買替もできないので、思い切って・・・。

今、バイクあまり売れないので、販売店はすぐに発注してくれました。天候が悪かったので、日曜日に引き取り。 最初に見た時・・・「でかい・・・」と思いましたやはり。隣にXJRがいました。それほど壊れていないので比較すると、XJRはスリムな感じ。CBは筋肉質・・・といったイメージでしょうか。

2010_03170019

これが3台目です。CB1300の2010年モデルは、新たにパニアケースのついたスーパーツーリングが出たことです。それにともない、売れ線のスーパーボルドールもスーパーフォアも若干変化しています。

外型ですが、跨った時の幅を少し細くして足着きをよくしているとのこと。しかし、私の感想は、XJRの方がもっと細身です。2010年式が細くなっている・・・というなら、それより前はもっと足付きがわるかったのですね。試乗の時は気が付きませんでした。それと、年々重量が重くなり、私のバイクでも装備で260キロあります。XJRは245キロなので15キロの差。CBオンリーでも年々重くなっています。

私のバイクのカラーはブラック。ブルーが好きなのですが、以前あったカラーオーダープランがなくなり、従来の日の丸カラーも受注生産。ちょっと違うデザインの日の丸カラーにブルーのラインとこのブラックにブラウンのラインの2色。日の丸カラーは好きでなく、スーパーボルドールのようなカウルも好きでない私。ブラックのスーパーフォアが一番安いのでチラッキーです。

重さがあるわりには、動きはよく、エンジンを切った状態での取り回しも楽な感じです。ただ、転倒した時には起こすの大変そう・・・。

白バイにCB1300SB採用されたのを機に改良がされた今回のモデル。

2010_03170004

車体に黒い部分が多くなりました。黒は見た目はいいのですが、手入れ大変。汗でベタベタの手で触ると汚れが目立ちます。また、傷がつきやすい・・・。タンクは材質が違うので塗装はしっかりしていますが、ブラスチックの部分は材質の性質からか、柔らかい布で拭いても小傷が・・・。ハーレーとか懸命に磨いている人を見かけますが・・・。私も新車のうちだけかな気にするのは・・・。

2010_03170005

ハンドルの位置が、従来よりも少し手前に来たそうです。そのため姿勢が楽・・・とのことです。それでも少し前傾姿勢に・・・。XJRはインジェクション化する前のものよりもハンドルを遠目にした・・・ということで・・。差がわかりません。これは慣れの問題ですね。

2010_03170008_2

グラブバーの位置が変わりました。カワサキのバイクや外車はこういう形が多いようです。乗っている人はこの方が楽なようですが、私は1人ですので、今までのものの方がメインスタンドの掛け下ろしの時に重宝していたのです。また、シートの幅はXJRより広いです。

2010_03170009

ウインカーとクラクションの位置がわかりました。親指の動く距離を考え、操作しやすいようにウインカーが下に来ました。これも慣れのせいでしょうか・・・。ウインカーのつもりがクラクションを数回慣らした私・・・。

走行した感想ですが・・・。私のような素人のものてすが・・・。

XJRとCBは、大型ネイキッドで共通のジャンルですが、水冷と空冷・・・という違いがあり、またコンセプトもそれぞれ違うようです。

まず、XJRは、スタートして低速で街中を走っている間はパワーが少ないというか・・・。私は「モサッ〜」とした感じ・・・と言っています。大型二輪の教習の時、CB750が極端な話アイドリングだけで進む・・・と言われそう感じてきました。しかし、XJRにはその感じは少ないです。結構回さないとパワーが出ません。街乗りではそれぐらいの速度なので、アクセルの開け方が足りないと、原付にも抜かれます・・・(私だけ)。その分、「これからアクセル開けるぞ・・・」となって回転数を上げると、今までの状態がウソのようにパワーが増します。高速で追い越しを掛けるとわかります。つまり、XJRはそれなりにアクセルの開け閉めをが楽しめるのでしょうか・・・。

そんな感じで、今日CBに乗っていたら、アクセルを少し開けただけで加速が凄いです。街乗りでは気を抜くと追突しそうになる感じです。これは、速度が上がった状態でも同じ感覚。いつも一定の加速力なのでしょうか・・・。人によっては「完成されたバイクで面白みがない・・・」というのはこのこと?私にとっては、そういうレベルではないので、十分楽しめますが・・・。

エンジン始動もCBはXJRに比べスムーズ。音はCBは重厚、XJRは少し甲高い。

まあ、走りについてはXJRでもその性能を十分引き出した乗り方ができたわけではないので、これから少しずつ違いがわかるのかもしれません。

低速でのトルクがあるせいか、UターンなどはCBの方がソフトな感じ。

また、それぞれの部品等の感じは、CBに比べXJRは少し華奢な感じ。CBの方かしっかりできている・・・。「ホンダは故障が少ない・・・」というのは有名なことだそうです。

CBの欠点・・・、給油口。XJRはスタンドの給油ノズルの穴の大きさに合わせた給油口。上蓋もラインが掘られ上質な感じ。CBは大きな穴。ゴミとか異物が入りやすいのでは・・・。中は良く見えますが、上蓋は安っぽくみえます。

その他メーターの色やミラーの形状などいろいろありますが、それはまた別の機会に。

破損したXJR1300は、使える部品はパーツとして再利用するか、まだ動くので簡単に修理して外国に輸出するのだそうです。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2010年10月11日 (月)

御前崎

新しいバイクが納車され、慣らし運転・・・(納車については、別に書きます)。事故以来遠出は2か月ぶり。以前のように頻繁に出掛けることはできなくなりましたが、3連休の最後の日は天気も上々。

今日は暑くなる・・・とのことで夏用の服装。夏の装備もこれで最後でしょうか?午後から晴れた日曜日にバイクを引き取りにいきましたので、帰宅するだけ・・・。今日は早起きして・・・と思いましたが、良く眠れずそのまま5時台に家を出ました。さすがに夏用の装備では寒いです。インナーを持参すればよかったかな?と思いましたが、嵩張るのでやめたのです。

高速代を千円にするために、厚木まで246。瀬谷の立体交差の下で早朝から警察が取り締まり。速度測定器を持ち出して・・・結構捕まっていました。私は慣らしなので速度は控え目。

今日の目的地は、御前崎。時間があれば大井川鉄道方面に行きたかったのですが、明日は仕事なので、ちょうど反対方向です。

厚木から東名で相良牧之原インターへ。東名をバイクで走るのは久々なので、サービスエリア・パーキングエリアめぐり。これをやると時間結構食うのです。下り線は順調でしたが、上り線の吉田インターあたりで数台のクルマの事故。帰りが心配です。

牧之原市とか御前崎市・島田市・菊川市などこのあたりは平成の大合併があったところ。御前崎市は、原発で有名な浜岡町と御前崎町が合併。街は浜岡町の方が大きく、市役所も浜岡に。旧御前崎町には、「御前崎市役所御前崎庁舎」というおもしろいものも。御前崎の方がイメージがいいのですね。

インターからは国道のバイパス線が自動車専用道路の規格でできていますので、混雑も少なく。ここから磐田・浜松方面へ抜ける道なので、交通量も多く。

御前崎灯台のある方は、本当にのどかな感じの道を進みます。

2010_03170011

灯台です。みやげもの屋や飲食店・民宿の駐車場がわずかなので、今日は一杯。私はバイクを車の間に止めましたが、混んできたので、灯台見学は省略して早々に退散しました。

灯台の下は、海岸線になっていとてきれいなところです。ここでしばらく海を眺めていました。まだ11時前でしたが、もう暑くて汗だくです。

2010_03170017 2010_03170018

このあたりが、ちょうど南端部のようです。

2010_03170024

御前崎グランドホテルの前です。いつか泊まってみたいです。帰りは海岸線を通って、吉田インターへ出ます。魚料理の有名な店があるようですが、とても高いので高速のパーキングで昼食にすることにしました。

連休最終日で、東名も神奈川県に入ると渋滞するので、11時頃には吉田インターに入り、順調にいけば寄り道をしても15時ごろには帰宅できる予定でしたが・・・。

まず、静岡市付近で、渋滞。次は富士市あたりで事故渋滞、その先裾野でも。神奈川県との県境付近で、秦野中井の先と厚木の先で事故渋滞・横浜町田インターまで110分・東京は2時間以上の表示が。静岡県内は、すり抜けをしなくてもそれなりに流れていますが、秦野中井からは動きません。みんなバイクはすり抜けをしていきます。私も普段ならやりますが、あの事故のトラウマと新車・・・というプレッシャーでできません。バイクは安定感があって転倒の心配はないのですが、突然車線変更をするクルマがたくさん。これがとても恐怖です。

妻からは、「時間がかかってもいいので、無理をしないで・・・」とメールが来ましたが、あまりに進まないので、少しずつすり抜け。後ろから速い人が来るので、譲ろうと車線に入ろうとしますが、動かないのでよけようがなく・・・。前にハーレーのゆっくりの人がいたので、その人についていきました。

秦野・海老名付近の事故は、クルマ数台の玉突き衝突みたいです。渋滞するといつもこのあたりで事故が起きます。起きるべきして起きる場所なのでしょうか・・・。私も事故に逢ったので、何とも言えませんが・・・。

帰宅は、予定より2時間遅れて17時頃でした。海岸で波をかぶったので、バイクを洗車して19時頃夕食・・・。今日は無事でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月10日 (日)

たった20分程度の運転停止が・・・。

ちょっと前のことになりますが、10/7の木曜日、田園都市線は停電事故により早朝から遅れました。

東急のお知らせメールでは、遅れのメールが来ましたが、NHKの首都圏ニュースでは「首都圏のJR・私鉄はほぼ平常運転です・・・」とのこと。この「ほぼ」がミソ?

放送された時点ではすでに振替輸送の手続きも済んでいたのに・・・、不思議ですね。

この遅れは、早朝6時台に、田奈~中央林間の間の停電。朝は、この区間にある長津田の車庫からの始発が多いので、ちょっとした乱れが大変なことになりますね。7時前には全部を各駅停車にして運転再開をしたようですが、私の乗る駅のあたりではもうノロノロ。

駅では「渋谷まで30分以上遅れています・・・」とのアナウンス。通常で30分ぐらいかかるので、プラス30分だと1時間以上かかる計算。全部各駅停車なので、そのまま来た電車に乗ればいいはずなのに、大混乱。

これって人間の心理状態の変化なのでしようね。いつも決まったとおりに電車が来る・・・ということなら、たまたまいつも乗る電車に乗り遅れても次を待ち、「あ~今日は電車に乗り遅れた~と思う」だけ・・・。

以前の田園都市線は遅延は日常茶飯事だったのですが、大井町線の溝の口延伸が思った以上に効果があり、二子玉川までは混みますが、そこから先は準急も各駅停車になるので、混雑も減り、それほど遅延はなくなりました。

そんな時の今回の遅れ・・・。みんな、今ホームにいる電車に無理をしてでも乗ってしまおう・・・という考えが働き、すぐ後ろに電車が来て、全部各駅停車なのに待てないのですね。なので、だんだん先が詰まって遅れが大きくなって来る。

そして、前の電車と後ろの電車の差が開くと「間隔調整」でまた電車が止まり、遅れも拡大。そんな悪循環です。

山手線は、常に各駅停車でグルグル回っているので、みんな来た電車に乗ればいい・・・という気持ちがあるのか、事故があっても運転再開直後は大変でしょうが、しばらくすると落ち着きます。

結局あの日の田園都市線は私の乗った電車は50分ぐらい遅れ、1時間20分立ったままでした。

郊外路線は、みんな同じような傾向があるので、仕方ないことかもしれませんが、乗客の方も少し冷静になる必要もあるのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月 2日 (土)

医療費明細書

今年の4月から、医療機関で通常の領収書の他に「医療費明細書」というものを無料を発行してもらえるようになりました。

うちは、いろいろと病院にかかる機会の多い家族で、医療費も今年1月からすでに家族全員で20万円近くになっています。その半分くらいは私ですが・・・。大きな病気で入院というわけではないのですが、持病の検診等であり3割負担だとかなりのものになります。

今までは、診療所だと「初診料」とか「処置」とか「検査料」とか大まかな分類だけでしたが、この明細書には、処置の内容や何の検査をしたかまで記載されています。それが保険点数で何点なのかもわかります。また薬局では、その薬の単価はもちろん、薬剤師さんの行った行為の点数がわかり、今まで知らなかったことがたくさんあった・・・と感じます。

私の家は駅に近いので、ほとんどの科の診療所(開業医)が徒歩圏内で、便利です。その点は恵まれていますが、気軽に病院にかかるのも負担は大きいです。

ほとんどの診療所や薬局では、会計の時に明細書を出して、今後必要ないかどうか聞き、必要のない人には出しません。中には、掲示だけしてありこちらから言わなければ明細書を出さないところも。私はその診療所にも行っているので、明細書はもらうことにしました。

実際明細書を見るといろいろなことに気が付きます。特に再診料。今までし「再診料」としての記載でしたが、その中に指導料が含まれているかどうかの有無。ある診療所では、毎月同じように治療で通っているのに月によってこの再診料が異なります。初診からしばらく再診がないと初診扱いになる・・・ということはあるのでしょうが、ずっと月1回ペースで通っていても、何カ月に一度というい形ではなく、不定期に料金が違います。この診療所には、最近明細書を請求したので、次に確認をしたいと思っています。

何の検査かわからないけど、たくさんいろんなことが・・・・というのもこの明細書に検査内容が記載されるので、今後はそんなことがなくなるかもしれません。カルテの開示がなかなか難しいので、注射などの処置でのミスがなかなか立証ではない・・・ということもありましたが、そういう意味でも役立つのでは・・・。

別の意見として、処置から病名が安易にわかってしまう・・・という懸念もあるようです。以前から投薬には薬の名前を知ることができるようになっていたので、今は個人で調べることもできるため、昔のように隠しておくことは難しく、今後の病名開示の常識も変わるかもしれませんね。

無料で明細書発行・・・・とありますが、「明細書発行体制・・・・」といって1点(10円)加算されているところもあり、実際には管理料に含まれていたりすれば、無料ではないですね。

以下は、項目で不可解・不明瞭に感じたものです。診療所との関係を壊したくないのであまり聞くのは・・・と思ってはいますが・・・。

処方箋料・・・・これはどこでも、68点(680円)で共通

皮膚科特定疾患指導管理料・・・・100点(1,000円)月1回

外来管理加算・・・・52点(520円)

明細書発行体制等加算・・・1点(10円)

生活習慣病管理料・・・・650点(6,500円)※これで検査と処方箋料が込みになります。

レントゲンの電子画像管理加算と電子媒体に保存で1回・・・120点(1,200円)

薬局の基準調剤加算・・・・10点(100円)※これはないところも。

薬剤服用歴管理指導料・・・・30点(300円)

薬剤情報提供料・・・・15点(150円)

後発医薬品調剤体制加算・・・・6点(60円)

計量混合加算・・・・80点(800円)※これは皮膚科の軟膏を混ぜてもらっています。

夜間・休日加算・・・・40点(400円)※土曜日の13時以降の受付

まあ、医療体制と適正報酬のためには仕方ないと思いますが・・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »