« たった20分程度の運転停止が・・・。 | トップページ | さようならXJR1300、こんにちはCB1300SF »

2010年10月11日 (月)

御前崎

新しいバイクが納車され、慣らし運転・・・(納車については、別に書きます)。事故以来遠出は2か月ぶり。以前のように頻繁に出掛けることはできなくなりましたが、3連休の最後の日は天気も上々。

今日は暑くなる・・・とのことで夏用の服装。夏の装備もこれで最後でしょうか?午後から晴れた日曜日にバイクを引き取りにいきましたので、帰宅するだけ・・・。今日は早起きして・・・と思いましたが、良く眠れずそのまま5時台に家を出ました。さすがに夏用の装備では寒いです。インナーを持参すればよかったかな?と思いましたが、嵩張るのでやめたのです。

高速代を千円にするために、厚木まで246。瀬谷の立体交差の下で早朝から警察が取り締まり。速度測定器を持ち出して・・・結構捕まっていました。私は慣らしなので速度は控え目。

今日の目的地は、御前崎。時間があれば大井川鉄道方面に行きたかったのですが、明日は仕事なので、ちょうど反対方向です。

厚木から東名で相良牧之原インターへ。東名をバイクで走るのは久々なので、サービスエリア・パーキングエリアめぐり。これをやると時間結構食うのです。下り線は順調でしたが、上り線の吉田インターあたりで数台のクルマの事故。帰りが心配です。

牧之原市とか御前崎市・島田市・菊川市などこのあたりは平成の大合併があったところ。御前崎市は、原発で有名な浜岡町と御前崎町が合併。街は浜岡町の方が大きく、市役所も浜岡に。旧御前崎町には、「御前崎市役所御前崎庁舎」というおもしろいものも。御前崎の方がイメージがいいのですね。

インターからは国道のバイパス線が自動車専用道路の規格でできていますので、混雑も少なく。ここから磐田・浜松方面へ抜ける道なので、交通量も多く。

御前崎灯台のある方は、本当にのどかな感じの道を進みます。

2010_03170011

灯台です。みやげもの屋や飲食店・民宿の駐車場がわずかなので、今日は一杯。私はバイクを車の間に止めましたが、混んできたので、灯台見学は省略して早々に退散しました。

灯台の下は、海岸線になっていとてきれいなところです。ここでしばらく海を眺めていました。まだ11時前でしたが、もう暑くて汗だくです。

2010_03170017 2010_03170018

このあたりが、ちょうど南端部のようです。

2010_03170024

御前崎グランドホテルの前です。いつか泊まってみたいです。帰りは海岸線を通って、吉田インターへ出ます。魚料理の有名な店があるようですが、とても高いので高速のパーキングで昼食にすることにしました。

連休最終日で、東名も神奈川県に入ると渋滞するので、11時頃には吉田インターに入り、順調にいけば寄り道をしても15時ごろには帰宅できる予定でしたが・・・。

まず、静岡市付近で、渋滞。次は富士市あたりで事故渋滞、その先裾野でも。神奈川県との県境付近で、秦野中井の先と厚木の先で事故渋滞・横浜町田インターまで110分・東京は2時間以上の表示が。静岡県内は、すり抜けをしなくてもそれなりに流れていますが、秦野中井からは動きません。みんなバイクはすり抜けをしていきます。私も普段ならやりますが、あの事故のトラウマと新車・・・というプレッシャーでできません。バイクは安定感があって転倒の心配はないのですが、突然車線変更をするクルマがたくさん。これがとても恐怖です。

妻からは、「時間がかかってもいいので、無理をしないで・・・」とメールが来ましたが、あまりに進まないので、少しずつすり抜け。後ろから速い人が来るので、譲ろうと車線に入ろうとしますが、動かないのでよけようがなく・・・。前にハーレーのゆっくりの人がいたので、その人についていきました。

秦野・海老名付近の事故は、クルマ数台の玉突き衝突みたいです。渋滞するといつもこのあたりで事故が起きます。起きるべきして起きる場所なのでしょうか・・・。私も事故に逢ったので、何とも言えませんが・・・。

帰宅は、予定より2時間遅れて17時頃でした。海岸で波をかぶったので、バイクを洗車して19時頃夕食・・・。今日は無事でした。

|

« たった20分程度の運転停止が・・・。 | トップページ | さようならXJR1300、こんにちはCB1300SF »

バイク」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26675/49716328

この記事へのトラックバック一覧です: 御前崎:

« たった20分程度の運転停止が・・・。 | トップページ | さようならXJR1300、こんにちはCB1300SF »