« ヘルメットの修復・・・。 | トップページ | 横浜青葉インター »

2010年11月29日 (月)

トラウマ

バイクで事故に逢ってから4か月。新しいバイクに乗って1か月強。しかしどうしてもトラウマが出てきます。

というのは、車間を詰めて走ることができない・・・。高速の真っすぐの車線で前にクルマがいなくても、速度を上げて走ることができない・・・ということです。

もともと私は技術がないので、それほど速くは走れません。特にカーブをリズムよく速度を上げてなんてことも難しい。しかし、直線である程度他の車両がいなければ、警察に御厄介になるギリギリまでは大丈夫でした。

前のバイクのXJR1300は、低中速ではもさ~っとしてまったり系ですが、一気に加速すると急に元気になり、音も凄く「加速」の感覚が全身に伝わってきました。一度スピード違反で捕まっていますので、それがトラウマでしたけど。

CB1300SFは、低中速の走りと加速時の感覚があまり変わらず、音も静かで気がつかないうちに速度が上がっている・・・という感じ。

事故の時の状況とは違いますが、私が恐怖感に思うのは、街乗りでは前の車がブレーキを踏んだ時に、バイクの私がタイヤロックや尻振りをせずに止まれるか・・・という恐怖。転倒した時の身体の損傷も気になりますが、バイクの破損もイメージも頭をよぎります。もう買い換えることはできないから・・・。

そして、直線を走る時は、左側から急に車線変更をしてくる車が来たら、やはり止まれるだろうか・・・という不安。下道ではけが程度でしょうが、高速だと身体もバイクも致命的な損傷を負うことになる・・・という恐怖。急制動が恐い・・・というわけではないのですが、ブレーキが恐いてのです。

なので、どうしても車間距離を開けてしまい、速度を一気に上げることができません。

それでも、制限速度程度で走っていますので、追い越し車線に入らなければ安全運転かも。前のクルマとの車間を開けるとどんどん入って来られるので、走行車線をのんびりでもしばらくはいいかも。高速を走ると、様々なバイクに抜かれてしまいますが・・・。

トラウマで、身体がかなり硬くなるので、その部分だけは早くリラックスできるようになればと思っています。

|

« ヘルメットの修復・・・。 | トップページ | 横浜青葉インター »

バイク」カテゴリの記事

コメント

誰にでもトラウマはあります

わたしも転倒から四年、だいぶ薄らいで来ましたがまだ恐怖心は残って居ます

実際にそれを乗り越えるのは永久に出来ないと思います…と言うか、その経験のうえに今が在るワケで、

苦しい経験は将来の役に立ちますが、苦しくないのは何にも成らないのだと、(たぶん)

投稿: スクラフィー | 2010年11月30日 (火) 00時48分

こんばんは。
先日はお心遣いをありがとうございました。
鮫洲にて併記手続を終え、おかげさまで新しい免許を頂いてまいりました。

立ちコケは嫌というほどしましたが、「タイヤロック」というのはまだ未体験で、聞くだけで大変な恐怖感です。
どんな感じなのでしょう・・?
「立ちコケして後続車が来たらどうしよう・・」とか「コーナーを曲がりきれずに激突したら」と、教習のトラウマがすでに発生しております・・。
恐怖心があるうちは、696は諦めて、VTRくらいから練習した方が宜しいでしょうか・・?


投稿: たかちゃん | 2010年11月30日 (火) 23時43分

スクラフィーさま

トラウマも、良い方向に考えればそれもまたあり・・・、と思っています。速度違反で捕まって、いつも速度に敏感になるのも一種のトラウマかな?そんな感じで、無理をせず、いつも周囲に注意を払い・・・ということで。身体の緊張も、緩慢になるよりはいいのですが、疲労が蓄積しやすくなるので、徐々にリラックスできるようにと思っています。

たかちゃんさま

先日は、ありがとうございました。ナップスの足立店は、かなりの大規模店舗のようなので、たくさんのバイクが並んでいたかもしれませんね。教習所のトラウマは経験を積むことで、良い方向になるのだと思います。無理はいけませんが、あまり躊躇し過ぎると、何もできなくなります。
心に決めた「696」を早く購入しましょう。
ネックウォーマーがあると暖かいでしょうから、冬でも走れますよ~。

投稿: AA | 2010年12月 1日 (水) 01時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26675/50168582

この記事へのトラックバック一覧です: トラウマ:

« ヘルメットの修復・・・。 | トップページ | 横浜青葉インター »