« 被災地への帰郷 | トップページ | 「計画停電」の不可解 »

2011年3月23日 (水)

少々不便な生活でも・・・。

東北関東大震災の影響で、首都圏では地震の直接的な被害は少ないにしても(千葉県の一部や江東区・江戸川区の一部などは津波の被害や地盤の液状化現象がみられていますが)、計画停電や食料品の不足などの問題が出ています。特に、電力不足は深刻な問題で、今まですべて電気に頼っていた生活の「つけ」が回ってきた様子。私の住むところは、しっかり計画停電の実施区域です。この区分けにはいろいろと異論もある様子ですが、大きな病院や公共施設のあるところは除外されている現状は理解できます。

我が家は集合住宅なので、停電になるとエレベーターは使用できません。6階まで階段。エントランスのオートロックも使用できず、開放されたまま。水は給水施設が電気で動いているので、停電中は水もでません。ガスは使用可能です。

私の故郷の岩手県に比べたら暖かいとはいえ、まだ寒い季節。夜間の停電はつらいです。

近所のスーパーも24時間営業でしたが、節電のため早めに閉店。ほとんど手に入らないのは牛乳・納豆・卵・食パン。しかし、それ以外は好みをいわなければ少しずつ出回ってきました。

スーパーの他に百貨店や書店も早めに閉店しています。

欲しいものは何でも、いつでも手に入る時代に慣れた私達には今は不便さが感じられます。ただ、今の便利さで常々感じていたことですが、「我慢する気持ち」を忘れてしまったようです。「我慢」というのも良し悪しですが、急に食べたくなったり欲しくなったら、いつでも買える・・・ということが本当にいいのだろうかと思うことも。「店が閉まっているから、明日・・・」という考えが働かない・・・。私自身もそういう生活にどっぷりつかってしまっているのですが、子供達は「いつでも何でも手に入る」時代しか知らないのです。親も特に教育してこなかったし。

先日帰省した時に、両親が「戦時中や終戦直後に比べれば・・・」と80歳を超えた老人が言っているのです。今の現状は戦時下のように国全体にもののない時代ではありません。むしろ、私達が子供の頃に似ています。特に私は地方でしたので、大きなスーパーなどはありませんでした。近所の八百屋とか魚屋で母親が買い物をしていた時代。パンや牛乳は給食で出るぐらいで、普段の食事ででることはありませんでした。今、パンがなくとも米は流通しているのですから、ごはんを食べればいいのです。牛乳がなくとも他の代用物はあります。また当時は食べられなかったお菓子類が逆に今は出回っています。

クルマで出かける・・・なんてこともなかったし。私よりももう少し上の世代には「電休日」というものもあったらしいです。日本がまだ先進国になる手前の時期を知っている最後の世代が私達なのかもしれません。

ぜいたくに慣れた子供達のことが心配でしたが、逆に被災地のニュースを見て、「買いだめはやめよう

とか「電気を大切に使おう」とか言い出しました。案外たくましいのです。不便な生活を知っている私達の方が、いろいろと不満を言っているのかも・・・。

東急電鉄は、節電ダイヤで、田園都市線でも8割程度の運行です。みんな各駅停車。朝は2分間隔だったのが4分間隔です。それでも、時差出勤・学校の休みなどでいつもより空いていて、運行もスムーズ。慢性的な遅れはありません。時間が読めないので、私は少し早く家を出ていますが、時間に余裕ができました。

しばらくは、電力不足は続きますが、想定外の災害によるもの。みんなで我慢して、被災地の復興を助けないといけません。みんなが小さいことでも不便な生活に不平をいわず我慢していくことで、大きな力になり、今までとは違った世界が見えてくるのでは・・・とも思っています。

というわけで、私はちょっとバイクでお出かけはできなくなりました。たまに動かさないと・・・と思っているので、ちょっとエンジンをかけるぐらいかな~。少しだけぜいたくをいうと、納豆が大好きなので、食べたい~と思うことです。

今日、23日は第5グループの計画停電。夜間の停電なので、気をつけて帰宅します。

|

« 被災地への帰郷 | トップページ | 「計画停電」の不可解 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。小生も納豆が好物なので、スーパーから姿を消したのが少し寂しいです。茨城県が大生産地ですので、これは物流の問題とは違って、暫く納豆不足になるかもしれませんね。

東京電力の計画停電は、東京23区の大部分が対象地域から外されているのが不満です。足立・荒川両区の区長が「不公平でおかしい」と意見書を出していましたが、そのとおりで、小生も東電へメールを出しました。

投稿: チェス | 2011年3月25日 (金) 10時13分

納豆って、東京の人がそんなに食べるものか・・・と思っていましたが。高蛋白・低カロリー・低価格食品なので、需要はあるのでしょうね。近所のスーパーで、朝それなりにたくさん並び、「1人1個限り」でも昼にはなくなるそうです。陳列されている量がかわりないので、たくさんの人が買いだめしているのでしょうか。牛乳は、いつもの低価格品がなく、低温殺菌の高価格のばかりしかないようで・・・。もう選んでいられないようです。

投稿: AA | 2011年3月26日 (土) 23時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26675/51196773

この記事へのトラックバック一覧です: 少々不便な生活でも・・・。:

« 被災地への帰郷 | トップページ | 「計画停電」の不可解 »